右 胸 の 痛み。 急に胸が痛くなり続いています。心臓や肺の病気でしょうか?|一般社団法人日本呼吸器学会

【胸が痛い!12の原因】息を吸うと胸が痛い!胸の真ん中が痛い!「胸痛」に潜む病気とは?

右 胸 の 痛み

BodyParts3D, Copyrightc 2008 ライフサイエンス統合データベースセンター licensed by CC表示-継承2. 人間には、心臓や肺といった重要な臓器を守るために、背中から胸の前面を囲むように12本の肋骨が延びています。 肋間神経は、背骨の中を通る脊髄から出て、左右12対の肋骨に沿って延びる神経です。 肋間神経痛は「頭痛」「腹痛」と同じように症状の名称であり、病名ではありません。 何らかの原因で肋間神経が激しく痛む症状をいいます。 一般的には、身体をねじる、深呼吸や咳をする、大声を出すといった肋骨の動きによって痛みがひどくなったりします。 肋間神経痛の症状 肋間神経痛の代表的な症状は左右どちらかだけに起こる胸の痛みです。 突発的に肋骨の延びる方向に沿って突き刺すような激しい痛みが生じます。 痛みは長くても数分で治まりますが、人によっては肺や心臓の周辺に痛みを感じたり、背中に張りを感じたりすることもあります。 中でも、多くの人に共通して痛みが出る場所や、痛み方、痛みが出る姿勢がありますので、 自分に症状がある人は、照らし合わせてみてください。 痛みの出る場所 胸の周辺 胸の痛みに関しては 片側の痛みがほとんどですが、まれに両側が痛むこともあります。 両側が痛いからといって、肋間神経痛ではないといいきれません。 特に聞かれる声としては、次のような場所になります。 首と胸の間あたり• 肋骨と肋骨の間• 胸とみぞおちの間• 横隔膜の周辺• アンダーバストの周辺 基本的に胸部の肋骨周辺になりますが、とても多く発生する場所です。 胸から脇腹を通って背中への痛み そして、肋骨に沿って痛みが繋がっていきますので、以下のように胸、脇、背中の痛みを感じるようになります。 脇腹や脇の下から背中にかけての痛み。 胸の痛みが脇腹と背中まで繋がっていく。 胸の痛みが脇腹から背中の方へと次第に広がっていく。 痛みの程度 痛みの程度も様々で強いものから弱いものまであります。 具体的によく聞かれる痛みには次のようなものがあります。 強い痛み• 骨が胸に刺さったような痛み• ぎゅっと掴まれたような痛み• うずくまってしまう痛み• 歩けないほどの激痛 かなりひどい痛みが起こりうるということがお分かりいただけると思います。 そして、そこまでひどくない場合は、次のような痛みになります。 痛みを感じたことのない人だとわかりづらい表現もありますが、痛みを感じたことのある人なら納得できるのではないでしょうか。 我慢ができる程度の痛み• 筋肉痛のような痛み• チクチクした痛み• キュキュっとした痛み• キーっと痛む 痛みが出る姿勢や動作 痛みが出る姿勢も様々です。 多くの人が痛みを感じる姿勢・動作をご紹介します。 話したり、笑ったりすると痛い。 深呼吸や呼吸をすると痛い。 背筋伸ばしたり、胸を広げる姿勢をとったりすると痛い。 歩いたときの振動で痛い。 ものを拾う動作をすると痛い。 重いものを持つと痛い。 腕を上にあげたり、高いところのものを取ろうとすると痛む。 咳・くしゃみ・鼻をかむと痛い。 痛みで息苦しさを感じる。 動悸を感じる。 ゴルフがきっかけで痛みが出る。 体をひねると痛い。 同じ姿勢でゲームやデスクワークを長時間行った。 痛みの出る期間 痛みの時間は 数秒、2〜3分、5分などの短い期間の急な痛み、 数十秒程度の痛みを繰り返すなどがあります。 また、数ヶ月の間、毎日そういった痛みが襲ってくることもあります。 長い人だと、痛みが出たり、出なかったりといった期間を含めて10年くらい痛みに悩んでいる人もいます。 痛みが楽になる姿勢 痛みが出ている人がよく口にする、楽になる姿勢もあります。 ただし、痛みが出るときに誰もが緩和されるわけではありませんので、参考としてご覧ください。 前屈みの姿勢をすると楽になる。 背筋を丸めて猫背になると痛みが緩和される。 ただし、猫背の姿勢というのは、そもそも肋間神経痛を起こしやすいと言われていますので、注意が必要です。 私の経験した痛みは、「肋骨が心臓に刺さるように呼吸をすると痛くなる」「肋骨に何か挟まった感じ。 その挟まったものが下に下にと移動していき、肋骨の下まで達すると痛みがなくなる感じ。 」でした。 様々な症状・痛みがあることがお分かりいただけたと思います。 しかし、 肋間神経痛と似た症状の病気もあります。 痛みの場所が近いと勘違いをすることもありますので、必ず病院で診断してもらうことが大切です。 肋間神経痛はどのように診断されるのでしょうか 上記のような症状が出たら、整形外科か内科を受診してください。 もし痛みのほかに息苦しさや動悸を感じるならば、心臓の病気の可能性も考えて、内科か循環器科も考慮に入れるとよいでしょう。 近くに総合病院があるならば、総合診療科を頼ってもいいかもしれません。 病院で診断を行う場合には、まずは 他の病気が原因となっている可能性を考えて検査などを行っていきます。 通常は、レントゲン、CT、MRIなどによる映像の診断や、血液検査、心電図などにより、他の病気の検査を行い、他の病気でないことがわかれば肋間神経痛と診断されます。 また、肋間神経痛を発生させている病気がわかれば、その病気の治療が開始されます。 スポンサードリンク 肋間神経痛の原因 肋間神経痛は原因によって次の2つに分けられます。 原発性肋間神経痛・・・肋間神経には全く異常がなく原因が不明のもの• 続発性肋間神経痛・・・病気やケガなどが原因となっているもの 続発性肋間神経痛は、肋骨の骨折やヘルニア、胸椎の圧迫骨折といった外傷,ヘルペスウイルスによる、内臓疾患、腫瘍などにより生ずると考えられています。 さらにはストレスによる冷えや肩こりのほか、不自然な姿勢をとったとき、運動不足や疲労によって神経が骨や筋肉に絞めつけられることなども原因となります。 また、肋骨を支える肋間筋は、息を吸い込む時に胸郭を大きく広げるための外肋間筋と、息を吐き出す時に胸郭を縮めるための内肋間筋とでできています。 デスクワークなどで同じ姿勢を続けて肋間筋が固くなってしまうと、肋間神経を圧迫して肋間神経痛を引き起こすことがあります。 が原因となっている場合、発疹が治まった後に肋間神経に沿って痛みがでてくることがあります。 通常は激しい痛みが2週間程度続いた後で治まりますが、肋間神経痛として残ってしまうこともあります。 また、咳や呼吸、姿勢を変えることによって痛みが出る場合、骨粗しょう症によって骨自体が弱っていたり、過度な運動によって肋骨が折れている可能性があります。 肋間神経痛になりやすい人 続発性肋間神経痛の場合、ケガなどが原因となっているため、激しい運動をしている人や、骨粗しょう症になりやすい中年以降の女性がかかりやすいと言われています。 帯状疱疹は免疫力が落ちているときに発症しやすいので、ストレスなどをためると肋間神経痛にもかかりやすくなると考えられます。 また、 パソコン作業や、下を見ながらゲームやスマートフォンを操作する作業を続けると、肋間筋が凝り固まって肋間神経痛を発症する可能性が考えられます。 適度に休憩を入れるようにしましょう。 肋間神経痛の予防 肋間神経痛の原因の1つに ストレスがあります。 ストレスを解消することで背中などにかかる緊張が解け、肋間神経痛の症状が軽減する効果がありますので、自分に合ったリラックス方法を見つけてみましょう。 また、胸や背中に負担がかかるような姿勢を長時間続けると、肋間筋が固まってしまいます。 同じ姿勢を続けないようにしましょう。 ラジオ体操のように大きく胸を広げて深呼吸することも肋間神経痛の予防として有効です。 冷房のあたりすぎや冷たい飲み物などを取りすぎると、自律神経の乱れにつながったり、肩などが冷えて緊張したりすることで肋間神経痛を発症することがあります。 暑くても体を冷やしすぎないように注意しましょう。 スポンサードリンク 肋間神経痛の治療法 肋間神経痛と診断された場合、次のような治療が行われます。 外傷などによらない原因不明の肋間神経痛の場合、まずは消炎鎮痛薬や湿布を用いて経過を観察します。 肋間神経痛の原因が肋骨の骨折などといった外傷の場合、呼吸などによる肋骨の動きで痛みが強くなるため、幅広いベルトで肋骨を固定します。 肋間神経に炎症が見られる場合には、ステロイドを使うこともあります。 ハリ治療や低周波治療などで体を温めることで痛みが軽減することがあります。 肋間神経痛が長引き、痛みが耐えられないようであれば、局所麻酔を使った神経ブロックが有効です。 肋間神経痛に効く漢方薬 肋間神経痛のときに医師から処方されるものは主に鎮痛剤で、ロキソニンやボルタレンが主なものとなりますが、あまり効果がないという人も多いようです。 そういったときに、 漢方薬が効果を発揮する場合があります。 代表的なものについて、概ねの説明を記載しておきますが、服用にあたっては自己判断せずに医師の診断をもとに使用してください。 柴胡桂枝湯(さいこけいしとう) 柴胡桂枝湯は、痛みを軽減させたり、体の炎症をひいたりする効果があり、肋骨の周辺やみぞおち、胸のあたりの苦しさを軽減させます。 柴陥湯(さいかんとう) 柴陥湯は、胸や背中の痛みや炎症を軽くします。 また、咳や痰がひどく、呼吸時の胸の痛みなどにも効き目があります。 桂枝人参湯(けいしにんじんとう) 桂枝人参湯は、冷え性や、下痢しやすい人などに効果があり、体が冷えることによって肋間神経痛の痛みがひどくなる人に効き目があると言われています。 当帰湯(とうきとう) 当帰湯は、胸から腹部にかけての痛みや、体力の減退や冷え性にも効果があるものです。 また、みぞおちから胸の痛みがあり、さらに背中にかけて痛みが走る場合に大きな効果が見られることがあり、肋間神経痛のほか、狭心症などにも効果があると言われています。 桂枝加苓朮附湯(けいしかりょうじゅつぶとう) 桂枝加苓朮附湯は、皮膚にある毛穴が閉じないために汗をかきやすく、体から熱が放出されてしまい、水分の循環が悪くなってしまうような人に効果があります。 この漢方によって、体を温めると同時に体から熱が放出されることを防ぎます。 水分の循環がよくなることで、痛みが和らいでいきます。 肋間神経痛のQ&A 肋間神経痛はどのくらいの期間で治る? 肋間神経痛がどの程度で治まるのか、期間は原因などによって異なるので一概には言えません。 外傷が原因となっている場合は、傷が治れば肋間神経痛も治まります。 帯状疱疹が原因となっている場合、 通常は2週間から1ケ月程度で治まることが多いのですが、肋間神経痛が残ってしまうこともあります。 私はおそらく同じ姿勢が続いたことによるものだったと考えられますが、3か月程度は肋間神経痛が続きました。 気づいたら同じ姿勢をしても痛みがなくなっていました。 炎症が治まったのかもしれません。 妊娠中に肋間神経痛になりやすい? 妊娠後期にお腹が大きくなってくると、内臓が圧迫されます。 内臓が肋間神経を圧迫することによって、妊娠中は特に背中側に肋間神経痛を起こしやすいと言われています。 近年は細身の妊婦さんが増えたことにより、肋間神経痛を発症する方も増えてきています。 肋間神経痛は何科にいけばいい? 症状からは肋間神経痛かどうかわからないことが多いと思います。 この場合は整形外科か内科を受診してください。 整形外科では、レントゲンやMRIなどでヘルニアや肋骨のヒビ、胸椎の骨折などがないか検査します。 内科では内臓の病気や感染症など、可能性のある病気について、検査を行うことになります。 肋間神経痛だと診断された場合、治療も整形外科で行われますが、痛みがひどい場合などにはペインクリニックで神経ブロックを施します。 肋間神経痛の実体験 私は肋間神経痛と診断されたのは1回だけですが、肋間神経痛らしきものを子供のころから数回は体験しています。 最近では、DS(ゲーム)にはまったときに猫背の姿勢で長時間いたことが原因ではないかと思われる痛みがありました。 コリも相当たまっていたみたいで、胸を広げると「ゴキッ」と骨がなることもありました。 私の場合は、胸を広げて深呼吸することを続けているうちに治ることが多いです。 みなさんも猫背には気を付けてください。 私の実体験に基づく肋間神経痛になりやすい姿勢や予防法などは、こちらで説明していますので、あわせてご覧ください。

次の

ストレスで胸の痛みや女性に多い息苦しいを解消!胸の真ん中の締め付けの治し方5選|kirrinのネタ帳

右 胸 の 痛み

Q8 急に胸が痛くなり続いています。 心臓や肺の病気でしょうか? 痛みの原因はなんですか 胸部には、肺、胸膜、心臓、骨、神経、筋肉、一部の消化器臓器が存在し、様々な原因が考えらます。 痛みの原因がなにかを推測するためには、 1 どのような痛みか(刺すような痛みか、鈍い痛みか、圧迫されるような痛みか、締め付けられるような痛みか)、 2 どこが痛いか(左胸部か、前胸部か、背部か、首や肩に放散するか、局所的か、いつも同じところか)、 3 どのくらい持続するか(瞬間的か、数分か、数時間からそれ以上か)、 4 どのような時に痛むか(動いた時か、安静時か、体位を変えた時か、呼吸との関連があるか、食事との関係があるか)、 5 ほかに症状があるか(呼吸困難、発熱、冷汗、吐き気、嘔吐など)を知る必要があります。 これらの点が原因を推測するうえで重要なポイントになるので、説明できるようにしておくことが大事です。 以下に、胸痛をきたす代表的な病気の痛みの特徴を説明します。 1.肺や胸膜の病気 肺自体は痛みの神経がありません。 痛みの神経は胸膜にあります。 そのため、胸膜に関係する病気が痛みを感じます。 胸膜炎・膿胸(膜に炎症が起こり、胸の中に膿がたまる病気) 細菌などの感染症が原因で発症し、発熱や悪寒を伴います。 痛みは鈍い痛みで、呼吸によって症状の変動があることが多いです。 ただし、悪性疾患に伴う癌性胸膜炎の場合は発熱などを伴 わないことが多いです。 気胸(肺がパンクする病気) 胸痛の原因として比較的頻度が高く、やせ型の若い男性によく認めます。 また、肺気腫やブラ(気腫性のう胞)などの呼吸器の病気がある中高年にも認められます。 一般的には、突然の胸痛と息苦しさを伴い、痛みは深呼吸で増強し、継続します。 2.心臓や血管の病気 胸痛の中で、とくに生死にかかわるため緊急の対応が必要になることが多いです。 狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患(心臓の血管が詰まる病気) 狭心症は、労作時に胸部中央から左側にかけて締め付けられるような痛みや圧迫感があり、数分で消失します。 時には首や肩などにも広がるような痛み(放散痛)や上腹部の痛みなどとして現れることもあります。 安静時、夜間や明け方の寝ている時に起こるようなタイプもあります。 これらの痛みがよりひどく、持続時間も長く、冷汗や呼吸困難などのその他の症状を認めた場合は心筋梗塞を疑います。 大動脈解離(血管が裂ける病気) 胸痛は突然起こり、引き裂かれるような激しい痛みで、時間とともに広がっていきます。 症状は血流の流れが悪くなる部分に現れ、意識障害をはじめ失神、胸痛、腹痛など様々です。 ほとんどは動脈硬化が原因です。 3.神経・筋肉・骨の病気• 肋骨骨折 外傷や過度の運動、激しい咳などで肋骨が折れたり、ひびが入ったりすることがあります。 安静時は鈍い痛みを認め、体位変換、深呼吸や咳、押した時に痛みが増強します。 肋間神経痛・帯状疱疹 肋骨に沿って走行する神経を肋間神経といいます。 この神経が何らかの原因で障害されて生じる突発的な痛みを肋間神経痛と言います。 痛みは片側性で強く、深呼吸や咳や体位の変化でも増強することがあります。 原因の一つに、帯状疱疹があります。 肋間にそって水ぼうそうのウイルスが潜んでいます。 鋭く激しい痛みが局所的に現れ、水ぶくれのある発疹を伴います。 その他、肋骨骨折や側弯症や脊椎の神経の圧迫によっておこることもあります。 悪性腫瘍 原発性(肺から発生するがん)または転移性(他の臓器から発生するがん)腫瘍が胸壁まで浸潤する(がんが広がる)と、持続性の強い痛みが生じます。 4.消化器の病気• 逆流性食道炎 胸骨付近に生じる胸痛で、嚥下困難や胸やけなどの症状を伴います。 その他の病気 急性膵炎や胆のう疾患などで、胸部に痛みが放散することがあります。 食事に関係することが多いです。 5.心因性によるもの• 心臓神経症 検査で何も異常を認めないにもかかわらず、精神的負荷がかかった時に胸痛、動悸、息切れなどを認めます。 過換気症候群でも同様の症状がみられることがあります。 どの科にかかったらよいでしょうか 心臓と肺の病気は胸痛を伴う頻度が高く、緊急性を有することが考えられます。 症状が耐え難く、持続している場合は直ちに救急病院を受診するようにしてください。 症状が比較的軽い場合は、内科、とくに呼吸器内科または循環器内科に受診することが望ましいでしょう。 どのような検査を行うのでしょうか。 胸痛を有する病気は前述でお話ししたように様々あります。 痛みの種類や部位などから病気を推測するために、詳しい問診を行い、身体診察を行います。 まず、胸部レントゲン検査、心電図検査や血液検査を行います。 これらの検査で診断がつかず、異常がなければ、胸腹部のCT検査、腹部エコー検査などの精密検査を行うこともあります。 それぞれの診断のもとに治療を行いますが、胸痛の原因がはっきりしない場合は痛み止めや抗不安薬などを投与して慎重に様子を見ていくこともあります。

次の

急に胸が痛くなり続いています。心臓や肺の病気でしょうか?|一般社団法人日本呼吸器学会

右 胸 の 痛み

はじめてカキコします。 右胸に痛みを感じます。 原因は何でしょうか? ・部位は胸骨と肋骨の付け根の奥辺りで肋骨は二本目と三本目の間辺り ・痛みは二年程前からで、常にではなく、疲れがヒドイ時などに多いかも 押されるような痛み ・病院には三度位かかりました。 内科と循環器科で、その時は血液検査、胸部レントゲン、心電図、エコーなどをやり、スポーツ心臓らしき症状以外は何も言われていません 一番怖いものとして肺ガンがあるので、場所的に肺門部として調べた症状にあてはまりそうなものをあげてみると、 咳は全くでません。 血痰もでません。 朝に黄色から茶色っぽい痰は出る事あり 以上の事から病名は何でしょうか。 また、医者からは精神的なものかもと言われて精神安定剤に似た薬を出されます。 しかし、痛みがいつもある訳でもないので、飲むタイミングもよくわかりません。 本当に精神的なものである場合は他に対処法などありますでしょうか? 長文ですいません。 解答よろしくお願いします! この回答への補足 回答ありがとうございます。 肺ガンについて自分なりに調べた所、肺門部のガンはレントゲンでは見つかりづらいという話なので疑っていました。 肺ガンではないなら一安心です。 やはり肋間神経痛が候補なのでしょうか。 処方された薬は、回答いただいたとおり、神経の緊張を和らげる薬と抗鬱剤でした。 ただ、症状が長期間にわたっているため、飲み続ければ完治するのか不安があるのです。 神経痛ならば気にしないでいいかとも思いますが痛むときは本当に辛いので… また、タバコとかも関連性はあるでしょうか。 昔はもう少し多かったですが、現在は週に1本吸うか吸わないかぐらいです。 21歳女です。 2日くらい前から右胸が痛いです。 耐えられないほどの痛みではなくて、なんかこう筋肉の痛みというか、 押したり、跳ねたりすると痛いです。 左胸より右胸のほうが痛いです。 なぜでしょうか? このような痛みがあるのは今回が初めてではなく、前にも何回か痛んだことがありました。 別に耐えれないほどの痛みでもないので、気にせず今まで来ました。 何が原因なのでしょうか? 間違いなく妊娠はしていません。 生理中でも、生理前でもありません。 排卵日でもないと思います(普通に行くと、排卵日は今月21日あたりだったはず)。 ピルは飲んでいません。 あと、今は実家に里帰り中で、一日中家にいる日が多いので、ここ最近はノーブラで過ごしています。 あと、心なしか、最近ブラジャーがきつくなった気がします。 体のほうはどちらかというと痩せたところなので、太ってブラがきつくなったとは思えません。 寝るときの姿勢が悪いのでしょうか? 食生活はお世辞にも良いと言えません。 最後のセックスは6月半ばくらいです。 と、思いつく限りのことを書きましたが、何か心当たりがある方がいらっしゃったら、教えていただきたいです。 乳がんかなと思ったのですが、一応まだ若いので、考えにくいと思いますし、右胸を触っても痛みはあってもしこりはないです。 よろしくお願いいたします。 こんにちは。 21歳女です。 2日くらい前から右胸が痛いです。 耐えられないほどの痛みではなくて、なんかこう筋肉の痛みというか、 押したり、跳ねたりすると痛いです。 左胸より右胸のほうが痛いです。 なぜでしょうか? このような痛みがあるのは今回が初めてではなく、前にも何回か痛んだことがありました。 別に耐えれないほどの痛みでもないので、気にせず今まで来ました。 何が原因なのでしょうか? 間違いなく妊娠はしていません。 生理中でも、生理前でもありません。 排卵日でもないと思いま... A ベストアンサー Tietze(ティーツェ)症候群という病気があります。 なかなかよい参考サイトが見つからなかったので、簡単に説明します。 上部肋軟骨(肋骨が胸板の骨にくっつくあたり)の腫脹と疼痛、圧痛を生じる原因不明の疾患です。 第2もしくは第3肋軟骨部に好発します。 若い成人女性にやや多いですが、小児や高齢者にも生じます。 一般的に疼痛や腫脹は経過観察で自然治癒しますが、NSAIDs(非ステロイド系消炎鎮痛剤:一般の人でもよく耳にするのは「ロキソニン」かな)の内服やステロイドの局所注射を行うこともあります。 とりあえずネットで調べる場合には「Tietze症候群」「Tietze病」などで検索してみてください。 受診される場合は整形外科です。 Q 右胸の下の、中がちくちく痛みます。 表面ではありません。 痛みの加減に決まりはありませんが、 1度だけ、本当に死ぬと思うくらいで 息もできないような痛みが数秒(5秒程度) ありましたが そのままの状態で固まっていたら痛みは消えました。 そんなに頻繁には痛くありませんし 普段痛くても「あれ?今痛いのかな」みたいな きゅんきゅん変な感じがする程度です。 咳をしたらなるとか、 きっかけらしいきっかけはありません。 大抵は一人静かに作業をしているときと、 友達と会話しているときくらいですが 本当に一瞬、ぐってきたらすぐにひいていくので あまり気にしていませんでしたが 小さい頃からずっとなので気になりました。 意識的に気付いてたのは8歳ごろだったと思います。 今は16歳です。 肋間神経痛かと思ったのですが それは咳やくしゃみなどきっかけがあるようなので 違うかなーと思いました。 誰かわかる方はいらっしゃいませんか? A ベストアンサー おそらく症状から肋間神経痛かと思われます くしゃみなどがきっかけとなるわけではありません 肋間神経痛は姿勢の悪さやストレスなどから くることが多いのです 可能性としては 1 肋骨が骨折している 肋骨は意外にすぐ折れます。 整形外科でまずはレントゲンをとるべきでしょう。 また、もう一つの可能性としては 2 肋間神経痛 私も肋間神経痛でとても悩んでいた時期がありました。 これは内科では治せない症状なのです 根本的な治療としては整体がいいかも知れません。 しかしどうしても痛くて我慢できないときは 鍼治療が有効かと思われます。 また、漢方薬も有効でした あと、夏場になるにつれよくなっていきます。 ここ1週間ぐらいは、咳だけの症状です。 市販の咳止めが全く効かず、先週病院に行きました。 風邪か喘息かまだ分からないと言われ、4日分の薬をもらいましたが良くならず、むしろもっと咳が出るようになったので、また病院に行き もっと強い薬に変えてもらいました。 咳と痰が酷くて辛いです。 咳のし過ぎで 腹筋や背中が痛かったのですが、それも治り、昨日から右胸のすぐ下だけが もの凄く痛みます。 咳をした時の激痛はもちろん、呼吸をしてても、触っただけでも激痛です。 本当に痛いので、咳が出ないように我慢してしまい、もっと苦しくなります。 咳の原因は何でしょうか? 右胸の下の痛みをネットで調べると、肋骨が骨折かヒビが入ってると書いてあるのを沢山見ました。 やはりそうでしょうか? 今までに経験がないのでビックリしています。 あと私、今年の春に婦人科系の病気で子宮と卵巣を全摘しました。 ホルモン療法をしていますが、先生から骨粗鬆症になりやすくなると言われています。 今回の胸下の痛みは、それが原因も考えられますか? 整形外科でみてもらった方がいいですよね?? 2週間ぐらい前から風邪っぽくて、最初は喉の痛みから始まり、少し熱っぽくもなり、咳が出始めました。 ここ1週間ぐらいは、咳だけの症状です。 市販の咳止めが全く効かず、先週病院に行きました。 風邪か喘息かまだ分からないと言われ、4日分の薬をもらいましたが良くならず、むしろもっと咳が出るようになったので、また病院に行き もっと強い薬に変えてもらいました。 咳と痰が酷くて辛いです。 咳のし過ぎで 腹筋や背中が痛かったのですが、それも治り、昨日から右胸のすぐ下だけが もの凄く痛みます。 A ベストアンサー 調べられた通りおそらく咳のしすぎで肋骨にヒビ、骨折をしたのでしょう。 今は咳が治まったようなので喘息ではなく風邪だったのでしょうね。 私が20代の頃、同じ様に咳のしすぎで肋骨にヒビが入ってしまいました。 痛くて咳もくしゃみも恐怖でしたね。 くしゃみや咳で肋骨にヒビとは噂で聞いてましたが、まさか自分がそうなるとは思わず心配になり整形外科で受診してみました。 肋骨の骨折って特に治療する事もなく治癒するのを待つだけですけど、コルセットをもらって着けていたら随分楽になれました。 安心する為にもコルセットを安く購入する為にも整形外科に行ってみても良いですね。 女性ホルモンが減ると骨粗鬆症になり易いですよね。 でも春の摘出ではそんなにもろくなってないんじゃないですか?婦人科で予防薬も出ているのでは? 女性ホルモンバリバリの20代でもヒビが入ったりするんだから! 骨粗鬆症予防に努めていれば、何年後かには気にしないで過ごしている同年代より骨密度の数値が良好かもしれませんよ。 Q こんにちは。 右胸下(真ん中、みぞおち近く)に痛みがあります。 丁度、ブラジャーのワイヤーがあたる辺りです。 ワイヤーのきついブラジャーをしてから その症状が出始めた気もしますが、定かではありません。 押すとうちみのような痛みがあり、 何もしないときも、かすかに痛いときもあります。 耐えられない痛みとかではありません。 疲れたときは、右の脇の下のリンパとかが腫れて痛いときがあるので、 もしかしたら、脇から胸下にかけての リンパ腫などではないかと不安になります。 もしくは、乳がんや骨に転移したとか・・。 同じような痛みを経験した方など、経験談をお聞かせください。 また、何か他の病気が考えられるとしたら、教えてくださいね。 何科に行けばよいなどのアドバイスもお待ちしてます。 よろしくお願いいたします。 A ベストアンサー 「乳がん」に関しては、以下の参考URLが参考になりますでしょうか? 「乳がん」 これらで「症状」の項を参考にしてください。 nikkansports. nikkansports. html ご参考まで。 jfcr. ncc. html A ベストアンサー その痛みの経験はたしか20年以上前のことだったと思います。 私は男ですので女性であるcipinag2さんにあてはまるかどうか自信はありません。 以前この教えてGoo!でこれと似たような相談がありましたが私と同じ経験の回答がなかった為今書かせていただきます。 私が経験したことであるし実際その時ある行動をとって痛みがとれたのでお話します。 でもその痛みが病気であったのかどうか病院へ行って調べたわけではないのでわかりません。 その行動によって痛みが取れたので行かないで今日まで来てしまいました。 当時私は寝る時パジャマを着て寝ていたのです。 この痛みは何だろう、と考えてもしかしたら、ということでパジャマを脱ぎボタンのない肌着で寝るようにしました。 結果痛みは取れました。 ボタンが原因だったようです。 これは自分自身でも自信はないのですがたしかに痛みが取れて以後ありません。 それで今日まできています。 cipinang2さんのことについては正直全く自信はありません。 ただこういう人もいた、こういうこともあるのかレベルで見ていただければと思っています。 A ベストアンサー 筋肉痛とは違う、もっと奥の方が痛い、息苦しい、ということなら、 もしかしたら、肋間神経痛(ろっかんしんけいつう)かもしれません。 私は、2回なったことがあります。 痛みには個人差があって、少し痛くて少し息苦しいくらいから、 立てないくらいの痛みまで様々です。 また、1週間で治る人、1か月間かかる人と、回復のスピードにも幅があります。 私は、仕事中に痛くなって我慢していたのですが、 午後になって、まっすぐに座っていられなくなり、早退しました。 翌日はベッドから起きられずに会社を休みましたが、その翌日にはかなりよくなりました。 帰宅するのも大変で、翌日は歩くなどとても無理だったので、 痛みが良くなってから受診したのですが、肋間神経痛と言われて、湿布薬を処方されました。 その翌年の同じ時期(梅雨時でした)、また同じ症状に襲われて、 今度は痛みがそれほどではなかったので、すぐに受診して、やはり肋間神経痛でした。 ここでは診察行為ができない決まりなので、整形外科を受診してください。 お大事になさってください。 Q 夫のことで困っています。 以前、胸が痛いと言い、深呼吸すると苦しいというので病院に行ったところ、レントゲンを撮りましたが異常なし、肋間神経痛と診断されました。 1~2週間で痛みは引いた(特に何もせず。 痛み止めもなし)のですが、ここ数日、また痛みがひどいようです。 今回も肋間神経痛かと思い数日放置していたのですが、日に日に痛みが増しているようです。 胸痛と息苦しさがひどいようなので、昨日もう一度病院に行かせました。 (私自身、何度も気胸をやっていて、症状が似ていたため) 結果、やはりレントゲンも異常なし、念のためCTで造影検査もしましたが異常なしとの診断でした。 結局、痛み止めもなく、まだ痛みがひどくなっているようです。 肋間神経痛は、痛みはあるものの特定できる原因が見つからないときの診断とも聞いているので、もしかしたら他の何か大きな病気ではないかと心配です。 これ以上の検査というと、尿、血液くらいしかないかと思うのですが、なにか「この病気では?」「この検査を受けてみたら」などアドバイスお願いします。 症状は以下の通りです。 ・中心からやや左の肺(?)あたりが痛い。 ・うつぶせ・あおむけになって寝ると苦しく、横を向いたほうがいくらか楽。 ・座っていても、前かがみになったり極端に反ると痛い。 ・今まで平気だった仕事(デスクワーク中心)がしんどい。 ・お風呂(湯船はとくに)に入ると苦しい。 ・上記の苦しい姿勢をとってしまったときに長く咳き込む。 ・睡眠中、むせたり体がいつもよりもおおきくビクつく。 ・タバコや食事で苦しいことはない。 食欲もある。 夫のことで困っています。 以前、胸が痛いと言い、深呼吸すると苦しいというので病院に行ったところ、レントゲンを撮りましたが異常なし、肋間神経痛と診断されました。 1~2週間で痛みは引いた(特に何もせず。 痛み止めもなし)のですが、ここ数日、また痛みがひどいようです。 今回も肋間神経痛かと思い数日放置していたのですが、日に日に痛みが増しているようです。 胸痛と息苦しさがひどいようなので、昨日もう一度病院に行かせました。 (私自身、何度も気胸をやっていて、症状が似ていたため)... A ベストアンサー 可能性としては、1.心臓、2.整形外科的な問題(筋肉)3,心因性、といった所でしょうか。 やはり怖いのは心臓(狭心症など)ですから、心臓の検査を受けておいた方がよいかと思います。 今まで、心電図は行ってませんか?採血、安静時の心電図、心エコー、負荷心電図、24時間心電図などいろいろありますが、何を行うかは、担当医の指示に従って下さい。 病院によって、内科と大きなくくりになっている所もありますが、循環器専門の先生と指定すれば、診察は受けられると思います。 ある特定の姿勢で症状を自覚されるのであれば、整形的なものも考えられます。 レントゲンも撮影条件が、骨を撮るときと肺やを撮るときでは変わってきますので、整形外科未受診でしたら、受診しても良いかと思います。 いずれにしても、総合病院の方がいいでしょうね。 Q 10日程前から、胸部や背中が痛むようになりました。 <胸部>背中と胸の両側からぎゅっと押されているような 圧迫感と、何かが詰まってるような違和感があり、 胸のちょうど中心部からみぞおちの辺りまで痛みます。 特に食事後(しばらく経っても)や息を吸った時に 強く痛みます。 物を食べている最中も、 飲みこんだ時に圧迫されているような苦しさを感じます。 (実際に食べ物が詰まって飲みこめないという事はありません) <背中>中心部辺りに鈍い痛みとだるさが常にあります。 食べ物を飲みこむ際に、胸と同様に痛みや 圧迫感を感じます。 <喉・呼吸>喉の奥から胸にかけて、何かが詰まったような苦しさが あります。 どうやって呼吸をしていたのか分からなくなるような 息苦しさが度々あり、動悸もします。 大きくゆっくり呼吸をしても、 酸素が足りないような感覚です。 特に夜に強く起こり、寝る時の横たわっている 体勢になると、胸の圧迫感と苦しさが増して 呼吸もしづらくなり、眠ることができません。 はじめは精神的なものからくる症状だと思っていました。 これらの症状が出るキッカケもありましたし・・・。 でも、とても痛く苦しいので不安になっています。 体のどこかが悪いのでしょうか? それとも、健康体でもこのような症状が 出たりするものなのでしょうか? ちなみに私の年は23歳です。 10日程前から、胸部や背中が痛むようになりました。 <胸部>背中と胸の両側からぎゅっと押されているような 圧迫感と、何かが詰まってるような違和感があり、 胸のちょうど中心部からみぞおちの辺りまで痛みます。 特に食事後(しばらく経っても)や息を吸った時に 強く痛みます。 物を食べている最中も、 飲みこんだ時に圧迫されているような苦しさを感じます。 (実際に食べ物が詰まって飲みこめないという事はありません) <背中>中心部辺り... A ベストアンサー 発症が急であった場合は、皆さんの回答にあるように気胸も考えられるでしょう。 ただこの場合は、普通片側性におきますから、症状も左右どちらかに強いのが普通です。 これは、胸のレントゲンを撮れば簡単に診断がつきますし、あまり長期間肺が虚脱した状態にあるのは治療したときの合併症の頻度が高くなりますから、早めに検査を受けた方がよいでしょう。 胸の中心部、胸骨の裏側付近の圧迫されるような痛みというのは確かに狭心痛の痛みとして矛盾はありません。 左の肩あたりへの放散痛があれば典型的でしょう。 しかし、23歳という年齢を考えると、今まで大きな既往症がなければ考えにくいように思います。 食事との関連を考えると、食道炎や胃十二指腸潰瘍などの消化器疾患の可能性もあると思います。 胃酸の逆流に伴う食道粘膜のただれなどがあれば、お書きになっているような症状が出てもおかしくはありません。 まずは、胸部のレントゲンと心電図の検査を受け、異常がなければホルター心電図(24時間心電図)や胃の内視鏡検査という手順になるでしょう。 お薬としては、胸部レントゲンや心電図に異常がなければ、胃酸の分泌抑制剤の効果を試してみるということになると思います。 発症が急であった場合は、皆さんの回答にあるように気胸も考えられるでしょう。 ただこの場合は、普通片側性におきますから、症状も左右どちらかに強いのが普通です。 これは、胸のレントゲンを撮れば簡単に診断がつきますし、あまり長期間肺が虚脱した状態にあるのは治療したときの合併症の頻度が高くなりますから、早めに検査を受けた方がよいでしょう。 胸の中心部、胸骨の裏側付近の圧迫されるような痛みというのは確かに狭心痛の痛みとして矛盾はありません。 左の肩あたりへの放散痛があれば典型的でしょう... A ベストアンサー 病院に行くのが先決かと思います。 私の場合は表面でも内臓でもない2センチ奥ぐらいがチクッチクッと不定期に痛い感じです。 たまにチクチクチク~っとも。 身をよじる程度で耐えられないほどではないです。 これは中学に入ったぐらいから数年に1度、1週間~2週間ぐらいおこります。 何度か病院でレントゲンをかけて診てもらったのですが異常なし。 「ストレスですね。 」と言われるのですが思い当たるストレスは無いし…。 最初は病院でも見つけられない病気が潜んでいるのでは?と心配していましたが20年経っても元気です。 最近では「またきたか。 」と思ってあきらめていますが 誰かこれはこうゆう病気ですよと言ってくれないかしらと常々思っています。 それで最近気が付いたことがあるのですが、パソコンや書き物などで前かがみの状態で異常に内臓を圧迫したときや、きついアンダーのブラを長時間つけていた時に起こりやすい気がします。 思い当たらない時もあるので結局は定かではありませんが、qoo1234さんは思い当たることはありませんか? まったく関係ないようでしたら、また他の方を参考にしてください。 病院に行くのが先決かと思います。 私の場合は表面でも内臓でもない2センチ奥ぐらいがチクッチクッと不定期に痛い感じです。 たまにチクチクチク~っとも。 身をよじる程度で耐えられないほどではないです。 これは中学に入ったぐらいから数年に1度、1週間~2週間ぐらいおこります。 何度か病院でレントゲンをかけて診てもらったのですが異常なし。 「ストレスですね。 」と言われるのですが思い当たるストレスは無いし…。

次の