スプレッド シート 別 ファイル 参照。 VLOOKUP関数で別ファイルの範囲を参照する

Googleスプレッドシートの使い方!共有方法もお伝えします

スプレッド シート 別 ファイル 参照

こんにちは、シラカバをご覧いただきありがとうございます。 WEBマーケ です。 今回は、Googleスプレッドシートの超定番関数のVlookup関数についてご紹介します。 エクセルの方も馴染みが深い関数ですが、ちょっぴり使い方が違ったりするので、初心者にも分かりやすい説明を心がけて基本から応用までご紹介します。 Excelの利用の方はよろしければの記事もご覧ください。 それでは、気を取り直してどうぞ! 1. スプレッドシートのVlookup関数の使い方【基本から応用まで】 1. Vlookup関数とは? 垂直方向の検索です。 範囲の 1 列目で指定したキーを垂直方向に検索し、同じ行内にある指定したセルの値を返します。 1-1. 検索キー 検索したい文字列・数値をここに入力します。 数値の場合はそのままVLOOKUP 数値, 範囲, 番号, 検索方法 のように入力しましょう。 また使い方として多いのではないかと思われるのが対象セルの参照ですね。 A1セルを指定してVLOOKUP A1, 範囲, 番号, 検索方法 と検索キーを定めて参照値も自動にして利用が多いかと思います。 範囲 探したいセルの範囲を指定します。 番号 その範囲の中で何列目か?と指定する値を入力します。 範囲の一番左側を先頭列で1としますので注意してくださいね。 また、下記にも示しますが、Vlookup関数で値を複数列取得する必要がある場合、該当の列が何列目になるかカウントするのが面倒…. という場合は,を利用すると便利です。 [並べ替え済み] 検索対象の列(指定した範囲の先頭列)が並べ替え済みであるかを指定します。 TRUE の場合は、[検索キー] に最も近い値が返されます。 Falseか、True、またエクセル同様 Falseは数字の0でも対応が可能です。 私はタイピングの回数も減るので毎回0を入力して済ませています。 Vlookup関数の使い方 2-1. 簡単ですね。 2-2. マーク、セル範囲と入力すれば記述できます。 2-3. スプレッドシートにしかない関数のためExcelユーザーにも馴染みのない関数かと思います。 google. google. 「 17mRlAVlD6GO5V8lRgGlQvGJzXB-d1oK0NTeEFDW-zLk」の部分だけ読み込めば完成します。 ぜひご活用ください。 また近々記事にしていきます。 Vlookup関数と合わせて使いたい関数 先程のimportrange関数同様他の関数との組み合わせでこそ力を発揮します。 そんなVlookup関数と合わせて使いたいオススメ関数の一部をご紹介します。 3-1. 列名数え間違いのエラー回避!COLUMNS関数の使い方 列名を毎回数えて番号を記述するのは、数え間違いが起きたり、たまにセルを追加したい。 削除したいってことありませんか?そんな時に活用するのがcolumns関数です。 3-2. そんな時は、iferror関数の出番です。 3-2-1. 3-3. columns関数で参照値の列数を自動で数えよう。 これで数え間違い、セル追加・削除後の修正とはおさらばです!指定した配列または範囲の列数を計算してくれる関数です。 結構重宝します。 3-3-1. columns関数の基本構文 基本構文:columns 範囲 これだけです。 シンプルですね。 値は、指定した配列または範囲内の列数を返します。 3-3-2. vlookup関数とcolumns関数の使い方 文字で見るよりイメージを見せた方が早いかと思います。 1枚目では全く問題なくどちらも同じ数値を引っ張ってきていますね。 しかし、2枚目ではどうでしょうか?2つの数値が異なっていますね。 DとEの間にセルを入れたいなと思う事ってたまにあったりするかと思うんですが、そんな時に活用できる便利な関数です。 使える関数ですので、是非試してみてください。 3-4. ArrayFormula関数で計算を軽くして動作スピードアップ Vlookupを含めて関数を複雑に組みすぎると重くなって動かなくなった。 ブラウザが落ちてしまった。 そんな時はArrayFomormula関数で軽くしておきましょう。 配列数式から返された値を複数行または複数列に表示したり、非配列関数で配列を使用したりすることができます。 はい、意味が分かりませんね。 通常数式はすべてのセル内に計算式を書きますけど。 ArrayFormulaであれば入力箇所が一つで済みます。 また計算による負荷も少ないため、サクサク動きます。 一方ArrayFormula関数ではC2の列で全く同じデータを返します。 重いなーと思ったら、こちらも是非活用してみてください。 他の関数にももちろん使えます。 3-5. 複数のデータを抽出をしたい。 それQuery関数で叶います。 条件にあった複数の行を取得・参照したい場合は、Vlookup関数ではなくQuery関数という強力な関数があります。 こちらを詳しくお知りになりたい場合は、別記事をご参照ください。 またの機会に記述します。 まとめ いかがでしたか? 皆さんもぜひGoogleスプレッドシートでVlookup関数をバリバリ活用してみてください。

次の

Googleスプレッドシートとは? Excelとは何が違う? [Google スプレッドシートの使い方] All About

スプレッド シート 別 ファイル 参照

1 つの表から別の表へ値 行 を付加することで、2 つ以上の表を組み合わせたデータのユニオンを作成することができます。 Tableau データ ソースでデータのユニオンを作成するには、同じ接続の表を使用する必要があります。 サポートされるコネクタ データ ソースでユニオンがサポートされている場合、データに接続するとデータ ソース ページの左ペインに [ユニオンの新規作成] オプションが表示されます。 また、次のリストを参照して、データ ソースでユニオンがサポートされていることを確認します。 Tableau Desktop• Excel• テキスト ファイル• Google スプレッドシート• JSON ファイル• PDF ファイル• Amazon Redshift• Aster Database• Cloudera Hadoop• Google BigQuery• Hortonworks Hadoop• Vertica• IBM DB2• IBM PDA Netezza• Microsoft SQL• MySQL• Oracle• PostgreSQL• Pivotal Greenplum Database• SAP Sybase ASE• SAP Sybase IQ• Teradata Web 作成 Tableau Online と Tableau Server• Excel• テキスト ファイル• Amazon Aurora for MySQL• Amazon Redshift• Google Cloud SQL• IBM BigInsights• IBM DB2• IBM PDA Netezza• MemSQL• Microsoft SQL• MySQL• Pivotal Greenplum Database• PostgreSQL• SAP Sybase ASE• SAP Sybase IQ• Vertica 最善の結果を得るには、ユニオンを使用して組み合わせる表の構造が同じである必要があります。 つまり、各表のフィールド数が同じであり、関連するフィールドのフィールド名とデータ型が一致している必要があります。 たとえば、次の顧客購入情報が 3 つの表に保存されており、月で区切られているものとします。 表の名前は "May2016"、 "June2016"、および "July2016" です。 May2016 日 Customer Purchases タイプ 4 Lane 5 クレジット 10 Chris 6 クレジット 28 Juan 1 クレジット June2016 日 Customer Purchases タイプ 1 Lisa 3 クレジット 28 Isaac 4 現金 28 Sam 2 クレジット July2016 日 Customer Purchases タイプ 2 Mario 2 クレジット 15 Wei 1 現金 21 Jim 7 現金 これらの表のユニオンにより、すべての表のすべての行を含む次のような 1 つの表が作成されます。 ユニオン 日 Customer Purchases タイプ 4 Lane 5 クレジット 10 Chris 6 クレジット 28 Juan 1 クレジット 1 Lisa 3 クレジット 28 Isaac 4 現金 28 Sam 2 クレジット 2 Mario 2 クレジット 15 Wei 1 現金 21 Jim 7 現金 手動で表のユニオンを作成する このメソッドを使用して、個別の表のユニオンを手動で作成します。 この方法では、[データ ソース] ページの左ペインから個々の表を選択し、それを [ユニオン] ダイアログ ボックスにドラッグできます。 手動で表のユニオンを作成するには• データ ソース ページで、 [新しいユニオン] をダブルクリックして、ユニオンをセットアップします。 左ペインから [ユニオン] ダイアログ ボックスに表をドラッグします。 左ペインから別の表を選択し、最初の表の下に直接ドラッグします。 ヒント:複数の表を 1 つのユニオンに同時に追加するには、左ペインで、 Shift または Ctrl Mac では Shift または Command を押しながら、ユニオンの対象とする表を選択し、それらを最初の表の下に直接ドラッグします。 [適用] または [OK] ボタンをクリックしてユニオンを行います。 ワイルドカード検索を使用してユニオン表を作成する Tableau Desktop このメソッドを使用し、ユニオンに表を自動的に含めるための検索条件を設定します。 pdf ファイル名、およびデータベースの表名内の文字のシーケンスやパターンを照合できます。 Excel、テキスト ファイル データ、JSON ファイル、および. pdf ファイル データを扱う場合は、このメソッドを使用してフォルダー全体でファイルのユニオンを作成したり、ワークブック全体でワークシートのユニオンを作成したりできます。 検索範囲は選択した接続となります。 接続、および接続で利用可能な表は、[データ ソース] ページの左ペインに表示されます。 ワイルドカード検索を使用して表のユニオンを作成するには• データ ソース ページで、 [新しいユニオン] をダブルクリックして、ユニオンをセットアップします。 [ユニオン] ダイアログ ボックスで [ワイルドカード 自動 ] をクリックします。 ユニオンに含める表を検索するために、Tableau が使用する検索条件を入力します。 このような検索により、選択した接続から、May2016、June2016、July2016 表 Excel ワークシート のユニオンが作成されます。 [適用] または [OK] ボタンをクリックしてユニオンを行います。 より多くの Excel、テキスト、JSON および. pdf データを検索する拡張検索 ユニオンで最初に利用可能な表は、選択した接続を範囲としています。 現在のフォルダー以外 Excel、テキスト、JSON および. pdf ファイルの場合 または異なるワークブック Excel ワークシートの場合 にある表のユニオンを行う場合は、[ユニオン] ダイアログ ボックスの 1 つまたは両方のチェック ボックスをオンにして、検索範囲を拡大します。 たとえば、ユニオンを行うとします。 すべて 現在のフォルダー内で、名前の最後に "2016" が付くすべての Excel ファイルを探します。 緑のボックスは、この検索条件の結果としてユニオンされたワークブックとワークシートに所属する表を示します。 現在のフォルダー内で、名前の最後に "2016" が付くすべての Excel ファイルを探します。 緑のボックスは、この検索条件の結果としてユニオンされたワークブックとワークシートに所属する表を示します。 緑のボックスは、この検索条件の結果としてユニオンされたワークブックとワークシートに所属する表を示します。 以下の図では、黄色にハイライトされたアイテムは現在の場所、つまり接続先を作成した Excel ワークブックを表しています。 緑のボックスは、この検索条件の結果としてユニオンされたワークブックとワークシートに所属する表を示します。 注: Excel データを扱う場合、ワイルドカード検索は名前付き範囲を含め、Data Interpreter によって見つかった表を除外します。 ユニオンの名前の変更、修正、削除を行う [データ ソース] ページのキャンバスで直接、基本的なユニオン タスクを実行します。 ユニオンされた物理テーブルを含む論理テーブルをダブルクリックし、ユニオンのドロップダウン矢印をクリックして [削除] を選択します。 フィールド名またはフィールドの順序を一致させる ユニオンに含まれる表は、フィールド名を一致させて結合します。 Excel、Google スプレッド シート、テキスト ファイル、JSON ファイル、または. pdf ファイル データの操作で一致するフィールド名がない場合 または表に列ヘッダーが含まれない場合 は、ユニオンを作成してユニオン ドロップダウン メニューから [フィールド名を自動に生成] オプションを選択し、参照元データのフィールドの順序に基づいて表を結合するように Tableau に伝えることができます。 ユニオンに関するメタデータ ユニオンの作成後、ユニオンに関する追加フィールドが生成され、グリッドに追加されます。 この新しいフィールドでは、ユニオンに含まれる元の値がどこから来ているかについての情報を、シート名および表名を含めて提供します。 これらのフィールドは、分析で重要な一意の情報がシート名または表名に埋め込まれている場合に役立ちます。 上の例の表には、データ自体ではなく表名に保存されている一意の年月の情報が含まれています。 このような場合、ユニオンにより生成される [表名] フィールドを使用し、この情報にアクセスして分析に使用することができます。 名前付き範囲がユニオンで使用されている場合、 [シート] フィールドの下に NULL 値が表示されます。 注:結合キーとして、ユニオンにより生成されたフィールドである [シート] および [表名] を使用できます。 結合内のユニオン表は、別の表またはユニオン表とともに使用できます。 ユニオンの一致しないフィールドをマージする ユニオンのフィールド名が一致しない場合、ユニオンのフィールドには NULL 値が含まれます。 マージ オプションを使用して一致しないフィールドを 1 つのフィールドにマージし、NULL 値を削除できます。 マージ オプションを使用すると、元のフィールドが新しいフィールドに置き換えられ、一致しないフィールドの各行の先頭に NULL でない値が表示されます。 独自の計算を作成したり、参照元のデータを変更し、一致しないフィールドを組み合わせることもできます。 たとえば、4 番目の表である "August2016" が参照元データに追加されたものとします。 標準的な "Customer" フィールド名でなく、省略バージョンである "Cust. " が含まれています。 August2016 日 Cust. Purchases タイプ 7 Maria 2 クレジット 9 Kathy 1 クレジット 18 Vijay 7 現金 これらの表のユニオンにより、表のすべての行を含み、複数の NULL 値がある 1 つの表が作成されます。 マージ オプションを使用し、関連する顧客フィールドを 1 つのフィールドに結合することができます。 ユニオン NULL 値を含む 日 Customer Purchases タイプ Cust. 4 Lane 5 クレジット NULL 10 Chris 6 クレジット NULL 28 Juan 1 クレジット NULL 1 Lisa 3 クレジット NULL 28 Isaac 4 現金 NULL 28 Sam 2 クレジット NULL 2 Mario 2 クレジット NULL 15 Wei 1 現金 NULL 21 Jim 7 現金 NULL 7 NULL 2 クレジット Maria 9 NULL 1 クレジット Kathy 18 NULL 7 現金 Vijay ユニオン マージされた列を含む 日 Purchases タイプ 顧客、Cust。 4 5 クレジット Lane 10 6 クレジット Chris 28 1 クレジット Juan 1 3 クレジット Lisa 28 4 現金 Isaac 28 2 クレジット Sam 2 2 クレジット Mario 15 1 現金 Wei 21 7 現金 Jim 7 2 クレジット Maria 9 1 クレジット Kathy 18 7 現金 Vijay フィールドをマージした後は、マージから生成したフィールドをピボットまたは分割で使用するか、結合キーとしてフィールドを使用できます。 マージから生成されたフィールドのデータ型を変更することもできます。 マージされたフィールドの列ドロップダウン矢印をクリックし、 [マージの削除] を選択します。 概要:ユニオンの操作 Tableau Desktop と Web 作成 Tableau Online と Tableau Server• ユニオン表は結合で使用できます。 ユニオン表は、結合で別のユニオン表と共に使用できます。 ユニオンにより生成されたフィールドである [シート] および [表名] は、結合キーとして使用できます。 名前付き範囲がユニオンで使用されている場合、 [シート] フィールドの下に NULL 値が表示されます。 マージから生成されたフィールドはピボットで使用できます。 マージから生成されたフィールドは結合キーとして使用できます。 マージから生成されたフィールドのデータ型を変更できます。 表のユニオンは同じ接続内で作成します。 つまり、異なるデータベースの表のユニオンを作成することはできません。 Tableau Desktop のみ• Excel データを扱う場合、ワイルドカード検索は名前付き範囲を含め、Data Interpreter によって見つかった表を除外します。 マージから生成されたフィールドはピボットまたは分割で使用できます。 JSON ファイルのユニオンを作成するには、拡張子が. json、. txt、または. log のファイルが必要です。 JSON データの操作の詳細については、を参照してください。 ワイルドカード検索を使用して. pdf ファイル形式で表のユニオンを作成する場合、ユニオンの結果は最初に接続した. pdf ファイルでスキャンされたページ範囲に限定されます。. pdf ファイル形式でのデータの操作の詳細については、を参照してください。 ストアド プロシージャでユニオンを実行することはできません。 データベース データを扱う場合は、ユニオンをカスタム SQL に変換できます。

次の

複数の Google スプレッドシートのデータを集約する

スプレッド シート 別 ファイル 参照

Google スプレッドシート、便利ですよね :- で、いろいろと使うようになると、下記のようなケースもあるのではないでしょうか?• 営業所ごとに作成されたスプレッドシートのデータをまとめたい• 経理ソフトにインポートするため、各社員が作成した経費の申請書から、データを抽出してまとめたい こういうユースケース、Google Apps Script を使えると、わりと簡単に対応できるんですが、意外と見当たらなかったのでご紹介。 (2016. 03 追記)コメント欄で、harhogefooさんが一部動作しなくなったコードを修正してくれたうえに、コードとしてまとめてくださいました。 ありがとうございます! 仕様 カンタンのため、ざっくり、下記のような前提で…• 特定のフォルダの直下に対象となるスプレッドシートがすべて入っている• 各スプレッドシートのうち、集計したい対象は最初のシートに限定 また、実際にこういうのを使うのは、総務とか経理とか、それほど ITに詳しくない人かもしれないので、下記のような方針で... Google Developer Console にログインしないといけないような ワザは使わない。 Google Apps Script を編集しなくても、対象となるスプレッドシートのフォーマット変更に対応できる。 ということで、読み込み対象フォルダやコピーしたい領域、申請者や支店名などの識別子が書かれている場所などを下記のように スプレッドシートで設定し、Sidebar にカンタンな UI領域を作ることにしました。 下準備 まずは、読み込み対象データを作る下準備から… 「経費精算書」というフォルダを作った上で、下記みたいな経費精算書を2つ作成しておきました。 Sidebar の作り方 カスタムの Sidebar を利用する場合、Google Apps Script の HTML Service を利用します。 (下記リンク先では、UI Serviceも使えるように書いてありますが、今はもう利用出来ません。 まずは、スプレッドシートを新規作成した上で、<ツール><スクリプトエディタ> を開きます。 デフォルトの名前だとなんとなく寂しいので、名前を付けておくことにします。 gs) 続いて、コード内の myFunction を showSidebar と変えて、下記のように書き換えます。 createTemplateFromFile ' Sidebar '. evaluate. setTitle " シート集計 " ; SpreadsheetApp. getUi. html というファイルをテンプレートに HTML Service を生成しているので、Sidebar. html というファイルを追加しましょう。 <ファイル><新規作成><HTMLファイル>から、Sidebar. html を作ります。 デフォルトで入っている中身を書き換えて、下記のようにしてみます。 最初にスタイルシートを読み込んで、最後に JavaScript を読み込むようにしてあります。 読み込み開始 続いてスタイルシート用のHTMLファイル、<ファイル><新規作成><HTMLファイル>から、Stylesheet. html を作ります。 Google さんが add-on用に CSSを用意してくれているので、それをベースに使ってみましょう。 script. run. withUserObject this. removeClass. script. run といったあたりがキモですね。 成功時、失敗時のハンドラを登録しつつ、Google Apps Script の aggregateData という関数を呼び出します。 withUserObject this というのをつけることにより、ハンドラを呼び出す際に this (この場合は buttonエレメント)が付加されるので、ハンドラ側でボタンの状態を disabled から戻すことが出来ます。 では、aggregateData. gs に下記を加えてみましょう。 その後、「読み込み開始」ボタンを押すと、サイドバーに Google Apps Script からのメッセージが表示されるはずです。 シート上の設定情報を読み込む さて、次は、「読み込み開始」ボタンを押されたときに、シート上の設定情報を読み込んでみましょう。 下準備で用意しておいたようなシートを読み込むので、スプレッドシート上に、下記のような項目を入れたうえで、シート名を「集計設定」と変更しておきます。 続いて、スクリプトエディタに戻って、上記の設定情報を読み込みます。 下記の getConfig を加えると同時に、aggregateData を少し修正しましょう。 getDataRange. ただし、スプレッドシートにアクセスする関数を利用するため、「承認が必要です」というプロンプトが表示され、シートへのアクセスを許可する必要があります。 ここでは、単純に、「集計設定」というシートを読み込み、Key-Value のようなカタチでそのまま変数に格納しています。 フォルダ内のファイル一覧を取得する 続いて、フォルダ内のファイル一覧を取得し、ファイル名と識別子(申請者)のリストを作ってみましょう。 aggregateData. gs を下記みたいに修正します。 今度は、Google Drive にアクセスするので、再び承認を求められます。 先ほどと同じように許可してください。 getFoldersByName cfg [ ' 集計対象フォルダ ' ]. getRange cfg [ ' 識別子 ' ]. getValue ; fileList. 各ファイルを SpreadSheetとしてオープンし、最初のシートを取得、設定用シートの「識別子」として定義されたセルに書かれたデータ(申請者など)を取得し、fileList に、ファイル名と識別子をセットで保存しています。 これまでは、aggregateDataの返り値を文字列にしていましたが、今回は 配列を返しているので、受け取り側も変更する必要があります。 getFoldersByName cfg [ ' 集計対象フォルダ ' ]. getActiveSpreadsheet. getSheetByName cfg [ ' 書き込み先シート ' ] ; if! getActiveSpreadsheet. getRange cfg [ ' 識別子 ' ]. getValue ; fileList. getRange cfg [ ' 読み込み領域 ' ] ; outputSheet. getRange curRow , 2 , srcRange. getHeight , srcRange. getWidth. setValues srcRange. getRange curRow , 1 , lastRow - curRow , 1. こんな感じで、実際に実行すると、下記のようなシートを作成してくれます。 最後に 実際にコード書くよりも、このメモを書く方が長くなってしまって、雑な解説になってしまいましたが、多少なりともお役に立てれば幸いです。 あと、実際に使う際には、ちょこちょこ、エラー処理を入れておいたほうが良いと思います。

次の