動画 に モザイク を かける アプリ。 Android用のモザイク加工アプリおススメ

動画編集でモザイク処理やぼかし加工ができるアプリ9選!無料アプリも紹介!

動画 に モザイク を かける アプリ

最新バージョンは6。 新しい記事はこちら Perfect Videoでモザイクをかける Perfect Videoではモザイクがかけられます。 画面全体、全てを見えなくするのではなく、 一部分にだけモザイクをかけることが可能。 見せたくない部分だけを隠すことができます。 モザイクをかけるまでの準備 iPhoneやiPadで、 iOSアプリ「Perfect Video」を起動。 プロジェクトを作成、もしくは選択すると、 メインの編集画面が開きます。 左下のアイコンから動画を選んで挿入するか、 既に編集中で動画素材が並んでいるのなら、 そこからモザイクをかけたい動画素材を1つ選んでタップ。 「ビデオを編集」という画面に切り替わります。 ビデオを編集からモザイク 1つの動画素材を編集する「ビデオを編集」画面において、 最下部がメニューになりますが、 左から10番目、右から3番目が「モザイク」。 右端が見切れている場合は、メニュー部分を左方向へ スワイプしてスライドすると残りのメニューが見えます。 モザイク編集画面 「モザイク」ボタンをタップすると、 「モザイク」という専用の編集画面に切り替わります。 上部、中央がこれからモザイクをかける動画。 下部が再生ボタンとタイムライン。 そしてモザイク編集のボタンになります。 左下に[. 5x]で、半分の速度で低速度再生される。 編集しにくければ速度を落としましょう。 そのままでよければ[1x]通常再生。 モザイクのボタン モザイク編集画面で、最下部中央にあるモザイク開始ボタン (ドットのようなデザインに丸で+のあるアイコン。 ) をタップしてください。 動画の中にモザイクが入り、 最下部のメニューが変わります。 タイプ 形状 終了 タイプ 「タイプ」をタップすると、 モザイクの種類と強度が選べます。 バーゲージ:見えにくさをバーの左右で調節する。 左寄りで弱く、モザイクが薄く原画が見えやすい、 右寄りで強く、モザイクが荒く強く原画見えなくなる、 画素化:モザイク、荒いドット、 ブラー:ぼかし、曇りガラス、 マーク:丸で囲む(見える) マスク:囲む以外を黒く暗くマスク(見える) 何かを隠すことが目的であれば、 [画素化]か[ブラー]を使います。 [マーク]と[マスク]は見えたままなので注意。 形状 モザイク部分の形で、丸、正方形、四角形の3つから 選べます。 それぞれ編集画面の中で移動して位置を決める、 大きさを変えることができます。 開始位置は最初に決めて固定されますが、 終了の位置はお好きなところを決めてから、 この [終了]をタップすると、そこが終了位置として 修正されます。 モザイクのかけかた 最下部のタイムラインを長押して左右にスライドすると、 動画の再生位置を動かせます。 中央に黄色縦線と時間が表示されていますので、 そこにモザイクを開始したい位置を合わせてください。 再生する場面は上のプレビュー画面に映っています。 そのあと最下部、中央のモザイクアイコンをタップする。 (ドットのようなデザインに丸で+のあるアイコン。 ) 動画の中にモザイクが入りますから、 上記を参考にして、形や大きさ、種類、位置を設定してください。 決まったら、動画の中のモザイク部分を長押しします。 自動的に動画が再生され動きますので、指は抑えたまま。 動画の中でモザイクの位置を動かすことが可能。 (=対象物の追尾、追従できる。 ) 長押ししたまま動かしてください。 追従がうまくできなかった場合は、モザイクを削除して、 やり直しましょう。 再生速度を落として試すとよいかもしれません。 (左下. 5x) 編集 モザイクが形成されますと、 タイムラインに黄緑色の帯で モザイクがかかる時間帯が表示されるようになり、 最下部には編集アイコンが表示されます。 ノートにペンのようなマーク。 編集アイコンをタップしますと、 タイプ、形状、終了、ゴミ箱、 の4つのアイコンが表示されます。 モザイク処理を消すなら、右端の ゴミ箱アイコンをタップ。 削除されます。 それ以外は先ほどと同じ。 備考と注意点 注意点や備考について書いておきましょう。 うまく適用できなかった場合は削除して やり直したほうが早いと思います。 もし、モザイクの位置が固定で移動しなくてよいのなら、 モザイクアイコンを少しタップしてモザイクを作成し、 あとは終了位置を合わせて、 [終了]を押すだけで完成します。 モザイクはサイズ変更や、位置変更、 対象物の追従はできますが、 同一時間帯には1つのモザイクしか入れられません。 (どうしてもであれば、一度書き出してから、 再度モザイクを入れるとか) 別の時間帯であれば、別のモザイクが入りますので、 1つの動画素材の中で複数のモザイクは形成できます。 注意点としてはタイプ選びで、 マークとマスクは何も隠れませんのでお間違いなく。 しかし逆に特定部分を強調したいときに使える機能です。 iPhoneで操作している場合、指の太さに比較して 画面が小さくて操作しにくいかもしれません。 モザイク形状の四角や丸を小さくしていくと、 どこまで小さくなるのかはわかりませんが、 やはり指が太いと限界があるような気がします。 動画 「Perfect Videoでモザイクを入れる操作方法・解説【使い方】」 「Perfect Videoでモザイク処理した動画 」.

次の

【動画編集】モザイクやぼかしを入れられるアプリ8選!

動画 に モザイク を かける アプリ

動画のモザイク処理について 動画のモザイク処理は、オリジナル動画の一部分のぼかしでかけることを指します。 つまり、撮りつめた動画には視聴者に見せたくない部分、または法律面で示してはいけない部分がある場合など、動画をモザイク処理する必要があります。 それでは、自分は動画を作成する、または動画を編集する時に、どうやってモザイクをかければいいですか。 動画にモザイクをかけるツール 動画にモザイクをかけるという操作は、とても基本的な操作だと言えます。 とはいえ、動画を作成、編集する経験がないユーザーにとって、モザイクをかけることはそんなに簡単なことではありません。 だから、動画編集の経験は全くない場合、または動画作成にあまり詳しくない場合、は助けになると思います。 市販の動画ソフトはたくさんありますが、どれかが初心者にとって一番フレンドリーですか。 本文では、動画編集の初心者でも簡単に使える編集ソフト-EaseUS Video Editorを皆さんにおススメします。 動画編集をどうやって始めるかを知らないユーザーでも、このソフトを使って、下記に詳細ガイドに従えば、動画にモザイクをカンタンにかけられます。 この部分では、EaseUS Video Editorを使って、動画にモザイクをかける詳細の方法を皆さんに紹介します。 動画にぼかしを入れる方法が分かっていない方はこの部分を参照して操作を進めましょう。 ステップ1. モザイクをかける動画を導入する EaseUS Video Editorを立ち上げ、動画のアスペクト比を選択した後、動画の編集画面に入ります。 (編集したい動画ファイルを直接にソフト内にドラッグ&ドロップすることでも導入可能) ステップ2. 動画にモザイクを追加する 導入した動画を下記の編集バーにトラックして、編集バーで動画を右クリックして「 モザイク」を選択します。 ステップ3. モザイクのサイズと位置を調整する ここでモザイクの画面が表示されます。 「 追加」をクリックすると、モザイクの黄色い枠が表示されます。 その枠のサイズを調整したり、位置を変更したりすることができます。 調整が終わったら、「 OK」ボタンをクリックします。 ステップ4. モザイクをかけた動画を出力する 画面真ん中にある「 出力」ボタンをクリックすることで、動画をパソコンに保存することができます。

次の

動画にモザイクをかけるアプリ

動画 に モザイク を かける アプリ

最新バージョンは6。 新しい記事はこちら Perfect Videoでモザイクをかける Perfect Videoではモザイクがかけられます。 画面全体、全てを見えなくするのではなく、 一部分にだけモザイクをかけることが可能。 見せたくない部分だけを隠すことができます。 モザイクをかけるまでの準備 iPhoneやiPadで、 iOSアプリ「Perfect Video」を起動。 プロジェクトを作成、もしくは選択すると、 メインの編集画面が開きます。 左下のアイコンから動画を選んで挿入するか、 既に編集中で動画素材が並んでいるのなら、 そこからモザイクをかけたい動画素材を1つ選んでタップ。 「ビデオを編集」という画面に切り替わります。 ビデオを編集からモザイク 1つの動画素材を編集する「ビデオを編集」画面において、 最下部がメニューになりますが、 左から10番目、右から3番目が「モザイク」。 右端が見切れている場合は、メニュー部分を左方向へ スワイプしてスライドすると残りのメニューが見えます。 モザイク編集画面 「モザイク」ボタンをタップすると、 「モザイク」という専用の編集画面に切り替わります。 上部、中央がこれからモザイクをかける動画。 下部が再生ボタンとタイムライン。 そしてモザイク編集のボタンになります。 左下に[. 5x]で、半分の速度で低速度再生される。 編集しにくければ速度を落としましょう。 そのままでよければ[1x]通常再生。 モザイクのボタン モザイク編集画面で、最下部中央にあるモザイク開始ボタン (ドットのようなデザインに丸で+のあるアイコン。 ) をタップしてください。 動画の中にモザイクが入り、 最下部のメニューが変わります。 タイプ 形状 終了 タイプ 「タイプ」をタップすると、 モザイクの種類と強度が選べます。 バーゲージ:見えにくさをバーの左右で調節する。 左寄りで弱く、モザイクが薄く原画が見えやすい、 右寄りで強く、モザイクが荒く強く原画見えなくなる、 画素化:モザイク、荒いドット、 ブラー:ぼかし、曇りガラス、 マーク:丸で囲む(見える) マスク:囲む以外を黒く暗くマスク(見える) 何かを隠すことが目的であれば、 [画素化]か[ブラー]を使います。 [マーク]と[マスク]は見えたままなので注意。 形状 モザイク部分の形で、丸、正方形、四角形の3つから 選べます。 それぞれ編集画面の中で移動して位置を決める、 大きさを変えることができます。 開始位置は最初に決めて固定されますが、 終了の位置はお好きなところを決めてから、 この [終了]をタップすると、そこが終了位置として 修正されます。 モザイクのかけかた 最下部のタイムラインを長押して左右にスライドすると、 動画の再生位置を動かせます。 中央に黄色縦線と時間が表示されていますので、 そこにモザイクを開始したい位置を合わせてください。 再生する場面は上のプレビュー画面に映っています。 そのあと最下部、中央のモザイクアイコンをタップする。 (ドットのようなデザインに丸で+のあるアイコン。 ) 動画の中にモザイクが入りますから、 上記を参考にして、形や大きさ、種類、位置を設定してください。 決まったら、動画の中のモザイク部分を長押しします。 自動的に動画が再生され動きますので、指は抑えたまま。 動画の中でモザイクの位置を動かすことが可能。 (=対象物の追尾、追従できる。 ) 長押ししたまま動かしてください。 追従がうまくできなかった場合は、モザイクを削除して、 やり直しましょう。 再生速度を落として試すとよいかもしれません。 (左下. 5x) 編集 モザイクが形成されますと、 タイムラインに黄緑色の帯で モザイクがかかる時間帯が表示されるようになり、 最下部には編集アイコンが表示されます。 ノートにペンのようなマーク。 編集アイコンをタップしますと、 タイプ、形状、終了、ゴミ箱、 の4つのアイコンが表示されます。 モザイク処理を消すなら、右端の ゴミ箱アイコンをタップ。 削除されます。 それ以外は先ほどと同じ。 備考と注意点 注意点や備考について書いておきましょう。 うまく適用できなかった場合は削除して やり直したほうが早いと思います。 もし、モザイクの位置が固定で移動しなくてよいのなら、 モザイクアイコンを少しタップしてモザイクを作成し、 あとは終了位置を合わせて、 [終了]を押すだけで完成します。 モザイクはサイズ変更や、位置変更、 対象物の追従はできますが、 同一時間帯には1つのモザイクしか入れられません。 (どうしてもであれば、一度書き出してから、 再度モザイクを入れるとか) 別の時間帯であれば、別のモザイクが入りますので、 1つの動画素材の中で複数のモザイクは形成できます。 注意点としてはタイプ選びで、 マークとマスクは何も隠れませんのでお間違いなく。 しかし逆に特定部分を強調したいときに使える機能です。 iPhoneで操作している場合、指の太さに比較して 画面が小さくて操作しにくいかもしれません。 モザイク形状の四角や丸を小さくしていくと、 どこまで小さくなるのかはわかりませんが、 やはり指が太いと限界があるような気がします。 動画 「Perfect Videoでモザイクを入れる操作方法・解説【使い方】」 「Perfect Videoでモザイク処理した動画 」.

次の