井上 尚弥 ドネア。 井上VSドネア戦はなぜ世界で評価されたのか 米・英メディアで年間最高試合「3冠」: J

井上尚弥は本当に強いのか?ドネア戦後の海外反応とマニアの見解総まとめ

井上 尚弥 ドネア

PFP1位アルバレスを上回る高評価 世界中が注目した「11・7決戦」。 その期待を裏切らなかった両雄に「ESPN」が最大の評価を与えた。 井上VSドネア戦は、試合直後から世界中のメディアで絶賛され、米国の歴史ある専門誌「ザ・リング」、英国の専門誌「ボクシングニュース」でも年間最高試合に選出された。 日本が誇る「モンスター」とフィリピンのレジェンドの一戦は、世界が認めた伝説の名勝負となった。 現在、ボクシング界で人気、実力ともに世界のトップに君臨するのがサウル・アルバレス(メキシコ)だ。 「ザ・リング」のパウンド・フォー・パウンド(PFP)でもトップに立ち、ファイトマネーは現役選手の中で群を抜いている。 今年5月にはミドル級のベルトを統一し、11月にはライトヘビー級の王座を獲得。 2試合とも十分、偉業に見合うものだが、世界の評価は井上VSドネア戦が上回った。 なぜ井上VSドネア戦がそれほどまでに世界の専門家の心を引き付けたのだろうか。 改めて「11・7決戦」を振り返ってみたい。 ドネアはベストコンディション、メンタルも... 戦前の専門家の予想の多くは井上のKO勝利、もしくは圧勝だった。 対戦時の両者の年齢差は10歳ほどあり、ドネアの体力的な衰えを指摘する声もあった。 だが、さいたまスーパーアリーナのリングに立ったドネアはベストコンディションで、メンタルも充実していたようにみえた。 この試合の大きなポイントとなったのが2回、9回、11回だろう。 2回にドネアが放った左フックが井上の顔面をとらえ右目上を切り裂いた。 井上にとってパンチによる顔面のカットはプロ、アマ通じて初めての経験だった。 後日には、右目眼窩底骨折の重傷だったことが判明。 パンチによるカットのため、出血がひどくなれば試合を止められTKO負けとなるだけに、以降は慎重に試合を進めざるを得なかった。 9回はドネアにとって悔やまれるラウンドになった。 ドネアは右ストレートのカウンターで井上をぐらつかせるも詰め切れなかった。 「もっとパンチを打ちこめていたら、もしかしたら倒せたかもしれない」と試合後に振り返ったように最大のチャンスだった。 8回には井上の右目上の出血が激しさを増し、流れがドネアに傾いていたラウンドだったが、あと一発が出なかった。 井上、ドネアが見せたハイレベルの防御技術 そして11回、この試合のクライマックスが訪れる。 井上が右アッパーから左ボディーを打ち込むと、ドネアはたまらず背中を向けた。 2歩、3歩と足を進め赤コーナー付近で膝をついた。 カウントぎりぎりで立ち上がったドネアは、井上の猛攻に果敢に応戦。 何度も空を切ったものの、迫力満点の左フックを強振し2万の大観衆を沸かせた。 井上、ドネアのファイティングスピリッツはもちろんのこと、両者の高いレベルのボクシング技術が光った。 井上の防御技術は相変わらず目を見張るものがあった。 この試合では再三、ドネアと左フックの相打ちとなったが、かなりの確率で芯を外していた。 相打ちにみえるシーンの多くで井上は顔を右方向にそむけてかわしている。 そしてそのままの体勢から左フックをドネアの顔面にヒットさせている。 高い防御技術とバランス感覚がなせる業である。 ドネアもまた高い防御技術をみせた。 左フック、左ボディーをブロックするために右の脇をしっかりと締め、右のグローブは常に右顎をガードしていた。 ストレート系のパンチは右腕でブロックし、左ボディーにも対応した。 11回のダウンシーンは、ドネアが井上の右アッパーに反応し、わずかに右の脇が空いたところを打ち込まれた。 12ラウンドを通じて数少ないミスが、命取りとなってしまった。 3ジャッジの採点が割れたのは3ラウンドだけ この試合はスリリングかつ、両者クリーンなボクシングを展開した。 これが世界的な評価をもたらしたのではないだろうか。 試合の中で明確なクリンチがみられたのは、9回に井上がぐらついた後にクリンチにいったものだけ。 ドネアにいたっては、11回のダウン後に井上に少し寄りかかる仕草を見せただけで、クリンチは一度もなかった。 世界最高峰の技術を持つ2人のボクサーが真っ向から勝負した結果が、名勝負を生んだのだろう。 ラウンドによって主導権が行きかう分かり易い展開は、ボクシングの専門家だけではなく、世界のボクシングファンの心をつかんだ。 この試合を採点した3人のジャッジが共通して同じ点数をつけたのは12ラウンド中8ラウンドあった。 ひとりのジャッジが5回にドネアを8点としたため横並びとならなかったが、3人いずれも井上を支持。 採点が割れたのはわずかに3ラウンドのみで、7ラウンドから12ラウンドまでは3人すべてが同じ点数だった。 この一戦で井上の世界的な評価はさらに上昇した一方で、負けたドネアも改めて高い評価を受けた。 ダウンをしてKOのピンチを招いてもなおクリンチという手段を択ばなかったフィリピンのレジェンド。 そしてレジェンドの魂をリスペクトするように最後までKOを狙いにいった「モンスター」。 井上、ドネアの両雄が、ボクシング界の歴史に新たな1ページを刻んだ。

次の

井上VSドネア戦はなぜ世界で評価されたのか 米・英メディアで年間最高試合「3冠」: J

井上 尚弥 ドネア

米名物コラムニストがドネア戦のダウンシーンについて言及 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で興行延期となっているボクシング界。 「レフェリー最大のミスはあのブロック」と当該シーンを振り返っている。 「ドラマ・イン・サイタマ」という異名が与えられた名勝負を早朝に視聴したことをツイッターで報告したのは、リング誌のトム・グレイ記者だった。 「私がこの場にいたことをみんなに伝えたかな?」と現地で取材したグレイ氏は絵文字付きでお茶目にアピール。 そこからボクシングファンとの交流がスタートした。 11ラウンド、この試合唯一のダウンシーンも話題に挙がった。 男性ファンがレフェリーの判断について尋ねると、グレイ記者は「正直に言って、レフェリー最大のミスはドネアがダウンする前にイノウエをブロックしたことだ。 カウントも寛容だった」と指摘した。 井上は左のボディショットをドネアに着弾させた。 苦悶の表情のドネアはリングで小走りになり、井上は追撃の絶好機を迎えたが、レフェリーはなぜか体を入れた。 しばらくしてから、ゆっくりとカウントを始めたが、井上のラッシュに水を差す格好となったブロックこそがミスだとグレイ氏は指摘した。 「生で見た最高のファイトの一つですか?」という質問に、「これがベスト。 この夜もそう言ったし、それは絶対に変わっていない」と生涯のベストバウトと断言したグレイ氏。 リング誌など海外メディアで2019年年間最高試合に選出された名勝負だが、レフェリーの判断は海外でもいまだに議論されているようだ。 (THE ANSWER編集部)•

次の

井上尚弥対ドネアで井上が判定で勝ちましたがこの試合どう思...

井上 尚弥 ドネア

井上尚弥はドネア戦で足を怪我トラブルを抱えていたのか? いつもの井上尚弥と違った。 パンチがひとつ当たれば効いてしまうはずが、いくら打っても決定打にならない。 相手がフェザーレベルの身体だからか? しかし、いつもより重心も高く感じるし、軽い感じもする。 (気のせいかもしれない)(左フックを警戒しすぎてのことなのかもしれない) 特に8Rあたりで香川解説が指摘したように何がおかしいと。 足をポンポンと叩いている井上。 そして、11Rでソックスを下げた井上。 11Rでソックスを下に下げて そこから多少調子よくなり、11Rにダウンを取りました。 結論的に、今のところ足のトラブルについて陣営からの発表はありません。 1Rを見る限りは最初は大丈夫だったはず。 カットして出血してその影響もありツったのかもしれません。 昔、試合中にツってキツかったけれど何とか勝利した試合はありました。 推測としてはやはり、ドネアからもらったパンチが効いたために足にきていたのかと思います。 とりあえず陣営からの公式発表があり次第記載します。 google、ツイッター、インスタ、拓真・こうき・京口選手等のコメントチェックしたけど足に関する情報はなかった! 11月7日の試合は尚弥拓真にとって凄く良い経験になったと思うし 見ていたボクサー達にとっても素晴らしい経験になったと思います。 本当にボクシング最高。 負けるかと思ってヒヤヒヤした。 壁を殴っているようやった。 解説の言う足の調子やろうか。 — 産卵拒否 hisashi197749 初めてカット、足の状態 パンチももらってヤバかったのも凌いで勝った。 井上尚弥が言ってた36分間のドラマを見せるって言ってだけど本当に凄いドラマが詰まった試合だった。 序盤から井上の足が止まってて、いつもの調子ではないと感じたけど11Rのボディは凄かった! おめでとうございます! — マッド・サーン poke551 井上尚弥、5階級王者ドネアに判定勝ち!バンタム級世界最強を証明/WBSS 途中から足動かなくなったのなんで? — ケロちゃん王子 Yuyumuradesu 足に力が入らなかった?理由が知りたいのと、パンチは下半身なんだという基礎を知れたのと、12R最後のドネアのすべてを賭け、捨てた、渾身のパンチの恐ろしさを体験でき、ありがとうしかありません。 — 本橋賢一(Kenichi Motohashi) MkKen46 井上尚弥勝ってよかった、、、 1R終了後、足を気にしてたから早い段階で何かアクシデントあったのかな? — 佐々木そぼろ hiyoichizoku 1Rから足に来ていたのでしょうか? そこは分からなかったですが、もしかしたら早い段階での何らかのパンチで足に来ていた可能性があります。 なので調整失敗とかのトラブルではなく、なんらかのドネアのパンチによるものかと思われます。 まとめ.

次の