東方 キャノン ボール 闘技 場。 東方キャノンボール攻略wiki

『東方キャノンボール』に新ゲームモード「闘技場」が実装。「河城にとり」「星熊勇儀」のピックアップ召喚も実施

東方 キャノン ボール 闘技 場

編集 対戦相手は他のユーザーの「防衛チーム」。 ランダムで選ばれた5つのチームから選ぶことができる。 1日10回まで変更可能。 バトルはオートで進むが、ターゲットの切り替え、スペカ発動は手動で可能。 相手は完全に自動。 このあたりは今までのボードバトルと変わらない。 新たな要素として「ヒートゲージ」がある。 ヒートゲージが少ない間は攻撃力が抑制されています。 勝利するとポイントを獲得し、一定数貯まるとランクが上がる。 自分よりもランクが高い相手に勝利すると、ボーナスポイントを貰えます。 そのため、最速でランクを上げるには一番右のチームに連勝しなくてはならない。 1回勝利ごとに対戦相手を更新しよう。 敗北するとポイントが減少する。 ランクは下がらない。 期間終了時でのランクにより報酬が変わる。 編成は「攻撃チーム」と「防衛チーム」の二つがある。 1日5回までのバトルは「攻撃チーム」で行う。 「防衛チーム」は他のユーザーと自動で戦う用。 勝てばポイントを得られる。 負けは何も失うものは無い。 ・ クリティカル攻撃力アップの壊れ性能を考慮し、理想の短期決戦向き防衛用ドロップパを再考してみるテスト。 なお写し絵にイベ限定は含まない。 攻撃側は手動で各個撃破を狙うと仮定。 SPは適当。 風は素直に特徴を活かす。 各個撃破のタゲを低HPのチルノに向かわせる。 タゲがみすちーに向かうため候補3のチルノは流用できない。 無課金で作るのは厳しいね。 属性は重要。 体感だとステが同等なら不利属性3体は有利属性1体に等しい。 高ステ花2体でもムラサ1体を押しきるのがやっとです。 現環境だと下記の傾向を感じるね。 まず四陽とその対策の凸陽凹月が強い 2. その次に強特性強スペカの定番キャラで押しきる風陽固めとその派生 鳥風月陽などの混成 が強い。 花鳥風月と花鳥風陽はオート戦だといまいちパッとしない 5. 『騙して勝つ』だな。 下位ランクでは、凸してると挑まれにくいので注意。 ランクごとの編成も考える必要があるな。 またCPU操作って所も要点で、スペカを打たせたいキャラがいるなら、そのキャラのSP消費量を少なくしておくと良いぜ。 特に一発目は単体狙いのうどんげ等がオススメ。 何故かと言うと弾幕バトルは一体落ちるだけで戦況がガラッとかわるからだ。 2発目は全体宝具が良いかもしれないが、防衛パーティーに入れるとランダムで打たれる恐れがあるから、防衛パーティーにはSPを下げたキャラは一体だけにした方が良い。 逆に攻めでは2体入れた方が良い。

次の

多々良小傘

東方 キャノン ボール 闘技 場

開催期間:11月21日 (木)15:00 ~ 11月29日(金) 14:59 開催概要: 「闘技場完成!ピックアップ召喚」では以下のキャラクターの提供割合がアップします。 ・召喚できるのはキャラクターと写し絵です。 ・召喚で排出されるキャラクターと写し絵は重複する場合がございます。 ・特性上、 すべてのキャラクターと写し絵を揃えられない場合がございます。 ・先行登場の「星熊勇儀」は、 後日レア召喚に追加される予定です。 ・「闘技場完成!ピックアップ召喚」の開催期間中、 「星熊勇儀」は他の召喚からは排出されません。 ・復帰前に対象のマルチプレイが終了している場合は復帰できません。 ・復帰できるのは、 マルチプレイを抜けてから5分以内となります。 ・復帰は1回のマルチプレイにつき5回までとなります。 C 上海アリス幻樂団/Aniplex・Quatro A 東方キャノンボールは東方Projectを原作とした二次創作作品です。

次の

『東方キャノンボール』、11月21日(木)より新たなゲームモード「闘技場」を追加予定!さらに同日より「闘技場完成!ピックアップ召喚」を開催予定!他

東方 キャノン ボール 闘技 場

株式会社Quatro Aによって2019年10月1日にサービスが開始された『東方キャノンボール(以下東方CB)』は上海アリス幻樂団が制作している『東方Project』を原作とした、公認二次創作ゲームです。 『東方CB』はサイコロを振って移動、時にはバトルをしながら「CB(キャノンボール)」を稼いで1位を狙うボードゲーム。 「ゆっくり動画」などで一度は見たことがある方も多い、博麗霊夢や霧雨魔理沙などの多彩なキャラクターがボードゲーム上で大暴れします! ボードゲームの合間にはストーリーイベントが発生し、キャラクター同士の掛け合いも楽しめます。 ブルースタックスを使って『東方CB』をプレイするメリット 『東方Project』といえば美麗な弾幕が有名です。 今作では残念ながら弾幕はないものの、キャラクターたちがLive2Dで描かれており、なめらかに動く表情豊かなキャラクターをPCならではの大画面で楽しむことができます。 特にゲームのオープニングアニメーションはスマホの小さな画面ではなく、パソコンで鑑賞したい丁寧な仕上がりとなっており、ブルースタックスでの鑑賞をおすすめします。 『東方CB』のようにアニメーションが多く使われているゲームはバッテリーの消耗が非常に激しく充電切れ、バッテリーへの負担、高負荷による突然のアプリの停止などといった問題が懸念されますが、ブルースタックスを使ってPCでプレイすることにより、それらの悩みから解放された完全ストレスフリーのゲームをプレイすることが可能です。 また、『東方Project』といえば音楽の素晴らしさに定評があり、『東方Project』の同人音楽も他作品では見られない規模で盛り上がっています。 『東方Project』の同人音楽界隈で人気のある楽曲集団が多くの楽曲を本作に提供しており、 クエストをこなしゲーム内通貨でそれらの楽曲を購入することで、楽曲を自由に鑑賞できるようになります。 また、過去のバージョンをお使いの場合は、最新版へのアップデートを行ってください。 ブルースタックスを起動後、検索バーに『東方キャノンボール』または『東方CB』と入力するか、Google Playのストアよりゲームをダウンロード、インストールしてください。 『東方CB』の遊び方 「いただきストリート」のようなモノポリー形式のゲームをプレイしたことがある方はすんなりとプレイできます。 初めてこういったシステムのゲームをプレイする方も、かわいいキャラクターたちが丁寧に説明してくれるチュートリアルがあるので安心です。 ボード上には「バトルマス」があり、ターン制のバトルが発生することも。 バトルに勝利すると「CB(キャノンボール)」を通常のプラスマスに止まるより多くもらえたり、クエストクリアの条件になっていたりするので、キャラクターを育成して積極的に止まりたいマスでもあります。 クエスト中に対戦するCPUキャラはサイコロの出目もよく、効率的にコマを進めるので、かわいらしい見た目に反してかなりの強敵。 キャラ性能などとは全く関係なく、完全なサイコロ運で負けてしまうこともしばしばあります。 まさに勝負は時の運。 ただただキャラクターを強くすればクリアできるわけではない、すごろくならではの面白さがそこにはあります。 『東方CB』のガチャについて 前述のとおり、ただただ強いキャラクターを入手していれば、スムーズにクエストをこなせるか、というとそんなことはありません。 2つクエストをこなすことで、1回ガチャをひくための砲台を入手できるので、クエストを進めながら少しずつ戦力を増やしていくのも一つの手です。 最後に 『東方キャノンボール』をブルースタックスでプレイするメリットを交えながら、紹介させていただきました。 おなじみの東方キャラたちがLive2Dで生き生きとした動きで掛け合い会話をするストーリーモードと、3Dのちびキャラでの戦闘モードと、すごろくしながらキャラを愛でることができる『東方CB』は東方シリーズファンの方にはぜひプレイしてみてもらいたいゲームです。 是非この機会にブルースタックスを導入してPCで『東方CB』を楽しんでください!.

次の