ツイート 検索 過去。 Twitterで最初のツイートから古い順に見る方法(初めてのツイートの調べ方)|アプリ村

Twitterで”指定した日”の過去ツイートを表示させる方法

ツイート 検索 過去

もくじ• 変更後でも見つけ出せるTwitterユーザーIDの探し方 今回の方法は、あくまで現時点で使えるツールを使ったIDの見つけ方です。 Twitterはしょっちゅうルールを変更するSNSでもあるので、今出来てることが明日には使えない事もザラにあります。 その辺を理解したうえでやってみてね。 変更後のTwitterIDを追跡するサービスを使う 知る人ぞ知るWebサービスツール「idtwi」を使います。 このWebサービスツールを使うと、簡単に相手のアカウントを見つけることができます。 「ユーザーID」がリンクになっているので、そこをクリックすれば現在のユーザー名がわかります。 「ユーザーID」はアカウント作成時に自動でつけられる固有のIDなので、ユーザー側で変更したり削除することはできません。 ま、知ってる人ならツールを使わなくても知ることのできるデータですよね。 お手軽に使えるという意味では、便利です。 Twitterで過去ログを検索するやり方 Twitterのユーザー名追跡をした後で気になるのが、そのアカウントが過去にしたツイートを見てみたい…だと思います。 こちらも制限付ながら過去のツイーを見るWebサービスを使えば、一瞬で表示することができます。 Twtitterの他人の過去ツイートを見る方法 Twitterの過去ツイートを 見るのに一番手軽なのは 「」です。 これだと過去のつぶやきを 一番最初から3,200ツイートまで さかのぼって見る事ができます。 しかも古いツイートから表示 してくれるので、過去のつぶやきを 表示させるならこれだけで十分。 Twitter IDでログインすると 利用できます。 連携サービスの一つ• 他人のツイートを最新100件分を追跡できる• 見やすいブログ形式でツイートを表示• 過去のツイートをキーワードで検索• ツイートを分析してグラフ表示 (要登録) 過去ツイート保管所みたいなサービスです。 全てを見るには、登録する以外 方法がありません。 どちらも、ほぼ同じ様な結果が得られるので好きな方を使うといいでしょう。 誰にも見られずネット上の履歴にも残さないで過去ツイを見たい ツイログを利用する 登録 と、 その時からネット上に履歴が 残ります。 これは誰かが調べると見る事が できるので、見られたくないツイート も読まれてしまいます。 それが嫌ならやっぱりバックアップしか方法はありません。 スポンサーリンク Twitterに最初からあるシステムで バックアップを取れば、いつでも 手元で過去ツイートを見る事が できます。 ツイートを見るにはPCが必要です。 【難易度中】TwitterのRSSを取得・Feedlyなどでツイートを読む RSS機能を使って取得日から延々記録を取り続けるというメンドクサイ方法です。 この方法は過去というよりRSSを取得した日から以降のツイートを記録することになるので、厳密には過去ツイートは見れません。 ですが、取得日から確実に全てのツイートを記録してくれる上に、ツイート後2~3秒で消されたものでもつぶやいてさえいれば確実に保存できる手堅い方法です。 【TwitteのRSS取得方法】 TwitterのRSSを取得するのに「」を利用する。 英語オンリー.

次の

Twitterで過去のツイートが見れない時に表示する方法

ツイート 検索 過去

Twitterでツイートを検索する方法まとめ まず、Twitterの検索ですが、そもそもの 検索対象がtweetメインではなくユーザー名の検索がメインで、その他にもマッチするハッシュタグ・ツイートも対象となる仕組です。 検索キーワードが単体ワードであるほど、まずはユーザー名が表示されますね。 そのため、ツイートを検索する場合、少し面倒ですがステップを踏む必要があります(最後に、これをショートカットする方法も載せておきました)。 検索ボックスで検索 まずは、全てのページで表示される ヘッダーの検索ボックスを使います。 ここに検索したいワードを入れるわけですが、ここでは検索ワードにマッチする 「過去の検索ワード」「ハッシュタグ」「検索ワードのサジェスト」「ユーザー名」の4つが候補として表示されます。 ツイートのみを対象とした検索はできません。 表示されたリストを無視して検索を実行すると「検索結果一覧」が表示され、 ユーザーや検索ワードに合致したツイートの一覧が表示されます。 かなり古いツイートであっても表示されるので、ここで見つかれば全く問題ありませんが、ここでも見つからない場合は検索内容を絞り込んでいく必要があります。 検索フィルターで絞り込み 検索結果の絞り込みは、先ほどの 検索結果ページの左上にある「検索フィルター」を利用します。 検索フィルターを表示させると下のような 絞り込み(フィルター)のメニューが表示されます。 ここでは検索対象のアカウントをフォローしているユーザーに限定するか否か、くらいしか使い道のあるものはないでしょう。 そのため、 最下部にある「高度な検索」を使っていきます。 これが今回のメインテーマです。 すると、ページが遷移して「高度な検索」というページが開きます。 単純な検索フィルターだけで解決すれば良いですが、そうでないケースに使ってみてください。 高度な検索の使い方 下記が色々な検索条件を指定できる「高度な検索」です。 ここまで絞り込めば、きっと探し物も見つかると思います。 検索条件は Google のような検索エンジンと同じですが、念のため個別の項目について説明しておきます。 「高度な検索」の検索条件について まずは「キーワード」にある検索条件の説明です。 次のキーワードをすべて含む は、検索キーワードが全て含まれている検索結果を返します。 例えば、「ツイッター Google」で検索したとすると、とにかく両方の文字列が含まれていれば検索結果に表示されます。 何も指定をしないでGoogle検索したときと同じ挙動ですね。 次のキーワード全体を含む は、検索キーワードがそのまま含まれている検索結果を返します。 例えば、「ツイッター Google」で検索したとすると、文字列として「ツイッター Google」を含む検索結果が表示されます。 Googleで "ツイッター Google" とダブルクォーテーションを付けて検索したのと同じ効果です。 次のキーワードのいずれかを含む は、検索キーワードが1つでも含まれている検索結果を返します。 Google検索の場合、ここら辺の処理は自動的に行われるので意識しませんね。 次のキーワードを含まない は、指定したキーワードが含まれない検索結果を返します。 Googleで -(マイナス)を付けて検索するのと同じ効果です。 次のハッシュタグを含む は、ハッシュタグ( )に特化した検索です。 ハッシュタグだけを検索したいときに使用しましょう。 次は「ユーザー」にある検索条件の説明です。 (twitterヘルプセンター) 次は「場所」という検索条件ですが、これはツイートの位置情報が公開されている場合、検索条件として設定することができるというものです。 最後にあるのは「日付」で、これはツイートされた時期が分かっているときに活用できます。 「高度な検索」をヘッダーの検索ボックスで使う方法 これらの「高度な検索」は、冒頭に書いた ヘッダーの検索ボックスで直接指定することもできます。 下にあるコマンドをヘッダーの検索ボックスに入れて検索するだけです。 検索条件 コマンド 使用例 次のキーワード全体を含む " " "全て含めたいキーワード" 次のキーワードを含まない - -除外したいキーワード 次のハッシュタグを含む 探したいハッシュタグ 次のアカウントからのツイート ユーザー名 次のアカウントへの返信 from: from:ユーザー名 次のアカウントへの@ツイート to: to:ユーザー名 日付(開始) since: since:2018-11-11 日付(終了) until: until:2018-11-11 見つけやすいバズったツイート以外にも、私はなぜか印象に残っている思い出のツイートがあり、この検索機能でいくつか探し出すことができました(記憶が美化されていたようで、見直してみたら大したことないこともありますが…)。 いくつかの検索オプションはTwitter以外にGoogleでも使えるコマンドなので、ぜひ覚えて活用してみてください。 今回の「高度な検索」にも載っていない検索として、人気のあるツイートを検索するなどの方法もあります。 興味があれば、下記の記事を参考にしてください。

次の

Twitterで過去ツイートを遡る!自分・他人の過去ツイートの検索方法は?

ツイート 検索 過去

ではTwitter社に蓄えられた過去ログから、自分の見つけたあなたの、もしくは他人の過去のツイートを検索するにはどんな方法があるのでしょうか? Twitterで 複雑な検索をするには、コマンドという書式を使います。 今回はあなたの過去のツイートを検索するので、検索窓にツイートの発言アカウントを絞るコマンドと期間を絞るためのコマンドを入力します。 まず発言アカウントを絞るには「 from:ユーザー名」と入力します。 さらに期間を指定するために、「いつから」なら「 since:yyyy-mm-dd」、「いつまで」なら「 until:yyyy-mm-dd」(yyyyは年、mmは月、ddは日)を加えて検索します。 たとえば2018年の正月三が日に、自分がどんなに浮かれたツイートを投稿していたかを知りたければ、「from:あなたのユーザー名 since:2018-01-01 until:2018-01-03」で検索すればいいわけです。 今回は、あなたの自分には見逃せないツイートや、逆に他人には絶対に見られたくないツイートを検索する方法や、過去のツイートをまとめて検索、ダウンロードする方法、さらにはそれらから選んで削除したり、一括して完全に削除したりする方法をお伝えしました。 就活や婚活に際して、過去の痛かったり 痛くもなかったりする腹を探られる危険性を避けたり、 他人からの必要以上の注目を避けるために、今回紹介した方法はきっと役に立つでしょう。 その反面、あなたの 過去のツイートを遡ることで素敵な過去に出会えるかもしれません。 そんな出会いにも今回の方法はお役に立つことでしょう。 いずれにせよ、ネット上の ツイートを削除する前には、全履歴をダウンロードしてあなたの手許に バックアップしておくことをお勧めします。 人には見せたくないあなたの過去ツイートも、あなたの手許であればきっといい思い出として輝くことでしょう。

次の