ポンキッキ。 ポンキッキ(地図/岡山市/喫茶店)

ポンキッキ・30代が選ぶ懐かし名曲動画集♪放送禁止の歌とは?45周年で終了!

ポンキッキ

についての情報です! ひらけ! ポンキッキは、フジテレビで1973年4月2日から1993年9月30日まで放送していた幼児・子供向けのテレビ番組である。 主に発達心理学を駆使した幼児教育、情操教育を中心に、3歳児以降をターゲットに製作されている。 番組の主人公はあくまでおねえさんで、ガチャピンやムックはサブキャラクターに過ぎない。 また「おにいさん」が出演している時期もある。 放送開始時は月曜日〜金曜日の午後2時30分からの放送だったが、1975年より朝8時台の放送となり、以来長年にわたり「朝の顔」として親しまれるようになる。 幼児・子供向け番組であるにも関わらず「レベルが高く、わかりやすい」充実した内容はもはや芸術の域とも言われ、受賞の多さがそれを証明している。 中期オープニングの『青い空白い雲』は、ゴダイゴのタケカワユキヒデが作詞・作曲を手がけ、元ザ・タイガースのかはしかつみが歌っていた(後の『ポンキッキーズ21』でV6の井ノ原快彦とブラザートムがカバー)。 1993年10月に『ポンキッキーズ』に改題し、番組内容も大幅に変更した。 [出典]ウィキペディア:フリー百科事典.

次の

ポンキッキーズ

ポンキッキ

是非とももう一度、映像付きで聞いてみたいものです。 かはしかつみさんは、正確には「加橋かつみ」さんです。 子ども向け番組だから、クレジットがひらがなだったのでしょうか。 詳細不明ですが、ここでは、クレジットどおり、ひらがなで書きます。 すでに販売終了したらしく、いずみ書房サイトでも「教育セット」はリストには載っていません。 現在発売されている「ポンキッキ ことばとかずビデオ5巻セット 13,000円 」は、教育セット中のビデオのみの販売になっているようですが、これには両テーマ曲は収録されていません。 両テーマ曲は、この教育セットシリーズの、「ひろがるせかいセット 143,000円 」「フルセット 325,715円 」に組み込まれていたカセット5巻中2本に収録されていました。 このカセットに収録されているテーマ曲 2曲について、テレビ放送との違い・登録内容など、調べた事をまとめてみたいと思います。 ちなみに、カセットのカバーには、 「オープニング」 タケカワユキヒデ作曲/かはしかつみ歌 「かもめはそらを」 タケカワ・ユキヒデ作曲・かはしかつみ歌 の表記しかなく、作詞者・編曲者・歌詞は書いてありません。 fujitv. html によると、放送当時、特にタイトルは無かったそうです。 がやはり、便宜上? のタイトルは有ります。 現在放送中のポンキッキーズ21でリニューアル演奏されているものは、タイトルが変わっています。 時期 音源 タイトル 歌手 1979年? JASRAC登録 オープニング 加橋かつみ 1979年 テレビ放送 タイトルなし 番組のエンドロールにも無かったのかは未確認 かはしかつみ 1992年 カセット収録 オープニング かはしかつみ 2003年 テレビリニューアル版 青い空 白い雲 には「あおいそらしろいくも」となっています 井ノ原快彦 V6 ブラザートム 作詞 三輪道彦 作曲 タケカワユキヒデ 編曲 JASRACに表記なし 当時テレビでは「ミッキー吉野」と書いてあった気がします 出版社JASRACに表記なし 演奏 ゴダイゴだと思われますが詳細不明 JASRAC作品コード : 015-2937-4 ISWC : T- 101. 103. 967-9 JASRACには、カセットで表記されているひらがなではなく、漢字の「加橋かつみ」で登録されています。 「テレビ版」と「教育セットのカセット収録版」の違い テレビで放送された「オープニング」と、カセットとは、ボーカルに若干違いがあり、カセットの方は、メインボーカル、コーラスとも、かはしかつみです。 だいぶすっきりした印象です。 テレビ版の方は、メインボーカルは同じものを使っていると思われますが、コーラスは、別の人 ガチャピンとか 、または、かはしかつみのコーラスのものを、高い声に加工したものが使われています。 ヘリウムガスを吸った人のような声 子ども向けのイメージを強調してるのかなと思います。 ジ・アルフィー THE ALFEE の「ごあいさつのうた」のよう と言えば、聞いた事がある人はわかるでしょうか。 演奏には、特に違いはみられません。 1980年頃のテレビ版オープニングは、曲だけで普通に終わっていたと記憶していますが、数年後のものは、最後に「ひらけ!ポンキッキ!!」と、ガチャピン・ムック・おねえさんの、はじまりの一声が入るようになりました。 1980年のテレビ版は、一番のみです。 とてもシンプルな曲で、Aメロ・サビ・Aメロ で構成され、歌詞を書き出すと、4行で終わってしまいます。 後のAメロの歌詞は、先のAメロの歌詞と同じ カセットも、残念な事に、テレビと同じ歌詞の、一番しかありません。 しかもカセット本体には歌詞カードがついていませんでした。 教育セットの絵本かガイドブックには、もしかしたら載っているかもしれませんが、手元にないので未確認。 ネット上で密かに公開されている歌詞は、二番まであり、自分の記憶でも、二番の歌詞が歌えるので、一番・二番とテレビで流れていた時期があったのだと思います。 が、ちょっと惜しいことに、今のネット上の密かな歌詞 笑 は、一番と二番がごっちゃに混ざっているものが流通しているようです。 誰か直してくれるといいですね。。 エンディング曲 歌い出し 「かもめがそらをとぶよ まるでかぜのように・・・」 タイトル 及び 歌手 オープニングと同じく、フジテレビのFAQによれば、特にタイトルは無かったそうです。 が、やはり、JASRACにはタイトルが登録されています。 現在放送中のポンキッキーズ21でリニューアル演奏されているものは、オープニングと同じく、タイトルが変わっています。 時期 音源 タイトル 歌手 1979年? JASRAC登録 ひらけ!ぽんキッキエンディングテーマ 【副題】 カモメは空を 歌手・演奏者 ゴダイゴ 1979年 テレビ放送 タイトルなし 番組のエンドロールにも無かったのかは未確認 かはしかつみ 1992年 カセット収録 かもめはそらを かはしかつみ 2004年 テレビリニューアル版 風のように 井ノ原快彦 V6 ブラザートム 作詞 奈良橋陽子 作詞 三輪道彦 作曲 武川行秀 編曲 JASRACに表記なし 当時テレビでは「ミッキー吉野」と書いてあった気がします 出版社 ジェニカ・ミュージック 演奏 ゴダイゴだと思われますが詳細不明 JASRAC作品コード : 072-7104-2 ISWC : T- 101. 514. そしてなんと、2003年8月25日のポンキッキ30周年スペシャルでは、タケカワユキヒデが歌った英語版が放送されてました。 もう一度放送してほしい!! ということは、JASRACに登録されているのは、かはしかつみ歌の「かもめはそらを」ではなく、ゴダイゴ・タケカワユキヒデボーカルで録音した「カモメは空を」の方なのでしょう。 作曲者が漢字表記なのも、なにか理由があるのかどうか。。 英語詞があるものは、英語タイトルが付いているのが通例ですが、JASRACには登録されていません。 英語タイトル、あるんでしょうか。 詳細を知りたいですね。 「テレビ版」と「教育セットのカセット収録版」の違い テレビで放送された「かもめはそらを」と、カセットとは、演奏・歌とも、特に違いはありません。 テレビ版は、歌の途中でフェードアウトしていた記憶があります。 フェードアウトする長さは毎日違っていた記憶もあります。。 が、昔の事なので記憶ちがいかもしれません 曲は「オープニング」同様、とてもシンプル。 Aメロとサビの繰り返しだけです。 歌詞はここには書けませんが、構成は次のようになっています。 これはちょっともったいないです。。 「」ではを出して!!と多数リクエストがきてるようです。 tanomi. html? Never reproduce or republicate without written permission. このページに関する、ご意見・ご感想・ご指摘は まで.

次の

ポンキッキ・30代が選ぶ懐かし名曲動画集♪放送禁止の歌とは?45周年で終了!

ポンキッキ

についての情報です! ひらけ! ポンキッキは、フジテレビで1973年4月2日から1993年9月30日まで放送していた幼児・子供向けのテレビ番組である。 主に発達心理学を駆使した幼児教育、情操教育を中心に、3歳児以降をターゲットに製作されている。 番組の主人公はあくまでおねえさんで、ガチャピンやムックはサブキャラクターに過ぎない。 また「おにいさん」が出演している時期もある。 放送開始時は月曜日〜金曜日の午後2時30分からの放送だったが、1975年より朝8時台の放送となり、以来長年にわたり「朝の顔」として親しまれるようになる。 幼児・子供向け番組であるにも関わらず「レベルが高く、わかりやすい」充実した内容はもはや芸術の域とも言われ、受賞の多さがそれを証明している。 中期オープニングの『青い空白い雲』は、ゴダイゴのタケカワユキヒデが作詞・作曲を手がけ、元ザ・タイガースのかはしかつみが歌っていた(後の『ポンキッキーズ21』でV6の井ノ原快彦とブラザートムがカバー)。 1993年10月に『ポンキッキーズ』に改題し、番組内容も大幅に変更した。 [出典]ウィキペディア:フリー百科事典.

次の