アイフォン 7 と 8 の 違い。 【徹底比較】iPhone7とiPhone8はどっちを買うべき?価格とスペックから考察してみた!

iPhone 8とiPhone 7の違いをわかりやすく徹底比較。どっちを買うべきか、スペック比較してわかったおすすめiPhoneの機種は?

アイフォン 7 と 8 の 違い

この記事の目次• iPhone8とiPhone7をスペック比較! iPhone8 iPhone7 プロフェッサ A11チップ A10チップ ディスプレイ 4. 7インチ 4. 特に以下のような点が、 iPhone7から進化した点だと言えますね。 iPhone7とiPhone8の価格を比較 次に大事な価格についても比較をしておきましょう。 実はiPhone8を発売するにあたり、iPhone7の価格も下がっているのです。 それをぜひ知っておいて欲しいところですね。 iPhone7は61800円〜 iPhone7(32GB)は61800円に値下げされました!(128GBでも72800円。 ) 発売当初は74800円〜の料金だったのですが、13000円も値引きがされていますね。 これはお得感がすごいです。 ただ、32GBではギリギリ足りないという人は、もしかするとiPhone8(64GB)を買った方がお得かもしれません。 iPhone8は78800円〜 一方で、iPhone8(64GB)の価格は78800円となっています。 (256GBは95800円。 ) iPhone7に比べると少し高いですが、データ量が64GBもあると考えると、料金的には納得?ですね。 iPhone7とiPhone8はどっちを買うべき? 結論としては、スペックを重視する人はiPhone8を、価格を重視する人はiPhone7を買えばいいと思います。

次の

iPhone X 、iPhone 8と7の違いを徹底比較!どっち買うべき?

アイフォン 7 と 8 の 違い

カメラについてはハードウェア的な違いが大きい。 出典:アップル 一方、大きな違いは「大きさ」と「カメラ」だ。 大きさに関しては、第2世代SEが、幅で8. 4ミリ、厚さで1mm、高さで12. ディスプレイもその分4. 7インチと小さいからだ。 ただし、画面密度はどのモデルも326ppiと変わらないので、極端な解像度の低さは感じないだろう。 カメラについて、第2世代SEの背面カメラは、11よりXR寄りであることがわかる。 11は広角・超広角という2種類のレンズを搭載しているが、第2世代SEとXRは広角仕様のシングルレンズにとどまる(ただし、スマートHDRなどの画像処理についてはチップセットが同じだから、11寄りともいえる)。 まずは予算ありきの判断になるだろうが、現行モデルとはいえ XRはどちらにしても中途半端な立ち位置になる。 もし今から購入するなら、価格を重視するなら第2世代SE、カメラをより楽しみたいなら11といえる。 すでにどの製品もアップル直販サイトでは販売されていないが、通信キャリアや格安SIMを提供しているMVNOのショップでは8と7をまだ取り扱っていることから、どれを選ぶべきか迷う場面はあるだろう。 結論から言えば、 8や7と迷うのであれば、第2世代SEを買った方がいい。 最新のWi-Fi規格(Wi-Fi 6)、eSIMなどの機能は用途によっては使わないかもしれないが、最新チップセットを搭載している点は「今後、2〜3年は安心して使える」という観点で重視しておきたいポイントだ。 価格も iPhone SE 第2世代(64GB)が4万9280円(税込、アップル直販価格)に対し、iPhone 7(32GB)が4万3560円、iPhone 8(64GB)が5万8520円(いずれも税込、ドコモ直販価格)と、 どう考えても第2世代SEがお買い得だ。 「SE愛好家」はどうすればいいか iPhone SE(第1世代)が選ばれてきた最大の理由は、そのサイズ感だ。 7インチ)が行われており、これまで「小さいからSEを選んでいた」というユーザーからすれば、移行に躊躇(ちゅうちょ)するかもしれない。 国内で発売されているAndroidスマートフォンを見ても、極端に小さい端末は存在するものの、いま第1世代SEに近いサイズ感のモデルはほとんどない。 第1世代SEは最新のiOS 13に対応しているとはいえ、すでに4年前の機種であることは間違いない。 そろそろサイズアップを含めた機種変更の検討が必要で、その際「サイズ感のお試し」ということであれば、第2世代SEが選択肢に入ってくるのではないだろうか。

次の

iPhone 8とiPhone 7の違いをわかりやすく徹底比較。どっちを買うべきか、スペック比較してわかったおすすめiPhoneの機種は?

アイフォン 7 と 8 の 違い

カメラについてはハードウェア的な違いが大きい。 出典:アップル 一方、大きな違いは「大きさ」と「カメラ」だ。 大きさに関しては、第2世代SEが、幅で8. 4ミリ、厚さで1mm、高さで12. ディスプレイもその分4. 7インチと小さいからだ。 ただし、画面密度はどのモデルも326ppiと変わらないので、極端な解像度の低さは感じないだろう。 カメラについて、第2世代SEの背面カメラは、11よりXR寄りであることがわかる。 11は広角・超広角という2種類のレンズを搭載しているが、第2世代SEとXRは広角仕様のシングルレンズにとどまる(ただし、スマートHDRなどの画像処理についてはチップセットが同じだから、11寄りともいえる)。 まずは予算ありきの判断になるだろうが、現行モデルとはいえ XRはどちらにしても中途半端な立ち位置になる。 もし今から購入するなら、価格を重視するなら第2世代SE、カメラをより楽しみたいなら11といえる。 すでにどの製品もアップル直販サイトでは販売されていないが、通信キャリアや格安SIMを提供しているMVNOのショップでは8と7をまだ取り扱っていることから、どれを選ぶべきか迷う場面はあるだろう。 結論から言えば、 8や7と迷うのであれば、第2世代SEを買った方がいい。 最新のWi-Fi規格(Wi-Fi 6)、eSIMなどの機能は用途によっては使わないかもしれないが、最新チップセットを搭載している点は「今後、2〜3年は安心して使える」という観点で重視しておきたいポイントだ。 価格も iPhone SE 第2世代(64GB)が4万9280円(税込、アップル直販価格)に対し、iPhone 7(32GB)が4万3560円、iPhone 8(64GB)が5万8520円(いずれも税込、ドコモ直販価格)と、 どう考えても第2世代SEがお買い得だ。 「SE愛好家」はどうすればいいか iPhone SE(第1世代)が選ばれてきた最大の理由は、そのサイズ感だ。 7インチ)が行われており、これまで「小さいからSEを選んでいた」というユーザーからすれば、移行に躊躇(ちゅうちょ)するかもしれない。 国内で発売されているAndroidスマートフォンを見ても、極端に小さい端末は存在するものの、いま第1世代SEに近いサイズ感のモデルはほとんどない。 第1世代SEは最新のiOS 13に対応しているとはいえ、すでに4年前の機種であることは間違いない。 そろそろサイズアップを含めた機種変更の検討が必要で、その際「サイズ感のお試し」ということであれば、第2世代SEが選択肢に入ってくるのではないだろうか。

次の