手足 口 病 いつまで うつる。 [医師監修・作成]手足口病は周囲の人にうつるの?

手足口病の熱はいつまで続くの? お風呂は入っても大丈夫なの?

手足 口 病 いつまで うつる

手足口病とは Q1 手足口病とはどのような病気ですか? A1 手足口病は、口の中や、手足などに水疱性の発疹が出る、ウイルスの感染によって起こる感染症です。 子どもを中心に、主に夏に流行します。 病気の原因となるウイルスは、主にコクサッキーウイルスA6、A16、エンテロウイルス71(EV71)で、その他、コクサッキーウイルスA10などが原因になることもあります。 Q2 どのようにして感染するのですか? A2 感染経路は、飛沫感染、接触感染、糞口感染(便の中に排泄されたウイルスが口に入って感染することです)が知られています。 特に、この病気にかかりやすい年齢層の乳幼児が集団生活をしている保育施設や幼稚園などでは注意が必要です。 理由は、子ども達同士の生活距離が近く、濃厚な接触が生じやすい環境であることや、衛生観念がまだ発達していないことから、施設の中で手足口病の患者が発生した場合には、集団感染が起こりやすいためです。 また、乳幼児では原因となるウイルスに感染した経験のない者の割合が高いため、感染した子どもの多くが発病します。 Q3 どのような症状が出ますか? A3 感染してから3~5日後に、口の中、手のひら、足底や足背などに2~3mmの水疱性発疹が出ます。 発熱は約3分の1にみられますが、あまり高くならないことがほとんどであり、高熱が続くことは通常はありません。 ほとんどの発病者は、数日間のうちに治る病気です。 しかし、まれですが、髄膜炎、小脳失調症、脳炎などの中枢神経系の合併症のほか、心筋炎、神経原性肺水腫、急性弛緩性麻痺など、さまざまな症状が出ることがあります。 (特にEV71に感染した場合には、他のウイルスによる手足口病と比べて、中枢神経系の合併症を引き起こす割合が高いことが明らかとなっています。 )また、手足口病の典型的な症状がみられずに重症になることもありますので、注意が必要です。 手足口病にかかったこどもの経過を注意深く観察し、合併症に注意をする必要があります。 予防対策について Q4 感染しないようにするために、どのようなことに注意すればよいですか? A4 手足口病には有効なワクチンはなく、また手足口病の発病を予防できる薬もありません。 治った後でも、比較的長い期間、便などからウイルスが排泄されることがあります。 また、感染しても発病はせず、ウイルスを排泄している場合があります。 これらのことから、発病した人だけを長期間隔離しても有効な感染対策とはならず、現実的でもありません。 前述したように、衛生観念がまだ発達していない乳幼児の集団生活施設では、施設内での感染の広がりを防ぐことは難しいです。 しかし、手足口病は、発病しても、軽い症状だけで治ってしまうことがほとんどであるという意味で、感染してはいけない特別な病気ではありません。 これまでほとんどの人が子どもの間にかかって、免疫をつけてきた感染症です。 一般的な感染対策は、接触感染を予防するために手洗いをしっかりとすることと、排泄物を適切に処理することです。 特に、保育施設などの乳幼児の集団生活では、感染を広げないために、職員とこども達が、しっかりと手洗いをすることが大切です。 特におむつを交換する時には、排泄物を適切に処理し、しっかりと手洗いをしてください。 手洗いは流水と石けんで十分に行ってください。 また、タオルの共用はしてはいけません。 手足口病は、治った後も比較的長い期間便の中にウイルスが排泄されますし、また、感染しても発病しないままウイルスを排泄している場合もあると考えられることから、日頃からのしっかりとした手洗いが大切です。 国内及び世界の発生状況について Q6 日本での発生状況は? A6 毎年、夏を中心として発生し、7月下旬に流行のピークを迎えます。 過去10年間では、平成23年に最大の流行が発生しましたが、平成25年はそれに次ぐ規模の流行となっており、注意が必要です。 手足口病は、ほとんどの場合、軽症で治りますが、重症化する割合が高いといわれているEV71による手足口病も流行していますから、しっかりと経過観察をする必要があります。 Q7 世界での発生状況は? A7 手足口病は、世界中で日本と同様子どもを中心にみられる病気です。 温帯地域では、主に夏に発生します。 EV71による手足口病の流行は、これまでにも、アジア各国で報告されています。 マレーシア、台湾、中国、カンボジア、ベトナムなどでは、近年、EV71による手足口病の大きな流行が報告されています。

次の

手足口病の潜伏期間は?うつるの?感染しないようにするには?

手足 口 病 いつまで うつる

手足口病の特徴として症状が治まっても、 体の中にウイルスが長期間残るため完全にウイルスが排出されて完治までに時間がかかります。 症状が治まっても体にウイルスがいるうちは、感染力が低くなっているとはいえ感染するリスクがあります。 症状が治まり、外出する時は他人に感染させない対策をとりながらの外出になります。 手足口病の潜伏期間から発症期間を確認! 手足口病の 潜伏期間から発症期間を確認することで外出の目安をより具体的にしておきましょう。 ただし、手足口病の症状は個人差があり軽度・重度によって治る期間も様々ですので、期間はあくまで目安になります。 目安の期間と合わせて、症状の治まり具合を見るといいですね。 潜伏期間から発症期間 潜伏期間から発症期間を合わせると2週間程度となります。 潜伏期間 2~6日• 発症期間 (初期症状~ピーク)1週間程度 ピークは発症から3~4日目になり、 このような症状が強く出るため感染力も強くなります。 痛み・かゆみ 症状が強く出ているということはウイルスと体が戦っている真っ最中です。 ウイルスの増殖を食い止めようと体が頑張っているわけです。 感染力もピークと言っていいですね。 外出はこのピーク時期を過ぎてからですね。 Sponsored Links 症状が治まってもウイルスは体の中に! 上記でも少し触れましたが、 手足口病の特徴として、症状が治まっても体の中にウイルスが長期間残ります。 ウイルスが残る期間は、2~4週間程度になります。 症状がなくなり感染力が落ちているとはいえ、感染のリスクがあることを覚えておきましょう。 ウイルスが完全に抜けるのを待っていると1カ月間ほど外出ができないことになります。 ただ、 1カ月間も外出しないのは現実的ではないですので、感染対策をしながら外出しましょう。 他人にうつさないということですね。 手足口病で外出する時の対策 手足口病の感染経路は3つあります。 赤ちゃん・小さい子はマスク・うがいは難しいかもしれませんが・・。 まとめ 以上が、手足口病の外出についてでした。 わかりやすく最後にまとめますね。 初期症状からピークまでの3日~1週間程度は感染力が強いので外出は控える• 外出時は感染予防の対策をする• 症状が治まっても体内にウイルスがいるので、感染のリスクがある。 この3つを頭に入れつつ、 かかりつけの医師に相談してから外出してくださいね。 ママ・パパは子供から感染しますので注意ですね。

次の

[医師監修・作成]手足口病は周囲の人にうつるの?

手足 口 病 いつまで うつる

目次 (クリックできます!)• ・手足口病は潜伏期間でもうつる? 潜伏期間というのはウィルスに感染しているけど 症状が出ていない状態を言います。 手足口病の潜伏期間は個人差はあるものの、通常は 3~6日といわれています。 潜伏期間と言えども手足口病は感染力が強いので 症状が出ていない潜伏期間中でも人にうつしてしまう 可能性はあります。 やはり最も感染しやすいのは症状が出てからです。 特に小さい子供なら、幼稚園や保育所など集団生活を する中で感染することがほとんどです。 そして子供が感染すれば、家族にも(大人でも)感染 しやすくなります。 感染経路 飛沫感染、接触感染、汚物感染があります。 ・飛沫感染 手足口病に感染した人が咳やくしゃみをすることで ウィルスが飛び散ります。 また、話をするときに唾液が飛んで周囲の人に 感染することがあります。 ・接触感染 タオルや食器などの共用、ドアノブを触った手で 鼻や口を触ると感染することがあります。 ・汚物感染 これは大人が感染する場合で、手足口病に感染した赤ちゃんの おむつ交換をした手で口や鼻を触って感染することがあります。 汚物にもウィルスが含まれています。 飛沫感染と接触感染は子供も大人も共通しますが 汚物感染は赤ちゃんのおむつ交換をするママやパパが 感染しやすくなります。 スポンサードリンク• ・手足口病が感染する期間はいつからいつまで? 潜伏期間が3~6日、発症すれば症状が治まるまでは約1週間かかります。 症状のひとつである手足の発疹からも感染することが あります。 発疹には痒みがあり、掻きむしって出た汁を他の人が 触れたりすると感染します。 症状が出ている間は唾液や鼻水にウィルスを含んでいます。 熱が下がるのに2~3日、発疹が治まるのに3~4日、 その他の症状が治まるのに1週間ほどかかります。 このことから考えると、潜伏期間から症状が治まるまで 約2週間ほどですね。 ということは、 潜伏期間から症状快復までの約2週間は 人に感染しやすいということです。 ただ赤ちゃんがいて、おむつ交換をするママやパパの場合は この2週間よりもあと1か月ほどは感染しやすくなります。 赤ちゃんの唾液や鼻水にウィルスはなくなっても 症状が出てから1か月ほどは便にはウィルスが残るからです。 ・手足口病に感染するのを予防するには 手足口病にはワクチンも予防薬もありません。 手洗いとうがいを徹底させることが基本です。 身近に手足口病に感染の疑いがある人がいる場合は マスクの着用をお勧めします。 免疫力が低下していると感染しやすくなりますので 普段から 規則正しい生活を心掛けて、ストレスを 溜めないようにすることが大切です。 また、赤ちゃんのおむつ交換時は使い捨て手袋を 使用したり、処理後は手洗いをしっかりとして下さい。 ・まとめ 手足口病が感染しやすいのは発症してからですが 潜伏期間中でも感染の可能性がありますので油断はできません。 感染を防ぐには、ある程度セルフコントロールすることが 可能ですので意識が必要です。 手足口病は子供だけでなく、子供から大人へも感染 しますので注意して下さいね。 メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。 メールアドレス 購読 人気記事一覧• 15,452件のビュー• 13,336件のビュー• 8,217件のビュー• 7,910件のビュー• 7,372件のビュー• 6,239件のビュー• 5,675件のビュー• 4,642件のビュー• 4,575件のビュー• 4,470件のビュー 最近の投稿• 最近のコメント• に より カテゴリー• アーカイブ• メタ情報•

次の