家 について 行っ て も いい です か。 『家、ついて行ってイイですか?』1年前のVTRで2時間SP

はまのりみ さんについて<テレビ東京「家、ついて行ってイイですか?」

家 について 行っ て も いい です か

岐阜市にある葛懸神社の池ノ上みそぎ祭りに来ている人に屋台で好きなものを買う代わりに家を見せてもらう。 裸男たちはハイロウズを熱唱し背中を叩くなどし気合を入れる。 子どもたちは赤いふんどしの子どもを持ち上げ、大人も赤いふんどしの男を持ち上げ長良川に入っていった。 一人の男性に声をかけ自宅を訪問する。 夫婦が出会ったきっかけは道端で出会って。 昔は自由奔放だった清水さんは子供が出来て変わったという。 清水さんはお父さんどうしの繋がりを持とうと企画を立ち上げている。 みそぎ祭りも地域の方と触れ合っている、人と接するのが好きで自分に合っているなどと語った。 清水さんは家族のために浪費をやめ幸せな家庭を築いた。 家は35年のローンで購入したモデルハウス、1500万円の値引きだったという。 情報タイプ:イベント• ・ 終電後の恵比寿にいる人に「家、行ってイイ?」と質問。 りささん、さおりさん姉妹に声をかけ白金高輪の自宅にタクシーで移動。 家は1LDK家賃130000円築20年。 今週引っ越し予定だが全然片付いていない。 冷蔵庫には沢山のココナッツオイル。 りささんは元ギャル寿司職人。 姉妹は別々に住んでも同じ駅。 さおりさんはCanCamのスタイリストで元読モ。 編集部でアルバイトしてスタイリストになった。 テラスハウスに出るのが夢だったという。 父は3年前にがんで亡くなった、介護で実家に帰った、認知症になり手が燃えた、一番つらかったのは病気を知った時などと話した。 父の職業は航空会社の総合職。 母はCA。 その影響でりささんはCAになった。 父はミーハーでさおりさんが芸能人と働いているのを知ったら喜んでくれそう、はじめてCanCamに載ったときもFacebookで拡散していたと話した。 辛い時にはいつも父の言葉が心の支えになっていたという。 2人は父に会いたいと語った。 恵比寿駅で田邉さんについて行ったら亡き父親を愛する明るい姉妹に出会えた。 情報タイプ:雑誌 URL:• ・ ユッカさんの自宅を訪問。 亡くなった娘の部屋に今は昇輝さんが住んでいる。 片付けて前に進もうとしているという。 昇輝さんはユッカさんのために作った曲「幸せのチケット」歌った。 亡くなった時にユッカさんは忙しくして気を紛らわした、娘の友だちから話を聞いて娘は反抗期ではなかったかもしれない、そう思っても遅いなどと語った。 さらに娘は六本木ヒルズで販売の仕事をしていた、亡くなった時より産んだ時の印象が強いなどと話した。 娘に伝えたいことはこの世で頑張ってから娘の元へ行くこと。 西川口駅でユッカさんの家について行ったら、最愛の娘を失っても明るく生きる強い女性に出会えた。 情報タイプ:施設 URL: 電話:03-6406-6000 住所:東京都港区六本木6-10-1 ユッカさんの自宅を訪問。 亡くなった娘の部屋に今は昇輝さんが住んでいる。 片付けて前に進もうとしているという。 昇輝さんはユッカさんのために作った曲「幸せのチケット」歌った。 亡くなった時にユッカさんは忙しくして気を紛らわした、娘の友だちから話を聞いて娘は反抗期ではなかったかもしれない、そう思っても遅いなどと語った。 さらに娘は六本木ヒルズで販売の仕事をしていた、亡くなった時より産んだ時の印象が強いなどと話した。 娘に伝えたいことはこの世で頑張ってから娘の元へ行くこと。 西川口駅でユッカさんの家について行ったら、最愛の娘を失っても明るく生きる強い女性に出会えた。 情報タイプ:施設 住所:埼玉県川口市並木2-20-1 赤羽駅でタクシー代を支払う代わりに家について行ける人を探す。 浮間舟渡に住む山口涼さんと交渉成立、タクシーで自宅に向かう。 趣味はゲームなどと話し自宅に到着。 奥さんはPUBGの実況中。 2LDK家賃120000円。 山口さんはマンションの改修などの管理、奥さんは看護師をしている。 またサバゲーもしているという。 洗濯部屋には使っていないベッドが。 今はその隣の部屋で寝ている。 山口さんと奥さんが、別々のテーブルに座り、コンピューターゲーム「PUBG」のプレイと実況を始めた。 実況を始めたのは、2018年6月ぐらいからだという。 コミュニケーションの輪が広がるので、夫婦で一緒に始めたという。 2人がゲームを続けながら、自分たちの夫婦生活について話したり、ずっとこのような生活が続くと良いなどと話して、取材が終了した。 情報タイプ:商品• ・ 続いて、番組スタッフが深夜に浦和駅で、家を取材させてくれる一般の人を探した。 そして、ある男性から許可をもらった。 その男性は、川俣洸太さんといい、26歳で、ケンタッキーで働いているフリーターであり、高校は北豊島工業高校だという。 川俣さんの家は、徒歩で行ける距離にあった。 家に行くと、58歳の父親の泉さんがいた。 泉さんは、湾岸戦争の時に、全てのテレビ局が湾岸戦争の放送をしていたが、テレビ東京だけはムーミンを放送していたので、素晴らしいと褒めた。 また、「信長のシェフ」という漫画が好きだと話したり、相撲の行司のモノマネをして、力士の朝青龍や遠藤や、野球漫画の「巨人の星」について話した。 泉さんは、ヘルスキュア整体院という整体院の整体師であり、古今亭志ん朝の腰も自分が治したと話した。 洸太さんは、プロ野球が好きで、日本ハムとヤクルトのファンだといい、ヤクルトのユニフォームを着て、「東京音頭」を披露した。 情報タイプ:企業 URL: 電話:03-6632-7777 住所:東京都港区六本木3-2-1 続いて、番組スタッフが深夜に浦和駅で、家を取材させてくれる一般の人を探した。 そして、ある男性から許可をもらった。 その男性は、川俣洸太さんといい、26歳で、ケンタッキーで働いているフリーターであり、高校は北豊島工業高校だという。 川俣さんの家は、徒歩で行ける距離にあった。 家に行くと、58歳の父親の泉さんがいた。 泉さんは、湾岸戦争の時に、全てのテレビ局が湾岸戦争の放送をしていたが、テレビ東京だけはムーミンを放送していたので、素晴らしいと褒めた。 また、「信長のシェフ」という漫画が好きだと話したり、相撲の行司のモノマネをして、力士の朝青龍や遠藤や、野球漫画の「巨人の星」について話した。 泉さんは、ヘルスキュア整体院という整体院の整体師であり、古今亭志ん朝の腰も自分が治したと話した。 洸太さんは、プロ野球が好きで、日本ハムとヤクルトのファンだといい、ヤクルトのユニフォームを着て、「東京音頭」を披露した。 情報タイプ:企業 電話:03-3963-4331 住所:東京都板橋区富士見町28-1 続いて、番組スタッフが深夜に浦和駅で、家を取材させてくれる一般の人を探した。 そして、ある男性から許可をもらった。 その男性は、川俣洸太さんといい、26歳で、ケンタッキーで働いているフリーターであり、高校は北豊島工業高校だという。 川俣さんの家は、徒歩で行ける距離にあった。 家に行くと、58歳の父親の泉さんがいた。 泉さんは、湾岸戦争の時に、全てのテレビ局が湾岸戦争の放送をしていたが、テレビ東京だけはムーミンを放送していたので、素晴らしいと褒めた。 また、「信長のシェフ」という漫画が好きだと話したり、相撲の行司のモノマネをして、力士の朝青龍や遠藤や、野球漫画の「巨人の星」について話した。 泉さんは、ヘルスキュア整体院という整体院の整体師であり、古今亭志ん朝の腰も自分が治したと話した。 洸太さんは、プロ野球が好きで、日本ハムとヤクルトのファンだといい、ヤクルトのユニフォームを着て、「東京音頭」を披露した。 情報タイプ:施設 URL: 住所:埼玉県さいたま市浦和区高砂1-16-12 続いて、番組スタッフが深夜に浦和駅で、家を取材させてくれる一般の人を探した。 そして、ある男性から許可をもらった。 その男性は、川俣洸太さんといい、26歳で、ケンタッキーで働いているフリーターであり、高校は北豊島工業高校だという。 川俣さんの家は、徒歩で行ける距離にあった。 家に行くと、58歳の父親の泉さんがいた。 泉さんは、湾岸戦争の時に、全てのテレビ局が湾岸戦争の放送をしていたが、テレビ東京だけはムーミンを放送していたので、素晴らしいと褒めた。 また、「信長のシェフ」という漫画が好きだと話したり、相撲の行司のモノマネをして、力士の朝青龍や遠藤や、野球漫画の「巨人の星」について話した。 泉さんは、ヘルスキュア整体院という整体院の整体師であり、古今亭志ん朝の腰も自分が治したと話した。 洸太さんは、プロ野球が好きで、日本ハムとヤクルトのファンだといい、ヤクルトのユニフォームを着て、「東京音頭」を披露した。 情報タイプ:書籍• ・ 続いて、番組スタッフが深夜に浦和駅で、家を取材させてくれる一般の人を探した。 そして、ある男性から許可をもらった。 その男性は、川俣洸太さんといい、26歳で、ケンタッキーで働いているフリーターであり、高校は北豊島工業高校だという。 川俣さんの家は、徒歩で行ける距離にあった。 家に行くと、58歳の父親の泉さんがいた。 泉さんは、湾岸戦争の時に、全てのテレビ局が湾岸戦争の放送をしていたが、テレビ東京だけはムーミンを放送していたので、素晴らしいと褒めた。 また、「信長のシェフ」という漫画が好きだと話したり、相撲の行司のモノマネをして、力士の朝青龍や遠藤や、野球漫画の「巨人の星」について話した。 泉さんは、ヘルスキュア整体院という整体院の整体師であり、古今亭志ん朝の腰も自分が治したと話した。 洸太さんは、プロ野球が好きで、日本ハムとヤクルトのファンだといい、ヤクルトのユニフォームを着て、「東京音頭」を披露した。 情報タイプ:CD• ・ 続いて、番組スタッフが深夜に浦和駅で、家を取材させてくれる一般の人を探した。 そして、ある男性から許可をもらった。 その男性は、川俣洸太さんといい、26歳で、ケンタッキーで働いているフリーターであり、高校は北豊島工業高校だという。 川俣さんの家は、徒歩で行ける距離にあった。 家に行くと、58歳の父親の泉さんがいた。 泉さんは、湾岸戦争の時に、全てのテレビ局が湾岸戦争の放送をしていたが、テレビ東京だけはムーミンを放送していたので、素晴らしいと褒めた。 また、「信長のシェフ」という漫画が好きだと話したり、相撲の行司のモノマネをして、力士の朝青龍や遠藤や、野球漫画の「巨人の星」について話した。 泉さんは、ヘルスキュア整体院という整体院の整体師であり、古今亭志ん朝の腰も自分が治したと話した。 洸太さんは、プロ野球が好きで、日本ハムとヤクルトのファンだといい、ヤクルトのユニフォームを着て、「東京音頭」を披露した。 情報タイプ:企業• ・ 続いて、番組スタッフが深夜に浦和駅で、家を取材させてくれる一般の人を探した。 そして、ある男性から許可をもらった。 その男性は、川俣洸太さんといい、26歳で、ケンタッキーで働いているフリーターであり、高校は北豊島工業高校だという。 川俣さんの家は、徒歩で行ける距離にあった。 家に行くと、58歳の父親の泉さんがいた。 泉さんは、湾岸戦争の時に、全てのテレビ局が湾岸戦争の放送をしていたが、テレビ東京だけはムーミンを放送していたので、素晴らしいと褒めた。 また、「信長のシェフ」という漫画が好きだと話したり、相撲の行司のモノマネをして、力士の朝青龍や遠藤や、野球漫画の「巨人の星」について話した。 泉さんは、ヘルスキュア整体院という整体院の整体師であり、古今亭志ん朝の腰も自分が治したと話した。 洸太さんは、プロ野球が好きで、日本ハムとヤクルトのファンだといい、ヤクルトのユニフォームを着て、「東京音頭」を披露した。 情報タイプ:イートイン URL:• ・ 続いて、番組スタッフが深夜に小岩駅で、家を取材させてくれる一般の人を探した。 そして、ある男性から許可をもらった。 その男性は、真治さんといい、51歳のミュージシャンで、小岩に住んでいるという。 家に着き、話を聞いた。 真治さんは、軽度外傷性脳損傷とジストニアという病気にかかっているという。 以前は、キティレコードでCDデビューギリギリ手前まで行ったが、スタッフと揉めてしまい、デビューできなかったと話した。 また、キティレコードとは、今のユニバーサルミュージックだと話したり、コブクロ、RCサクセション、安全地帯、ヤマハのギターなどについて話した。 続きはCMの後で。 情報タイプ:施設 住所:東京都江戸川区南小岩7-24-15 続いて、番組スタッフが深夜に川越駅で、家を取材させてくれる一般の人を探した。 そして、ある女性から許可をもらった。 その女性は、にゃこ姉さんといい、60代で、坂戸市に住んでいるという。 仕事は、自宅である一軒家の一階を、自宅兼店舗として改装して、猫カフェとしているという。 その自宅兼お店に到着した。 名前は「にゃん心ハウス」だった。 店内には、猫がたくさんいて、猫に関する書籍もあった。 その中の、「猫語レッスン帖」(大泉書店)が紹介された。 また、木村拓哉が好きであり、工藤静香に似ていると言われると話した。 その後、実は自分は、自分の子どもへの虐待が止められず、10年ぐらい、子供と別居していると話した。 続きはCMの後で。 情報タイプ:企業• ・ 続いて、番組スタッフが深夜に川越駅で、家を取材させてくれる一般の人を探した。 そして、ある女性から許可をもらった。 その女性は、にゃこ姉さんといい、60代で、坂戸市に住んでいるという。 仕事は、自宅である一軒家の一階を、自宅兼店舗として改装して、猫カフェとしているという。 その自宅兼お店に到着した。 名前は「にゃん心ハウス」だった。 店内には、猫がたくさんいて、猫に関する書籍もあった。 その中の、「猫語レッスン帖」(大泉書店)が紹介された。 また、木村拓哉が好きであり、工藤静香に似ていると言われると話した。 その後、実は自分は、自分の子どもへの虐待が止められず、10年ぐらい、子供と別居していると話した。 続きはCMの後で。 情報タイプ:施設 URL: 電話:0492220857 住所:埼玉県川越市脇田町24-9 続いて、番組スタッフが深夜に川越駅で、家を取材させてくれる一般の人を探した。 そして、ある女性から許可をもらった。 その女性は、にゃこ姉さんといい、60代で、坂戸市に住んでいるという。 仕事は、自宅である一軒家の一階を、自宅兼店舗として改装して、猫カフェとしているという。 その自宅兼お店に到着した。 名前は「にゃん心ハウス」だった。 店内には、猫がたくさんいて、猫に関する書籍もあった。 その中の、「猫語レッスン帖」(大泉書店)が紹介された。 また、木村拓哉が好きであり、工藤静香に似ていると言われると話した。 その後、実は自分は、自分の子どもへの虐待が止められず、10年ぐらい、子供と別居していると話した。 続きはCMの後で。 情報タイプ:書籍• ・ 続いて、番組スタッフが深夜に川越駅で、家を取材させてくれる一般の人を探した。 そして、ある女性から許可をもらった。 その女性は、にゃこ姉さんといい、60代で、坂戸市に住んでいるという。 仕事は、自宅である一軒家の一階を、自宅兼店舗として改装して、猫カフェとしているという。 その自宅兼お店に到着した。 名前は「にゃん心ハウス」だった。 店内には、猫がたくさんいて、猫に関する書籍もあった。 その中の、「猫語レッスン帖」(大泉書店)が紹介された。 また、木村拓哉が好きであり、工藤静香に似ていると言われると話した。 その後、実は自分は、自分の子どもへの虐待が止められず、10年ぐらい、子供と別居していると話した。 続きはCMの後で。 情報タイプ:イートイン• [家、ついて行ってイイですか? 2019年1月1日(火) 紹介情報]• [テレビ東京 2019年1月1日(火) 放送番組]•

次の

付き合う前に家行っていい? 男と女の答え合わせ #素人の恋愛|「マイナビウーマン」

家 について 行っ て も いい です か

岐阜市にある葛懸神社の池ノ上みそぎ祭りに来ている人に屋台で好きなものを買う代わりに家を見せてもらう。 裸男たちはハイロウズを熱唱し背中を叩くなどし気合を入れる。 子どもたちは赤いふんどしの子どもを持ち上げ、大人も赤いふんどしの男を持ち上げ長良川に入っていった。 一人の男性に声をかけ自宅を訪問する。 夫婦が出会ったきっかけは道端で出会って。 昔は自由奔放だった清水さんは子供が出来て変わったという。 清水さんはお父さんどうしの繋がりを持とうと企画を立ち上げている。 みそぎ祭りも地域の方と触れ合っている、人と接するのが好きで自分に合っているなどと語った。 清水さんは家族のために浪費をやめ幸せな家庭を築いた。 家は35年のローンで購入したモデルハウス、1500万円の値引きだったという。 情報タイプ:イベント• ・ 終電後の恵比寿にいる人に「家、行ってイイ?」と質問。 りささん、さおりさん姉妹に声をかけ白金高輪の自宅にタクシーで移動。 家は1LDK家賃130000円築20年。 今週引っ越し予定だが全然片付いていない。 冷蔵庫には沢山のココナッツオイル。 りささんは元ギャル寿司職人。 姉妹は別々に住んでも同じ駅。 さおりさんはCanCamのスタイリストで元読モ。 編集部でアルバイトしてスタイリストになった。 テラスハウスに出るのが夢だったという。 父は3年前にがんで亡くなった、介護で実家に帰った、認知症になり手が燃えた、一番つらかったのは病気を知った時などと話した。 父の職業は航空会社の総合職。 母はCA。 その影響でりささんはCAになった。 父はミーハーでさおりさんが芸能人と働いているのを知ったら喜んでくれそう、はじめてCanCamに載ったときもFacebookで拡散していたと話した。 辛い時にはいつも父の言葉が心の支えになっていたという。 2人は父に会いたいと語った。 恵比寿駅で田邉さんについて行ったら亡き父親を愛する明るい姉妹に出会えた。 情報タイプ:雑誌 URL:• ・ ユッカさんの自宅を訪問。 亡くなった娘の部屋に今は昇輝さんが住んでいる。 片付けて前に進もうとしているという。 昇輝さんはユッカさんのために作った曲「幸せのチケット」歌った。 亡くなった時にユッカさんは忙しくして気を紛らわした、娘の友だちから話を聞いて娘は反抗期ではなかったかもしれない、そう思っても遅いなどと語った。 さらに娘は六本木ヒルズで販売の仕事をしていた、亡くなった時より産んだ時の印象が強いなどと話した。 娘に伝えたいことはこの世で頑張ってから娘の元へ行くこと。 西川口駅でユッカさんの家について行ったら、最愛の娘を失っても明るく生きる強い女性に出会えた。 情報タイプ:施設 URL: 電話:03-6406-6000 住所:東京都港区六本木6-10-1 ユッカさんの自宅を訪問。 亡くなった娘の部屋に今は昇輝さんが住んでいる。 片付けて前に進もうとしているという。 昇輝さんはユッカさんのために作った曲「幸せのチケット」歌った。 亡くなった時にユッカさんは忙しくして気を紛らわした、娘の友だちから話を聞いて娘は反抗期ではなかったかもしれない、そう思っても遅いなどと語った。 さらに娘は六本木ヒルズで販売の仕事をしていた、亡くなった時より産んだ時の印象が強いなどと話した。 娘に伝えたいことはこの世で頑張ってから娘の元へ行くこと。 西川口駅でユッカさんの家について行ったら、最愛の娘を失っても明るく生きる強い女性に出会えた。 情報タイプ:施設 住所:埼玉県川口市並木2-20-1 赤羽駅でタクシー代を支払う代わりに家について行ける人を探す。 浮間舟渡に住む山口涼さんと交渉成立、タクシーで自宅に向かう。 趣味はゲームなどと話し自宅に到着。 奥さんはPUBGの実況中。 2LDK家賃120000円。 山口さんはマンションの改修などの管理、奥さんは看護師をしている。 またサバゲーもしているという。 洗濯部屋には使っていないベッドが。 今はその隣の部屋で寝ている。 山口さんと奥さんが、別々のテーブルに座り、コンピューターゲーム「PUBG」のプレイと実況を始めた。 実況を始めたのは、2018年6月ぐらいからだという。 コミュニケーションの輪が広がるので、夫婦で一緒に始めたという。 2人がゲームを続けながら、自分たちの夫婦生活について話したり、ずっとこのような生活が続くと良いなどと話して、取材が終了した。 情報タイプ:商品• ・ 続いて、番組スタッフが深夜に浦和駅で、家を取材させてくれる一般の人を探した。 そして、ある男性から許可をもらった。 その男性は、川俣洸太さんといい、26歳で、ケンタッキーで働いているフリーターであり、高校は北豊島工業高校だという。 川俣さんの家は、徒歩で行ける距離にあった。 家に行くと、58歳の父親の泉さんがいた。 泉さんは、湾岸戦争の時に、全てのテレビ局が湾岸戦争の放送をしていたが、テレビ東京だけはムーミンを放送していたので、素晴らしいと褒めた。 また、「信長のシェフ」という漫画が好きだと話したり、相撲の行司のモノマネをして、力士の朝青龍や遠藤や、野球漫画の「巨人の星」について話した。 泉さんは、ヘルスキュア整体院という整体院の整体師であり、古今亭志ん朝の腰も自分が治したと話した。 洸太さんは、プロ野球が好きで、日本ハムとヤクルトのファンだといい、ヤクルトのユニフォームを着て、「東京音頭」を披露した。 情報タイプ:企業 URL: 電話:03-6632-7777 住所:東京都港区六本木3-2-1 続いて、番組スタッフが深夜に浦和駅で、家を取材させてくれる一般の人を探した。 そして、ある男性から許可をもらった。 その男性は、川俣洸太さんといい、26歳で、ケンタッキーで働いているフリーターであり、高校は北豊島工業高校だという。 川俣さんの家は、徒歩で行ける距離にあった。 家に行くと、58歳の父親の泉さんがいた。 泉さんは、湾岸戦争の時に、全てのテレビ局が湾岸戦争の放送をしていたが、テレビ東京だけはムーミンを放送していたので、素晴らしいと褒めた。 また、「信長のシェフ」という漫画が好きだと話したり、相撲の行司のモノマネをして、力士の朝青龍や遠藤や、野球漫画の「巨人の星」について話した。 泉さんは、ヘルスキュア整体院という整体院の整体師であり、古今亭志ん朝の腰も自分が治したと話した。 洸太さんは、プロ野球が好きで、日本ハムとヤクルトのファンだといい、ヤクルトのユニフォームを着て、「東京音頭」を披露した。 情報タイプ:企業 電話:03-3963-4331 住所:東京都板橋区富士見町28-1 続いて、番組スタッフが深夜に浦和駅で、家を取材させてくれる一般の人を探した。 そして、ある男性から許可をもらった。 その男性は、川俣洸太さんといい、26歳で、ケンタッキーで働いているフリーターであり、高校は北豊島工業高校だという。 川俣さんの家は、徒歩で行ける距離にあった。 家に行くと、58歳の父親の泉さんがいた。 泉さんは、湾岸戦争の時に、全てのテレビ局が湾岸戦争の放送をしていたが、テレビ東京だけはムーミンを放送していたので、素晴らしいと褒めた。 また、「信長のシェフ」という漫画が好きだと話したり、相撲の行司のモノマネをして、力士の朝青龍や遠藤や、野球漫画の「巨人の星」について話した。 泉さんは、ヘルスキュア整体院という整体院の整体師であり、古今亭志ん朝の腰も自分が治したと話した。 洸太さんは、プロ野球が好きで、日本ハムとヤクルトのファンだといい、ヤクルトのユニフォームを着て、「東京音頭」を披露した。 情報タイプ:施設 URL: 住所:埼玉県さいたま市浦和区高砂1-16-12 続いて、番組スタッフが深夜に浦和駅で、家を取材させてくれる一般の人を探した。 そして、ある男性から許可をもらった。 その男性は、川俣洸太さんといい、26歳で、ケンタッキーで働いているフリーターであり、高校は北豊島工業高校だという。 川俣さんの家は、徒歩で行ける距離にあった。 家に行くと、58歳の父親の泉さんがいた。 泉さんは、湾岸戦争の時に、全てのテレビ局が湾岸戦争の放送をしていたが、テレビ東京だけはムーミンを放送していたので、素晴らしいと褒めた。 また、「信長のシェフ」という漫画が好きだと話したり、相撲の行司のモノマネをして、力士の朝青龍や遠藤や、野球漫画の「巨人の星」について話した。 泉さんは、ヘルスキュア整体院という整体院の整体師であり、古今亭志ん朝の腰も自分が治したと話した。 洸太さんは、プロ野球が好きで、日本ハムとヤクルトのファンだといい、ヤクルトのユニフォームを着て、「東京音頭」を披露した。 情報タイプ:書籍• ・ 続いて、番組スタッフが深夜に浦和駅で、家を取材させてくれる一般の人を探した。 そして、ある男性から許可をもらった。 その男性は、川俣洸太さんといい、26歳で、ケンタッキーで働いているフリーターであり、高校は北豊島工業高校だという。 川俣さんの家は、徒歩で行ける距離にあった。 家に行くと、58歳の父親の泉さんがいた。 泉さんは、湾岸戦争の時に、全てのテレビ局が湾岸戦争の放送をしていたが、テレビ東京だけはムーミンを放送していたので、素晴らしいと褒めた。 また、「信長のシェフ」という漫画が好きだと話したり、相撲の行司のモノマネをして、力士の朝青龍や遠藤や、野球漫画の「巨人の星」について話した。 泉さんは、ヘルスキュア整体院という整体院の整体師であり、古今亭志ん朝の腰も自分が治したと話した。 洸太さんは、プロ野球が好きで、日本ハムとヤクルトのファンだといい、ヤクルトのユニフォームを着て、「東京音頭」を披露した。 情報タイプ:CD• ・ 続いて、番組スタッフが深夜に浦和駅で、家を取材させてくれる一般の人を探した。 そして、ある男性から許可をもらった。 その男性は、川俣洸太さんといい、26歳で、ケンタッキーで働いているフリーターであり、高校は北豊島工業高校だという。 川俣さんの家は、徒歩で行ける距離にあった。 家に行くと、58歳の父親の泉さんがいた。 泉さんは、湾岸戦争の時に、全てのテレビ局が湾岸戦争の放送をしていたが、テレビ東京だけはムーミンを放送していたので、素晴らしいと褒めた。 また、「信長のシェフ」という漫画が好きだと話したり、相撲の行司のモノマネをして、力士の朝青龍や遠藤や、野球漫画の「巨人の星」について話した。 泉さんは、ヘルスキュア整体院という整体院の整体師であり、古今亭志ん朝の腰も自分が治したと話した。 洸太さんは、プロ野球が好きで、日本ハムとヤクルトのファンだといい、ヤクルトのユニフォームを着て、「東京音頭」を披露した。 情報タイプ:企業• ・ 続いて、番組スタッフが深夜に浦和駅で、家を取材させてくれる一般の人を探した。 そして、ある男性から許可をもらった。 その男性は、川俣洸太さんといい、26歳で、ケンタッキーで働いているフリーターであり、高校は北豊島工業高校だという。 川俣さんの家は、徒歩で行ける距離にあった。 家に行くと、58歳の父親の泉さんがいた。 泉さんは、湾岸戦争の時に、全てのテレビ局が湾岸戦争の放送をしていたが、テレビ東京だけはムーミンを放送していたので、素晴らしいと褒めた。 また、「信長のシェフ」という漫画が好きだと話したり、相撲の行司のモノマネをして、力士の朝青龍や遠藤や、野球漫画の「巨人の星」について話した。 泉さんは、ヘルスキュア整体院という整体院の整体師であり、古今亭志ん朝の腰も自分が治したと話した。 洸太さんは、プロ野球が好きで、日本ハムとヤクルトのファンだといい、ヤクルトのユニフォームを着て、「東京音頭」を披露した。 情報タイプ:イートイン URL:• ・ 続いて、番組スタッフが深夜に小岩駅で、家を取材させてくれる一般の人を探した。 そして、ある男性から許可をもらった。 その男性は、真治さんといい、51歳のミュージシャンで、小岩に住んでいるという。 家に着き、話を聞いた。 真治さんは、軽度外傷性脳損傷とジストニアという病気にかかっているという。 以前は、キティレコードでCDデビューギリギリ手前まで行ったが、スタッフと揉めてしまい、デビューできなかったと話した。 また、キティレコードとは、今のユニバーサルミュージックだと話したり、コブクロ、RCサクセション、安全地帯、ヤマハのギターなどについて話した。 続きはCMの後で。 情報タイプ:施設 住所:東京都江戸川区南小岩7-24-15 続いて、番組スタッフが深夜に川越駅で、家を取材させてくれる一般の人を探した。 そして、ある女性から許可をもらった。 その女性は、にゃこ姉さんといい、60代で、坂戸市に住んでいるという。 仕事は、自宅である一軒家の一階を、自宅兼店舗として改装して、猫カフェとしているという。 その自宅兼お店に到着した。 名前は「にゃん心ハウス」だった。 店内には、猫がたくさんいて、猫に関する書籍もあった。 その中の、「猫語レッスン帖」(大泉書店)が紹介された。 また、木村拓哉が好きであり、工藤静香に似ていると言われると話した。 その後、実は自分は、自分の子どもへの虐待が止められず、10年ぐらい、子供と別居していると話した。 続きはCMの後で。 情報タイプ:企業• ・ 続いて、番組スタッフが深夜に川越駅で、家を取材させてくれる一般の人を探した。 そして、ある女性から許可をもらった。 その女性は、にゃこ姉さんといい、60代で、坂戸市に住んでいるという。 仕事は、自宅である一軒家の一階を、自宅兼店舗として改装して、猫カフェとしているという。 その自宅兼お店に到着した。 名前は「にゃん心ハウス」だった。 店内には、猫がたくさんいて、猫に関する書籍もあった。 その中の、「猫語レッスン帖」(大泉書店)が紹介された。 また、木村拓哉が好きであり、工藤静香に似ていると言われると話した。 その後、実は自分は、自分の子どもへの虐待が止められず、10年ぐらい、子供と別居していると話した。 続きはCMの後で。 情報タイプ:施設 URL: 電話:0492220857 住所:埼玉県川越市脇田町24-9 続いて、番組スタッフが深夜に川越駅で、家を取材させてくれる一般の人を探した。 そして、ある女性から許可をもらった。 その女性は、にゃこ姉さんといい、60代で、坂戸市に住んでいるという。 仕事は、自宅である一軒家の一階を、自宅兼店舗として改装して、猫カフェとしているという。 その自宅兼お店に到着した。 名前は「にゃん心ハウス」だった。 店内には、猫がたくさんいて、猫に関する書籍もあった。 その中の、「猫語レッスン帖」(大泉書店)が紹介された。 また、木村拓哉が好きであり、工藤静香に似ていると言われると話した。 その後、実は自分は、自分の子どもへの虐待が止められず、10年ぐらい、子供と別居していると話した。 続きはCMの後で。 情報タイプ:書籍• ・ 続いて、番組スタッフが深夜に川越駅で、家を取材させてくれる一般の人を探した。 そして、ある女性から許可をもらった。 その女性は、にゃこ姉さんといい、60代で、坂戸市に住んでいるという。 仕事は、自宅である一軒家の一階を、自宅兼店舗として改装して、猫カフェとしているという。 その自宅兼お店に到着した。 名前は「にゃん心ハウス」だった。 店内には、猫がたくさんいて、猫に関する書籍もあった。 その中の、「猫語レッスン帖」(大泉書店)が紹介された。 また、木村拓哉が好きであり、工藤静香に似ていると言われると話した。 その後、実は自分は、自分の子どもへの虐待が止められず、10年ぐらい、子供と別居していると話した。 続きはCMの後で。 情報タイプ:イートイン• [家、ついて行ってイイですか? 2019年1月1日(火) 紹介情報]• [テレビ東京 2019年1月1日(火) 放送番組]•

次の

「とにかくモテたい」イケメンが登場!天涯孤独な彼の夢は…『家、ついて』

家 について 行っ て も いい です か

テレビ東京系バラエティー『家、ついて行ってイイですか?』。 あす8日の放送は『〜家のTVでお花見を楽しもう!ワケあってOAしなかった…1年前の「日本のお花見」』と題した2時間スペシャル(後9:00〜10:54)。 番組内で紹介される「桜」にまつわるエピソードは、1年半〜半年前にロケをしたが、ワケあって昨年OAされなった、あるいはどうしてもこの春OAしたかった計6本。 すべて初公開エピソードとなっている。 出演は、、()、アナウンサー(テレビ東京)。 ゲストは、、()。 家の中でもカラフル。 トイレで「トイレの神様」ごっこ…。 風呂で「ウォーキングデッド」ごっこ…。 一体なぜ、そんなに明るいの? そこには涙の理由が…。 (2)「あだ名はトトロ!栃木・トンカツ一族の花見」【栃木・八幡山公園桜まつり】(取材日:2019年4月3日) 60歳を過ぎて、東京から栃木へ移住した「トトロ」と呼ばれるおじさん。 彼は一族でトンカツ店を営む、トンカツ一族の社長の兄なのだが…。 実は40年以上、東京でうなぎ料理店で働いていた。 60歳を過ぎて、栃木へ帰ってきた訳とは? そこには、ひたすら明るい妻の支えがあった。 (3)「40年の茨城で!最先端だったデザイナーズ農家ハウス」【茨城・きらくやま桜まつり】(取材日:2019年4月2日) 「新元号は令和」…ちょうど1年前、新元号が発表された翌日の4月2日に茨城のお花見で出会った75歳・農家のお嫁さん。 いまは、みるからに古民家だが、じつは「当時は最先端だった」。 姑との同居、厳しかった農業、いまとは違いすぎる「昭和の日本」を生き抜いた老夫婦が、1年前、平成が終わる直前に語った「これからの夢」…それは1年後のいま胸に刺さる一言だった。 趣味はリコーダー…。 自室にバーカウンターを作り、カウンターにバイキンマンを座らせて…。 部屋には大好きなイチゴのお菓子だらけ。 この「少し変わった人」の正体は、東京大学医学部卒、ハーバード大学へ留学。 国立感染症研究所でインフルエンザの万能ワクチンを開発したすごすぎる人だった。 息子は慶応大学・医学部卒…専攻は父と同じく感染症!エリートすぎる一家かと思いきや…夫婦ゲンカ勃発寸前。 そして子が仲裁。 感染症専門医一家の、感染症とは関係なさすぎる、衝撃の日常。 (2)「狂い咲いてくれた…亡き夫が植えた庭の1本桜」【岡山・井原鬼祭り】(取材日:2018年10月28日) 秋祭りで出会った69歳の美容室営んでいた女性。 美容室をたたんで、故郷へ戻り…1年前に建てた家の庭に行くと、そこには桜の木が。 「足腰が衰えても、大好きだった桜を楽しめるように、夫が植えてくれた…」。 亡き夫が植えたその桜は…なんと、ロケ日(10月)に2輪だけ、狂い咲き。 一体なぜ? 夫の死後に起こった、いくつもの奇跡とは? (3)「桜の咲く頃…もう一度会いたい女子大生」【深夜の亀戸駅】(取材日:2019年9月21日) マスコミ業界目指す22歳の法政大生。 「実は、『家、ついて行ってイイですか?』の制作会社に内定しています!」。 でも、今 悩み始めていて…。 『家、ついて』を作りたいけど…他の選択肢もあるのかな…。 果たして、今年4月から新社会人になる彼女が選んだ会社とは!?

次の