マリノス。 <横浜F・マリノス>激震!シティー・フットボール・グループと提携解消 選手補強にも影響

横浜F・マリノス、SC相模原からMF松田詠太郎の復帰を発表 育成型期限付き移籍でJ3リーグ7試合に出場 : ドメサカブログ

マリノス

ノンピは6月25日、横浜マリノス業務を受託し「横浜F・マリノス【スタグルBOX】」を発売する。 6月26日19時より販売開始。 ノンピは東京23区にケータリングを提供。 Google Japan food teamの元総料理長や外資系ホテルの元シェフなどを中心に構成され、川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム内のミュージアムカフェや、埼玉スタジアム2OO2のVIEW BOX、三菱地所本社内カフェテリアSPARKLEなど、8ヵ所をフードプロデュース。 新型コロナウイルス感染症の影響によってJリーグは再開後は無観客試合としての開催となり、スタジアムに行くことのできないファン・サポーターがスタジアムの「興奮」や「一体感」の雰囲気を楽しめるようにスタグルBOXの販売を決定したという。 ピックアップ• 日本の縮図となる都市で、補助金200万円と手厚いサポート• レノボのクリエイター向けデスクトップPC、プロ漫画家の目にはどう映る?• 余ったらどうする?足りなくなったら追加できる?• AMDが映像プロダクション向けPCを展開• 優勝賞金100万円のeスポーツ大会出場選手の裏事情• 人気のデュアル水冷シリーズに第10世代Core最強モデルが登場!• HUAWEI P liteシリーズの最もお手頃なモデルを詳しく紹介!• リフレッシュレート240Hzの液晶ディスプレーも搭載• 開発環境プリインストール済み!! ボリュームゾーンに投入される有力SIMフリースマホ2機種を比較!• このアクセス速度を体験したらもう戻れない• ファーウェイのノートPC「HUAWEI MateBook」シリーズは3モデル!• または私はいかにして心配するのを止めてキーボードが打てるようになったか• フレーバーだけでなく、デバイスそのもののデザインや質感にも徹底的にこだわりぬいた• ノイズキャンセリングもコスパも強力!• これ1台でなんでもこなせるモバイルノート• ゲームも写真も動画も大容量化でストレージは危機的状況• Open NAT機能やゲーミングデバイス優先LANポートなどを搭載!• NVMe SSDでOSやアプリの起動も高速!• 第10世代Coreにタッチパネルも入って約1. 32kg! 1日使えて、価格もお手頃• 週アス読み放題で、独自コンテンツ盛りだくさん.

次の

マリノス、仲川輝人は4~6週間離脱見込みと発表。右ハムストリング肉離れ

マリノス

概要 [ ] を前身として1992年に創設された、Jリーグ創設時からの加盟チーム(いわゆる)の一つで、元々のチーム名は「 横浜マリノス」だったが、1999年に同じく横浜を本拠地としたオリジナル10のを吸収合併した際に、フリューゲルスを表す「F」の文字を入れた。 チーム名の「マリノス Marinos 」は、で・・などを意味する。 Jリーグ公式サイト及びテレビ中継では「 横浜FM」、(toto)では「 横浜M」と略される。 なお、スポーツ新聞においては日刊スポーツとスポーツニッポンが、マリノスとフリューゲルスの合併以降、Fマリノスを「横浜」と表記している。 チームカラーは「青・白・赤」 の三色(トリコロール)。 この三色は元々のであった。 各色の意味合いは、青「冷静さと港町・横浜の海」、赤「スポーツに触れ合う場をつくり、皆が誇れるクラブを目指す」、白「皆に支えられ、息の長い活動を続ける、自立したサッカークラブを目指す」。 は神奈川県横浜市、横須賀市、大和市。 横須賀市では1987年より追浜地区にてサッカースクールを開講している縁でに、大和市は2006年より市内にてサッカースクールを開講している縁でに、それぞれホームタウンへの追加が認められた。 ホームスタジアムは横浜市の。 Jリーグ発足当初より横浜市のを使用していたが、2016年よりJリーグへの届け出上の本拠地を日産スタジアムに一本化した(詳細後述)。 クラブマスコットは、をモチーフとした「」と「マリノスケ」である。 マリノスケは『』誌上で誕生、マリノス君の甥という設定。 マリノスケはホームゲーム以外に地域のイベントにも参加している。 2008年に横浜FM非公認のマスコットとして「」が誕生し、「クイーン」と共に行動している。 2008年の開幕戦は「トリコロールランド」でダンスを披露。 2008レジェンド・オブ・F・マリノスのトレーディングカードにも登場、非売品のグッズ(バンダナなど)のプレゼントや広報活動を行っている。 2010年にチームよりTシャツとコインパースが公式グッズとして発売。 2012年3月31日、がから独立し、翌4月1日、横浜FMの20周年記念に来日後 記念カード発売 、テレビカメラへの取材に応じた元代表FWと共に、発祥の米菓、にちなんだグッズを紹介するなどのユニークなPRも行った。 クラブ増加、さらに近年オリジナル10のチームのJ2降格が相次ぐ中、下位リーグが創設後も1度も降格経験が無いクラブである。 2018年現在、創設メンバーで一度も降格がないクラブは他にのみ(合併で消滅した横浜フリューゲルスを除く)。 運営会社 [ ] 横浜マリノス株式会社 YOKOHAMA MARINOS LTD. 付でANA出資分を日産が買い取り、再び日産の完全子会社となったが、付で第三者割当増資を行い、神奈川県に本社を置く7社 から0. 2014年7月、を運営する CFG が日産自動車と「グローバルサッカーパートナーシップ」を締結。 なお、実際のマネジメントはCFGの全額出資により設立された日本法人「シティ・フットボール・ジャパン」となり 、2016年には同社社長であるがチーム統括本部長に就任している。 なお、日産自動車株式会社はにのため、経営難に陥っていた株式会社を傘下に収めて再建を行うことになり、これに際して、Jリーグ・との「クロスオーナーシップ」の規制を記載した「Jリーグ規約第25条 5 」 に抵触するため、浦和レッズのスポンサーに関しては三菱自工保有株式を株式会社と共同で立ち上げた「株式会社」 へ譲渡したうえで、三菱自工の株式保有率を下げることにより、このクロスオーナーシップの問題を解消させている。 歴史 [ ] 前身 [ ] 詳細は「」を参照• 創部のが前身。 1979年に(JSL)1部に昇格。 1部リーグ、、の当時の日本サッカー主要大会 三冠を達成。 や、、など数々の日本代表を輩出してきた。 との対決は「 黄金カード」と呼ばれた。 1990年代 [ ]• にJリーグ加盟。 の(戦)に勝利した。 年間4位、は年間6位。 が28得点でJリーグ初代得点王となった。 1994年、優勝に向け、が2月のアルゼンチン遠征から加入、ディアス、の元所属のリバー・プレートトライアングルが形成された。 は1stステージで優勝。 でもV川崎を下し、リーグ初優勝。 のシーズンから、と合併、 横浜F・マリノスへ名称を変更。 天皇杯は1994年が、1995年が、1996年が、1997年が、1998年がといずれも所属チームに敗北。 2000年代 [ ] が監督に就任。 5年ぶりに1stステージで優勝、2ndステージ優勝のとのチャンピオンシップに敗れた。 が史上最年少でMVPを受賞。 、等が移籍。 ファーストステージ途中にアルディレス監督が解任。 セカンドステージから、が監督に就任。 で初優勝。 リーグ戦は1stステージが15位、2ndステージが10位、年間順位13位。 からの、から(レンタル)、、からなどを獲得。 1stステージは2位、2ndステージは6位、年間順位2位。 セカンドステージ途中に成績不振を理由にラザロニ監督を解任。 詳細は「」を参照 岡田体制2年目。 清水から韓国代表FWの等を補強。 昨年度の2ndステージに続きこの年の1stステージでも優勝、3ステージ連続優勝を達成。 2ndステージは6位、で2ndステージ優勝のと対戦、ホームは1 - 0で勝利、アウェイは0 - 1で敗退、で勝利し2年連続の年間王者となった。 天皇杯は5回戦でJFLに負け。 岡田体制3年目。 はグループステージで敗退。 リーグ戦9位。 岡田体制4年目。 元のFWを補強、開幕4連勝で首位に立ったが、第5節(浦和戦)以降の15試合で2勝と低迷。 8月に岡田が監督を辞任、が後任監督に就任、前年と同じ9位で終了。 の『』へクラブ事務所などを移転。 、、などのベテラン選手が退団、ユース・高校・大学からの若手選手が加入。 監督にが11年振りに就任し、前監督の水沼はコーチ就任。 FWのと、トップ下のが2ケタ得点をマーク。 大島は日本人最多得点、坂田はフェアプレー個人賞受賞、山瀬は日本代表にも選出。 前年度を上回る7位でリーグ戦を終了したが、目標とした3位以内には届かなかった。 天皇杯終了後に監督の早野、コーチの水沼・高橋真一郎・武藤覚らが退任。 とのが開催され、横浜FCホームの第2節は0-1で敗れたが、横浜FMホームの第19節はチーム新記録の1試合8得点を記録し、8 - 1で勝利。 なお同試合の前夜に日産スタジアム付近で「JUST GEDO」という名称のサポーター団体が横浜FCサポーターを暴行するという事件を起こし逮捕されている。 元監督のが監督就任。 4月に3位につけたが、第9節の東京V戦から第19節の戦まで10試合連続で勝利無し(クラブタイ記録の公式戦6連敗も記録)で、第16節時点で16位へ転落。 7月に桑原が解任、後任に統制本部長のが就任。 第20節の戦で勝利を挙げると、第22節の札幌戦の勝利で降格圏を脱出した。 年間順位は9位。 天皇杯は準決勝でG大阪に敗退。 チームスローガン: Enjoy・Growing・Victory 木村吉体制2年目。 が、が、が新潟に移籍した。 リーグ戦13得点を挙げたや、などの抜擢・台頭、の成長、、らの復調など、上位の鹿島、川崎、清水、名古屋にホームゲームで勝利している一方、下位のに逆転負けを喫し、この年J2に降格となった、に2引き分けした。 結局18チーム中10位に終わり、3年契約だった木村は監督契約を解除。 2010年代 [ ] チームスローガン: ACTIVE 元日本代表でクラブOBのが監督就任。 6年ぶり復帰の、から8年ぶりの復帰の、、が入団。 本シーズンは入場者数が前年比17. リーグ戦は一時上位争いに加わったが、最終順位8位。 最終節前にやなどと契約更新しないと発表。 最終節の大宮戦に敗北した後、この決定に反発したサポーターの前で社長の嘉悦朗が「2011年シーズンで3位以内でなければ辞任する」と発表。 シーズン終了後、松田(・へ移籍)、山瀬(へ移籍)のほか、(川崎)、()、()、(・)、()、JFLに期限付き移籍していた()がそれぞれ移籍、に期限付き移籍していたが退団、が、が、がJFL・に1年間の期限付き移籍をし、シーズン途中にに期限付き移籍したが、同クラブへの期限付き移籍期間を1年延長した。 チームスローガン: 進化する心・技・体 ACTIVE 2011 木村和体制2年目。 から、川崎からユース出身の、から、から昨シーズンにレンタル移籍していたを獲得、昨シーズンにレンタル移籍していたが復帰。 付けでが退団した。 リーグ戦は前半戦を首位で折り返した。 後半戦も川崎に4 - 0で勝利する(、)などしたが、やがて優勝争いからも脱落。 最終順位5位。 は準決勝でに延長戦で敗退。 12月30日、監督の木村和司を解任。 に(死去)が在籍時に使用していた背番号3をにすると発表。 創設以来、サポーターナンバーを除いて初の永久欠番となった。 シーズン終了後、が現役を引退、へ期限付き移籍中の(柏へ移籍)、(へ移籍)、、(共にへ移籍)、(へ期限付き移籍)、(へ期限付き移籍)、(鳥栖へ期限付き移籍)がそれぞれ移籍、が、町田への期限付き移籍期間を1年延長。 チームスローガン: All for Win が監督に就任。 東京Vから、からと、から2003年に在籍していたを獲得、愛媛へ期限付き移籍していたが復帰。 シーズン開幕後の3月23日、かつて6シーズン在籍したが、約6年ぶりに復帰。 序盤はチームワーストの開幕7戦未勝利であったが、第8節(神戸戦)から第22節(川崎戦)まで15戦無敗の成績。 シーズン中はとらのプレッシングに長けた移籍組が年間を通して活躍をみせ、秋口の連敗を経て再度順位をあげてゆき年間最少敗戦、最少失点を含めた4位でシーズンを終えた。 天皇杯は準決勝で柏に敗退。 シーズン終了後、(へ期限付き移籍)、(愛媛へ期限付き移籍)、(鳥栖へ期限付き移籍)、(へ期限付き移籍)、(へ移籍)、(川崎へ移籍)、(へ移籍)、、(共に柏へ移籍)、(期限付き移籍先の鳥栖へ移籍)、(へ移籍)がそれぞれ移籍し、千葉へ期限付き移籍していたがに期限付き移籍。 2013年基本フォーメーション チームスローガン: All for Win -Realize- 樋口体制2年目。 から、千葉から、からを獲得し、町田へ期限付き移籍していた、北九州へ期限付き移籍していた、・杭州緑城へ期限付き移籍していたが復帰。 開幕から6連勝で第1節から第7節まで首位をキープ。 第15、16節で4位に順位を下げたが、第21節で首位に浮上。 第23節からは第28節を除いて第33節まで首位に立ったが、第33節、第34節(ホームの新潟戦、アウェーの川崎戦)と勝てば優勝という残り2節を続け様に落とし、残り2節を連勝した広島に優勝を奪われリーグ戦2位の成績。 ナビスコ杯は準決勝で柏に敗退。 天皇杯は決勝で広島に勝利。 日産FC横浜マリノスの名称であった以来の優勝(日産自動車時代を含めて7度目の優勝)。 シーズン終了前に、(後にへ移籍)、(へ移籍)が退団。 シーズン終了後に、(千葉へ期限付き移籍)、(千葉へ移籍)、(へ期限付き移籍)、(期限付き移籍先の鳥栖へ完全移籍)、鳥取へ期限付き移籍中の(福岡へ期限付き移籍)がそれぞれ移籍した。 更に、中村俊輔がMVPを史上最年長で受賞した。 チームスローガン: All For Win -Fight it out! - 樋口体制3年目。 新潟から、から、から、から、川崎からを獲得。 愛媛FCへ期限付き移籍していたが復帰。 では2013年シーズンの公式戦は3戦全勝していた広島に0-2で敗れ、初優勝を逃す。 9年ぶりに出場したでは、第5節まで全チーム勝ち点7にひしめく大混戦、最終節で前年王者のに敗れ、決勝トーナメント進出を逃す。 リーグ戦、退団の穴を埋められず得点力不足に陥り、中断中まで12と低迷。 得点力不足打破のため、・にも在籍したを・から完全移籍で獲得。 3回戦では、J2に延長戦を含めシュート30本を浴びせ(北九州は9本)圧倒しながら、延長後半アディショナルタイムにに逆転ゴールを許し2-3で敗退 、また4月から、天皇杯優勝マークをつけた2014年度版の特別ユニフォームをサポーター向けに販売していたが、生産上の理由から発送は9月上旬となっており、サポーターが着用する機会がないまま大会を終えることとなった。 8月23日にで行われた、川崎戦では、横浜FMゴール裏で観戦していたが川崎の選手の前でを振り回す差別的行為を行う事件が起きた。 クラブ側は当該サポーターに対し、無期限入場禁止処分を下し 、Jリーグからはけん責及び制裁金500万円の処分が下された。 最終順位7位。 シーズン終了後、樋口が退任。 ()、、鳥取へ期限付き移籍中の()、()、(期限付き移籍先の大分に完全移籍)、(へ期限付き移籍)がそれぞれ移籍。 チームスローガン: Integral Goal - All for Win - フランス人のが監督に就任。 期限付き移籍していた、、が復帰、がユースから昇格、、、からが期限付き移籍で新加入。 4月4日にで、J1 1stステージ第4節が行われ、と対戦し勝利を収めた、柏と対戦し勝利したのは2008年10月25日以来約6年半振り。 5月27日にグループB第6節がで行われた。 結果はに1-2で敗戦、決勝トーナメント進出を逃した。 シーズンも7位で終えることになった。 チームスローガン: Integral Goal - All for Win - モンバエルツ体制2年目。 東京Vから、千葉から、からが新加入。 開幕後、の登録を抹消し、代わりにブラジル・から、ルーマニア・からのが加入。 2016シーズンはJ1リーグは年間順位10位。 ヤマザキナビスコカップから名称が変わったルヴァンカップではBグループ1位で準々決勝進出を果たすと準々決勝では大宮アルディージャと対戦、アウェイ1-2、ホーム1-0とアウェイゴール差で勝り、2013シーズン以来のベスト4進出を果たした。 準決勝ではガンバ大阪と対戦した、結果はアウェイ0-0、ホーム1-1と引き分けにもつれ込んだが、アウェイゴールの差で準決勝で敗退となった。 天皇杯では2回戦で福島ユナイテッドに延長までいかれたが2-0で勝利して3回戦進出、3回戦ではJリーグ創設期にしのぎを削りあった東京ヴェルディと対戦、結果は4-0で圧勝し昨季と同じく4回戦 ベスト16 進出となった。 4回戦ではアルビレックス新潟と対戦、後半ATに天野純の直接フリーキックが決まり勝利した、準々決勝ではガンバ大阪と対戦、今季5度目の顔合わせとなった。 準決勝では鹿島アントラーズに0-2で敗戦し、2016年のシーズンは終わった。 シーズン後、が磐田へ移籍、ラフィーニャ、(へ移籍)、へ期限付き移籍していた(へ移籍)が契約満了で退団。 が浦和へ、9年間在籍していたがへ、と東京Vへ期限付き移籍していたがG大阪へ、がへそれぞれ完全移籍。 金沢に期限付き移籍していたが千葉へ、がへ、がへそれぞれ期限付き移籍した。 また、小林の契約満了に伴う退団、3年連続でフルタイム出場したやベテランに対して来季年俸の大幅ダウン提示 、モンバエルツの去就などの報道を受けサポーターが反発、チームはホームページ上にお詫びを掲載する 異例の事態に追われた。 また、中村の移籍に関して移籍までの経緯をホームページ上に掲載した。 チームスローガン: Integral Goal - All for Win - モンバエルツ体制3年目。 新たにCFGの情報網から選ばれ就任したアイザック・ドルが早くから補強に向けて動き、柏から、新潟から、名古屋から、京都から、北九州から、からセルビアリーグで20得点を挙げMVPを獲得した、名門バルセロナのカンテラで育ちイニエスタの後継者と呼ばれたマケドニア代表、からオーストラリア代表のが加入。 ウーゴ・ヴィエイラ獲得の際に彼の市場価値からすると格安の移籍金を払った以外、新加入選手はフリーでの移籍となった。 齋藤学が10番を自ら志願、モンバエルツからキャプテンに任命され、新生マリノスのリーダーとなった。 4月27日にホームタウンを横浜市と横須賀市に加え、新たにも追加された事がJリーグ理事会から承認され、同時にクラブ公式ホームページより発表された。 ルヴァンカップは予選Bグループに入り、第1節でC大阪戦、第2節神戸戦で2連敗した後、新潟、甲府、鳥栖に3連勝し、5月31日に広島と対戦した。 引き分けでもプレーオフに進出出来る状況であったが逆転負けを喫し敗退となった。 中断期間中に新井一耀が名古屋、中島賢星がに、がに期限付き移籍した。 中断期間に新潟で行われた短期キャンプに、が練習生として参加。 良いパフォーマンスを発揮したシノヅカが加入した。 ペルーのアンダー世代の代表キャプテンの経験のある日系ペルー人のアントニー・アオキが練習に参加した。 天皇杯は2回戦でを、3回戦でを下し、4回戦で広島と対戦した。 広島に前半で2失点し、敗退の危機にさらされたが、後半にウーゴ・ヴィエイラが2得点し、延長後半終了間際にウーゴ・ヴィエイラがコーナー付近の角度のないところからハットトリックとなるゴールを決めて3対2で劇的に勝利した。 で行われた準決勝では柏と対戦した。 前半にハモン・ロペスのロングシュートで失点したが、後半に伊藤翔の得点により試合を振り出しに戻し、試合は延長戦にもつれ込んだ。 一進一退の攻防が続いた後、延長後半終了直前に松原健、遠藤渓太と繋ぎ、最後はウーゴ・ヴィエイラが遠藤のパスを右足で決め、またしても延長戦を制し、決勝へ、C大阪と対戦した。 前半8分に伊藤翔が先制点を決めるも、後半に山村、延長前半に水沼宏太にゴールを決められて敗北し、準優勝に終わった。 11月2日にモンバエルツの退任が発表された。 シーズン後、キャプテンであった齋藤学が川崎、攻撃の核であったマルティノスが浦和、パク・ジョンスが柏、前田直輝が松本にそれぞれ完全移籍した。 また、期限付き移籍中であった新井一耀が名古屋、熊谷アンドリューが千葉、中島賢星が岐阜、田口潤人が新潟に完全移籍した。 富樫敬真がFC東京に期限付き移籍した。 柏から、から、鹿児島城西高校から、履正社高校からを獲得。 ユースから、、が昇格。 また、期限付き移籍していたとが復帰した。 の背番号が11番に変更された。 キャプテンには07年以来三度目、が就任した。 3月4日にからを獲得した。 5月12日に行われたG大阪戦において飯倉大樹がJ1通算200試合出場を達成した。 リーグ戦では爆発的な得点力を見せる一方で守備の安定を欠き残留争いに巻き込まれた。 得点では、リーグ2位の56であったが、失点では、リーグワースト3位の56で最終成績は、12勝5分17敗の勝点41の12位。 以来12年ぶりに負け越しとなった。 では、以来17年ぶりに2度目の決勝進出を果たしたが、に0-1で敗れて準優勝に終わった。 天皇杯は、4回戦でに2-3で敗れた。 2019年基本フォーメーション チームスローガン: Brave and Challenging 勇猛果敢 ポステコグルー体制2年目。 が引退。 が期限付き移籍終了により、へ復帰。 が、がに完全移籍。 からが期限付き移籍、から、から、からが完全移籍、からが期限付き移籍、からが完全移籍、からが期限付き移籍で加入。 7月27日に「EUROJAPAN CUP 2019」にて、と親善試合を行った。 2019年夏の移籍市場ではがベルギー2部へ期限付き移籍、がベルギー1部への期限付き移籍に伴う契約終了、がへ、飯倉大樹がへ完全移籍した一方で、から、からが完全移籍で加入、飯倉大樹の移籍に伴いからを期限付き移籍で獲得。 また、からが期限付き移籍、の長期離脱のためからを期限付き移籍で獲得した。 はグループリーグ敗退、は4回戦で姿を消したが、リーグ戦は8月に3連敗を喫した後の11戦を7連勝を含む10勝1分で乗り切り、15年ぶりのリーグ優勝を達成した。 が引退。 がへ復帰。 がに、、がに、がに完全移籍が決まった。 がへ期限付き移籍。 から、から、から、から、からと、からが完全移籍で加入。 昨季からから期限付き移籍で加入していた、、2018年の夏からから期限付き移籍で加入していた、から期限付き移籍となっていたの完全移籍加入も発表された。 とのレンタル延長も発表。 通算で5回目の出場となった富士ゼロックススーパーカップは天皇杯王者の神戸と対戦。 3度のビハインドを追いつく執念を見せPK戦に突入。 マルチンスとキャプテンの扇原は成功したが、3番手以降はエジガル、水沼、松原、和田、遠藤が全員失敗し敗戦。 これで横浜マリノス時代も合わせて富士ゼロックススーパーカップは5連敗となってしまった。 成績 [ ] 詳細は「」を参照 タイトル・表彰 [ ] 国内タイトル [ ]• 年間:4回• , , ,• 1stステージ:4回• 1995, , 2003, 2004• 2ndステージ:1回• 2003• :1回• :2回• , 国際タイトル [ ]• :1回• 表彰 [ ]• J1フェアプレー賞:3回• 最優秀育成クラブ賞:1回• 個人別 [ ] J1リーグ [ ]• 最優秀選手 MVP• 2000年,• 2004年• 2019年• 井原正巳• 1995年 井原正巳、• 井原正巳• 井原正巳• 2000年 、中村俊輔• 松田直樹• 2003年 、中澤佑二、、• 2004年 ドゥトラ、中澤佑二、奥大介• 中澤佑二• 中澤佑二• 2013年 中澤佑二、中村俊輔• 2019年 、、仲川輝人、• 1993年• 2019年 、• ベストヤングプレーヤー賞• 1995年• 2003年• フェアプレー個人賞• 2015年 中澤佑二• 中澤佑二• 2013年3月 中村俊輔• 2013年10月• 2015年8月 齋藤学• 2015年10月 中村俊輔• 2016年10月、11月 齋藤学• 2017年6月 中澤佑二• 2019年5月 喜田拓也• 2019年10月 仲川輝人 Jリーグカップ [ ]• 最優秀選手• ニューヒーロー賞• 齋藤学• ユニフォーム [ ] ユニフォームの色 カラー シャツ パンツ ストッキング FP(1st) 青 白 赤 FP(2nd) 白 紺 白 GK(1st) 紫 紫 紫 GK(2nd) 黒 黒 黒 GK(3rd) グレー グレー グレー GK 3rd チームカラー [ ]• 青 、 赤 、 白 ユニフォームデザイン [ ]• 2ndユニフォームは、原則上:白、下:青、靴下:白。 2003年から2006年はグレー。 2014年 上:オレンジ、下:オレンジ、靴下:オレンジ。 2015年 上:金、下:黒、靴下:黒• 2016年 上:ピンク、下:ピンク、靴下:ピンク• 2001年は3rdユニフォームを制作(配色は黒)したが、2002年までで3rdユニフォームの採用を取り止めた。 は期間限定で、開港150周年記念として、青と白の2色横じま模様(NISSANのロゴ、背番号と選手名ローマ字は赤文字、全日空ロゴは企業カラーの青地に白文字)であしらった特別ユニフォームを制作・着用。 2009年より背番号に選手名を記入。 その中では「BOMBER」、は「JIRO」と表記されるなど、姓名に捉われないニックネーム表記のものも登場(由来についてはそれぞれの項で参照)。 2012年は、前身のの80年代後半およびJリーグ発足当初のデザインを現代風にアレンジした、クラブ創設20周年記念の復刻ユニフォームを制作・着用した。 ベースカラーに鮮やかなブルー、白い襟にピンポイントのトリコロール。 また、2000年モデル以来、胸に黄色の「NISSAN」の文字が入ったものである。 このユニフォームはいずれも横浜FMホームゲームの、、、および戦で着用。 スポンサー [ ] 掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考 胸 NISSAN 1993年 - 鎖骨 MELCO 2019年8月 - 両側に掲出 背中上部 MUGEN ESTATE 2016年 - 2016年 - 2017年は1行表記 背中下部 Owltech 2019年 - 袖 日清オイリオ 2017年 - パンツ なし ユニフォームサプライ遍歴 [ ]• - :リーグ戦は、カップ戦は()• - :リーグ戦・カップ戦ともにアディダスに統一(厳密には1998年までは、1999年以降はアディダス・ジャパン)• - :• - 現在:アディダス• 代わって2012年からアディダスと再び契約を結んだ。 歴代ユニフォーム [ ] FP 1st でのF・マリノスサポーターのコレオグラフィー ホームスタジアムは(日産スタジアム、横浜市港北区)。 Jリーグ発足当初より(横浜市神奈川区)をホームスタジアムとして使用していたが、1999年に横浜国際総合競技場が完成すると主催試合の大半をそちらに移している。 以後、両スタジアムを本拠地として併用する形としていたが、の兼ね合い もあり、2016年よりJリーグへの届け出上の本拠地を日産スタジアムに一本化している(ただし同年以降も三ツ沢での開催も継続)。 2019 12 5 ニッパツ3 8-10月はが日産Sで行われるため、リーグ戦はニッパツで開催 練習場 [ ] マリノスタウンにあったクラブハウス 練習場は日産スタジアムと同じ内にある(日産フィールド小机)および新横浜公園球技場を使用する。 F・マリノスになってからの練習場は(、元々はフリューゲルスの練習施設、現在はが練習施設として使用)、クラブオフィスはにあったが、2005年に両者を横浜市の61街区に移転集約 、「」(横浜F・マリノスMM21トレーニングセンター)として運用してきたが、2016年5月にみなとみらい地区の定期借地契約が満了となることを受け、2015年12月末をもってマリノスタウンにおけるクラブの活動を終了することが発表され 、本社もに移転した。 2018年1月25日、クラブは練習場の新設・拡充方針を発表。 JR(神奈川県横須賀市)近くの公園に観客席やクラブハウスを備えた練習施設を新設。 本拠地の日産スタジアムがある、新横浜公園でも練習用グラウンドを整備する。 一部は地元住民に開放し、地域への浸透を深める。 計画では、横須賀市所有で約2. 2ヘクタールの規模である、くりはまみんなの公園とその周辺を再整備。 コート2面とハーフコート1面に加え、1,000席程度の観客席、トレーニングルームなどを備えたクラブハウスも新設する。 この施設は、一部を周辺住民も使えるように貸し出し、周辺商店街などとの賑わい活性化につなげていく。 一方、新横浜公園では、現在は土のグラウンドとして活用している部分に、コートを2面整備する予定。 の上地克明市長は、同日の記者会見で「2022年を施設稼働の目標にしていきたい」と表明。 の林文子市長も「チームの一層の強化につながることを願っている」とコメント。 古川宏一郎社長は、記者団の取材に「総投資額は現時点で未定。 できるだけ早く(両市と)基本協定を結び、具体化を進めたい」と語った。 2019年5月31日、横須賀市と久里浜1丁目公園整備に関する基本協定を締結。 JR久里浜駅西側の3. 6ヘクタールの敷地に、天然芝のピッチ2面、人工芝のフットサルコート2面、ジム、管理棟、駐車場、芝生広場、周遊路などを備えるクラブハウスが整備される。 横須賀市の総事業費は64億円で、クラブ側は年間1億7,000万円の施設使用料を支払う。 2020年から整備を開始し、2022年1月に一部施設利用開始、2022年9月で全施設利用開始を予定。 契約期間は20年間となる。 所属メンバー [ ] 「」を参照 永久欠番 [ ]• に死去。 同年、クラブは「横浜F・マリノス、日本代表、そして日本サッカー界への多大なる貢献への敬意と謝意、さらには、松田直樹という偉大な選手への心からの追悼の証」として、永久欠番に指定。 エピソード [ ]• 新設または大幅改修後のスタジアムのこけら落とし試合をアウェイチームとして迎えた試合は以下の通り。 1シーズン制に移行した2005年以降、J1へ初昇格したクラブとのリーグ戦初対戦において5クラブ連続で敗れていたが 、2014年リーグ戦第3節でに勝利し連敗記録は止まった。 育成組織 [ ] 横浜F・マリノスの育成組織はトップチームを頂点としたピラミッド型となっており、第2種(高校生世代)のユース、第3種(中学生世代)のジュニアユースとジュニアユース追浜、第4種(小学生世代)の選抜クラスであるプライマリー、プライマリー追浜がある。 また、時代の1985年に発足したサッカースクールは、対象の年代は幼児から中学生で、女子は小学生から中学生以上までとなっている。 2015年時点で、3500人を超えるスクール生がいた。 2017年現在では、次の8校で活動している。 横浜F・マリノス スクール 2017年現在• 追浜校• 二俣川校• 大和校• 東山田校• リーフスタジアム校• 中山テクニカル校• 小机校• 新吉田校• 上大岡校 育成組織の沿革 [ ] 4月に横浜の新子安にて、日産サッカースクールが開校した。 スクールを立ち上げたのは、監督のであった。 加茂は、ドイツを何度も訪問して地域に密着したドイツサッカークラブの組織の姿にすばらしさを感じており、これを日本でも展開しようとした。 新子安のスクールの指導は、日産自動車OBの、らが担当した。 スクールには予想を超える多く入校希望者が集まり、翌1986年にはが担当した追浜スクール、1987年にはが担当した左近山スクールが開校した。 また、ジュニアユースは1985年、ユースは1986年に立ち上がった。 ユースとジュニアユースの立ち上げは、にいたが加茂に話を持ちかけることで実現した。 なお、左近山スクールは1990年に閉校した。 1993年にJリーグが開始すると、横浜マリノスサッカースクールへ名称を変更。 マリノススクールの知名度は一気に上がり、会員数も激増した。 にはマリノスジュニアユース出身のがトップチームに入団し、1年目から主力選手となった。 1999年に横浜マリノスがと合併すると、フリューゲルスのスクールは横浜F・マリノス菅田サッカースクールとなった。 フリューゲルスジュニアユースは、監督のら6名の指導者を引き継ぐ形で横浜F・マリノス菅田ジュニアユースとなった。 菅田スクールと菅田ジュニアユースの活動は2000年までで終了してスクールは閉校となり、元フリューゲルスのスタッフは横浜F・マリノスの他のスクールに異動したり、クラブ内の別の業務に就いたりした。 ジュニアユースの監督だった前田治は2000年までで横浜F・マリノスから離れた。 フリューゲルスユースの選手は合併時に横浜F・マリノスユースに移籍し、その中のやはのちにトップチームの主力選手となった。 また、フリューゲルスが行っていた地元の小学校を巡回指導する「サッカーキャラバン」事業も横浜F・マリノスへ引き継がれた。 2004年から2006年は、プライマリーが全日本少年サッカー大会で3連覇した。 2007年にがオープンすると、新子安の横浜マリノスサッカースクールはみなとみらい校へ移転した。 また、2004年から2014年にかけて、NAS二俣川校(のちの二俣川校)、大和校、港北校(のちの東山田校)、リーフスタジアム校が開校した。 2015年、マリノスタウン閉鎖にともない、みなとみらい校は閉校となった。 その後、2016年に中山テクニカル校、2017年にShunsuke Park校と小机校が、それぞれ開校した。 Shunsuke Park校は、横浜店屋上にある中村俊輔プロデュースフットサルコートで開催される。 年表 [ ]• 1985年 - 日産サッカースクール開校。 ジュニアユース立ち上げ• 1986年 - 日産追浜スクール開校。 プライマリー、ユース、立ち上げ• 1987年 - 日産左近山スクール開校。 ユース、日本クラブユース選手権優勝• 1988年 - ジュニアユース追浜立ち上げ。 ジュニアユース、日本クラブユース選手権3位• 1989年 - プライマリー追浜立ち上げ。 プライマリー、神奈川県少年サッカー選手権優勝• 1990年 - 日産左近山スクール閉校• 1992年 - 横浜マリノスサッカースクール、横浜マリノス追浜サッカースクールへ名称変更• 1999年 - 横浜F・マリノスサッカースクールへ名称変更。 横浜F・マリノス菅田サッカースクール開校• 2000年 - 横浜F・マリノス菅田サッカースクール閉校• 2004年 - NAS二俣川校開校• 2006年 - マリノスフットボールアカデミーへ名称変更。 大和校(高座渋谷)開校• 2007年 - マリノスタウンオープン。 新子安校、みなとみらい校へ移転。 港北校開校• 2008年 - 大和校が、高座渋谷から鶴間へ移転• 2010年 - 港北校が東山田校へ移転• 2011年 - NAS二俣川校から二俣川校へ名称変更• 2014年 - リーフスタジアム校開校• 2015年 - マリノスタウン閉鎖。 みなとみらい校閉校• 2016年 - 中山テクニカル校開校• 2017年 - Shunsuke Park校開校、小机校開校• 2018年 - 新吉田校開校 上大岡校開校 育成組織の戦績 [ ] 主な全国大会結果について記載する。 横浜F・マリノスユースの戦績 [ ]• 2005年 優勝• 2006年 高円宮杯U-18サッカーリーグ プリンスリーグ関東 優勝• 2009年 優勝• 2010年 優勝• 2013年 第37回 優勝• 2014年 優勝• 2015年 第39回日本クラブユースサッカー選手権 U-18 大会 優勝• 2018年 優勝 ジュニアユース追浜の戦績 [ ]• 2006年 第21回 優勝 プライマリーの戦績 [ ]• 2004年 第28回 優勝• 2005年 第29回全日本少年サッカー大会 優勝• 2006年 第30回全日本少年サッカー大会 優勝• 2006年 第30回 3位 育成組織の決算 [ ] 育成組織の決算は、つぎのとおり。 育成組織の決算 年度 収入 経費 所得 2011 425 295 130 2012 458 315 143 2013 455 314 141 2014 464 310 154 2015 413 293 120 2016 315 225 90 詳細は「」を参照 参考文献 [ ]• 『マリノスフットボールアカデミー30年史』、2015年。 ホームタウン活動 [ ] サッカー教室 [ ] ホームタウンである横浜市、横須賀市を中心とした地域の学校やスポーツセンターで横浜F・マリノス専属コーチによるサッカー教室を行っている。 サッカー教室は大きく分けて小学生以下の子供を対象とした「ふれあいサッカー教室」、「サッカーキャラバン」と成人を対象とした「ENJOY FOOTBALL」に分かれる。 障がい者サッカー [ ] 2004年より、障がい者サッカープロジェクト「futuro(フトゥーロ)」が行われている。 「futuro」ではで行なわれている「体験・育成」プログラムと連携しながら横浜F・マリノスのコーチを中心に基本的な技術や個人・チーム戦術のトレーニングを行い、大会に参加している。 地域イベントへの参加 [ ] 横浜市、横須賀市、大和市の商店街や大学、メインスポンサーである日産の工場関連のイベントにブースを出展している。 また、公式チアリーディングチームであるトリコロールランサーズによる演技が披露されることもある。 また、2012年時点で200を越える地元商店街にチームフラッグやポスターの掲出をしている。 マスコットキャラクター「マリノスケ」は大半のイベントに登場してくる。 学校との業務提携 [ ] ホームタウン活動の一環として、、、の3大学およびと提携し、サッカーチームのコーチ派遣や、地域コミュニティー活動、人材育成などの連携を実施している。 所属の日本工学院サッカー部のトップチームは横浜F・マリノスとチーム名を共有しており、「日本工学院F・マリノス」と呼称している。 トピック [ ] トリパラ [ ] 応援の必須アイテムの一つとして、トリコロールの傘、通称「 トリパラ」があり、試合に勝つとトリパラををベースにした応援に合わせて回す(コーヒールンバを基調にした応援は、なども行っている)。 2004年頃から一部サポーター有志が特注で製作し普及し始めたが、2006年にクラブがオフィシャルショップで販売を開始してからはゴール裏を中心に爆発的に広まり定着、下記の応援番組のタイトルともなっており、横浜F・マリノスサポーターの応援の代名詞となった。 メディア [ ]• 「マイタウン&マイF・マリノス」My town and My F・Marinos• (FMヨコハマ)• F・マリノス同好会 Monday(内)• F・マリノス同好会 Friday(内)• 横浜F・マリノス オフィシャルTV TRICOLORE PARADISE -トリパラ- トリコロールマーメイズ [ ] 2007年、公式チアリーディングチームとして「トリコロール・ランサーズ」が結成された。 詳細はの項を参照のこと。 その後、2008年6月28日から「」と名称を変更しリニューアルした。 海外クラブとの提携 [ ] 2008年6月にフランスのと、サッカーの発展と強化およびスポーツ・教育・文化の各領域における協同と友好の促進を目的に業務提携を締結した。 2014年1月、に所属すると提携を発表した。 だがトライアジア プノンペンFCの事業が親会社のトライアジアグループから譲渡されたことにより、2014年12月31日をもって提携は解消された。 その他 [ ]• Jリーグ発足時、同じ横浜市をホームタウンとしていた横浜マリノスと横浜フリューゲルスが同じ日にホームゲームを組むことがあった。 しかし、Jリーグではスタジアムの芝生保護や観客入れ替えなどの観点上、の開催を認めていなかったので、横浜Mが三ツ沢(球)、横浜Fは(特別活動地域の・・の3県)またはなどで試合を行うことがあった。 以後はホームゲームの開催日が調整され、同じ日に横浜Mと横浜Fの主催試合を重複開催することは皆無となった。 オフィシャルテーマソングはが歌う「」。 のとでは同曲が発車メロディに採用されている。 マリノスクイーンと呼ばれる広報や試合運営補助を仕事とする女性がいる。 なお、マリノスクイーンは神奈川県在住・通勤・通学者から選ばれている。 日産スタジアムで行われるホーム試合開催日ではトリコロールランドで行われるステージにおいて横浜出身のバンド「(ちゅるっちゅう)」が出演した場合、横浜F・マリノスのサポーターの為のサポーターズソング「Winning flags」が披露される。 2015年10月、ドイツのソフトウェア大手と提携。 SAPの技術を利用し、選手のパフォーマンス向上やクラブチーム運営業務の効率化、ファン満足度向上のためのマーケティング活動などに取り組むことを発表した。 SAPはITを活用したスポーツビジネスにおいてドイツ代表やバイエルン・ミュンヘンを優勝に導いた実績を持っており、同サービスを利用した横浜F・マリノスのチーム強化と成績向上が期待されている。 決算 [ ] 横浜F・マリノスの決算は、つぎのとおり。 損益 [ ] 年度 収入 広告料 入場料 配分 その他 費用 事業費 人件費 管理費 利益 純利益 2005 4,822 2,551 933 335 1,003 4,816 3,896 2,105 920 6 -4 2006 4,559 2,520 826 304 909 4,508 3,467 2,210 1,041 51 -110 2007 4,909 2,626 837 293 1,153 4,674 3,732 1,961 942 235 -1 2008 4,092 1,836 859 279 1,118 4,089 2,704 1,290 1,385 2 0 2009 3,505 1,322 846 263 1,074 3,505 2,733 1,165 772 0 -36 2010 3,565 1,414 932 251 968 3,905 2,962 1,374 943 -340 -341• 金額の単位: 百万円• 人件費は事業費に含まれる。 出典: 各年度のJ1 クラブ決算一覧。 、 、 、 、 、 年度 収益 広告料 入場料 配分 育成 その他 費用 人件費 試合 トップ 育成 女子 販売 利益 純利益 2011 3,463 1,197 795 254 425 792 3,975 1,441 322 405 295 0 1,511 -512 -518 2012 3,717 1,364 783 220 458 892 4,217 1,601 331 442 315 0 1,528 -500 -499 2013 4,315 1,513 1,069 228 455 1,048 4,306 1,701 341 443 314 0 1,506 9 1,000 2014 4,590 2,059 958 226 464 883 4,584 1,765 334 508 310 0 1,667 6 178 2015 4,567 2,256 948 204 413 746 4,567 1,860 331 485 293 0 1,598 0 9 資産 [ ] 年度 総資産 総負債 純資産 資本金 2005 2,231 2,205 25 30 2006 2,462 2,547 -84 30 2007 2,425 2,510 -85 30 2008 1,426 1,511 -85 30 2009 739 860 -121 31 2010 719 1,182 -462 30 2011 637 1,685 -1,048 31 2012 491 2,168 -1,677 31 2013 1,778 2,456 -677 31 2014 1,516 1,515 1 99 2015 1,635 1,626 9 99 2016 2,074 2,055 19 99• ・・・・・・の7社。 「Jクラブは、直接たると間接たるとを問わず、他のJクラブまたは当該他のJクラブの重大な影響下にある法人の経営を支配しうるだけの株式(またはにあっては社員たる地位)を保有している者に対し、自クラブまたは自クラブの重大な影響下にあると判断される法人の経営を支配できるだけの株式(公益社団法人または特定非営利活動法人にあっては社員たる地位)を保有させてはならない。 」というもの。 スポンサー名義は• 当初は4の予定が1回戦不戦勝のため• 当初は3の予定が2回戦不戦勝のため。 また準決勝は日程が過密になりスケジュール調整ができなかったため出場辞退• 当初は2の予定が1回戦不戦勝のため。 準々決勝は中立地開催• 決勝戦は中立扱いのため含めず• ACLでは命名権が使用できないため「横浜国」扱い• 対戦相手は(2005年)、(2006年)、(2007年)、(2009年)、(2012年)の5クラブ。 出典 [ ]• 日本プロサッカーリーグ. 2013年9月29日時点のよりアーカイブ。 2013年9月29日閲覧。 日産スタジアム. 2019年11月12日閲覧。 横浜F・マリノス. 2013年9月29日閲覧。 プレスリリース , , 2005年1月25日 , 2017年1月7日閲覧。 プレスリリース , , 2017年4月27日 , 2018年1月14日閲覧。 ワルノス公式サイト. 2013年3月21日閲覧。 日本プロサッカーリーグ. 2018年8月7日閲覧。 2005年1月26日. 2013年2月3日閲覧。 プレスリリース , 日産自動車, 2014年7月17日 , 2017年1月7日閲覧。 東洋経済オンライン 2014年7月20日. 2017年1月7日閲覧。 プレスリリース , マンチェスター・シティFC(シティ・フットボール・グループ), 2015年3月3日 , 2017年1月7日閲覧。 , p. プレスリリース , 三菱自動車工業, 2016年10月31日 , 2020年1月10日閲覧。 2008年11月29日. 2013年6月30日閲覧。 1994年3月9日号 no. 445 p. 104-117• 2008年1月11日. 2008年1月11日閲覧。 横浜F・マリノス公式サイト 2011年8月12日. 2013年2月3日閲覧。 横浜マリノスと名前が変わってからは初優勝。 J'S GOAL. 2014年8月21日. 2014年8月23日閲覧。 フットボールチャンネル. 2014年8月21日. 2014年8月23日閲覧。 デイリースポーツ. 2014年8月24日. 2014年8月24日閲覧。 横浜F・マリノス公式サイト. 2014年8月29日. 2014年8月30日閲覧。 スポニチアネックス 2016年11月5日. 2017年1月9日閲覧。 横浜F・マリノス公式サイト. 2016年11月11日. 2017年1月9日閲覧。 横浜F・マリノス公式サイト. 2017年1月8日. 2017年1月9日閲覧。 横浜F・マリノス公式サイト. 2019年2月27日. 2019年7月5日閲覧。 横浜F・マリノス公式サイト. 2019年7月27日. 2019年7月27日閲覧。 スポーツウェブショッパーズ. 2013年3月21日閲覧。 2012年3月31日. 2013年3月21日閲覧。 2011年11月14日. 2013年3月21日閲覧。 公式サイト. 2013年3月21日閲覧。 (神奈川新聞2014年10月7日 11月19日閲覧)• (ゲキサカ2015年1月22日 1月23日閲覧)、(横浜FC2015年1月22日 1月23日閲覧)• 横浜F・マリノス. 2017年1月7日閲覧。 プレスリリース , 日産自動車, 2004年11月29日 , 2017年1月7日閲覧。 プレスリリース , 株式会社横浜マリノス, 2015年5月21日 , 2017年1月7日閲覧。 プレスリリース , 日本経済新聞, 2018年1月25日 , 2018年2月17日閲覧。 プレスリリース , 公式サイト, 2018年1月25日 , 2018年2月17日閲覧。 プレスリリース , 公式サイト, 2019年5月31日 , 2019年6月17日閲覧。 プレスリリース , 産経新聞公式サイト, 2019年6月6日 , 2019年6月17日閲覧。 , pp. 60-63. , p. , p. , p. フットボールチャンネル 2017年4月28日. 2017年9月17日閲覧。 , pp. 30-31. J's Goal 2008年6月3日. 2017年9月28日閲覧。 横浜F・マリノス公式サイト 2015年1月30日. 2015年1月30日閲覧。 関連項目 [ ]• (担当)• (ホームゲームの(土・日))• (ホームゲームのスタジアムDJ(月〜金)) 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - チャンネル•

次の

横浜F・マリノス、柏レイソルのブラジル人FWジュニオール・サントスを期限付き移籍で獲得「やる気に満ち溢れています」

マリノス

2019シーズンJリーグ。 複数チームが首位を窺う混戦模様の中、一際異彩を放つのがポステコグルー率いる横浜Fマリノスだ。 多彩な攻撃パターンからチャンスを演出しゴールネットを揺らす、いわゆる「観ていて面白いチーム」だ。 他の上位チームと一線を画すのは攻撃パターンの豊富さだけでなく、失点数の多さである。 おおよそ決まった形での失点の多いマリノスが弱点として、そして同時に武器として持っているのが、このチームを語るに外せない「偽サイドバック」である。 今回はマリノスの偽サイドバックに触れつつ、戦術的特徴を分析する。 より一層理解が深まると思うのでお供としてご覧ください。 基本布陣 基本布陣は4-2-3-1。 ビルドアップは喜田・扇原の2CHとCB畠中を中心に、偽SBとして動くティーラトンや広瀬を活かして前進する。 ビルドアップに詰まればマルコス・ジュニオールが降りてサポートを行い、エジガル・ジュニオも状況に応じて落ちる。 空いたスペースは常にWGの仲川と遠藤が狙う。 偽サイドバックを駆使して敵を前方に釣り出し、空いた中盤とDFの間のスペースに2列目より上の選手が侵入する攻撃を得意とする。 偽サイドバック マリノスを語る上で欠かせないのが偽サイドバックだ。 サイドバックが内側に絞ることで敵の守備の基準をズラす動きであるが 詳しくはを参照 、マリノスはこの動きを駆使したビルドアップが抜群に上手い。 1番多い形がこれ。 ティーラトンと畠中で優位を作って、前者がフリーで前を向く形。 — とんとん sabaku1132 偽サイドバックを駆使したビルドアップで最も多い形が上記の形だ。 流れとしては 1. サイドバックのティーラトンが内側に絞り込みことで、敵SHを内側に留まらせる 2. CBの畠中が開きつつポジションを上げる 3. 畠中に対して、内側に絞っていたSHが遅れてプレスを開始 4. ティーラトンがSHの背後で開いて前を向いて受ける となる。 ティーラトンの動きだけでなく 畠中の動きもキーポイントとなる。 彼がティーラトンに合わせてポジションを微調整する事で、偽SBを使った組立てがより際立っている。 彼ら2人で敵SHに対して時間的、数的な優位を作り出すことで前進するのだ。 敵のプレスが強くても、畠中が開く事でパスコースが生まれる。 これはシティ戦。 — とんとん sabaku1132 CBが開くことでSHを釣り出すだけでなく偽サイドバックへのパスコースが確保できる。 ここまではCBとサイドバックで優位を作った例だ。 この次に多いのが、偽SBが空けたスペースにCHが流れるパターンだ。 そして、CHの流れ方にも2パターンある。 もう一つ多いのが、SBが空けたエリアにCHが流れるパターン。 底に入った選手が横切る形が効果的。 これは喜田も扇原も上手い。 — とんとん sabaku1132 1つは 敵のFWの前を横切る流れ方だ。 偽SBが空けたスペースに、敵の前を通って横切る場合、守備側としては基準がCBに向いている状態から外に一つ起点が増えるため、対応が難しくなる。 ここでSHの釣り出しに成功すれば、偽SBがその背後を突く。 CHが流れるパターンでもう一つ。 一度ポジションを上げて、死角に入った状態から流れる形。 さっきとは真逆。 これは喜田が上手い。 — とんとん sabaku1132 CHの流れ方2つ目は、 一度ポジションをあげ、中盤の背後から流れるパターンだ。 敵の中盤がプレスのため前進してくれば、相対的なCHのポジションが高くなり、敵中盤の死角に入ることもできる。 マルコス・ジュニオールが常に中央でパスを受ける準備をしているため、敵CHとしては外のケアが遅れる状況となる。 敵SBはマリノスSHが釘付けにしているため前進できない。 この流れ方はIHが行う流れ方に近い。 詳しくは、参照 マリノスがアンカー制でなく2CHを採用しているのはこういったビルドアップの仕組みをとっていることもポイントといえるだろう。 中盤の底が1枚だと、DFラインから抜け出して外に流れる等の自由が制限される。 枚数の問題に加え、 1人で担うとなれば物理的に片方のサイドでしか行うことができない。 それが 2枚となれば、流れても枚数が担保され、かつ両サイドで実現することができる。 偽サイドバックの生みの親ペップ・グアルディオラがバイエルンでこの偽SBを仕込んだ意図のひとつとしてWGのドリブルでの突破力を生かすという点が挙げられる。 敵SHを絞らせれば、CBからWGへのパスコースが開けるのだ。 マリノスの場合WGのドリブル突破を活かすというよりも、彼らの裏への抜け出しの能力、そしてスペースの連鎖を生かすという形で効果を発揮している。 偽SBからWGに当てる形。 降りる遠藤に釣られたSBの裏と、SB裏ケアで空いたライン間に当てる形はよく見られる。 — とんとん sabaku1132 例えばスペースの連鎖という面でいうと上のシーン。 遠藤が降りてボールを引き出す際、ついてきたSB裏にティーラトンやトップ下の選手が連動して雪崩れ込んでいる。 偽SBを起点にスペースの連鎖が起きているのが分かる。 偽SBを抜け出し役とすることで、裏へ走り込む枚数を増員できる。 松本山雅戦では遠藤がボールを受けてWBを釣り出し、背後にティーラトンと大津の2人が抜け出すことで優位な状態を作っている。 マリノスの偽サイドバックからの展開における理想形は 敵DFラインvsマリノスの1・2列目、4vs4を作ることであるように感じる。 多くの敵選手を自陣に誘い出し陣形を間延びさせ、偽サイドバックを駆使して前線へのパス経路を創出。 10vs10の20人がひしめき合う窮屈なフィールドではなく、4vs4というスペースに溢れたフィールドを作り出す。 さらにこれが数的優位であればなお良い。 / 横浜FMが すぐに追いついた!! 偽SB気味に絞ったティーラトンがウォーカー、デブルイネ、シウバの3人の気を引いていた。 最後はティーラトン効果でウォーカーのマークが外れフリーの遠藤がゴール。 シティ相手に見事な得点だった。 — とんとん sabaku1132 マンチェスターシティ戦での得点もまさに、偽SBを活かして釣り出した形であった。 間延びしてできたライン間にボールが入れば、斜めの動きと背後を突く動きに長けた仲川や遠藤が躍動する舞台が整う。 偽SBで詰まるようであれば、トップ下のマルコス・ジュニオールが降りてきて援護する。 彼はプレーエリアが広く、CHラインでパス交換に加わりビルドアップを助け、敵DFライン背後へボールを送り込むことができ、高い位置では前線の選手の補佐と、リンクマンとして大きく貢献している。 さらには自ら得点する能力まで備えている、非常に能力が高いプレイヤーだ。 マリノスからMVPを選ぶとすれば恐らくこの選手になるのではないだろうか。 WGの働き マリノスのWG陣は基本的にサイドに張っていることが多い。 これは敵SBを釘付けにする効果を持つ。 SBを釘付けにすることで空くスペースは 偽SBを行うに必要な敵SHとSBの間のスペース 縦の釘付け 、そして チャンネル 横の釘付け である。 偽SBを例に出すと、遠藤が高い位置で張り出すことにより、ティーラトンがSHの背後で受けることができる。 遠藤が敵SBを釘付けにしていないと、ティーラトンへSBのプレッシャーがかかってしまうのだ。 これが縦の釘付けである。 逆に遠藤が引いて受ける事で敵SBを誘き出し、裏のスペースへティーラトンを走らせるというパターンも持つ。 これは偽SBの項で説明済みだ。 エジガルの空けたスペースや自ら広げたチャンネルへ積極的に侵入していく。 いくらスペースを広げても侵入できる選手がいなければ得点は生まれない。 彼のように侵入できるウインガーは非常に貴重なのだ。 そして逆もまた然り、遠藤のように広げられる選手がいなければ強引でメリハリのない攻撃に終始する。 ティーラトンサイドにスペースを作れる遠藤を、逆サイドに1プレーで得点に絡める仲川を配する、合理的な人選となっている。 速攻での斜めの動き 速攻においては前項で紹介したWGを中心に、斜めの動きを多用する。 速攻における斜めの動きは、DFとしては「ついていかなければ」という心理状態に陥る。 DFが動けば必然的にスペースが生まれ、生まれたスペースに侵入する動きを繰り返すのがマリノスの速攻だ。 上の例では遠藤がスペースを創出し、仲川が最高の飛び出しを見せている。 エジガルとマルコス 特に後者 がよく動くタイプであるため、中央へと侵入できる走力と裏抜けの技術は、中央の密度低下・枚数不足を防ぐという意味においても非常に重要なのである。 ファー詰め チャンネルに侵入したウイングが次に行うプレーの多くはクロスとなる。 ではどこにクロスを上げるか。 マリノスの場合、それは マイナス方向かファーサイドへの速くて低いボールだ。 深い位置からのマイナスのボールは、視野を振り回されるDFからすれば対応が難しい。 マンチェスターシティも得意とする形だ。 またマイナスに加えて、ファーサイドへの速くて低いボールという選択肢を持つ。 GKの前を横切るボールとなるため、そこさえ通過すればゴールは無人となる。 ここに詰める選手を配置するということは、 ゴール枠が広くなるのと同程度の効果を持つ。 このファーポストへ詰めるプレーは、フットサルでは「ファー詰め」と呼ばれ、非常に重要視されるプレーの一つである。 GKの前を横切るボールとなるため、遅いボールは届かない。 また、クロッサーがゴールから離れていても当然カットされる可能性は高くなる。 だからこそチャンネルに入るのだ。 マイナスとファーサイドの2つを選択肢に持つため、DFはどちらを遮断に行くかの判断に迫られる。 そして、通常どちらかを切ることしかできないため一方が空く。 非常に有効な攻撃となっているのだ。 ウィークポイント マリノスの偽SBは、攻撃においては非常に強力な武器となっているが、守備では弱点となっている。 特にカウンターの場面だ。 ペップが用いる偽SBはカウンターにおいても効果を発揮する仕組みとなっている。 アンカーの脇に位置させることで、攻撃の芽を摘む役割を果たす。 しかしマリノスの場合、両SBが同時に内側に絞ることも珍しくない。 そうなったときに最終ラインに残るのはCB2枚のみとなる。 この状況で、2CB脇を突かれるシーンが多発している。 チアゴ・マルティンスを中心に、組織というよりも個人で守っているような状態だ。 張っているのがトップの選手1枚のみだとしても、駆け上がってくるSHに対応するため3枚を残すチームが多い 詳細はにて。 右サイドはCHの喜田がフォローに入るシーンも見られるが、タスクが曖昧なのかハッキリとDFラインに降りず、中途半端な位置どりに留まっている。 このリスク管理の部分は非常に大きな弱点だ。 敵陣に攻め入っても、 CB脇へのロングボールが相手ボールとなってしまう状況であるため、自陣までボールを運ばれて無駄に走り、試合に落ち着きがなくなってしまうケースも多い。 サイドの選手が大きな余裕を持ってボールを受けることができるということは、ドリブルでの仕掛け、センターの選手やチャンネルへのスルーパス、クロスにおける中央選手の陣形作りの時間付与等、攻撃の選択肢を絞るのが難しくなる。 偽SBを使わずにSBが残っている状態でも、サイドの守備がネックとなっているのだ。 ボールホルダーとプレッシングのかかり具合に応じて距離間を調整することも必要となる。 攻撃面の弱みに目を向けると、途中までほとんどシュートに持ち込めなかった神戸戦が印象的だ。 神戸はボールを持つDFへのプレスを弱めに設定し、選手間の距離を一定に保った。 狭すぎない距離間だ。 マリノスは プレッシングを掻い潜った先に生まれる広いエリアにボールを運ぶ攻撃を得意としているが、 食いつきを弱めて距離間を広めに守られると各所に空くスペースも一定になってしまう。 そのため明確なトリガーが無く、攻撃のスイッチが入らないままダラダラと単調な攻撃に変わってしまうのだ。 マリノスと戦うチームがとる守備としては 低い位置にブロックを築き、SBを前方に誘き出してから2CBの脇を狙ったカウンターを仕掛けるのが最も現実的でかつ効果的な戦い方となる。 思い切った策をとるとすれば、 4-4-2を採用し畠中にマンマークをつける方法だ。 これはで解説した、W杯ドイツvsメキシコにおいて、メキシコが採用した守備である。 畠中を消すことはつまり左サイド攻撃の起点を消すことに繋がる。 つまり柔軟に動くティーラトンを無力化することにもつながる。 広範に動くティーラトンにマンマークをつけるのはほぼ不可能だが、キーマンである畠中を消すことで連鎖的にティーラトンを消すという考え方だ。 攻撃方向を右サイドに限定すれば、柔軟にポジションチェンジを仕掛けられたところでピッチの半分だけを守ればよく、守備の難易度が落ちる。 ただ、言うは易しで、実際畠中を消しきるというのは難易度が高い。 マリノスはシティのプレッシングにもめげずにパスを繋いで攻めきったチームだ。 喜田や扇原のフォローも予期される。 右サイドに限定しても彼らの働き次第では潰しきれない可能性もあり、細部を練る必要がある。 おわりに 横浜Fマリノスは誰が見ても面白いチームだ。 強力な武器を持っている反面、明確な弱点を持ち、それが共に偽SBに関係する部分であると言うのもまた面白い。 「武器は偽SB、弱点も偽SB」のマリノスが今後どのように進化していくのか、また対戦相手がどう対策を練っていくのか、非常に興味深い。

次の