クレープ 炎上。 マツコで紹介のクレープ食べ放題目黒ラ フェット ド フィーユ脅迫ツイート怖いと炎上?

人気クレープ店を襲った「炎上」! 従業員の問題行為への批判が企業の問い合わせ対応に飛び火!まさかのWEBリスクにどう備えるべきか?

クレープ 炎上

Contents• テレビ紹介の店は目黒の『ラフェットドフィーユ(La fete de filles)』だった! 番組で紹介されていた問題の店は、目黒区の 『ラフェットドフィーユ』という店。 その店がどんなトラブルを起こしていたかというと、• 否定的なツイートをした客に対して、『店に来い!さなくば探偵料合わせて請求する』• 否定的なツイートをするなら、自分のSNSアカウントで吊し上げる といったもの。 クレープビュッフェのお店La fete de filles() 脅迫の疑いのあるクレープ店。 同店に不満を述べたツイ民に対しツイ消しを要求。 謝罪とツイ消しをしたにも関わらず「店に来い」「自宅に行く」「インスタにあげる」など脅迫めいたリプ。 その内容は、表面上は大人の言葉ながら、 執拗に直接謝罪を要求するもので、人によっては 脅迫と捉えられかねません。 そして、普段の口コミでも、少ないながら『スタッフの対応がイマイチ』というコメントが見られました。 スタッフの方の対応がいまいち。 近くに住んでいる友人に聞かれたけどおすすめはしないと言うしかありませんでしたね。 (出典:Googleクチコミ) 店長(オーナー)は誰?名前や顔写真は? ネットニュースでも少し大きな騒ぎになっているので、店のオーナーが誰なのか、気になりますよね。 というわけで、早速ラフェットドフィーユのホームページを確認してみましたが、運営者に関する情報等一切ありませんでした。 ただ、 以前はGrand Breton Cafe(グランブルトンカフェ)というところで店長をやっていた経験もあるそうで、ラフェットドフィーユは2018年7月から営業していることから、それ以前の店長就任履歴みたいなのを探してみましたが、それもありませんでした。 なので、名前も顔写真もありませんが、この店のオーナーらしき別のツイートがありました。 また、この店のオフィシャルのお知らせで、悪質な仮予約抑えに遭ったらしく、それに対する警告の文章が掲載されています。 この警告文自体、特に問題はないように見えますが、アイキャッチ画像にドクロマークを使っているところからしても、この店主の人間性が見えた気がします。 まとめ テレビのトークバラエティー番組で紹介されたクレープ店が炎上中とのことで、そこのオーナーが誰なのか、調べてきました。 過去の経歴は一部紹介されていましたが、肝心の名前や顔画像までは手がかりがありません。 ただ、普段のツイートからしても少し人格を疑ってしまうような内容もありました。 ここで働いている従業員たちは上手くやっているのか、心配です。

次の

マツコの知らない世界|クレープビュッフェ店が炎上?脅迫の声も…|LifeNews Media

クレープ 炎上

目黒にあるクレープ店、La fete de filles (ラ フェット ド フィーユ)が現在ちょっとした炎上気味である。 ことの経緯は1つのツイートによるもの。 それは「クレープ食べ放題目黒にあるんか…画像がなんか不味そう… こういう小洒落たクレープ食べたいわけじゃないんだょね…わかってないな~」という内容の投稿だった。 これを見たクレープ店が該当ツイートの削除を要求し実際に削除に応じた。 クレープ店の言い分としては「写真の中には、大切なお客様と一緒に作ったクレープもあります」とし 「当店で素敵な思い出を作られた方などが見たらどう思うでしょうか? 今一度ご確認頂き、 ご理解頂けるようでしたら投稿の削除をお願いしてもよろしいでしょうか?」という削除のお願いだった。 投稿者は「安易にツイートし、不快な思いをさせてしまい申し訳ございませんでした」と削除。 本来ならここで終わるはずが、クレープ店が「一度お越し頂けませんか? 美味しいことはもちろんですが、 新しい価値観や物事の捉え方の幅も広がると思います」、更には「お店に生きて頂くことは可能ですか? それか私が今日ご自宅までお伺い致しますか?」とツイート。 これに対してネット上で「怖すぎる」「最後のたたみかけが怖い」などという声が挙がって居た。 またこのクレープ店は独自の決め事もあるようで、店への入場は5分前から、食べ残しは500円、飲み残しは300円、 キャンセル後1週間以内に支払いが無い場合は探偵手配料9万円、店内は完全禁煙でタバコの臭いがする方は店の外で消臭剤を書けるという。 店側の対応もまずかったが、最初に食べもしなかったのにツイートした側も問題あっただろう。 現在Googleのクチコミなどが荒らされている。

次の

マツコで紹介のクレープ食べ放題目黒ラ フェット ド フィーユ脅迫ツイート怖いと炎上?

クレープ 炎上

こんな日もあります 五十嵐です。 先週で、とあるクレープ屋が炎上したのをご存じでしょうか。 火事の炎上ではないです。 それが少し見ていられなかったため、今日はこれについて書こうと思います。 事の詳細は「クレープ 炎上」で調べたらすぐ出てきますが、大まかな流れを書き起こすと クレープ屋の写真に対して、ある人物が「なんか不味そう…」という内容を含んだツイートをする。 投稿者はツイートを削除し謝罪。 その返信がまるで脅迫ともとれるような内容だったために「このクレープ屋ヤバい!」と炎上へと繋がりました。 その他当クレープ屋の規約がおかしいことや、に問題がありそうな商品を提供したことも話題になったそうですが、このような細かい粗が暴かれてしまったのも根本は の使い方が下手だったことが原因と私は考えます。 上から撮影したうさぎ は自由の国 まず一連の流れを見て 「 不味そう」とツイートした人が悪いんじゃないの?と思われる方もいるでしょう。 無関係の人がいきなり飲食店に対して「不味そう」と言い放つのは確かに失礼…ですがそれは現実での話。 では法に触れない内容なら誰がどんなことを発信してもいいのです。 だから注目を集めたいがために誰かを傷つけるような言葉を発したり、作り話をさも現実であったかのように語る人もでは散見されます。 しかしそれらが許せなくて文句を言っても殆ど意味はありません…何故なら相手は 匿名だから。 インターネット上において匿名は無敵です。 むしろ今回のケースで批判した方は個人の感想を呟いただけで、さらに削除の要求に応じて謝罪までしたのでかなり良心的だったと言えます。 一方でクレープ屋は匿名ではないので叩かれるとほこりが出る立場であるにも関わらず、小学生みたいなキレ方をしたせいで炎上、イタズラまでされてしまいました。 つまるところの正しい振る舞い方は匿名の批判に 反応しないのが正解です。 どうしても見過ごせない内容であっても喧嘩腰になってはいけません。 自分の評価を下げるだけです。 また、人は印象が悪かったものに対して、その印象が覆った場合より強い好感を示す心理があります(例としては不良が猫に優しい!という"ギャップ萌え"など)。 なので批判が正当なものであった場合、それを認めて改善すると批判していた人が根強いファンや親友に変わるかもしれません。 長々と匿名の恐ろしさについて語りましたが、この危険で自由なところがの面白さでもあります。 今日あなたが見かけたあのサラリーマンはでは女子高生になりきっていて、あのおっさんもではかわいい顔文字を使い赤ちゃん言葉を発している…なんて考えたら、ちょっと毎日が楽しくなるかも? がいかに自由で無法地帯であるかのテスト こんな感じです igarashiusagi.

次の