導きの地 レベル。 【導きの地】資源レベルの仕組み解説、巨大鉱脈や骨塚の出現条件と効率的に採取するコツ

【導きの地】全地帯のモンスター出現条件と素材一覧【アイスボーン】

導きの地 レベル

もくじ• 地帯レベル1-1-7-7-7とは? 導きの地は最新アップデートで溶岩地帯が追加され、 最大で3箇所の地帯レベルを7にすることが可能となりました。 そして、地帯レベル7を3箇所にする上でおすすめされているのが、 「1 森林 1 荒地 7 瘴気 7 陸珊瑚 7 溶岩 」です。 これがおすすめされている理由を下記で解説しています。 地帯レベル1-1-7-7-7にする理由 導きの地の専用素材は、 イヴェルカーナとイビルジョーの素材をマカ錬金で変換して入手できます。 1度でもその素材を入手していればいいので、歴戦イャンガルルガなどの素材もマカ錬金で入手できるようになります。 欲しい時は、イヴェルカーナとイビルジョーを狩ればいいだけですからね。 しかし、上記の方法では入手できない素材も存在します。 地帯 大型モンスター 森林地帯 クシャルダオラ 荒地地帯 テオ・テスカトル、ナナ・テスカトリ、リオレイア希少種 瘴気地帯 ヴァルハザク、ティガ亜種 陸珊瑚地帯 ネロミュール、バゼルギウス 全地帯 ネルギガンテ この表を参考にして、切り捨てるべき地帯を2つ選んでいきます。 決め手になるのが 「溶岩地帯Lv7で出現するモンスター」です。 溶岩地帯Lv7は 「金レイア、歴戦クシャ、歴戦テオ、歴戦ナナ」が出現しますので、 森林と荒地は歴戦金レイアくらいしか用事は無くなるので、森林と荒地で歴戦金レイア素材を大量に確保しておけば、地帯Lv1のままにしても問題は無いです。 もし、歴戦金レイア素材が足りなくなったら、フレンドにお願いして連れていってもらうという手もありますね。 ただ、順序良く地帯レベルを上げて行かないと、マカ錬金素材を全開放することはできません。 森林地帯Lv6以上で歴戦ガルルガまでの素材を全て1度は入手する• 荒地地帯Lv7で歴戦金レイア素材を大量に確保する• 瘴気、陸珊瑚、溶岩地帯をLv7にする• 地帯レベルを固定する この流れで進めて行けば、歴戦金レイア素材以外はいつでも入手できるようになります。 アップデートのお陰で、地帯レベルも上げやすくなりましたからね。 とは言え、「凍て地」が追加される可能性もありますので、アップデート次第ではこれが正解とも言えなくなります。 現時点ではこれが最適だと思われますし、上げ方を迷っていた方は参考にしてみて下さい。 まとめ まだまだ不満が多い導きの地ですが、これまでよりはマシになったのは評価しても良いでしょう。 「一度上げたことのある地帯レベルにいつでも変更できる機能」とか欲しいですよねぇ。

次の

【アイスボーン】『導きの地』地帯レベル上限上昇の法則(イガグリ氏調査)

導きの地 レベル

1:お久しぶりです ソシャゲやらアイスボーンやらのプレイが忙しく、ブログがお粗末になっていました。 失踪では無い、どうもイツキです。 やっと、 導きの地の攻略がようやく一段落したので記事にまとめて行きたいと思います。 オンラインでは、 未だに地帯関係をガン無視してモンスターを狩り始める人もチラホラいるのでここでしっかり書いて行きたいと思います。 2:まずはおさらい 導きの地は、 「ストーリーをクリアする」と行くことが出来る 「エンドコンテンツ」です。 「4つのエリアからなる複合マップ」で、 「様々なモンスターが入り乱れる特殊マップ」になります。 モンスターによって、 「1つのエリアだけに対応」したモンスターや 「全エリアに対応」しているモンスターもいます。 導きの地では、 「特殊な素材」を入手する事が可能となっており 「特定の防具」や 「カスタム強化」に 「必ず必要」になってきます。 入手できる素材は、 「通常個体」と 「歴戦個体」で入手できる素材が変化します。 つまり、歴戦個体を出現させる為には地帯レベルを上げる必要があります。 各マップには、 「隠しモンスター」が存在し地帯レベル5以上で各マップの隠しモンスターと会う事が出来ます。 3:隠しモンスター アイスボーンにも隠しモンスターが存在し、 森林地帯レベル2で ・ 森林地帯レベル3で で解放される この2体 も隠しの部類に入るでしょう。 しかし、 地帯レベル6まで上げると・・・ 森林 「傷ついた」 荒地 「希少種」 陸珊瑚 「希少種」 瘴気 「亜種」 が出現するようになります。 これらのモンスターは、 発見していない状態ではハンターノートに表記が出ない(たしか・・・)のでクトに 「?」のアイコンが出れば 「 地帯レベルを上げた マップの隠しモンスターと遭遇」 する事が出来ます。 フィールドに到着しても 「表記がありません」が 落ち着いて痕跡を探しましょう。 マップを探索して、痕跡を集めていくと最終的には常に表示されるようになります。 そのためには、 「忘れずに調査研究所に報告」 に行きましょう。 4:地帯レベル7まで上げる必要があるのか? 最高レベルの7まで上げなくても、隠しモンスターと戦う事は出来ます。 隠しモンスターも 1度捕獲すれば、 「闘技場クトが解放」されるので通常素材を集めるのがかなり楽になります。 しかし、アイスボーンには 「歴戦個体」も存在します。 この 、 歴戦個体の素材がカスタム強化に必須なので最高レベルまで上げる必要があります。 特に、 アイスボーンを始めた時点で失われた 最強カスタム強化「回復能力付与」を付けるのに歴戦個体の素材が必要になります。 あの 「最高カスタム強化が使える」となれば上げざる負えないと言えるでしょう。 5:効率的に地帯レベルを上げるには やはり、地帯レベルを上げる必要がある事が分かった所で 「どのモンスターを狩れば効率が良いのか」を考えて行きたいと思います。 モンスターには、 登場時点でどの地帯に属するかが表記されています。 表記されている地帯のモンスターを討伐する事で地帯レベルが上昇する・・・、 「訳では無い」です。 これが 、 「大きな落とし穴」 です。 例えば、初期の状態から登場する 「バフバロ」ですが対応地帯は4つの地帯全てに該当します。 このモンスターを倒しても、恐らく上げたい地帯レベルは殆ど上昇しないでしょう。 こういったモンスターは、バフバロ以外にも存在し 「アンジャナフ亜種」や 「怒り食らうイビルジョー」も4つの地帯全てに該当するモンスターです。 ここからは、仮説ですが 対応 地帯が4つあるモンスターは「地帯ポイント(今回は増えるゲージの事を呼称)が分散」してしまっていると考えられます。 私が 怒り食らうイビルジョーを倒した時は、 4つの地帯ゲージ全てに影響を与えましたが殆ど変化しませんでした。 ( 倒しても現状維持でほぼ増減無し)複数地対応モンスターを討伐する際は、なるべく 「対応 地帯が少ないモンスターを討伐する事が一番効率が良い」です。 この方法は、 「1つの地帯レベルを上げる事は非常に効率が良い」ですが 「間違いなく他の地帯レベルが下がる」やり方です。 何処かの地帯レベル7にしたい場合に一番効果を発揮するやり方と言えます。 6:つまりどのモンスターを狩ればいいのか? 先ほどの話をまとめると、 1つの地域でしか(例:森林地帯でしか)出現しないモンスターを狩り続ける事が一番良いという事になります。 更に、 通常個体よりも歴戦個体の方が地帯ポイント(地帯ゲージ)が貯まりやすいです。 この条件を満たした より強力なモンスターが効率が一番良いという事になります。 効率よく地帯レベルを上げる為に非常に効果的なのか 「特殊痕跡によるモンスターの呼び出し」です。 地帯レベルが低い場合は、 「通常個体しか来ません」が 歴戦個体が出現する地帯レベルで呼び出すと 「必ず歴戦個体で出現」します。 歴戦個体が出現するようになるのは、 地帯レベル4からになります。 レベル4を超えてから、モンスターを呼び出していくと効率が良いかもしれません。 詳しくは、 「ハンターノートの導きの地」の欄でいつでも確認出来ます。 常に出現モンスターの状態を把握しておきましょう。 また、 どのモンスターがどの地域に出現するかは 「特殊痕跡での呼び出し画面で確認」する事が出来ます。 それでは、地帯ごとに見ていきましょう。 紫の字で書いてあるモンスターは、歴戦個体が存在するモンスターです。 歴戦個体が出現した場合は積極的に討伐しましょう。 強いモンスター程ゲージが貯まりやすい傾向にあると思います。 例:トビガガチ<歴戦 森林地帯 トビガガチ 亜種 荒地地帯 クルルヤック ロス 亜種 テオテスカトル ナナテスカトリ 希少種 陸珊瑚地帯 ツィツィヤック パオウルムー プケプケ亜種 レイギエナ キリン ネロミェール 希少種 瘴気地帯 ドスギルオス ラドバルキン 亜種 死を纏うヴァルハザク 亜種 ラドバルキンは瘴気地帯の部分しか文字が白くなっていません。 つまり、瘴気地帯のみに対応しているモンスターです。 地帯レベル上げには最高の相手です。 瘴気地帯上げの時は非常にお世話になりました。 続いてです。 森林・荒地地帯に対応しているので2つの地帯に対応しています。 倒すのであればこのライン限度だと思います。 以外に対応地域が多いです。 対応地帯は3つ、ポテンシャル的に全マップいける対応力はあるでしょう。 正直この辺りは、何とも微妙なラインで効果が地帯レベルが上がらないという事は無いですが超効率が良いと言う程では無いと思っています。 正直この対応地帯3つが地帯レベルとの関係性が不明点が多いかもしれません。 仮に、荒地地帯を上げるとしてとなら私はを狩ります。 大問題児怒り食らうイビルジョー事「飢餓ジョー」さんです。 地帯レベル上げには向かない所かデメリットまで存在します。 先日、 瘴気地帯がめでたくレベル7になりました。 しかし、ツィツィヤックのトサカをイビルジョーが壊したせいで地帯が一瞬で下がりました・・・。 とりあえず大問題児なので 追いかける際には注意が必要です。 しかし、オロン等の 「おもちゃ」に 大ダメージを与えてくれる良い面もありますが2体の 「追いかけっこ」が始まるので やっぱり駄目です。 私のざっくり検証なので、間違いがあればコメントお願いします。 こうやって見ると、意外と対象となるモンスターは少ないです。 地帯レベルの兼ね合いも考えると更に対象は狭まります。 必然的に、同じモンスターと連戦になりますが 対応地帯が2つのモンスターでも上がらないわけでは無いので普通に倒しても大丈夫です。 素材が必要で無い限りは、対応地域が3・4つは避けるべきだと思います。 (特に4つ) 今回はこの辺りで ではノシ ituki924.

次の

『モンハンワールド:アイスボーン』導きの地の地帯Lvが固定できるよう調整!

導きの地 レベル

1:お久しぶりです ソシャゲやらアイスボーンやらのプレイが忙しく、ブログがお粗末になっていました。 失踪では無い、どうもイツキです。 やっと、 導きの地の攻略がようやく一段落したので記事にまとめて行きたいと思います。 オンラインでは、 未だに地帯関係をガン無視してモンスターを狩り始める人もチラホラいるのでここでしっかり書いて行きたいと思います。 2:まずはおさらい 導きの地は、 「ストーリーをクリアする」と行くことが出来る 「エンドコンテンツ」です。 「4つのエリアからなる複合マップ」で、 「様々なモンスターが入り乱れる特殊マップ」になります。 モンスターによって、 「1つのエリアだけに対応」したモンスターや 「全エリアに対応」しているモンスターもいます。 導きの地では、 「特殊な素材」を入手する事が可能となっており 「特定の防具」や 「カスタム強化」に 「必ず必要」になってきます。 入手できる素材は、 「通常個体」と 「歴戦個体」で入手できる素材が変化します。 つまり、歴戦個体を出現させる為には地帯レベルを上げる必要があります。 各マップには、 「隠しモンスター」が存在し地帯レベル5以上で各マップの隠しモンスターと会う事が出来ます。 3:隠しモンスター アイスボーンにも隠しモンスターが存在し、 森林地帯レベル2で ・ 森林地帯レベル3で で解放される この2体 も隠しの部類に入るでしょう。 しかし、 地帯レベル6まで上げると・・・ 森林 「傷ついた」 荒地 「希少種」 陸珊瑚 「希少種」 瘴気 「亜種」 が出現するようになります。 これらのモンスターは、 発見していない状態ではハンターノートに表記が出ない(たしか・・・)のでクトに 「?」のアイコンが出れば 「 地帯レベルを上げた マップの隠しモンスターと遭遇」 する事が出来ます。 フィールドに到着しても 「表記がありません」が 落ち着いて痕跡を探しましょう。 マップを探索して、痕跡を集めていくと最終的には常に表示されるようになります。 そのためには、 「忘れずに調査研究所に報告」 に行きましょう。 4:地帯レベル7まで上げる必要があるのか? 最高レベルの7まで上げなくても、隠しモンスターと戦う事は出来ます。 隠しモンスターも 1度捕獲すれば、 「闘技場クトが解放」されるので通常素材を集めるのがかなり楽になります。 しかし、アイスボーンには 「歴戦個体」も存在します。 この 、 歴戦個体の素材がカスタム強化に必須なので最高レベルまで上げる必要があります。 特に、 アイスボーンを始めた時点で失われた 最強カスタム強化「回復能力付与」を付けるのに歴戦個体の素材が必要になります。 あの 「最高カスタム強化が使える」となれば上げざる負えないと言えるでしょう。 5:効率的に地帯レベルを上げるには やはり、地帯レベルを上げる必要がある事が分かった所で 「どのモンスターを狩れば効率が良いのか」を考えて行きたいと思います。 モンスターには、 登場時点でどの地帯に属するかが表記されています。 表記されている地帯のモンスターを討伐する事で地帯レベルが上昇する・・・、 「訳では無い」です。 これが 、 「大きな落とし穴」 です。 例えば、初期の状態から登場する 「バフバロ」ですが対応地帯は4つの地帯全てに該当します。 このモンスターを倒しても、恐らく上げたい地帯レベルは殆ど上昇しないでしょう。 こういったモンスターは、バフバロ以外にも存在し 「アンジャナフ亜種」や 「怒り食らうイビルジョー」も4つの地帯全てに該当するモンスターです。 ここからは、仮説ですが 対応 地帯が4つあるモンスターは「地帯ポイント(今回は増えるゲージの事を呼称)が分散」してしまっていると考えられます。 私が 怒り食らうイビルジョーを倒した時は、 4つの地帯ゲージ全てに影響を与えましたが殆ど変化しませんでした。 ( 倒しても現状維持でほぼ増減無し)複数地対応モンスターを討伐する際は、なるべく 「対応 地帯が少ないモンスターを討伐する事が一番効率が良い」です。 この方法は、 「1つの地帯レベルを上げる事は非常に効率が良い」ですが 「間違いなく他の地帯レベルが下がる」やり方です。 何処かの地帯レベル7にしたい場合に一番効果を発揮するやり方と言えます。 6:つまりどのモンスターを狩ればいいのか? 先ほどの話をまとめると、 1つの地域でしか(例:森林地帯でしか)出現しないモンスターを狩り続ける事が一番良いという事になります。 更に、 通常個体よりも歴戦個体の方が地帯ポイント(地帯ゲージ)が貯まりやすいです。 この条件を満たした より強力なモンスターが効率が一番良いという事になります。 効率よく地帯レベルを上げる為に非常に効果的なのか 「特殊痕跡によるモンスターの呼び出し」です。 地帯レベルが低い場合は、 「通常個体しか来ません」が 歴戦個体が出現する地帯レベルで呼び出すと 「必ず歴戦個体で出現」します。 歴戦個体が出現するようになるのは、 地帯レベル4からになります。 レベル4を超えてから、モンスターを呼び出していくと効率が良いかもしれません。 詳しくは、 「ハンターノートの導きの地」の欄でいつでも確認出来ます。 常に出現モンスターの状態を把握しておきましょう。 また、 どのモンスターがどの地域に出現するかは 「特殊痕跡での呼び出し画面で確認」する事が出来ます。 それでは、地帯ごとに見ていきましょう。 紫の字で書いてあるモンスターは、歴戦個体が存在するモンスターです。 歴戦個体が出現した場合は積極的に討伐しましょう。 強いモンスター程ゲージが貯まりやすい傾向にあると思います。 例:トビガガチ<歴戦 森林地帯 トビガガチ 亜種 荒地地帯 クルルヤック ロス 亜種 テオテスカトル ナナテスカトリ 希少種 陸珊瑚地帯 ツィツィヤック パオウルムー プケプケ亜種 レイギエナ キリン ネロミェール 希少種 瘴気地帯 ドスギルオス ラドバルキン 亜種 死を纏うヴァルハザク 亜種 ラドバルキンは瘴気地帯の部分しか文字が白くなっていません。 つまり、瘴気地帯のみに対応しているモンスターです。 地帯レベル上げには最高の相手です。 瘴気地帯上げの時は非常にお世話になりました。 続いてです。 森林・荒地地帯に対応しているので2つの地帯に対応しています。 倒すのであればこのライン限度だと思います。 以外に対応地域が多いです。 対応地帯は3つ、ポテンシャル的に全マップいける対応力はあるでしょう。 正直この辺りは、何とも微妙なラインで効果が地帯レベルが上がらないという事は無いですが超効率が良いと言う程では無いと思っています。 正直この対応地帯3つが地帯レベルとの関係性が不明点が多いかもしれません。 仮に、荒地地帯を上げるとしてとなら私はを狩ります。 大問題児怒り食らうイビルジョー事「飢餓ジョー」さんです。 地帯レベル上げには向かない所かデメリットまで存在します。 先日、 瘴気地帯がめでたくレベル7になりました。 しかし、ツィツィヤックのトサカをイビルジョーが壊したせいで地帯が一瞬で下がりました・・・。 とりあえず大問題児なので 追いかける際には注意が必要です。 しかし、オロン等の 「おもちゃ」に 大ダメージを与えてくれる良い面もありますが2体の 「追いかけっこ」が始まるので やっぱり駄目です。 私のざっくり検証なので、間違いがあればコメントお願いします。 こうやって見ると、意外と対象となるモンスターは少ないです。 地帯レベルの兼ね合いも考えると更に対象は狭まります。 必然的に、同じモンスターと連戦になりますが 対応地帯が2つのモンスターでも上がらないわけでは無いので普通に倒しても大丈夫です。 素材が必要で無い限りは、対応地域が3・4つは避けるべきだと思います。 (特に4つ) 今回はこの辺りで ではノシ ituki924.

次の