ご査収 ご査証 違い。 「ご査収」の正しい意味と使い方。「ご査収」と「ご査証」の違いも

「ご査収」の正しい意味と使い方。「ご査収」と「ご査証」の違いも

ご査収 ご査証 違い

Contents• 「ご査収ください」の意味とは? 仕事で相手にファイルや書類を確認していただきたいときなど ビジネスシーンで 「ご査収ください」といったことばを使うことは日常よくあります。 しかし、 「ご査収ください」の意味をしっかりと理解できて使えているかといわれると 「???」といったことにもなりやすい言葉です。 まず、 「査収(さしゅう)」の意味とは広辞苑で調べてみると 「よく調べた上で受け取ること」 と記されています。 その 「査収」に 尊敬語の接頭語である 「ご(御)」がついて使用しています。 「ください」は相手に何らかの 行動を求める意味の 補助動詞ですね。 「ご査収ください」の使い方 「ご査収ください」の使い方ですが、 「査収」の 「査」が、調べるといった意味で 「収」は、収めるという意味をもつ漢字です。 つまり、前提は 相手に受け取るものがあること また、 相手が未確認のものについて付ける言葉です。 ですので、使うことができるのは、 例えば先方に相手がまだ見ていないファイルを添付したメールを送ったとき、 そのファイルについて「ご査収ください」といった使い方などですね。 ですので、 何も資料を添付していないのに、 「ご査収ください」と送付してしまうと、 「何を確認すればいいのだろう?」 と相手を困らせてしまいますので注意しましょう。 この「ご査収ください」を使うのは、 添付資料などがある時に使う言葉として覚えておくといいですね。 「ご査収ください」の例文 スポンサードリンク 「ご査収ください」の例文をいくつかあげておきます。 例文 ・先日の内容を添付の資料にまとめさせていただきました。 ご査収ください。 ・こちらを明日の会議で使う予定の資料です。 さきにお送りしますのでご査収ください。 ・本日、別便で商品をお送りしております。 ご査収くださいますようよろしくお願いいたします。 ・見積書を再度お送りしますので、ご査収ください。 「ご査収」・「ご査証」・「ご確認」との違いと使い分け では、「ご査収」と間違いやすい 「ご査証」、「ご確認」との違いをみていきます。 なにかがあって その事実を確かめるといったときに使います。 入国審査の時は相手に犯罪歴がないか、 不審な点がないかしっかり調べて 証明した上で入国することが許可されます。 つまり、「ご査証ください」を使うと、 先方に 「きちんと調べた上で証明してください」と言っているのと同じなのです。 そのため、 「ご確認ください」を丁寧にしたつもりで、 「ご査証ください」と書いてしまう方がいますが、 これは間違った使い方です。 これは相手に 対して「確認して証明してください」と言っていることになります。 ちぐはぐな言い回しになってしまい、失礼になりますので、 間違えないように注意してください。 また、 「査収」とはまだ確認していないものに対して付ける単語なので、 添付ファイルや資料がない時は「ご確認ください」を使うのが適切です。 例文 ・資料を添付しましたので、ご査収のほどよろしくお願いいたします。 ・ご確認の上、ご署名ください。 「ご査収ください」への返信・返事は? 「ご査収ください」とメールがくると、困るのは返信、返事です。 「査収」の意味が分かっていないと、 何と返信すれば 悩んでしまいますが、 「ご査収ください」の返信に、 「ご査収」の言葉は使いません。 ご査収が未確認の添付ファイルや資料に対して使われていますので、 返信・返事は、 「確かに受け取りました。 」 「拝受しました。 」 「受領いたしました。 」 などが適切です。 また 内容をしっかりと確認したことを強調したいのであれば 「拝見しました。 」 を使いましょう。 ま と め 仕事やビジネスシーンではより正しい言葉使いが必要になります。 意味も分からずに適当に使ってしまうと、相手を困らせてしまうこともありますからね。 そのため、社会人になったら必要最低限のビジネスマナーが必要です。 そしてその1つがメールの やり取りです。 「ご査収ください」とは添付資料を確認して欲しい時に付ける言葉ですので、 そうでない時は「ご確認ください」を使うようにしてください。 また、「ご査収」といったあまり日常つかわないことばを無理に使わなくても 「添付資料をご確認いただいてもよろし いでしょうか」 「資料のご確認をよろしくお願いいたします」など、 相手にきちんとこちらの意図が伝わるように使ってもいいですね。 投稿者 投稿日: カテゴリー.

次の

「ご査証のほど」の使い方と例文|「ご査証」と「ご査収」の違い

ご査収 ご査証 違い

「ご査収」の意味とは? 「ご査収」の読み方は「ごさしゅう」です。 ビジネスメールで実によく見かける表現ですが、どういった意味があるのでしょう。 「ご査収」の意味は「よく確認し、受け取る」 「ご査収」には、よく確認し、理解した上で受け取ってください、という意味があります。 かみ砕いてみると、「ご査収」の「査」は調べる・理解するという意味、「収」は受け取る・収めるという意味です。 それに、丁寧の接頭辞「ご(御)」がついているので、敬語としてビジネスシーンでも問題なく使える表現になっています。 「ご査収」は添付資料が前提 「受け取ってください」という意味の「ご査収」は、何か資料を添付していることが前提の表現です。 メールの場合は添付ファイルが、郵送の場合は何かしらの添付書類が必要です。 中には、添付ファイルのない状態でも、「ご査収ください」というメールを送る人がいますが、これは誤りです。 先方に受け取ってもらうもの(添付ファイルや文書)がない場合には使用することはできません。 詳しく調べる必要がない時は「ご確認」 「ご査収」は、調べたり確認したりした上で受け取るという意味ですので、よく調べる必要がない場合にも、厳密にいうと使用できません。 たとえば、資料を添付している場合でも、以前の資料を微修正しただけという場合には、不向きです。 よく調べる必要がない場合には、「ご確認ください」を使うのが適切です。 情報共有程度という場合には使わないほうがベターです。 「ご査収」はどう使う?使用例文 実際に「ご査収」をビジネスシーンで使う場合には、どういった文章にすればよいのでしょう。 よくある使用例をもとに紹介していきます。 「ご査収ください」が一般的 「ご査収」は、「ご査収ください」という表現が最もよく使用されています。 敬語表現として目上の人にも使うことができますが、どちらかというと社内の目上の人など、比較的近い間柄で使われる表現です。 「ご査収くださいませ」とすると、やや丁寧なニュアンスが加わります。 「資料を添付しておりますので、ご査収くださいませ」という言い回しが可能です。 「ご査収の程よろしくお願い致します」もよく使う 「ご査収」を使った表現には、「ご査収の程よろしくお願いいたします」という言い方もあります。 こちらもよく目にする表現で、取引先の人にも使える表現です。 「~の程(のほど)」という言葉が、文章を和らげる役割を担っているのがポイントです。 同様の表現では、「ご査収くださいますようお願い申し上げます」もよく使用されます。 「ご査収いただければ幸いです」は非常に丁寧 先に紹介した言い回しも丁寧な表現ではありますが、より一層丁寧な表現にしたい場合には、「ご査収いただければ幸いです」という言い方をします。 たとえば、「御見積書を添付いたしましたので、ご査収いただければ幸いです。 何卒よろしくお願いいたします」という風に使うことができます。 取引先の部長やこれから取引をスタートする相手など、より配慮が必要な相手におすすめの表現です。 依頼では「ご査収の上、よろしく~」 確認して受け取った上で、何か対応を依頼したい場合には、「ご査収の上、よろしく~の程お願いいたします」という表現を使用します。 たとえば、「ご査収の上、よろしくご連絡の程お願いいたします」とすると、折り返し連絡が欲しいという意味です。 「ご査収の上、よろしくご手配を賜りますようお願い申し上げます」は、何か手配をお願いしたい場合に使います。 「ご査収ください」に対する返事の書き方 「ご査収ください」とされたメールを受け取った場合には、まず添付資料の確認をしますが、返事はどう書けばよいのでしょう。 返事の書き方は次の通りです。 中身を確認したことが分かるようにする 「ご査収ください」とされたメールには、添付された資料を確認したことが分かるような返信をするのがポイントです。 まずは、「確かに頂きました」と受け取った旨を記載します。 その上で、「特に問題ございませんでした。 ご送付いただき、ありがとうございました」や「大変丁寧にまとめていただき感謝申し上げます」と内容もチェック済みであることを書きましょう。 「受け取った」という意味では、「拝受しました」「拝見しました」という表現も便利です。 訂正箇所は返信メールに書いてOK 送られた資料に不備があった場合には、返信メールで修正を依頼しても問題ありません。 たとえば、「資料の送付ありがとうございました。 内容を確認させていただきましたが、1点修正のお願いがございます」などと切り出した上で、修正内容を明記しましょう。 「ご査収」の類語・英語表現は? 「ご査収」という言葉はビジネスシーンではよく見かけますが、言い換えたい場合や英文メールではどういった表現が適切なのでしょう。 類語・英語表現を紹介します。 類語は「お受け取りください」 「ご査収」の類語は、受け取るという意味の「お受け取りください」です。 メールで使うのであれば、「ご確認の上、お受け取りください」という風にします。 また、「内容をご確認いただけますと幸いです」や「ご検討の程、よろしくお願いいたします」という表現が使えることもあります。 目上の人には「御高覧ください」も使える 目上の人に「目を通してください」「確認してください」と言いたい場合には、「御高覧ください」という表現が使えます。 たとえば、「弊社の新しいコーポレートサイトが完成しました。 ぜひ御高覧ください」や「新しいご提案書を作成いたしましたので、御高覧ください」という使い方が可能です。 丁寧な表現では「ご笑納ください」 より丁寧な表現を使用するのであれば、「ご笑納ください」という言い方もあります。 「ご笑納」は「ごしょうのう」と読み、「つまらないものですが、笑って納めてください」という意味です。 「受け取ってください」の丁寧な表現ではありますが、ビジネスではあまり使えるようなシーンがないかもしれません。 たとえば、手土産を渡す際などに、「ささやかですがご笑納いただければ幸いです」などという風に使います。 英語では「refer to」を使う 英語で「ご査収」という場合には、「参照する」という意味の「refer to~」を使用します。 「Please kindly refer to the attachment s. (添付ファイルをご参照ください)」は、英文メールではよく見られる表現です。 この場合、「the attachment s 」が添付ファイルという意味になります。 また、「see」という単語を使い、「Please see the attached file 」という言い方をすることもあります。 まとめ 「ご査収ください」という言い方は、ビジネスメールでよく使用する表現ですが、一方で誤用もちらほら見受けられます。 添付ファイル(添付資料)があることが前提となりますので、注意してください。

次の

「ご査収ください」の意味と使い方を教えてください。

ご査収 ご査証 違い

目上の人や取引先とのやりとりで、これらの言葉を使う機会は度々出てきます。 どちらも敬語にはなりますが 使い方によっては相手に強要する言い方になりかねませんので、間違った使い方ではなく、をしないよう注意が必要です。 ご査収の正しい使い方と注意 ご査収とは、 対象物に対しての確認を含めて相手に渡す時に「ご査収下さい」と伝えるのが正しい使い方です。 ただ、答えをどことなく要求しているようにも捉えられる言葉でもあるため、 過剰な表現になっていないか時と場合を考えるよう注意しましょう。 私が普段ビジネスシーンで感じるのは「ご査収下さい」という文言を受け取ると 「よくチェックしてからきちんと返答ください」と一方的に投げられている気がしてややプレッシャーを感じます 笑 似た意味合いの「ご確認ください」と言われるほうが 「いかがでしょうか?なにかあればお知らせください」とやや控えめな態度で相手の状況を伺っているように受け取れるため、どちらかというと好印象に感じます。 ご査収に対する答え方 ご査収下さいとは「よく調べてから答えをちょうだい!」といわれているようなものですから、ただ単に「受領しました」と受け取ったことへの返 答だけではなく、きちんと中身を確認した旨も伝えなくてはなりません! ご査収に対しては 「中身を確認し、受領した」という返事をするこのことをぜひ覚えておいてください。 ご査証の正しい使い方と注意 ご査証とは、 何かを証明する必要がある事に対して「ご査証下さい」と伝えるのが正しい使い方です。 ご査収と同じく「ご査証」というとなんだか丁寧な言葉に聞こえますが、相手に対して強く迫ったような表現に聞こえてしまいます。 ビジネスシーンや目上の人に対して割と厳しい状況の時に使うため、 使い方としては時によっては失礼な印象を与えてしまうものだと心に留めておきましょう。 ご査証に対する答え方 「ご査証ください」ともし言われてしまったら、なにか きちんとした答えの証明を見せて下さいと言われているようなものなので、 証明できる書類などがあれば添付する必要があります。 もしも何かの商品に対するクレームへの「ご査証」なら、相手に対して弁明するための補償を証明しなければなりません。 ビジネスシーンでの使い方 ご査証よりも ご査収のほうが圧倒的に無難だということは、この二つの言葉を検索してみれば一目瞭然! ご査証は滅多に使うことはないはずですから、メールや手紙など取引先の相手に何かを確認してもらいたかったり、添付物がある時は「ご査 収ください」と文末につけましょう。 逆に「ご査収下さいませ」と受け取った場合は、それを確認した旨をきちんと相手方に伝えることを忘れないで! 使える例文 目上の人やビジネスシーンにおいて「ご査収願います」「ご査収くださいますよう~」はよく現れます! ポイントは、• きちんと確認してもらう中身が存在するということ。 受け取りと返答が前提となる場合にだけ使えるということ。 では、例文からそのシーンを想像してみましょう! ご査収を使った例文• 明日使用する資料を送付しますので、ご査収ください。 ご注文の品をお送りしましたので、よろしくご査収くださいませ。 先日の領収書を発送いたしましたので、何卒ご査収ください。 お預かりした履歴書とご提出書類をご返却いたしますので、ご査収ください。 添付ファイルにて、プロジェクトの進捗状況をお送りしております。 よろしくご査収ください。 ご査証を使った例文• 旅券の査証(ビザ)をお受けください• 査証申請が必要です• 査証が免除されました!• 問題がありました製品に対してご査証くださいませ 類似の尊敬語 丁寧語• お受け取りください• ご確認ください• お納めください• ご笑納ください などのほうが、少し砕けた言い方なので、この4つは シーンを選ばず使えそうですよ。

次の