ゲンタシン軟膏 代わり。 外用ステロイド剤の強さ

とびひにテラマイシン軟膏を使う時の注意点!効能と副作用も!

ゲンタシン軟膏 代わり

ドルマイシン軟膏は、ゼリア新薬が販売している抗生物質の塗り薬です。 「コリスチン硫酸塩」と「バシトラシン」という2種類の抗生物質が配合されており、幅広い細菌に効果的な抗生剤になっています。 ステロイドなどの副作用が強い成分も含まれていないので、赤ちゃんでも使うことが出来ますし、副作用の心配もさほどありません。 ドルマイシン軟膏は、 主に傷ややけどが化膿した時や、とびひを始めとする皮膚の細菌感染症などに効果的です。 ばい菌が傷口に入って悪さするのを予防する働きがあるというイメージで良いでしょう。 成分こそ違うものの、ゲンタシン軟膏とよく似た働きなので、 ゲンタシン軟膏の代用として使うのにおすすめですよ。 テラマイシン軟膏aは、ジョンソン・エンド・ジョンソンという会社が出している抗生物質の塗り薬です。 「オキシテトラサイクリン塩酸塩」と「ポリミキシンB硫酸塩」という2種類の抗生物質が含まれており、ドルマイシン軟膏と同じく色々な細菌に効果のある抗生剤と言えますね。 こちらもステロイドは含まれていませんので、 あまり副作用を気にすることなく使える塗り薬と考えて大丈夫です。 乳幼児にも使うことが出来ますよ。 テラマイシン軟膏aは、 とびひなどの皮膚感染症や、皮膚が赤く腫れて中に膿がたまっているような症状に効果が期待出来ます。 こちらもゲンタシン軟膏と似たような働きをする薬なので、ゲンタシン軟膏の代わりとして使える塗り薬と言えるでしょう。 なお、 ドルマイシン軟膏とテラマイシン軟膏aには、成分以外に特別大きな差はありません。 成分にこだわりが無ければ、好きな方を選んで良いでしょう。 強いて言えば、ドルマイシン軟膏の方が少し値段が安い傾向にありますので、特にこだわりが無ければ値段で決めて大丈夫ですよ。 フルコートf軟膏は、田辺三菱製薬から販売されている 抗生物質+ステロイドの塗り薬です。 「フラジオマイシン硫酸塩」という抗生物質に加えて、「フルオシノロンアセトニド」というステロイドが含まれています。 簡単に言えば、 細菌の増殖を抑える効果だけでなく、炎症を抑える効果も持った塗り薬と言えるでしょう。 ステロイドを含むとはいえ塗り薬なので、1~2週間ほどの短期間の使用であれば、妊娠中や小さい子供にも使うことが出来ますよ。 フルコートf軟膏の特徴は、 細菌感染の予防だけでなく、かゆみや赤み、腫れといった炎症によって起こる症状を抑えることが出来る点です。 「化膿を予防するだけでなく、かゆみや腫れを抑える効果も欲しい!」という時におすすめの薬ですね。 ただ、ステロイドは塗った部分の免疫力を抑制してしまうので、既に化膿や皮膚感染症を起こしている部位に塗ると悪化する危険性があります。 自己判断で化膿や感染を起こしている部位に使うのは避けておきましょう。 オロナインH軟膏は、大塚製薬が販売している塗り薬です。 有名な薬なので、一度は使ったことがあるという方も多いのではないでしょうか。 オロナインH軟膏の主な成分は、「クロルヘキシジングルコン酸塩液」という消毒薬の一種で、抗生物質ではありません。 そのため、 既に化膿や感染症を起こしている人よりも、化膿や感染症を予防したい人向けの商品と言えるでしょう。 オロナインH軟膏が使える症状は、 にきびや吹き出物、軽いやけど、傷、ひび割れ、あかぎれ、しもやけ、ジュクジュクしていない水虫などですね。 消毒をしながら傷口を保護出来るのが特徴で、幅広い症状に効果的なので、昔から慣れ親しまれてきました。 ただ、 ゲンタシン軟膏と比べると化膿予防の効果自体は弱いので、色々な症状に使える反面、どの症状にも特別効果的とは言いにくいのが特徴です。 また、消毒薬は健康な細胞にもダメージを与えてしまうので、体にとっては異物です。 むやみに湿疹やかぶれ、虫刺されなどに使うと悪化する可能性がありますので、適応する症状以外には使わないようにしましょう。 とはいえ、自宅で応急処置として塗る薬には適しているので、常備薬におすすめですよ。 オロナインH軟膏は幅広い症状に使えるので、応急処置用の常備薬として使う! まとめ ゲンタシン軟膏と全く同じ成分の市販薬はありませんので、市販の薬で代用したい時には効果や用途のよく似ている塗り薬を使うようにしましょう。 ゲンタシン軟膏の代わりに使いやすい塗り薬をもう一度まとめておくと、以下の通りですね。 あくまで化膿した傷口や細菌感染症を治す、もしくは予防する目的で使うようにしてください。 傷口にひとまず塗っておきたいという場合には、オロナインH軟膏の方がおすすめです。 消毒薬なので、適応のある症状に塗っておけば傷口にばい菌が入るのを防いでくれますよ。 もし、市販薬を塗っても症状が悪化していく場合や、3~5日塗っても治らない場合には、一度病院を受診するようにしてくださいね。

次の

イソジン軟膏の効果・副作用

ゲンタシン軟膏 代わり

ページコンテンツ• ヘルペスにゲンタシン軟膏が処方されると、何度も再発し感染症の薬をもらい慣れている患者さんは「なぜゲンタシンなの?」と疑問に感じるようです。 確かにゲンタシンはバルトレックスなどの抗ウイルス剤のように、増殖したヘルペスウイルスをダイレクトに抑える効果はありません。 ゲンタシンだけで原因ウイルスと戦うことも、早く治すこともできません。 ウイルスに感染した後に身体が不調で免疫力が低下すると、一気にウイルスの数が倍増します。 普段体内に潜んでいるウイルスがここぞとばかりに暴れまわり、唇に水疱ができるなど不快な症状が表に出て来ます。 ウイルスを死滅させる薬はありませんが、抗ウイルス剤を使えば早く鎮めることができるので、治療ではウイルスに直接作用する内服薬のバルトレックスなどが処方されます。 ゲンタシンが処方される目的は、主に殺菌です。 水ぶくれが潰れると傷口が細菌に狙われやすくなりますので、軟膏で殺菌すると二次感染を予防するのに効果的です。 抗ヘルペスウイルス剤との相乗効果で、ゲンタシンが効く可能性があります。 ゲンタシンは安全性が高い軟膏です。 抗生物質のゲンタマイシン塩酸塩が主成分なので耐性の問題が気になるかも知れませんが、飲み薬ではなく塗り薬なので患部にちょっと使う分には大丈夫です。 比較的トラブルが少なく、ステロイドを含まない点も安心要素です。 けれどネットの口コミなどでも、「ゲンタシンは危険」と言う投稿コメントが目立ちます。 閲覧数、回答数が多く、更新日時が新しい掲示板もチェックしましたが、ゲンタシンを否定するコメントがたくさんありました。 その理由は、ゲンタシンと一緒にステロイドのリンデロンが処方される確率が高いからです。 ゲンタシンとリンデロンが処方される時 病院の皮膚科を受診して抗菌薬のゲンタシンとリンデロンの処方箋が作成されたら「来るのが遅かった」と思って下さい。 水疱が出た直後や症状が出る数日前なら抗ヘルペスウイルス薬だけで治すことができますが、症状が出てから何日かすると「手遅れ」になります。 アラセナなどの抗ウイルス剤は発症直後のタイミングで使わないと、あまり効果がありません。 抗ウイルス薬は効能を発揮する期限が決まっている薬です。 医師が「ピークが過ぎた」と診断した場合、ゲンタシンなどの抗菌薬で二次被害を防ぐ治療方針に切り替えられます。 しかも「ゲンタシンだけではちょっと物足りないかも」と思われてしまうと、ステロイドのリンデロンが処方されてしまいます。 ゲンタシンとステロイドがブレンドされたリンデロンVGも処方される確率が高い塗り薬です。 ヘルペスにステロイドは最悪 ゲンタシンはともかく、ヘルペスとステロイドは最悪の組み合わせです。 元々アトピー性皮膚炎を患っていると、ヘルペス発症時も高確率でステロイドの塗り薬が出されます。 確かにステロイドはアトピー性皮膚炎の特効薬になる一面もありますが、ヘルペスに対しては「百害あって一利なし」と断言します。 ヘルペスは免疫力が低下した時に発症するのに、免疫機能を弱めるステロイドを塗ったら火に油を注ぐようなものです。 ステロイド特有の一時的に症状を和らげる効果は期待できるかも知れませんが、使用するほど免疫機能はガタガタになるのですぐに再発の悪循環に陥ります。 口唇ヘルペスの患部、唇は全身の皮膚の中でも特に薄く柔らかい部分なので、劇薬を塗ると即座に有効成分を吸収し免疫力を奪い去られてしまいます。 リンデロンVGを処方する時、悪質な医師は「赤ちゃんも使えるゲンタシンも入っていますからね」などと言って安心させようとしますが、騙されないようご注意下さい。 「ヘルペスを薬で治すのは本当に怖い」とつくづく感じます。 そもそも抗ヘルペスウイルス剤自体にヘルペスウイルスを死滅させる効果はありません。 「副作用を我慢してまで使わなければならないの?」と疑問符が点滅します。 性器ヘルペスの治療でリンデロンVGが処方されることもありますが、「できるだけ使うべきではない」と指摘する専門家が大半です。 特に女性の陰部は頭皮より皮膚が薄く、子宮と繋がっていることからもステロイドを塗るのはもっての他です。 ゲンタシンの副作用 ヘルペスの薬と比較すると少ないとは言え、ゲンタシンに副作用がまったくないわけではありません。 副作用として痒みや発疹、炎症が出ることがありますが、気になる症状が出た時は塗るのを止めて担当医に相談しましょう。 ゲンタシンはヘルペス以外の病気でも出番が多い抗生物質です。 ニキビや水虫、生理中に荒れた陰部、虫刺されにゲンタシンを出す先生は少なくありません。 女性や子供にも身近な薬で非ステロイドなのでつい油断しがちです。 ゲンタシンを塗った手で目をこすり二次被害が発生するケースも多いので気をつけましょう。 健康な皮膚に予防目的で使うのも厳禁です。 ゲンタシンの代わりになる市販薬 ドルマイシン軟膏などゲンタシンの代わりになる市販薬もあります。 抗ヘルペス薬のアラセナSと一緒に買い求める方もいらっしゃいます。 第一類医薬品のアラセナSは、薬剤師さんに相談すれば薬局で買えます。 ただ、塗り薬は気休めでしかないことは理解しておいて下さい。 アメリカFDAも「ヘルペスの市販薬は使わない方が良い」と断言しています。 もしどうしても口唇ヘルペスの治癒スピードを早めるために塗り薬も併用したい時は、FDAが唯一承認しているアブレバを使うしかありません。

次の

傷・化膿した傷の対策|くすりと健康の情報局

ゲンタシン軟膏 代わり

リンデロンVGとは リンデロンVGは、 リンデロンV(吉草酸ベタメタゾン:ステロイド)と ゲンタシン(ゲンタマイシン:抗生物質)の 配合剤です。 ステロイドには 5段階の強さがあります。 リンデロンVG軟膏の強さは上から3番目の ストロング(皮膚科ではストロングは標準的な強さ)です。 ステロイドの強さはこちらでも解説しています。 『』 リンデロンVG軟膏は かゆみの強い細菌性の湿疹(とびひなど)に特に効果がありますが、アトピー・虫刺されなどにもよく使われます。 リンデロンとよく比較される抗生物質とステロイドの配合剤に テラコートリルがあります。 その違いはこちらで解説しています。 (リンデロンはVG以外にも「V」「DP」「A」など多くの塗り薬があります。 これらは全くのベツモノです) リンデロンVGのとびひへの使い方 とびひはかゆみの強い皮膚病です。 かゆみをとにかく抑える必要があります。 なぜなら、とびひのかゆみを放置しておくと、爪で掻いて傷が増えて悪化するからです。 リンデロンVGは かゆみの強いとびひに使います。 1日2回~3回、とびひが出ているところに限定して塗ります。 かゆみが強いようであれば、花粉症にも使われる 抗ヒスタミン薬とステロイドの配合剤も有効です。 『』 しかし、 リンデロンVGはとびひを悪化させるリスクがあることを忘れてはいけません。 リンデロンVGのとびひ悪化リスク リンデロンVGはステロイドを含むため 免疫抑制作用があります。 免疫が弱くなると、細菌・ウイルスなどの 感染を受けやすくなります。 (疲れるとをひきやすくなるのと同じ) そのため、 ステロイドはとびひ、、などの細菌・真菌・ウイルス感染症には使用しません。 しかし実際は、 リンデロンVGはとびひ、ヘルペス、水虫などの腫れ、炎症、かゆみ、二次感染(ある細菌に感染してそれが治るまでに新たな細菌に感染すること)を抑えるための 初期治療として使用されています。 リンデロンVGでとびひが悪化するくわしい理由はこちら! 『』 ゲンタシンのとびひへの使い方 (リンデロンとゲンタシンの使い分け) かゆみの少ないとびひにはゲンタシンで十分です。 かゆみの強いとびひも、かゆみがなくなったらリンデロンVGからゲンタシンへ変更するのがベターです。 なぜなら、リンデロンVGはとびひのかゆみを抑えるのが目的です。 かゆみがなくなればゲンタシンでとびひ治療は続けられるからです。 ゲンタシンの使い方も、 1日2回~3回、とびひが出ているところに限定して塗ります。 「とびひは悪化すると広がる病気なので最初から広く塗る」という方もいますが、 耐性菌の問題からおすすめできません。 『』 リンデロンVGとゲンタシンの耐性菌リスク とびひは1回の診察で終わらない場合が多いです。 たいていもう一度診察に来るようにいわれます。 その理由は2つあります。 とびひが悪化していないか確認するため (ステロイドで細菌が増殖していないか)• とびひへの効果を確認するため (抗生物質で 耐性菌ができていないか) 耐性菌とは、特定の抗生物質に効かなくなった(抵抗力を持った)細菌のことです。 リンデロンVGやゲンタシンは、正しい使い方をしないと一定の割合で 耐性菌が増えます。 そして、あるとき効かなくなります。 リンデロンVGとゲンタシンは知名度の高い塗り薬ですが、不適切な使い方が多い薬でもあります。 (リンデロンVGは特に) 抗生物質と耐性菌発生リスクはこちら! 『』 まとめ リンクをクリックすると記事内の解説に戻ります。 とびひは黄色ブドウ球菌や溶血性連鎖球菌(溶連菌)の感染が原因で起こる そのため、抗生物質を含むリンデロンVGやゲンタシンが有効• リンデロンVGはステロイドも含むため、させるリスクがある• リンデロンVGはかゆみの強いとびひに有効• かゆみがなくなれば、リンデロンVGからゲンタシンへの切り替えが理にかなっている 『』.

次の