安い 猫。 猫の1番安い・低価格の種類は?適正販売価格はいくら?

多頭飼いで安い中でもいいキャットフードを選びたい場合!マッサンが安いキャットフードを紹介します

安い 猫

ペットショップで同じ種類の犬猫でも値段が高かったり、安く売られている場合があるのを不思議に思ったことありませんか? 安いと不安な気持ちになってしまう人もいると思いますが、実際の理由を知れば安い犬猫の見方がが少し違うものになると思います。 元ペットショップ店員の私が教える、ペットショップで売られている犬猫の安い理由を暴露します。 月齢が経ちすぎたから安い: ペットショップに入ってくる犬猫の中でも、すぐに決まる子もいれば、当然なかなか決まらない子もいるので、なかなか決まらない子は値段が少しずつ安くなっていきます。 ペットショップでの売れ筋は入ってきたばかりの2ヶ月〜3ヶ月くらいの 月齢が若いときが一番人気があり高く売れます。 しかし、月齢が2ヶ月〜3ヶ月くらいの場合、ご飯の回数も1日3回ほど必要なのと、体調が急変してしまうリスクが高く一人でのお留守番は数時間くらいしかできません。 その点、 月齢が半年くらい立っている犬猫の場合は、一人でのお留守番時間も長く取れるので、共働きでなかなか時間が取れない人にオススメできる月齢でもあります。 ペットショップとしても長くお店にいることは、管理費などの費用が掛かってしまうため、なるべく早く飼い主を決めるために値下げをします。 2〜3万ほどの値段になると必ず飼い主さんが決まっていました。 猫は冬より夏のほうが安い: 猫の冬の寒い時期には繁殖をしない傾向があり、頭数が少ないので値段が高くなり、夏は通常通り繁殖をするので冬より夏ほうが値段が安いです。 本能的に子猫を育てる環境ではないと知っているからだとも言われています。 猫を飼う場合は、冬以外の温かい時期のほうが頭数も多く値段も安いのでオススメです。 欠点があるから安い: 犬猫の値段が月齢も同じくらいでも値段が違う場合があります。 その場合は、欠点がある可能性があります。 欠点とは正常ではない状態のことですが、よほどひどくない限りは健康にすぐに問題になることはありませんが、 何らかの健康上のリスクは0ではないのでその分下げている可能性があります。 ただ、欠点に対して悪いイメージが強いと思いますが、それはその子の個性でもあるといえます。 欠点があるから避けるのではなく、正しい知識を持って理解をすることが大事です。 欠点については犬が当てはまるケースがほとんどで、 猫には欠点はほとんどありません。 猫は改良されているとは言え、 元の姿に非常に近い姿で改良をされているため、欠点などの弊害が少ないと考えられます。 しかし、犬は人間の都合がいいように改良をされた影響で、元の姿と大きくかけ離れているため、このような欠点という弊害が生まれている可能性があります。 値段が安くなる可能性がある欠点の例: 鼠径ヘルニア: 股に丸い膨らみがある場合は鼠径ヘルニアです。 人間の赤ちゃんにもよく見られる症状なので、知っている人も多いと思います。 鼠径ヘルニアは成長とともに筋肉が発達して正常に戻る子も多く、よほど大きくない限りは心配する必要はありません。 大きくなって塞がらない場合は、手術が必要になってきますが去勢・避妊手術と一緒にできる手術なのでそこまで心配をする必要はありません。 ただ、犬猫の手術は全身麻酔なのでリスクは0ではありません。 年を経つにつれリスクが増えていきます。 また、年齢とともに全身麻酔によるリスクは増えていくので注意が必要です。 絶対に放置をしないで経過を見守ってあげることが大切です。 放置をして穴に内蔵がハマってしまってうっ血するリスクが怖いので、鼠径ヘルニアを怖がるのではなく、知識を正しく持ち経過を見守ってあげることは大切です。 臍ヘルニア(デベソ): 臍ヘルニアとは一般的にデベソのことで、こちらも人間の赤ちゃんにもよく見られる症状です。 シーズーなどの鼻の短い短吻種はデベソが半数以上の割合です。 押してしまうと穴が広がってしまう可能性があるので、絶対にデベソを強く押さないでください。 臍ヘルニアも経過を見守ってあげて、広がったり、軽く押して固くなっている場合はすぐに動物病院に連れて行くようにしましょう。 穴が広がっていたり、悪化をしている場合は手術が必要ですが、こちらも鼠径ヘルニアと一緒で、手術という言葉で怖がらないで理解をすればそこまで恐れる必要はありません。 アイラインや鼻の色素が薄い: 色素とは犬の場合は、鼻、足裏、アイラインが黒色であることが正常とされています。 この色素が黒ではなく、ピンク色や茶色っぽいレバー色をしている場合は欠点とされています。 なぜ色素が薄いのが欠点なのかというと 、 鼻やアイラインが黒いと紫外線から身を守るため役割があり、薄いと紫外線のダメージを直接受けてしまうという理由があります。 ただ、これも目に見えてどこかが悪い訳ではなく、 見た目の問題が値段を安くする要因になっていると考えられています。 特に見た目に影響をするアイラインがほとんどない場合は、情けないような表情になってしまうので、飼い主が決まりにくくなってしまいます。 泉門(ペコ): ペコも人間の赤ちゃんと一緒で子犬は頭蓋骨の頂上の穴が空いていて、成長とともに自然と塞がってきます。 ただ、この穴が大きいと成長しても塞がらない場合があり、ペコが大きい場合は価格が安くなっているケースがあります。 もし大きくなって塞がらない場合は、直接脳にダメージがいってしまうので危険なので、頭を叩いたり衝撃を与えないようにしてあげましょう。 肉球がハート: ミニチュアシュナウザーに多い症状ですが、肉球が通常離れている箇所がつながってしまっていて、見た目がハートの形をしています。 とくに健康上の問題はありませんが、値段が安くなっている場合があります。 爪の中で地面についていない爪を狼爪といいます。 狼爪は前足に両方ついていることは正常ですが、 たまに後ろ足に狼爪がある犬がいます。 狼爪は地面につかないので爪が伸び続けてしまい、 放置をしている体に突き刺さってしまうことがあるので、少なくとも2〜3ヶ月くらいに1回は爪切りをしてあげましょう。 また、トイプードルは前足の狼爪を子犬の時に切除するケースもあり、ペットショップに並んでるときからすでに狼爪がない場合があります。 狼爪を切除する理由としては、ケガを防止する理由や、美的観点からの理由があります。 性別がオスの方が安い: 同じ犬種で欠点もない場合、オスとメスなら必ずメスのほうが高く売られています。 これは、 メスは子供が産めるのでブリーダーが手元に残す確率がオスよりも高く、流通量が若干少ないのでメスは高めの設定になっています。 ただ、オスが安いからと言ってダメなわけではなく、オスならオスの可愛さがあり、メスにはメスの可愛さがあります。 性別についてもっと知りたい方は下記記事に詳しく書いたあるので、よかったら読んでみてください。 関連記事>>> 毛色によって値段が違う犬猫の種類がある: 一番分かりやすいのはトイプードルの毛色の値段の違いです。 なぜトイプードルのレッドが高いかというと、一番人気がある毛色だからです。 人気がある毛色、希少性のある毛色の場合は高くなっていることがほとんどです。 トイプードルの毛色の値段の高さの順番は レッドが一番高く、その次にアプリコットが高く なります。 白や黒などのその他の色はだいたい同じくらいの金額で、レッドとアプリコットの毛色だけが特に高い傾向にあります。 病気だから安い: 子犬は免疫力が弱く何らかの病気に掛かっているケースがあります。 具体的な病気は耳ダニや真菌(カビ)などが安くなる理由の病気です。 真菌などはペットショップで完治をさせてから、飼い主さんの元へお渡しするケースと、最初から飼い主さんの元へいってから動物病院へ通院をして治療をするケースがあります。 やはり 治療費などかかる場合は、値段を下げて販売しているケースがあります。 ただ、この手の病気は治療をすれば完治するものがほとんどで、 ペットショップによっては医療費保険を無料でつけているところもあるので、ペットショップで購入を考えている場合は、そういう保障の部分も注目をしてみましょう。 先天性の異常があると安い: 耳が聞こえない目が見えていないなどの 先天性の異常がある場合も値段が相場より大きく下がっています。 先天性の異常の場合は一生治らないこともあるので、飼う側も覚悟が必要になってきます。 可哀想だからというだけで飼い始めてしまうと、想像以上に大変な場合もあるので、家族としっかり相談をして決めましょう。 安い理由の中では、先天性の異常が一番の重要事項です。 ただ、先天性の異常はペットショップに流通する段階で、検査をしてチェックをしているので、ペットショップに先天性の異常があるケースは多くはありません。 ここからは値段が高い理由を書いていきます: 今までは値段が安い理由を書いていきましたが、逆に値段が高い理由の知れば、ペットショップの値段のつけ方が見えてくると思います。 高いのにはこんな理由があったのです。 人気犬猫種は高い: シンプルに犬の場合はトイプードル、猫の場合はアメリカンショートヘアーは人気も高く値段も高い傾向にあります。 最近ではスコティッシュフォールドも人気が出てきて高い値段がついています。 ただ、スコティッシュフォールドが人気になってしまうと、色々な問題が起こる可能性が増えてくると思います。 詳しく知りたい方はスコティッシュフォールド特有の病気について書いた下記記事を読んでみてください。 関連記事>>> 見た目が可愛い子は高い: シンプルな理由ですが、 見た目が可愛いだけで倍近くする場合もあります。 例えば、小ぶりなトイプードル、いわゆるティーカッププードルのレッドで見た目は可愛い場合は100万近くする場合もあります。 可愛いの基準は人それぞれですが、色々な人から見て可愛い犬猫は、やはり値段が高いケースが多いです。 珍しい色だと高い: 珍しい毛色は流通頭数が少ないので値段が高くなります。 トイプードルのレッド自体は珍しい色ではなく、流通量も多いですがやはりトイプードルを飼いたい人は圧倒的にレッドの毛色が多いので値段が高いだけなのです。 珍しい毛色で高い種類だと、 ダックスフンドのダップルカラーは他の毛色より流通量が少ないので高かったり、猫の場合はアメリカンショートヘアーのカメオタビーと呼ばれる毛色の猫種も珍しいので値段が高くなります。 フレンチブルドッグやブルドッグは高い: フレンチブルドッグやブルドッグは繁殖のコストが他の犬よりも高いため値段が高い傾向があります。 詳しく書いた記事が下記にありますので、詳しく理由を知りたい方はよかったら読んでみてください。 関連記事>>> チャンピオン犬は高い: ドッグショーやキャットショーでチャンピオンになった犬猫の子供は少しだけ高く値段が付けられています。 ただ、日本各地で競技会は開かれていて、チャンピオンになることはそれほど難しいことではないので、ペットとして飼う上で違うのは気持ちの部分だけでしょう。 ただ、世界一や日本一などに本当にすごいチャンピオンもいますが、そのクラスはペットショップで売られたるすることはほとんどありません。 さすがにこのクラスになってくると威厳すら感じます。 日本チャンピオンを飼おうと思ったら数百万〜数千万単位になることもあり、一般人では手が出せない金額です。 ただ、 ショーを勝つために作られているショータイプの犬猫と、ペットとして飼われるために作られているペットタイプの犬猫の場合、意外とペットタイプの方が可愛いことがあります。 ショータイプの犬猫は、理想とされている姿に近づけるために改良されて、ペットタイプは可愛さを求めて改良されている違いがあるからです。 チャンピオンにこだわる必要はあまりありません。 まとめ: ペットショップで他の子より安い場合はなぜ安いのか直接聞いてみるのも一つの手です。 犬猫が安いのには安いなりの理由があり、高いのには高いなりの理由があります。 ただ、一つ言えるのは犬猫に限って言えば安かろう悪かろうではありません。 犬猫に関するおすすめ記事: 動物業界からしたら猫ブームは密かな問題になっているのご存知ですか? 猫ブームは動物業界の衰退する入り口かもしれないという記事を書いてみたので、よかったら読んでみてください。 関連記事>>> 犬猫の食後の食器のヌメヌメを簡単に取ってくれる魔法の洗剤です。 最近の犬猫用品でオススメするヒット商品で、一度使うと手放せない必須アイテムになると思います。 関連記事>>> dog1111.

次の

ペットショップで犬猫が安い理由を元店員が暴露します

安い 猫

「うちの猫は安いキャットフードを食べてたけど、20歳まで生きてたよ」 このような話を鵜呑みにして、じゃぁキャットフードは安いものでいいかと安易に考えるのってちょっと悩みますよね。 ぼくは50種類以上のペットフードを購入してその成分を比較してきました。 結論から言えば、 「人間と同じで、何を食べても長生きする人はするし、そうでない人もいる」というのが前提になります。 人間だってたばこを吸いまくって100歳まで生きる人もいれば、タバコを吸わないのにもっと早く亡くなる方もいますよね。 猫だって体に良くないと言われてるものが含まれていたとしても、長生きする猫はいます。 ただ、 「長生きする確率を増やすには、原材料がどんなものか知っておく必要がある」とも思っています。 家族である猫に普段どんなものを食べさせているのかは、本来ならみんなが知っておくべきことなはず。 今回は安いキャットフードにありがちな特徴、安全性について書いていくので、一つの参考にしてみてください。 【安全】安いキャットフードでも猫は長生きするのか 安いキャットフードの原材料。 しかし、パッケージの原材料を見てください。 原材料は、基本的に割合が多い順で書かれています。 そして一番割合が多いのは…「穀類」になっていませんか? 実は、 さかな味と書かれていても、 魚 はほとんど入ってないことが多いのです。 安いキャットフードの主原料、たいていの場合は穀類 穀類、つまりとうもろこしや小麦、グルテンミールなどはコストが非常に安く、かさ増ししやすい原料です。 しかし猫は本来、肉食動物なので穀類の消化は得意としていません。 少量なら問題ないですが、大量になってくると消化器官にかかる負担が多くなってしまいます。 そして ほとんどのキャットフードでは、穀類がどれくらいの割合で入っているのか表記されていないため、正確な量を知ることはできません。 普通の健康的な猫なら多少は問題ないとしても、消化器官が生まれつきあまり強くない猫にとっては下痢やその他の病気の原因となる可能性もでてきます。 安いキャットフードにはほぼ入っているミール系 これもほとんどの安いキャットフードには入っているミール系と呼ばれる原料があります。 たとえばチキンミールは、人間が食べない部位も含まれていて、くちばし、内蔵、骨、羽根などを肉と一緒に粉砕して粉にしたものです。 その割合や鳥の状態(病気じゃなかったか、死んでからどれくらいたっていたのか)はなかなか消費者が知ることはできません。 さらに家禽ミールと書かれている場合、どんな鳥を材料にしているのかすらわからないのです。 安いキャットフードでも、数値上の栄養価はまったく問題ない どんなに安いキャットフードでも、 「総合栄養食」と表記されていれば栄養価的には問題ありません。 だいたいどのキャットフードも、粗繊維、灰分、水分などはほぼ一緒です。 カロリーやタンパク質、脂質はキャットフードによって差があるかなーというくらい。 ちなみに人間と一緒で、カロリーが高めのキャットフードは安くても猫の食いつきは良いです。 シーバDUOとか猫にはかなり好評ですよね。 人間も猫も、カロリーが高いものは好きなのです…笑 肉食動物に大切なタンパク質は、キャットフードによって27%くらいから40%くらいまでと様々です。 安くてもタンパク質が多めのものもありますが、40%近いのはほとんどプレミアムなキャットフードになってきます。 ひと目でわかる、安いキャットフードとプレミアムなキャットフードの違い 高いキャットフードはなにが違うのかというと、「ブランド戦略がうまい」とか「本社が六本木」と言った理由ではありません笑 まぁそれもちょっとはあると思いますが、一番違うのは 「原材料」です。 安いキャットフードとしてモンプチ、プレミアムキャットフードとしてジャガーを例にして比較してみましょう。 主な原材料の比較はこうなります。 モンプチ 5種のブレンド ジャガー 穀類(小麦、米、コーングルテンミールなど) 骨抜きチキン生肉 家禽ミール 鴨(かも)生肉 動物性油脂 乾燥チキン 大豆ミール 乾燥鴨肉 セルロース 生サーモン たんぱく加水分解物 生マス フィッシュパウダー じゃがいも ミネラル類 卵 着色料 さつまいも アミノ酸類 えんどう豆 入ってるものが多い順です。 まったく違うのがわかるでしょうか? そりゃお値段も違うはずだわ…ってなりますよね。 そしてもし自分が猫だとしたら、どっちを食べたいですか? 忘れてはいけないのは、猫は肉食動物ということです。 肉食動物が食べたいものと言えば…そう、お肉やお魚です。 高いキャットフードは安いのに比べてどれくらい高いの? 実は、普通に売られてるキャットフードでもものすごく安いものとそこそこなお値段のものがあります。 モンプチ5種のブレンドはめちゃめちゃ安く、100gあたり66円くらいで買いました。 でもその後に買ったモンプチ7種のブレンドは100gあたり123円です。 安いキャットフードはだいたい100gあたり60~170円くらいが多いみたい。 そして1日に猫が食べる量の目安としては、キャットフードにもよりますがだいたい3キロ前後の猫だと40gくらいになります。 ということは、1日たったの50円前後という感じです。 ちなみに プレミアムキャットフードは、100gあたり200~280円くらい。 1日あたり100円から高くても140円くらいが目安ってことになります。 …正直、これくらいの価格ならぼくは素材が良いほうを選ぶな、という気持ち。 だって 1日140円だとしても、ペットボトル1本分です。 それだけで猫に本物の食材を使ったごはんをあげれるなら、ぼくはそっちを選びます。 これは人それぞれ考え方が違って、「いやいや猫はどうせわからないから安いに越したことはないでしょ」という方もいます。 他人の意見は他人の意見、あなたが猫にどういうごはんをあげたいのか?が重要だと思います。 安いと思ってたおやつキャットフードは実はかなり高価! 安いキャットフードのシリーズでも、おやつサイズのカリカリは実はかなりお高いので注意しましょう。 例えば、コンボシリーズ。 コンボのプレゼントシリーズはおやつ用として少量のパッケージに入ってます。 価格は192円(ぼくが購入した価格)なので高くないように思えますが… 100g換算してみるとなんと457円にもなります。 プレミアムキャットフードよりも高すぎる…!! でも、原材料は普通の安いキャットフードと同じです。 猫がよっぽどその味を気に入ってるなら買ってもいいと思いますが、ぼくだったらその分のお金で普段のごはんを良いキャットフードにしちゃうかな…。 安いキャットフードに多く入ってる着色料はなんのため? ぼくはいろんな価格帯のキャットフードを買っているんですが、安いキャットフードに着色料が入ってる確率が非常に高いことに気が付きました。 逆にプレミアムキャットフードには、着色料が入ってるものはほとんどありません。 これはなぜかというと… 「着色料は猫じゃなくて飼い主へのアピール」だからです。 色とりどりで美味しそうに見える…のは猫というよりも人間のほう。 実際、無着色のキャットフードだから猫の食いつきがわるかったなんてことはいままで一度もありませんでした。 そしてプレミアムキャットフードに着色料が入ってないのは、「素材をちゃんとわかってる人は着色料がいらないのも知ってるから」なんですね。 まさに、安いものと高いもので売るお客(飼い主)の層が違うんだな…というのがわかります。 高いって言っても、1日100円ちょっとのものなのでそんなに高いわけじゃないんですが、「自分にはお金かけたいけど猫にはかけたくない」という人もいます。 ねこ好きと一言で言っても、いろんな方がいて、いろんな考えがあります。 高いキャットフードを食べない理由は、安いキャットフードで濃い味付けになれちゃった可能性 プレミアムキャットフードは、素材が本物をふんだんに使用しているだけあって、人工香料を使ってないものが多くあります。 まさに 「素材の味を活かす」ってやつですね。 安いキャットフードは主原料が穀類だったりするので、フィッシュパウダーやチキンエキスなどで香料や味をつけています。 ものによっては濃い味付けになってしまっていて、それに猫が慣れてしまう可能性があります。 人間もジャンクフードばかり食べてると、繊細な味付けがまったくわからなくなるのってザラにありますよね。 ぼくは一時期、ボーナスをすべて食事につかっているときがありました。 あのときは1ヶ月で数十万円の食事をしていたんですが、和食の繊細な味付けがわかるようになるまで、ちょっと時間がかかりました。 それというのも、それまではジャンクな食生活をしていたために味がハッキリしたものしかわからなかったんです。 ですが、それなりに食費をかけていろいろと試してるうちに、食材の良し悪しがはっきりとわかるようになりました。 某コンビニの弁当なんかもそれまではバクバク食べてたのに、味がわかるようになってからはまったく受け付けなくなるくらい味覚はするどくなったんです。 ジャンクなごはんもわかりやすい味付けで美味しいんですが、濃い味付けは長期的にみてあまり体に良いとは思えません。 できれば食材本来の味を、猫も人間も楽しみたいものですね。 まとめ:安いキャットフードを食べてても長生きするねこはいるけど、大切なのは飼い主が何を食べさせてるのかわかっているかどうか まとめます。 安いキャットフードを食べていても、長生きする猫はいます。 しかし、それは人間も一緒で、体に悪いことをしていても長生きする人がいるのと変わりません。 大事なのは、 「猫にあげてるキャットフードの原材料がどんなものなのか把握して、納得しているか」です。 とくに猫を家族だと考えている方には考えてもらいたいな、と思います。 そのうえで、安いキャットフードを選ぶのでしたらそれはそれで一つの選択です。 でもぼくは、1日100円程度の差しかないのでいい食材のキャットフードを選ぶかな…。 ぼくも猫も、食材本来の味をしっかり楽しんで過ごしていきたいと思います! ちなみに食材がしっかりと明記されていて納得できるキャットフードはここらへんがおすすめとなっています。

次の

4万円未満or中猫成猫さんのネコちゃん販売情報 子猫一覧 ブリーダー直販のCats

安い 猫

下を見ると切りが無いのが市販のキャットフードです。 楽天で安いキャットフードを探したら1㎏入りが400円 送料別 なんてものがありました。 この商品の給餌量を踏まえた上で、一日の餌代を計算すると56円という結果になりました。 なのでここでは 「一日あたりの価格が50~60円」くらいのものが安いキャットフードとして考えていきたいと思います。 楽天で安いキャットフードを探し、比較表を作ってみたのでキャットフード選びの参考にして見て下さい。 キャットフードの名前 容量 フリスキー ドライミックス 2kg入 カルカン 毛玉ケア 11歳から用かつおとチキン味 1. 6㎏ 価格 送料は一律500円で計算 665円 送料別 399円 送料別 一日当たりの値段 猫の体重は3kで計算 29. 1円 34. 5円 ミオ ドライミックス まぐろ・しらす・小魚味 1. 2㎏入 いなば 金のだし かつおだし味 1kg入 銀のスプーン 7歳から始める お魚づくし 1. 5㎏い 369円 送料別 398円 送料別 985円 送料別 48円 64円 49. シーバはこれしかありませんでした このランキングではあくまで 「価格」を一番に考えてランキングにしています。 当サイトで大切にしている 「添加物」と「材料」については全く考慮していないのであくまでキャットフードを選ぶ基準が「値段だけ」という方の参考にしてください。 ここまで、市販のキャットフードを値段だけで判断してきましたが、ここに挙げたようなキャットフードには粗悪な材料や大量の添加物が使われています。 ランキングの備考欄を参照下さい 当然、そういったキャットフードを食べ続けることであなたの愛猫は病気になるリスクを背負っていくことになります。 市販の激安フードは、 本来であれば廃棄するような材料しか使われていない為、猫の食いつきが悪いんですが、人工香料や過度の塩分によって猫の嗜好性をあげているんです。 そのような添加物や粗悪な材料は猫の消化機能を低下させ、成分表に書かれている栄養素のほとんどは消化・吸収されることなく排出されてしまいます。 その為、慢性的な栄養不足になり病気にもかかりやすく、優れたフードを食べている子と比べ早く老けこんでいきます。 この先もずっと健康で一緒に居て欲しい!そう思うならまずは出来るところから健康リスクを減らしていきましょう。 当サイトで紹介している無添加キャットフードは材料にもこだわったプレミアムフードなので猫の消化にも優しい健康的なキャットフードです。

次の