ドット絵 背景透過。 ペイントで画像の背景を透明にして合成する方法!できない時の対処法も解説

エクセルで挿入した写真や画像の背景を透過する方法

ドット絵 背景透過

ドット絵講座 3. 色塗り さて、さっきの線をクリンナップすると、こうなりました。 まあね。 頭以外はそんなに変わってないし。 さーて、次は楽しい色塗りデース。 だから、なんでカタコトなのさ。 色塗りは、あれだよ。 線の修正に比べたら、はなくそだよ。 ヒロインのセリフとは思えないね。 (そもそもヒロインじゃないけど) そんじゃま、塗っていこう。 ガーっと色を流し込みます。 あとで影をつける事を考えて、薄めの色でね。 ここは、とくに注意点はなさそうだね。 流し込むだけだからね。 強いて言うなら、背景色は使うなってことかな。 なんで? 背景と重ねて表示させるとき、キャラの周りを透明にするでしょ。 でも、『とうめい』なんて色はない。 だから、透過させるときは、「この色を透明にします」って指定するの。 指定の仕方はソフトによって違うけどね。 色を直接指定するとか、パレット0番を使うとか。 重ね合わせのイメージは、こんな感じ。 指定した色を絵の中でも使ってると、 そこも透明になって、イヤンなことに。 じゃあ、背景と同じ色を使いたいときは、どうすれば? どうしても使いたいなら、似たような色を 新しく作ってやればいいんだよ。 まあ最初から、背景はあんまり使わないような色にしといたほうがいいね。 あとから背景色を変えるのは? それもアリ。 んじゃ、次。 影付けいってみよー。 この絵だと、右上から光が当たってる感じ。 ちょっと立体的に見えるようになった……かな? ここで見えなきゃ、もう立体的にする所ないよ。 そうなんだ。 もっとドット単位で塗るのかと思ってた。 なんかアニメみたいな塗り方だね。 もっとなめらかな影がお好みのようですな。 じゃあ、影をぼかしてなめらかにしてみよう。 ここで、 アンチエイリアスっていう技法が出てくるんだけど。 聞いたことあるような、ないような。 ドットのギザギザをなくすのに必須の技だよ。 たとえば、ここに三角形があります。 よく見ると、なんかギザギザしてない? 斜めの線がギザギザしてるね。 でも、ドットではこれが限界なんじゃないの? 単色ならね。 なんかおもしろいね。 白黒だけじゃないよ。 どんな色同士の境目だって、なめらかにできる。 んじゃ、手始めに、中間色を作る練習でもしてみようか。 適当でいいっちゃあいいんだけど。 適当って言われるのが、いちばん困るよ。 そんなにロジックが好きなら、それっぽく説明してくれようぞ。 僕、なんか気に障るようなこと言ったかな? いんや。 それっぽく言ってみたかっただけ。 普通に説明すると、 色1の「赤,緑,青」の値を「R1,G1,B1」 色2の「赤,緑,青」の値を「R2,G2,B2」としたら、 色1と色2の中間色の「赤,緑,青」の値は 「(R1とR2の平均値), (G1とG2の平均値), (B1とB2の平均値)」 ってだけ。 実際に作ってみると、 色1(赤250, 緑250, 青200)と 色2(赤230, 緑100, 青100)の中間色は、 (赤240, 緑175, 青150)ってな感じ。 平均って言ってくれれば、なんとなくわかるよ。 中間色が作れたら、 それを使って、影の境目を埋めてみよう。 主線のところは後でやるから、まだ触らないでね。 色の境目に置けばいいんだね。 ドットが斜めに繋がっててギザってるところを 狙い打ちすると、いい感じだよ。 こんな感じ。 あんまりドットを置いてないけど、これだけでいいの? 何がダメなの。 ドット絵って、もっと中間色のドットがいっぱい置いてあって 複雑なものっていうイメージがあるんだけど。 段差が激しすぎて、一色だけじゃなめらかにならない時は、 さらに中間の色を使うこともあるよ。 でも、基本は一緒。 その積み重ね。 完成品を見ると、複雑に見えるだろうけどね。 うーん、そうなのかな。 そんなにボケボケにしたいか。 このアンチエイリアス好きさんめ。 あんまりぼかしすぎると、かえって美しくないよ。 でも、まあ、これは好みの問題だから、好きなだけかけていいけど。 あれはダメこれはダメって言ってたら、面白くないし。 やっぱ、覚えたては使ってみたくなるもんだよね。 新しい武器買ったら、試し斬りしたくなるみたいに。 人は斬らないでね。 撲殺はいいんだよね。 ダメだよ。 ダメダメ言うな、このダメ男が! ええっ!? ここ、責められるとこ!? さて、ここで注意しなきゃならない点をひとつ。 アンチエイリアスは「グラデーションを作る」ためのものじゃないってこと。 どう違うの? たとえば、これに3色追加してアンチエイリアスをかけるとして。 アンチエイリアスは、こんなふうに「ギザギザをなめらかにする」もの。 これを、「色数を増やしてグラデを作る」もんだと思ってると、 こういう、なんともガタガタな、グラデーションとしても中途半端な 段グラができちゃう。 ああ、別物なんだ。 さて、アンチエイリアスの基本はこれぐらいかな。 ここらでちょっと、主線の色を変えてみたり。 塗り色の同系色を使うと、絵になじんで見えるようになるよ。 茶色もいいと思うけど。 そっちが好きなら、わざわざ変えなくていいけど。 とりあえず、話はこっちの色で進めてくね。 主線の色が決まったら、残りの部分。 塗りと主線の色の境界にアンチエイリアスをかければ完成。 主線の色って、塗る前に変えたらダメなの? いんや。 いつでもいいよ。 今回は色のバランスを見るために塗った後で変えただけで。 塗る前に変えてもいいし、最初から色のついた線で描いてもいいし。 さて、あとはさっきと同じようにアンチエイリアスをかけるだけなんだけど。 せっかくだから、羽の白いところは、練習ってことで 二色でアンチエイリアスをかけてみようか。 正確にはアンチエイリアスじゃなくて、 「影とアンチエイリアスを同時につける」とか 「輪郭線をぼかしたものにアンチエイリアスをかける」って 感じなんだけど。 使いどころが難しいから、無視してもいいよ。 まずは二段の中間色を作ってみる。 さっきは色の差を2で割ってたから、こんどは3で割るだけ…… なんだけど。 違うの? 違わないよ。 でも、色が濁って美しくない。 主線が黒っぽいから。 羽の色 中間色1 中間色2 主線の色 でも、それが中間色なんでしょ? イメージの羽の色と違うもん。 理屈どおりにやってたら、「なんかイメージと違うなー」って なる事あるじゃん? そういうときはフィーリングに従うのが吉。 なに、ダメだったら戻せばいいんだから。 そんなわけで、適当に中間っぽい色にしてみた。 羽の色 中間色1 中間色2 主線の色 厳密な中間色じゃなくても、ちゃんとアンチエイリアスはかかるよ。 そうなの? そうなの。 まずは、一段目。 ガーッと色を置きます。 はい、かけた。 だって、もう説明するとこないし。 で、さっきの置いた色(中間色2)と塗り色の境界に アンチエイリアスをかけます。 もうすぐ完成だよ。 髪の毛にハイライトを入れて、 仕上げに主線の色を調整して、できあがり。 輪郭部分以外の主線の色を薄くして、線をなじませたよ。 このへんは、お好みで。 やっと完成したね。 おめでとう。 お疲れ様。 まだだ! まだ終わらぬぞ! そうなの!? 最後に、気になる線をちょっといじってみたり。 仕上げてみないとわからないアラってあるからね。 足の付け根とスカートのラインを、ちょっと修正したところで。 はい完成! おめでとう、自分! ありがとう、自分! あ、うん、おめでとう。 (僕って、何のためにいるんだろ……).

次の

イラスト画像の背景を透過(透明にする)【Word・Excel・PowerPoint 共通】

ドット絵 背景透過

この記事は 企画の第23日目の参加記事です。 鵺 と言います。 テクニック面に関しては様々なTipsが存在するので、ここではいざ 「ドット絵打つぞ!」という気分になった時に、出だしで行き詰まって モチベーションを無くさないよう、個人的に意識してる2種類の 「描き始め方」を紹介します。 ここでの解説はどんなツールを使っても大体問題ない内容なのですが、自分はを使用しています。 使いやすくシンプルに機能がまとまってるので便利です。 また、最近復活したというホームページが実例やそれぞれのテクニックの 「なぜそうするのか・なぜそうなるのか」も詳しく説明されているので非常にオススメです。 ドット絵に必要な事はほぼ全て詰まっています。 また、その際パレットを以下のように使うと作業がはかどります。 その他、建物や大型のドット絵もこの描き方をしています。 ・手順 1:参考資料などを見ながら、殴り書きからラフ画を描いていきます。 マウスを使うときは直線ツールで線を描いたり消したりを繰り返し、ペンタブレットを使うときは手癖で思うまま描いてから余分な線を削ったり足したりして形を作っています。 顔アイコンの構図は、昨今のスパロボ界隈では前髪~アゴ下がギリギリ入るかどうか位が良いようです。 (メカの構図は「塗りから描く」で紹介します) 左右反転して、おかしなところがなければOKです。 2:ラフの色を薄くして上にレイヤーを作り、なぞるように線画を描きます。 なるべくキレイな線の引き方を意識してドットを打ちますが、 絵が堅く感じる、迫力が足りないと思った時は、曲面部分のドットをわざと崩すのも一興です ただし、線の太さは1ドットを維持します 色を塗った後で調整を加えるので、ディテールはあまり書き込まなくても いいです。 ラフ同様、左右反転しておかしなところがなければOKです。 3:線画に色をつけます。 パーツごとに塗りわけたら、ラフをベースに影や光を書き込みます この絵は光沢がないのでちょっと選択を誤りましたが、影と要領はいっしょなので!。 また、影の色を使って明るい部分にかかっている線画を塗ったり、ディテールの下書きを入れます。 自分は16色縛りで描くことが多く、この時点で10色くらいは使うため、 残りの色は透過色、全体で使うハイライトの2色を残してあとを目立たせたい箇所(キャラなら顔面、メカなら広い面の影や武器など)に多めに割り振ることを意識します。 4:細部を仕上げます。 ディテールや、影の色、光の色で塗った線画は、 100%のサイズで見たときにジャギが目立っていないかぎりは いじらないほうが効果的なので、手を入れるのはなるべく後回しにします。 (気にしすぎるとそこに色数を割いてしまうので、あとあと大事な部分の ジャギ消しや光の表現を作る時に苦労します) 線画も、ジャギ消しなどを行う過程で見え方が変わるようであれば 微調整を加えていきます。 (この絵では、アゴがしゃくれていたので修正しました) 一晩寝かせて、左右反転してみておかしなところがなければ完成です。 もしおかしな箇所が見つかっても、それは 「昨日よりもスキルアップした」 ということなので気にせず直してしまいましょう。 昔、同じテーマで違う内容の解説を自分のホームページにアップして ましたので、。 作例はゲーム「LOST PLANET」の主人公機「PTX-40A irvan」です。 いくらかテクニックや技術面についても触れてますが、10年モノのドット絵なのでクオリティはご容赦を。 イラストの「厚塗り」と原理は似ていて 暗い色でシルエットを描いて明るい色で凹凸を書きこむ手法なので、線画無しでもある程度形状を描く技術が要りそう…というわけでもなく、案外描いてしまえばどうとでもなるのであまり気負わないで挑戦してみてください。 ・手順 1:線の時同様、ラフを描きます。 ロボの全身を描く時、構図は 「キャンバスの3隅ないしは4隅を埋める」ことを意識すると、 自然な構図になりやすいです。 ただ、画面ミッチリに詰めると全体的に四角いシルエットになってしまうので、四隅を埋める時は四辺、四辺を埋める時は四隅はあまり埋めないように気を付けましょう。 また、武器を持っていたり、背中や腰に翼やスタビライザーなどの部品が付いている場合、新しく作ったレイヤーに違う色で描いてます。 今回は本体・翼・尻尾の3レイヤーで作っています ラフを描く際、 目や口など、特徴的な部分のドットを決めておくとイメージが崩れにくく、何より次の工程でシルエットを描くとカッコよくなります。 2:ラフの色を薄くし、新しいレイヤーに暗めの色でパーツのシルエットを 描いていきます。 目の位置など、気になったらここで直します。 メカやキャラの全身を描く時は体の部位ごとにレイヤーをつくり、 胴体から描くとバランスをとったり手足の位置を調整しやすいです。 また、武器や翼などは本体が完成した後で描くのでここでは放置してます。 シルエットは正確な形である必要はないですが、モチーフの資料を 参考にしつつ、出っ張りや凹みをドットを整えながら作っていきます。 PNGやGIFで出力して、左右反転して問題なければOKです。 もし 何かおかしい?と思ったら、以下を試すと改善しやすいです。 ・バランスがおかしい=片手や片足の位置 特に体の奥側 を1ドットずらす ・良い気はするけどなんとなく落ち着かない=頭を1ドット体に沈み込ませるか、背中側に1ドットずらすと首がすわって重心が良く見える 3:出っ張っている部分を少し明るめの色で塗ります。 暗い色に明るい色を重ねて形を作っていく理由は、 「実際の物体は影の面積が大きいので、意識せずとも陰影が立体的に描ける」 ことと、 「影が落ちる部分を自然に描くのは難しいけど、 光が当たっている部分だけを強調して描くのは比較的簡単」 なためです。 出っ張っている部分が塗れたら、もう一段階明るい色や暗い色を 追加して、上半身をメインに角や形を強調したい部分に点々と色を置きます。 このとき、 頭よりも奥にある部位は明るい色の使用を控えるように しておくと、奥行きが強調されて絵に立体感が出ます。 4:形を整えたり、影や光の色数を増やしたりしながら仕上げます。 その際、なるべく 「線を使わず影と光だけで形を描く」 よう心がけると、複雑な形状でもそれらしく魅せることが出来ます。 途中、色味が変わってるのは、 「色のメリハリが無いな」と思ったので 背景を真っ黒に変更し、明るい部分が浮き出るよう色をいじったためです。 また、2種類の赤色を使い分けて手足と胴体で変化をつけているのですが、 後から一番暗い赤色を共通の色に統一するなどして、色数を節約しています。 「EDGE」はパレットをいじれば簡単に色を変えられるので、あまり難しく考えずこうした作業が出来て便利です ずっと同じドット絵を打ってると色味がおかしくなっていても気づかないものなので、 「背景を真っ黒や緑などに変更してもおかしく見えないか」「背景の色を変えた時、色のメリハリがわからなくなったりしないか」を確認すると直すべきポイントが見えてくる時があります。 塗り残しやキャラと背景の境目が変に浮いて見える現象も、たいていこれで発見できます。 ちなみに、ドゥルガーの翼は「明るい下地の面積が広く、影の面積が少し」 なので、これまでの説明とは逆に明るい色に影を描き込んで作成しています。 一晩寝かせて、左右反転してみて変でなければ完成です。 こちらも昔解説ページを作ったので 作例は「蒼穹のファフナー」より「ファフナー・ベイバロンモデル」です。 個々のパーツを描くときの注意点などもまとめています。

次の

イラスト画像の背景を透過(透明にする)【Word・Excel・PowerPoint 共通】

ドット絵 背景透過

スポンサードリンク エクセルで画像の背景の透過 エクセルで写真や画像を挿入できますが、その 挿入した写真や画像の背景を透過して透明にしたい場合あります。 挿入した写真や画像の背景を透過して透明にする方法です。 調べたのでメモしておきます。 透過の設定で下図のように画像の背景が透過するようになります。 画像の背景の透過設定 画像の背景の透過設定方法ですが、 2種類あります。 1つ目のやり方は、簡単にできますが、うまく背景が透過にならない場合あります。 2つ目のやり方は、少し手間がありますが、1つ目で透過できない場合も透過するよう設定できます。 1つ目:背景の透過色を設定する 2つ目:背景の削除を設定する 1つ目のやり方:背景の透過色の設定 1.挿入した 画像をクリックして選択状態にし、メニューの 「書式」タブをクリック。 2.「書式」タブの中の 「色」をクリック。 3.表示したメニューで 「透過色を指定」をクリック 4. 画像の背景部分をクリックして、透過色を設定します。 5.画像の背景部分を透過色に指定した結果です。 背景は透過できましたが、背景の色と若干異なる影の部分が残りました。 背景と影の部分、すべて透過したい場合は、2つ目のやり方を試してください。 2つ目のやり方:背景の削除を設定する 1.挿入した 画像をクリックして選択状態にし、メニューの 「書式」タブをクリック。 2.「書式」タブの中の 「背景の削除」をクリック 3.下図のようになり、 「赤紫の部分」が透過になる部分です。 表示する範囲 保持する領域 を マウスで大きさを調節します。 範囲を調整したら「背景の削除」タブの 「変更を保持」をクリック 4.背景の削除した結果になります。 画像の背景が透過になりました。 背景を削除する部分の追加 2つ目のやり方で、 背景を削除する部分を追加する手順です。 例えば、画像の金魚鉢の中の「水草」を透過する設定してみます。 1.「背景の削除」タブの 「削除する領域としてマーク」をクリックして、画像の「水草」部分をクリックします。 2.「削除する領域としてマーク」で、「水草」をクリックすると、「丸の-」記号が付きます。 1つのマークでは透過設定の「赤紫色」にならない場合あるので、「水草」部分をいくつかクリックして、マークを付けます。 3.3つマークを付けて、「赤紫色」になりました。 同様にして隣の水草もマークをつけて「赤紫色」にします。 最後に、「背景の削除」タブの 「変更を保持」をクリックします。 4.「水草」部分が、透過になりました。 画像の下にある青の図形をずらしました。 「水草」部分が透過になっています。 画像背景の透過の設定例1 2つ目のやり方で、画像の背景の透過設定の例1です。 左側は、元画像。 右側の画像の背景を透過設定します。 1.表示する範囲 保持する領域 を調節して、犬全体にします。 2.犬の手のあたりが、透過設定の「赤紫色」でないので、「削除する領域としてマーク」で、透過設定を追加します。 3.その他に、犬のお腹のあたりが、「赤紫色」の透過設定になっているので「保持する領域としてマーク」で透過しないようマーク(丸の+)します。 透過の設定を追加、解除した結果が、下図です。 最後に「変更を保持」をクリック。 4.透過の設定した結果です。 画像背景の透過の設定例2 印鑑の画像を透過設定する例です。 右側の画像の背景を透過設定します。 1.「背景の削除」設定したところ、「赤紫色」部分がうまく設定がされていないので、手動でマークを追加して透過設定します。 2.印鑑画像の白い部分を透過設定の「赤紫色」にするため、「削除する領域としてマーク」の「丸のー」マークします。 表示したい印鑑の赤い部分を、「保持する領域としてマーク」の「丸の+」マークをしていきます。 3.マーク追加終わり、透過設定の「赤紫色」部分が下図のようになりました。 最後に「変更を保持」をクリック。 4.透過設定の結果です。 透過設定されています。 印鑑の画像の下にある青色の図形をずらしました。 印鑑の画像の背景が透過しています。

次の