宮崎駅からイオン。 宮崎交通|バス時刻表やバス停検索|路線バス情報

宮崎駅 バスのりば|路線バス|宮崎交通

宮崎駅からイオン

宮崎()を核に約250の専門店が並ぶ。 規模は宮崎市、宮崎県最大の規模を誇る商業施設。 概要 [ ] に、最大級(宮崎県内においては最大、九州第2位)の店舗を有する大型ショッピングセンター『イオン宮崎ショッピングセンター』(核店舗は宮崎店)として開店。 に全体の店舗名を現在の『イオンモール宮崎』に 、に核店舗のブランド名を『イオン』に それぞれ変更し、2018年3月16日に新棟(サウスモール)を増床した。 宮崎市内のショッピングセンターとしては以来32年ぶり、2番目の開業となった。 来場者数は2005年度は約993万人、2006年度は1,014万人。 平日は約2万人、休日は約5万人が来場する。 年間売上高は約300億円。 2007年の元日には4万人が来店し、1億円を売り上げた。 正式開業前の2005年5月16日からの3日間は「プレオープン期間」として営業した。 開業まで [ ] 2008年10月時点の外観(現在のノースモール) イオンモールはから宮崎への出店を計画していたが、地権者(農民)の賛同が集まらずに一度断念していた。 付ので「イオン宮崎ショッピングセンター」の出店構想が報道された。 このときにはすでに地権者も「土地の有効利用のためなら出店を歓迎」として賛同していた [ ]が、九州最大級の店舗面積であり年商300億円を見込むとあって周辺自治体(・(・・) ・((に宮崎市へ編入)・・・(・・・・・)の13市町村が設置した「イオングループショッピングセンター対策会議」および中心市街地()の危機感は強く、正式に出店を発表するまでに反対を表明した。 ただし、宮崎市は当事者ということもあり「中立」の立場(イオングループショッピングセンター対策会議にはオブザーバーとして参加)であり、中心市街地にあった『宮崎セントラル会館』(現・)は「ショッピングモールが完成すれば移転を考えている」としていた。 2001年にイオンモールは出店計画を公表。 投資額約200億円、年商約300億円、店舗面積7万平方メートル、120-130のテナント、2,000人の従業員、4,000台の駐車場と(当時)をモデルとしたものであった。 商圏は半径20キロメートルで50万人。 これは自家用車で40分圏内という判断であり、宮崎の交通事情から更に広範囲からの集客も可能と判断していた。 このとき、イオンモールは開業予定を秋ごろとしていた。 建設予定地の宮崎市新別府町はであり、イオンモールの出店にはへの変更とが必要であった。 つまり、出店の可否は宮崎市長(当時)に委ねられていた。 計画発表後賛成派・反対派の論争は激化していったが、この状況を一変させたのは2月の宮崎寿屋百貨店(現・)の閉鎖であった。 これを受けて津村市長は2002年、宮崎市議会 で「イオンモールの出店を回避するなら、の増床もしくは寿屋の再開店が必要である」と表明した。 これは、宮崎市「全体」としてなどとの都市間競争に打ち勝ち、購買客の流出を食い止めるという観点から、そのためには中心市街地が自ら魅力を創出すればイオンモールを導入せずに事足りる、との考えによる表明であった。 しかし、宮崎山形屋は「イオンモールの出店で売り上げ減が見込まれるため、宮崎からの撤退を視野に入れている」ほどの状況から「増床はなし」とした。 ただし市側は宮崎山形屋の増床の可能性を予見しており、後述のとおり宮崎山形屋は9月に増床を実施した。 寿屋は再開店に向けてテナントとの交渉を進めていたが、2002年に津村市長は「文書では数店舗しか決定していない」として「開店の見込みはなし」と判断した。 宮崎寿屋百貨店は寿屋の店舗中2番目の売り上げを記録していたことや、前日に寿屋自身も「再開の目途が立った」としていたことから、この判断には疑問符がつくものであった。 この時点で事実上、イオン宮崎ショッピングセンターの出店が認められることとなった。 農地転用などの諸手続きを済ませ、正式に宮崎市が開発を許可したのはであった。 開業後における中心市街地等の対応 [ ] 増床前 [ ] イオンモールの出店は、宮崎市内の各店舗に影響を及ぼしている。 中心市街地の空き店舗率はイオンモールの出店以前から上昇傾向にあった。 この対策として、2005年には宮崎市中心部の345の事業者により「Doまんなかモール委員会」(どまんなかもーるいいんかい)を結成。 各種イベントの実施や営業時間の延長などの対策を共同で行っている。 これに関連して、宮崎市中心部にある宮崎山形屋はイオンモールの出店を受け、2006年9月に売場面積を1. 4倍とする増床を行い、売上を前年同期比で2割増加させた。 2007年10月には、カリーノ宮崎が中心市街地のオフィス客をターゲットにした改装を完了した。 更に2008年6月には宮崎山形屋の東側に、地権者と宮崎市による再開発事業として立体駐車場 Y・Y PARK が完成した。 また、宮崎市中心部にはイオングループの「」のひとつであるが既にあり、イオンモールの出店時にはイオングループの店舗としての存続が強調されていたが、結局、2007年11月にクアトロエクゼキューションズがイオンの所有する全株式を取得したことにより、イオングループを離脱した。 その後、クアトロ社のオーナーの不祥事により、地元資本による立て直しを図った。 増床後 [ ] は2018年のイオンモール宮崎増床に伴い、イオンモール宮崎へサテライトショップ「宮崎山形屋ギフトショップ」を出店した。 また、イオンモール宮崎増床オープン後、とが西口に「」の2020年秋開業を発表した。 は傘下のにより買収され、2020年秋のリニューアルが予定されている。 前に立地するを運営するも、2019年に宮交シティ・イオン南宮崎店(旧ダイエー宮崎店)をリニューアルオープンさせた。 その一方でが2020年2月で閉店となった。 ロードサイド型の小売店の開業も進み、南宮崎駅周辺に、旧清武町中心部にが開業している。 宮崎市旧市街の大規模小売店の開店・閉店・リニューアルが立て続けて行われており、宮崎市の商業圏は「中心市街地」・「市街地郊外」・「南宮崎駅周辺」の3極化する構図になるとみられる。 増床工事 [ ] hinata TERRACE(中庭) イオンモール宮崎では2017年春より既存棟の南側(駐車場部分)に新棟の増床工事を行い、に既存棟やイオン宮崎店も含めてリニューアルオープンした。 増床棟は「サウスモール」、既存棟は「ノースモール」の呼称となり、2棟の間には中庭(hinata TERRACE)が設けられた。 総賃貸面積は従来(約7万平方メートル)の1. 2倍の約8万4,000平方メートル、店舗数は91店舗増の254店舗となった。 主なテナント [ ] 出店テナントの詳細は、公式サイト「」を参照。 核店舗 [ ]• 宮崎(2018年3月15日までは宮崎店)• (元は(現:RBB)が運営していた「アーバンスクエア」だった)• セントラルシネマ宮崎(宮崎県初の) 詳細は「」を参照• 朝日スポーツクラブ BIG-S宮崎 サテライトスタジオ [ ] 1階東側のスペースコートにサテライトスタジオがあり、県域ラジオ局が平日に生放送を編成していた。 プレオープン日の2005年5月16日から実施されていたが、2017年6月1日をもって運用を終了し 、サテライトスタジオは閉鎖された。 増床後、サウスモールに宮崎放送のアンテナショップが設置されている。 放送されていた番組• (2005年5月16日 - 2017年6月1日) 出店していたテナント [ ]• 2017年11月26日をもって閉店• 2012年4月22日をもって閉店。 同月27日に、宮崎市源藤町にあった源藤車庫横の宮崎車体跡地に建設された新店舗、に移転した。 2014年8月20日をもって閉店 周囲 [ ] イオンモールの西隣をが貫き、周辺にはが林立している。 南隣は宮崎市中央卸売市場。 東側は「一ツ葉海岸」と呼ばれる日向灘に面した地域で、(、有料道路)が南北をとおりが所在する。 やにも比較的近い。 敷地南西にが立地するほか、北隣はが立地する。 アクセスは自家用車が主となる。 公共交通機関については東口からの直行バス()が運行されている。 脚注・出典 [ ] []• プレオープン日の5月16日を開業日とすることもある(当時の宮崎日日新聞記事など)。 イオンモール、2007年8月20日。 同年8月にイオンモールがを吸収合併した後の店舗名統一のための変更。 イオン九州、2011年1月25日。 との合併に伴うもの。 全国的に店舗ブランド名をジャスコ・サティからイオンに統一した。 当時の報道による。 ()の定義ではイズミヤ、MRT micc、ボンベルタ橘などもショッピングセンターとしている。 佐土原・田野は2006年に、清武は2010年に宮崎市へ編入。 正確には平成14年第1回定例会(第3号)。 参考文献『検証転換期宮崎 - シーガイアの挫折を乗りこえて』による。 実際に寿屋は社名をカリーノに変更した後の2003年3月に「カリーノ宮崎」として開業している。 JR九州 2018年10月18日• 日本経済新聞(2020年2月1日作成). 2020年2月1日閲覧。 株式会社パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(2020年2月3日作成). 2020年2月3日閲覧。 『宮崎日日新聞』2018年3月17日26面。 『Radio Paradise 耳が恋した!』番組ブログ エフエム宮崎、2017年6月2日。 参考文献 [ ]• イオンモール、2005年4月11日。 イオンモール・イオン九州、2018年1月11日。 PDFファイルの文書ではニュースリリースの日付を増床オープン日の2018年3月16日としている。 住谷史雄 『検証転換期宮崎 - シーガイアの挫折を乗りこえて』、2003年2月、• [ ] - 津村宮崎市長によるコラム(宮崎市公式ウェブサイト)、2010年の市長交代後にリンクは削除されている。 南日本新聞(2007年9月14日、17日) - イオン鹿児島ショッピングセンター(現・)開業前の連載記事。 宮崎日日新聞(2001年4月22日1面、7月11日1・7・28・29面、2005年5月17日1面、5月20日8面、2008年5月15日、2018年1月12日8面、3月17日26面)• [ ](2008年5月15日の記事)• 「イオンモール宮崎 新規90店 3月16日増床オープン」(2018年1月12日の記事)• 「イオンモール増床開業 中心市街地は独自色PR 宮崎市」(2018年3月17日の記事)• 関連: - 宮崎県立図書館、1996年から2006年の見出しが検索可能。 例として2001年に「イオン」と検索すると、イオンモール宮崎(当時はイオン宮崎SC)関連の記事が49件ヒットする。 - 2008年7月17日時点で「イオン」と検索して102の文書がヒットする。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

イオンモール宮崎

宮崎駅からイオン

宮崎県営鉄道の駅として開業した頃 宮崎駅へは、当時の途中駅であったのから・日豊本線の経路で国鉄が線路を順次建設した。 これに合わせる形で宮崎駅の工事も進められていたが、青井岳付近の工事が遅延し、1913年(大正2年)2月の時点で宮崎駅だけ先に完成して宙に浮いた状態となっていた。 この国鉄の駅を宮崎県が借り受けて宮崎県営鉄道の駅として1913年12月15日にまず開業した。 さらに1915年(大正4年)3月20日、国鉄が建設を進めて完成させていた清武 - 宮崎間の線路を宮崎県が借り受けて、宮崎県営鉄道として運行を開始した。 この時点では中間の未完成区間を馬車で連絡していた。 1916年(大正5年)10月25日、最後に残されていた青井岳駅 - 清武駅間が完成して国鉄宮崎線が全通し、清武 - 宮崎間の宮崎県営鉄道による借受営業が終了して、国鉄が宮崎駅に乗り入れてきた。 これにより、宮崎駅は国鉄と宮崎県営鉄道の駅となった。 1917年(大正6年)に宮崎県営鉄道が国有化されて、国鉄のみの駅となった。 1945年(昭和20年)8月12日に空襲を受けて被災したが、1950年(昭和25年)に建て替えられて本復旧した。 この建物は昭和末期まで用いられた。 駅と線路が東西方向の交通を遮断している状態を解消するために高架化工事が1988年(昭和63年)10月に着工され、1993年(平成5年)10月1日に現在の駅舎が完成した。 年表 [ ]• (2年)• 2月 - 駅舎完成。 - の駅として開業。 (大正4年) - 清武駅 - 宮崎駅間の国鉄線を借り受けて宮崎県営鉄道として運行開始。 (大正5年) - 宮崎線が全通し、宮崎県営鉄道による清武駅 - 宮崎駅間の借受解消、国鉄と宮崎県営鉄道の駅となる。 (大正6年) - 宮崎県営鉄道が国有化。 (大正12年)12月15日 - 市棚駅と重岡駅間が開業し、小倉駅から吉松駅が全通したことにより、宮崎線が日豊本線に改称。 (20年) - 宮崎大空襲で駅本屋構内被災焼失。 (昭和21年)3月 - RTO(鉄道司令部)事務所が構内に設置される。 (昭和25年)3月 - 駅本屋第1期復旧工事完成。 (昭和26年)3月 - 駅本屋第2期復旧工事完成。 (昭和51年)12月 - 貨物取扱施設を一部縮小して取扱施設に転用し、周辺線区の小荷物代行基地として整備。 (昭和61年) - 貨物取扱が廃止され、宮崎コンテナセンターが構内に設置される。 - 宮崎コンテナセンター間で便を運行。 ブルートレイン便以外の小荷物輸送を終了。 (昭和62年) - に伴い、(JR九州)の駅となる。 宮崎コンテナセンターはが継承。 (昭和63年)10月 - 駅高架化起工。 (3年) - 高架化準備のため宮崎コンテナセンターを廃止。 に貨物業務を移管。 (平成5年) - 高架化により新駅舎完成。 (平成24年) - 駅自動放送を導入。 (平成27年)• - 接近・発車メロディを導入。 - の供用を開始。 - 「」の利用が可能となる。 (2年)• - ホーム別の改札口を解消し1つに統一。 秋頃 - 駅前西口に商業施設「」開業予定。 駅構造 [ ] 2面4線を持つで、基本的に上りと下りで島式ホームを1面ずつ使用する。 以前は各ホームから階段を下った所にそれぞれのがあったが、(令和2年)より改札が統一された。 配線構造上、すべてのホームから上下方向に出発が可能である。 また、特急「にちりん」・「ひゅうが」と特急「きりしま」が同一ホームで接続を行っている。 構内に留置線はなく、留置の際はの留置線へ回送あるいはへ入区を行う(まで営業運転を行う場合もあり)。 県庁所在地の中心駅としてはJR九州で唯一が導入されていなかったが、宮崎エリアでの導入に合わせて、2015年11月7日に自動改札機が導入された。 またSUGOCAの利用エリアについても、2012年12月1日に九州全域の都市圏近郊に拡大された時点ではのみ導入されなかったが、2015年11月14日よりサービスが開始した。 で、SUGOCA券売機(特別デザインカードのみ)が設置されており、自動放送も導入されている。 駅長・副駅長配置。 「」 が入っているが24時間営業ではない。 は、ホーム上ではなく改札外にある。 かつてはホーム上にもあったが後に撤去された。 高架化に伴い1993年に完成した新しいは、太陽と空を表現しており、による設計である。 デザインの都合上、開業後暫くは「宮崎駅」という漢字表記を掲げられなかった。 また完成当時、市民からは駅舎のデザインに対して賛否両論の声があった。 高架化以前は、やの取り扱いもあり、かなり規模の大きな駅だった。 その一方で、駅および線路が市街地を東西に分断していたため、東西間の往来には人も車も大きく迂回する必要があった。 商業施設「宮崎(旧:宮崎)」が併設されており 、 、軽食屋、店等がある。 また、建築当初には駅施設と直結する連絡通路を建設する計画があったものの、建設計画自体が大幅に見直された際に連絡通路計画も廃止となり、アクセスには一度駅の外へ出る必要がある。 KITEN完成当初は屋根なども無く、雨天時に不便が発生していたがその後の改修により屋根が取り付けられ、濡れること無くKITENへのアクセスが可能となっている。 前述する「アミュプラザ宮崎」開業に併せ、現在ホーム別改札となっている改札を1つにするなど、駅のリニューアルが進められている。 南宮崎行「にちりん」のうち1本は1番のりばから、「きりしま」のうち1本は4番のりばから、宮崎空港線のうち3本は1本ずつ1・2・3番のりばから発車する。 日南線の列車は全てのホームを使用するが、比較的3・4番のりばを使うことが多い。 ただし快速「日南マリーン号」は2番のりばから発車する。 宮崎駅 - 南宮崎駅・宮崎空港駅間の利用に限って、特急列車の普通車自由席に乗車券のみで乗車できる。 駅弁 [ ] 宮崎駅弁当が調製・販売する。 主な駅弁は下記の通り。 炊き込みご飯の上に・・を乗せた「椎茸めし」が有名。 ミニ椎茸めし• 元祖椎茸めし• 上等椎茸めし 利用状況 [ ] (平成30年)度の1日平均は 4,952人である。 宮崎県内の駅では最多。 近年の1日平均 乗車人員推移は以下の通り。 年度 1日平均 乗車人員 1995年(平成 07年) 5,463 1996年(平成 08年) 5,756 1997年(平成 09年) 5,525 1998年(平成10年) 5,388 1999年(平成11年) 5,316 2000年(平成12年) 5,263 2001年(平成13年) 4,952 2002年(平成14年) 4,624 2003年(平成15年) 4,671 2004年(平成16年) 4,745 2005年(平成17年) 4,822 2006年(平成18年) 4,686 2007年(平成19年) 4,564 2008年(平成20年) 4,565 2009年(平成21年) 4,401 2010年(平成22年) 4,370 2011年(平成23年) 4,485 2012年(平成24年) 4,715 2013年(平成25年) 4,866 2014年(平成26年) 4,781 2015年(平成27年) 4,878 2016年(平成28年) 4,773 2017年(平成29年) 4,782 2018年(平成30年) 4,952 駅周辺 [ ] 中心街は当駅南西方向に広がる。 駅の東西に出入り口があるが西口方面が商業的に発展した宮崎市中心街へとなり、東口方面は住宅街となっている。 官公庁・公共施設• 宮崎厚生年金会館• 教育機関• 金融機関• 本店・宮崎駅前支店• 宮崎店(内)• 宮崎支店• 宮崎支店• 宮崎支店• 宮崎支店• 宮崎支店• 宮崎支店 交通• 宮崎駅 -• 宮崎駅 - 宮崎交通バスセンター(1階)• 宮崎駅東口バス停 - 宮崎交通• 商業施設• (宮崎グリーンスフィア壱番館)• 宮崎(アゲインビル内)• (当駅東口より 有料シャトルバス運行)• ・(宮崎温泉 自然の湯)• (ボンベルタ橘)• (本社ビル)• 宮崎駅東店• 宿泊施設• 宮崎(内)• リッチモンドホテル宮崎駅前• ホテルエアライン(ボンベルタ橘内)• ホテルケンジントン宮崎• ホテルメリージュ(アゲインビル内)• アリストンホテル宮崎• ホテルJALシティ宮崎• 宮崎駅前• ホテル東横イン宮崎中央通 その他• 高架化する前、今の東口周辺にの本社があった。 バス路線 [ ] 宮崎駅西口・東口にそれぞれバス乗り場が設けられている。 なお、に駅西口にバスターミナル(正式名称:宮崎駅西口バスターミナル )を兼ね備えた複合施設「」(正式名称:宮崎グリーンスフィア壱番館)が全面開業したことにより県外高速バスは一部を除き全てここから発着する。 かつては一般路線バスと空港リムジンバス、高速バス長崎線と鹿児島線においては当駅舎から向かい側にあった旧宮崎交通宮崎駅前バスセンター発着とし、それ以外の県外高速バスは駅構内西口に乗り場が設けられていたが、「KITEN」開業とともに発券窓口を移転・集約したことにより県外高速バスは全て「KITEN」1階高速バスターミナルに統一、他のバスは駅西口1 - 4番乗り場へ系統別に分散された。 一般路線バス・空港リムジンバスなど [ ] 全ての運行。 宮崎駅 バスのりば 西1 (宮崎駅西口) [ ] 【近距離(市内線)】• 宝塚ニュータウン• 生目台 - 宝塚経由、地蔵田経由、高松橋経由、橘通・花山手経由の4系統• 薫る坂• 源藤車庫• 国富ヶ丘団地• 上西中• 高岡・尾頭 - 穆佐経由、高岡温泉経由、花見経由、細江経由の4系統• 高岡・一里山• 高岡・桜学園 - 穆佐経由• 高岡・雀ヶ野 - 花見経由• 田野・合又• 田野・七野• 田野・青井岳温泉• 上丸目• ・ - 木花台経由• 大学病院 - まなび野経由• 大学病院・宮崎大学 - まなび野経由、清武経由の2系統• タウンセンター - 清武・宮大経由• 木花 - 清武・宮大経由• 青島 - 一部に東宮団地経由と木花台経由あり• 青島・白浜入口 - 東宮団地経由、木花台経由の2系統• 青島・サンクマール 西2 (宮崎駅西口) [ ] 【近距離(郊外線)】• 野崎東病院• - 青葉通経由• 一ツ葉試験場• フローランテ宮崎• - 青葉通経由• 市民の森 - 青葉通経由• 古賀病院 - 一部に原町経由あり• 小松台・悠楽園• 引土街区公園• 池田台団地 - 橘通経由、県病院経由の2系統• 黒北 - 橘通経由、県病院経由の2系統• 新名爪• 国富・綾• 国富・酒泉の森 西3 (宮崎駅西口) [ ] 【中長距離(空港・市外線)】• ・・ - 宮崎空港経由• - 高速バス「」• - 宮崎空港経由、生目台経由の2系統• 西4 (宮崎駅西口) [ ] 到着(降車専用) 東1 (宮崎駅東口) [ ]• 平和台• イオンモール宮崎 - 直行便と各停便がある 県外高速バス(宮崎駅西口「KITEN」1階 - 高速バスターミナル発着) [ ] 高速バスターミナル。 停車しているのはJR九州バスが独自で福岡方面に運行していた「たいよう」(2012年2月) 宮崎交通が運行に関与している高速バスは、KITEN1階からの発着である。 なお、夜行便は当初から一度も当駅へは乗り入れていなかったが、からまで試験的に夜行便の運行を再開していた福岡線「フェニックス号」が初めて乗り入れていた。 現在は「宮崎・延岡 - 福岡線」として金・土のみの運行により当駅へ乗り入れている。 延岡行き「」は西3のりばから発車する。 【Aのりば(福岡方面)】• 宮崎駅・ - - 「」 (宮崎交通・・・)• 宮崎駅・宮交シティ - ・・ 「」 (宮崎交通・九州産交バス)• 宮崎駅・宮交シティ - 「」 (JR九州バス・宮崎交通・) 【Cのりば(長崎・大分・鹿児島方面)】• 宮崎駅・宮交シティ - 「」 (宮崎交通・)• 宮交シティ・宮崎駅 - 大分() - - 「」 (宮崎交通・・・・JR九州バス)• 宮崎駅・宮交シティ - 「」 (宮崎交通・) 県外高速バス(宮崎駅東口発着) [ ] 宮崎交通が運行に関与していないその他の高速バスは東口からの発着である。 高鍋役場前・高岡-宮崎駅 - 南宮崎駅 - 博多駅筑紫口 「みとシティライナー」((美登観光バス))• 佐土原-宮崎駅 - 南宮崎駅 - 博多駅筑紫口 「サンマリンライナー」() 隣の駅 [ ] 九州旅客鉄道(JR九州) 日豊本線• 日本国有鉄道旅客局 1984 『鉄道・航路旅客運賃・料金算出表 昭和59年4月20日現行』。 , 2020年2月6日閲覧。 『』1977年4月号(No. 332) p. 「鉄道高架が開通」『市広報みやざき』平成5年4月号(第594号)、宮崎市秘書広報課、1993年 p. 交通新聞社 : p. 1993年3月8日• , 2020年2月6日閲覧。 宮崎日日新聞. 2019年11月20日. の2019年11月27日時点におけるアーカイブ。 2020年4月9日閲覧。 日本語 PDF プレスリリース , 九州旅客鉄道/宮崎交通, 2018年10月18日 , の2018年12月30日時点におけるアーカイブ。 , 2020年4月5日閲覧。 PHP研究所. 2015. 42 - 43. 4-5。 西日本新聞. 2019年4月3日. 2019年9月21日閲覧。 『JR時刻表』2017年3月号、、2017年、 458頁。 九州旅客鉄道. 2018年7月12日閲覧。 宮崎交通. 2015年10月15日閲覧。 参考文献 [ ]• 九州鉄道百年祭実行委員会・百年史編纂部会 九州の鉄道100年記念誌『鉄輪の轟き』九州旅客鉄道 1988年• 『週刊 JR全駅・全車両基地』44号 宮崎駅・都城駅・志布志駅ほか80駅、〈週刊朝日百科〉、2013年6月23日。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (駅情報) - 九州旅客鉄道.

次の

イオンモール宮崎のバス時刻表とバス停地図|宮崎交通|路線バス情報

宮崎駅からイオン

時間を絞り込む 時以降• 前方から乗車• 後方から乗車• 運賃先払い• 運賃後払い• 深夜バス• (始)出発バス停始発 07時• (始)• 07:40 発 07:52 着• 12分• 宮崎交通 [14]宮崎駅東口-イオンモール北口 イオンモール北口行• 08時• (始)• 08:10 発 08:22 着• 12分• 宮崎交通 [14]宮崎駅東口-イオンモール北口 イオンモール北口行• (始)• 08:40 発 08:52 着• 12分• 宮崎交通 [14]宮崎駅東口-イオンモール北口 イオンモール北口行• 09時• (始)• 09:00 発 09:12 着• 12分• 宮崎交通 [14]宮崎駅東口-イオンモール北口 イオンモール北口行• (始)• 09:15 発 09:27 着• 12分• 宮崎交通 [14]宮崎駅東口-イオンモール北口 イオンモール北口行• (始)• 09:30 発 09:42 着• 12分• 宮崎交通 [14]宮崎駅東口-イオンモール北口 イオンモール北口行• (始)• 09:45 発 09:57 着• 12分• 宮崎交通 [14]宮崎駅東口-イオンモール北口 イオンモール北口行• 10時• (始)• 10:02 発 10:14 着• 12分• 宮崎交通 [14]宮崎駅東口-イオンモール宮崎 イオンモール宮崎行• (始)• 10:15 発 10:30 着• 15分• 宮崎交通 [14]宮崎駅東口-イオンモール宮崎 イオンモール宮崎行• (始)• 10:30 発 10:43 着• 13分• 宮崎交通 [14]宮崎駅東口-イオンモール宮崎 イオンモール宮崎行• (始)• 10:45 発 10:58 着• 13分• 宮崎交通 [14]宮崎駅東口-イオンモール宮崎 イオンモール宮崎行• 11時• (始)• 11:00 発 11:13 着• 13分• 宮崎交通 [14]宮崎駅東口-イオンモール宮崎 イオンモール宮崎行• (始)• 11:30 発 11:43 着• 13分• 宮崎交通 [14]宮崎駅東口-イオンモール宮崎 イオンモール宮崎行• 12時• (始)• 12:00 発 12:11 着• 11分• 宮崎交通 [14]宮崎駅東口-イオンモール宮崎 イオンモール宮崎行• (始)• 12:30 発 12:41 着• 11分• 宮崎交通 [14]宮崎駅東口-イオンモール宮崎 イオンモール宮崎行• 13時• (始)• 13:00 発 13:11 着• 11分• 宮崎交通 [14]宮崎駅東口-イオンモール宮崎 イオンモール宮崎行• (始)• 13:30 発 13:44 着• 14分• 宮崎交通 [14]宮崎駅東口-イオンモール宮崎 イオンモール宮崎行• 14時• (始)• 14:00 発 14:14 着• 14分• 宮崎交通 [14]宮崎駅東口-イオンモール宮崎 イオンモール宮崎行• (始)• 14:30 発 14:44 着• 14分• 宮崎交通 [14]宮崎駅東口-イオンモール宮崎 イオンモール宮崎行• 15時• (始)• 15:00 発 15:14 着• 14分• 宮崎交通 [14]宮崎駅東口-イオンモール宮崎 イオンモール宮崎行• (始)• 15:30 発 15:44 着• 14分• 宮崎交通 [14]宮崎駅東口-イオンモール宮崎 イオンモール宮崎行• 16時• (始)• 16:00 発 16:13 着• 13分• 宮崎交通 [14]宮崎駅東口-イオンモール宮崎 イオンモール宮崎行• (始)• 16:20 発 16:35 着• 15分• 宮崎交通 [14]宮崎駅東口-イオンモール宮崎 イオンモール宮崎行• (始)• 16:40 発 16:53 着• 13分• 宮崎交通 [14]宮崎駅東口-イオンモール宮崎 イオンモール宮崎行• 17時• (始)• 17:00 発 17:13 着• 13分• 宮崎交通 [14]宮崎駅東口-イオンモール宮崎 イオンモール宮崎行• (始)• 17:20 発 17:33 着• 13分• 宮崎交通 [14]宮崎駅東口-イオンモール宮崎 イオンモール宮崎行• (始)• 17:40 発 17:53 着• 13分• 宮崎交通 [14]宮崎駅東口-イオンモール宮崎 イオンモール宮崎行• 18時• (始)• 18:00 発 18:11 着• 11分• 宮崎交通 [14]宮崎駅東口-イオンモール宮崎 イオンモール宮崎行• (始)• 18:30 発 18:41 着• 11分• 宮崎交通 [14]宮崎駅東口-イオンモール宮崎 イオンモール宮崎行• 19時• (始)• 19:00 発 19:11 着• 11分• 宮崎交通 [14]宮崎駅東口-イオンモール宮崎 イオンモール宮崎行• (始)• 19:30 発 19:41 着• 11分• 宮崎交通 [14]宮崎駅東口-イオンモール宮崎 イオンモール宮崎行• 20時• (始)• 20:00 発 20:11 着• 11分• 宮崎交通 [14]宮崎駅東口-イオンモール宮崎 イオンモール宮崎行• (始)• 20:30 発 20:41 着• 11分• 宮崎交通 [14]宮崎駅東口-イオンモール宮崎 イオンモール宮崎行• 21時• (始)• 21:00 発 21:11 着• 11分• 宮崎交通 [14]宮崎駅東口-イオンモール宮崎 イオンモール宮崎行•

次の