救援 の のろし。 【MHWアイスボーン】オトモの救援のろしの入手法。かなり強いからソロハンターは絶対入手しておこう

【MHWアイスボーン】テトルーの居場所とオトモダチになる方法

救援 の のろし

どうもです。 mitsuです。 モンハンアイスボーンの続きですよ~。 前回、寄面族の突火槍を無事作成して新拠点「セリエナ」に戻ってきたところ、老練の獣人族学者が「どうしてもボワボワと交流したい!」っていう話を聞くことが出来ました。 いや私も是非「オトモダチ」になりたいよ!今まで大体のシリーズで獣人族&奇面族とマイフレンドになってきたからね! ということで「渡りの凍て地」を探索して見つけてくること。 このイベントの発生条件として、古代樹の森や大蟻塚の荒地などにいる各獣人族&ガジャブーと「オトモダチ」になり全部のオトモ道具を入手していることだそうな。 MR2任務のトビカガチ亜種を倒しておくことも必要。 要はストーリーを少し進めておくことだね。 キャンプを出てすぐのエリア1で速攻で獣纏族のテイサツ部隊を発見。 ボディカラーはグリーンなのね。 「ボワボワ」の特徴として仲良くなるにはハンターの実力を見せつけないと警戒を解いてくれないようなのでエリア内にいる大型モンスターを狩ることに。 たまたま通りかかったブラントドスを倒そうかな。 狩り慣れてきたモンスターなのでほぼほぼ苦戦無く攻撃しまくる。 攻撃し続けているとテイサツ部隊の人数も増えてきてハンターに興味を持ってくれるっぽい。 ギャラリーが大分増えてきた中でブラントドスを狩猟すると認めてもらえたのか「キャンプで話がしたい」と言ってきのでエリア1のキャンプへ移動。 そこでテイサツ部隊から交流ついでに歴戦ブラントドスを一緒に倒さないか?と提案されることに。 彼らの住処にも連れていってもらえるようで、ボワボワ達の後を追って住処へ到着。 住処で作戦?の話を聞きMR2【ワレラとキミラの共同戦線】が受注可能に! 目次• ワレラとキミラの共同戦線 ボワボワから指示があり、ポポにスリンガーを当ててオトリにしブラントドスをおびき出して狩り開始。 イベントとはいえボワボワの人数が半端じゃない。 緑の物体達がちょこまかとモンスターを追い回す姿はちょっと新鮮でしたね!ちなみに戦闘に直接参加してくれるのは基本ボワボワの隊長だけなようです。 一応ブラントドスが転倒した時に一斉にヤリ攻撃やトラップ攻撃をしてくれるのでこれは有難かったですよ!協力プレイ感が出てて良かったです! これにてボワボワと異文化交流が完了。 救援のろしも無事ゲット! 救援のろし 「救援のろし」は捕獲用ネットなどと同様にプレイヤーに装備され、使用することでオトモアイルーが獣人族やガジャブー、オトモダチになったモンスターを同時に呼び出して一緒に狩りを手伝ってくれる便利なアイテム。 これで獣人族に会いに行っていた手間が省けるのは良い所。 特にソロで狩りに行くときなんかはとても心強いですね! このクエスト後にオトモがウルグとオトモダチになれるのでちょっとだけ「渡りの凍て地」の探索や攻略が楽になりましたよ~。

次の

【MHW:IB】オトモ道具の効果まとめ

救援 の のろし

私はブラントドスを狩りました 「文化交流:続・渡りの凍て地」をクリアする 次の重要バウンディは ボワボワとの会話だけでクリアできますので、「文化交流:渡りの凍て地」をクリアしたら、続けてクリアしてしまいましょう! 大型モンスターを狩猟後、ベースキャンプでボワボワから「住処に案内するのでついて来て欲しい」と言われます。 会話が済んだらボワボワについて行きましょう。 ついて行くと翼竜が待機しているので、掴まってボワボワの住処まで移動します。 ボワボワの住処は洞窟になっていて、その前にはたくさんのギンセンザルが温泉入浴を楽しんでいます笑 ボワボワと会話するとクエスト「 ワレラとキミラの共同戦線」が解放されます。 会話が終われば、このバウンディはクリアです! 「ワレラとキミラの共同戦線」をクリアする このクエストの詳細は以下です。 ワレラとキミラの共同戦線 ターゲット 歴戦個体「ブラントドス」 報奨金 17280z 制限時間 50分 その他 ソロ専用。 3回力尽きたらアウト。 このクエストでは文字通りボワボワと一緒にブラントドスの歴戦個体を狩猟することになります。 通常の個体より攻撃力などが強化されているので、油断しないようにしましょう。 ボワボワたちも投げ槍で応戦してくれます! ブラントドスを倒すと、再びボワボワたちの住処に移動し、晴れて彼らとオトモダチになることができます! また、彼らからオトモ専用アイテムである 「救援のろし」をもらうことができます。 それと同時に重要バウンディ「 文化交流:完・渡りの凍て地」がクリアとなります! 「救援のろし」の使用効果 ボワボワがオトモダチになった状態で、オトモアイルーに話しかけましょう。 そうするとライドコールで渡りの凍て地にいる「ウルド」を呼べるようになります! 「救援のろし」はフィールドで使うと、そのフィールドで仲間になったオトモダチと小型モンスターがすぐに駆けつけてくれます! このアイテムはオトモ道具とは別枠になっています。

次の

【MHWI】オドガロン亜種の対策方法!状態異常攻撃を使いこなそう!【モンハンワールド:アイスボーン】

救援 の のろし

オドガロン亜種の特徴 黒い鱗と禍々しい牙が特徴的なモンスター。 ワールドで登場した「オドガロン」の亜種です。 冒頭で述べたように、活発に動き回り、攻撃を当てるのが難しいモンスターです。 通常種のオドガロンとは異なり、「 攻撃範囲の広い技」や「 龍属性」のブレスを使用してきます。 オドガロン亜種の肉質や耐性です。 オドガロン亜種は「龍属性」以外すべての属性攻撃が有効です。 特に有効な属性は「 水」、状態異常は「 毒」と「 麻痺」が効果的。 部位破壊できる箇所は「 頭」、「 前足」、「 尻尾」。 尻尾は 2回部位破壊することで剝ぎ取ることが可能になります。 オドガロン亜種の対策方法 オドガロン亜種を攻略するためには「 どれだけモンスターの動きを止められるか」が重要になっていきます。 ここでは、モンスターの動きを止めるのに有効な対策を紹介していきます。 状態異常攻撃を使いこなそう! オドガロン亜種は状態異常攻撃の耐性が低いので、積極的に状態異常を狙っていきましょう! 動きを止めることの出来る「 睡眠」や「 麻痺」属性を持つ武器がオススメです。 ハンターは「睡眠属性」の武器、オトモは「麻痺属性」の武器のように属性を分担すれば、かなりの回数モンスターを拘束することが出来ます。 (オトモは上位の武器でも構いません) 1つの属性で2~3回拘束できるので、1回の戦闘で最低4回以上ダメージを稼ぐチャンスが生まれます。 眠らせた時のために「大タル爆弾G」を多めに持っていきましょう。 オトモダチを呼ぶと便利 「 救援のろしの指笛」で「 オトモダチ」を呼びましょう! 「瘴気の谷」でオドガロン亜種と戦う場合は、確定で「 ギルオス」が仲間になってくれます。 仲間になったギルオスは「麻痺属性」の攻撃をするので、モンスターを麻痺させることが可能です。 ハンター、オトモ、ギルオスの3つの属性で戦うことが出来るので、戦闘を有利に進められます。 他にも、「ガジャブー」が仲間になってくれれば、ナイフで毒状態にしてくれます。 便利なことばかりなので「救援のろし」は必ず手に入れておきましょう! ウチケシの実を使おう オドガロン亜種が使用する「 龍属性」の攻撃は、ハンターの属性を無効化してきます。 「 龍属性やられ」の時は武器の属性値がなくなってしまい、攻撃力がダウンします。 属性攻撃が有効なオドガロン亜種に対して、無属性の武器では相性が悪いため、すぐに「 ウチケシの実」で直しましょう! (体力バーの上にあるアイコンで「属性やられ」になっているかどうかを判断することが出来ます。 ) 罠肉はタイミングが重要? オドガロン亜種は頻繁に食事をすると聞いていたので「シビレ生肉」などの罠肉を置いてみたのですが、全然食べてくれませんでした。 持ち歩いている肉の近くに設置しても効果はなし。 乱入してきたイビルジョーが食べてしまいました! 何か条件を満たさないと食べてくれないのかもしれません。 実用性が低いと感じました。 無理に罠肉を持ち運ぶ必要はなさそうです。 作成できる防具 オドガロン亜種の防具「EXデスガロン」の画像です。 そして、デザインも非常に素晴らしい! 作っておいて損はないでしょう! まとめ 以上、オドガロン亜種の対策方法を紹介させていただきました! オドガロン亜種には「属性攻撃」や「状態異常攻撃」が有効です。 「睡眠」や「麻痺」を利用して動きを止めましょう。 「救援のろしの指笛」で「オトモダチ」を呼ぶのも効果的です。 色々と試してみてください。

次の