歪な 読み。 歪(いがみ)とは何? Weblio辞書

歪音エナとは (ユガミネエナとは) [単語記事]

歪な 読み

ひずみ• やで像が変形すること。 (strain) - での材料の形状変化。 ()が変形すること。 また、その度合。 地下の岩盤の一部で(ストレス)が増えていき、歪みが岩盤のの限界に達するとが発生する。 詳細は上記、材料工学における「ひずみ」を参照。 (distortion - 電子機器において入出力の非線形性によって生じる相似性の崩れ。 指標として(THD などがある。 (skewness) - およびにおける分布の非対称性を示す指標。 - のシングル曲。 ゆがみ• - で、重力により発生する空間のゆがみ。 このページは 曖昧さ回避のためのページです。 一つの語句が複数の意味・職能を有する場合の水先案内のために、異なる用法を一覧にしてあります。 お探しの用語に一番近い記事を選んで下さい。 を見つけたら、リンクを適切な項目に張り替えて下さい。

次の

応力ひずみ線図とは?1分でわかる意味、ヤング率と傾き、考察、書き方、脆性材料

歪な 読み

あさひ総合病院 眼科 渡辺一彦 医師 「歪視」は聞き慣れない言葉かもしれません。 物が歪(ゆが)んで見えることを指します。 光の情報は眼内に入り、眼底の網膜でキャッチされるわけですが、中心にある「黄斑」で字を読んだり、色彩を感じたりします。 そして、片眼で見て線や物が歪むというのはこの黄斑に異常がある、病気が生じてきていると推察されます。 通常は片眼で格子状の模様を見てもらい、判断します。 真っ直ぐな線を見てもらえれば簡単に自分でも検査できます。 この黄斑には中心窩というくぼみがあり、ここが固視点になります。 眼の病気でこの黄斑が障害される場合が多くあります。 太陽の光を見たりするとこの中心窩に光障害を来し、視力が低下することがあります。 最近、加齢に伴って変性が生じてくる加齢黄斑変性が新聞などで取り上げられてきています。 黄斑に異常な血管(新生血管)が形成され、浮腫や出血、網膜剥離を来して、歪視、視力低下、進行すれば中心だけが見えない中心暗点を起こします。 また、黄斑に膜が形成されたり、円孔ができたりする疾患もあり、これらは手術加療が必要になります。 当院では黄斑の断面を撮影する最新機器が導入されており、これらの様々な疾患に加療を行っていますので、歪視がある方は是非受診をお勧め致します。 月に1回は片眼で歪みの検査を自分で行ってみて下さい。 この記事の URL : 受付時間 午前:7:20~11:30 午後:12:30~4:30 各診療科によって受付時間が異なることがありますので、をご確認ください。 なお、受付時間外であってもできるだけの対応をいたしますので一度ご連絡ください。 面会時間 平日:午後2:00~8:30 休日:午前10:00~午後8:30 医療の現場から• 当院からのお知らせ• 職員ギャラリー• トピック•

次の

歪音エナとは (ユガミネエナとは) [単語記事]

歪な 読み

歪音エナとは、カリブ 社製のヴォイドである。 としてない歌と体美で見る者の心を癒すが、に臭いらしい。 GAY要 カリブ社によって生み出された歪音エナは、男らしく強い質と音の安定感に定評があり、また局部を強く握ることによってを変えることができ、さらには「」という高音域までをもする。 他社製と一線を画すのが、を刻む機だ。 歪音エナの臀部や床、近くにあったーなどをくことによってをもさせることが可な、いわゆるの機である。 概要 とのに対して付けられるであり、類似として「 」がある。 名前の由来は本格的1試合()の「」と、「」などのの名をもじったもの。 の発売直後は、同時期の他のもそうであったように、層を対とした的で作成された作品が多く(当時は「歪音エナ」という単が存在しなかった為、厳密には歪音エナとは言えないが)、初期の代表作『チにしてあげる 【】 』はをえる、見事なまでの爆釣ぶりを発揮する。 に入り、がとして評価されてゆくにつれて、に関連する作品にやをしたが増え、その過程の中で発生的に『歪音エナ』『』の名称が生まれ、受け入れられる様になった。 ではや、の登場人物を化して()上で躍らせるなど、の要素や流行を取り入れる動きが見られる。 諸注意 歪音エナ/関連作品を楽しむに際して、の中には的な理由や初期ののなどから、とのに不快感を覚える人がいるということを忘れてはならない。 の記事において度々要望があったにも関わらず、、歪音エナが記載されていない事からも察してもらいたい。 他の作品にも言えることだが、の作品に対しては限の節度と良識を持って視聴することを心がけよう。 "コラボ"から"オリジナル"へ の「」がに歪音エナ初のとしてされた事により、歪音エナはとののを飛び出し、自らが新たなを創造するに突入した。 としての歪音エナの質は、どことなくと同じのをした を連想させるものがある。

次の