ボーナス 税金 高い。 ボーナスから引かれる税金は高い?手取り金額を割り出す計算法とは

ボーナスの所得税が高い!税率と増えた理由・年末調整で戻る可能性は?

ボーナス 税金 高い

「ボーナスはあるけど、月給は低い。 ボーナスはないけど、月給は高い。 これってどっちが得なの? 」と考えたことはありませんか。 もし同じ年収であれば、一体どちらがお得なのでしょうか。 それぞれのメリット、デメリットを解説します。 ボーナスはあるが月給は低い、ボーナスはないが月給は高い、どっちがお得? ボーナスはあるが月給が安い場合 <メリット> ・ボーナスをもらえるお得感がある ボーナスがあると、月給以外に大きなお金がもらえるお得感があります。 特に、普段の月給が安ければ、ボーナスの額面に対する喜びはより一層大きなものとなるでしょう。 ・生活にメリハリができる ボーナスがあれば、毎月の給料では購入できないものをボーナスで買える楽しみができます。 また、日々の生活は月給の範囲内で行うことになるため、節約の習慣を身につけることもできるでしょう。 ・ボーナスでやる気もアップ ボーナスは、一般的には仕事ぶりを高く評価された社員ほど多く支給されるものです。 ボーナスをたくさんもらえるとなれば、夏と冬の年2回のご褒美を楽しみに、次の仕事へのモチベーションもアップすることでしょう。 <デメリット> ・ボーナスをあてにしたマネープランを立てがち ボーナスをもらうことに慣れてくると、ついボーナスをもらうことを前提にマネープランを立ててしまいやすくなります。 しかし、ボーナスの支給は会社の業績などによっても左右されるため、毎回例年通りもらえる保証はありません。 そのため、ボーナスに頼りすぎない計画を立てる必要があります。 ・ボーナス払いに頼ると危険 月給が低いと、どうしてもローンはボーナス払いの比重が高くなります。 しかし、ボーナス払いに頼ってばかりいると、万が一ボーナスを減額あるいはカットされてしまった場合には支払いが滞る危険性があります。 ボーナスはないが月給が高い場合 <メリット> ・ボーナスをあてにしないマネープランが立てられる 月給は、会社の都合で勝手に減額したりカットしたりすることはできません。 毎月ほぼ決まった金額が手に入るため、マネープランが立てやすくなります。 ・残業手当などが多くなる 月給が高いと、それを基に計算される時間外労働、休日労働、深夜労働といった割増賃金の増加額も大きくなります。 たとえば、時間外労働によって支給される残業手当は、通常の時間単価の1. 25倍です。 つまり、通常の給与が高いほど、割増賃金の対象となる手当の額が大きくなるのです。 ・高収入なら社会保険料がお得なことも 給与から差し引かれる社会保険料 協会けんぽ のうち、健康保険料、介護保険料 40歳~64歳 、厚生年金保険料は、月給が高い方がお得になる場合があります。 ボーナスに対する社会保険料は、その総支給額から1,000円未満を切り捨てた金額に地域ごとの保険料率をかけて計算されます。 たとえば、東京都の平成30年4月分以降の保険料率 従業員負担分 は、 健康保険料、介護保険料……5. 735% 厚生年金保険料……9. 15% となっています。 仮に、ボーナスが50万円の場合は、 健康保険料、介護保険料……2万8,675円 厚生年金保険料……4万5,750円 がかかる計算です。 一方、月給に対する社会保険料は、「標準報酬月額」といって毎年4月から6月の給与の平均から1年間の分が決まります。 標準報酬月額には、ボーナスと同じ保険料率がかかるため、標準報酬月額50万円の保険料は、先ほどのボーナス50万円の保険料と同額です。 つまり、ボーナスと給与の社会保険料は、通常はあまり差がありません。 ただし、年収が高くなるほど月給が高い人の方がお得になる場合があります。 この差がどのように生じるかというと、標準報酬月額では、健康保険・介護保険は139万円まで、年金保険料は62万円までしか等級 標準報酬月額ごとの位 がなく、そこを上限に社会保険料が設定されているからです。 そのため、月給が高いBさんの方が、社会保険料を抑えやすいのです。 <デメリット> ・ご褒美をもらえるワクワク感はない ボーナスがなければ、「今年はいくらもらえるかな」というワクワク感を味わうことはできません。 「冬のボーナスの平均支給額は? 」というニュースを見たり、ボーナスをもらった友人などと話したりすると、少し切ない気持ちになってしまいます。 ・資金管理が重要に ボーナスがないと、特別な出費や高価な買い物に充てる費用は、普段の生活費と分けて自己管理で捻出しなければなりません。 浪費しやすい人や、お金の管理が苦手な人は要注意です。 ボーナスありなし、どちらがお得? それでは結局、ボーナスがあるのとないのではどちらがお得なのでしょうか。 ボーナスをもらえた方が楽しみは増え、生活にもメリハリが出ます。 しかし、割増賃金や社会保険料、そしてボーナスのように不安定な要素がない点から考えると、総合的にはボーナスなしで月給が高い方がお得といえるでしょう。 今回はあくまで、年収は同じで「ボーナスはあるが月給は低い」「ボーナスはないが月給は高い」という2つのケースを比較しました。 ワクワク感が味わえることを除けば後者の方がお得という結論に至りましたが、どちらにも良いところがあります。 それぞれのメリット、デメリットを参考に、ぜひご自身のマネープランに活かしてみてください。

次の

ボーナスが多い会社と月給が多い会社、どっちがお得?

ボーナス 税金 高い

ボーナス(賞与)から天引きされる税金、社会保険料はいくら? 6月・7月と12月は一般的に賞与、いわゆるボーナスの支給時期でもあります。 この時期になるときまって「大手企業、今回のボーナスの平均額はいくら?」というような記事がメディアをにぎわしますが、税務上の賞与の取り扱いはどうなっているのでしょうか。 税務上、賞与は「給与所得」として扱われる 所得税法上、所得は10種類に区分されます。 賞与はそのうちの「給与所得」に分類されます。 たとえば、月額給与35万円、夏・冬の賞与がそれぞれ50万円だった場合、税務上、給与所得の年収は• これが年収総額、いわゆる「額面」といわれるものです。 ただ、月額給与にしても賞与にしても、社会保険料や税金が差し引かれるため、手取り金額520万円ということにはなりません。 賞与から差し引かれる社会保険料や税金の仕組みを理解することがポイントとなってきます。 賞与にかかる社会保険料の計算方法 一般従業員の場合、賞与から控除される(差し引かれる)社会保険料は次の3つです。 健康保険料(40歳以降の場合は介護保険料含む。 以下同)• 厚生年金保険料• 雇用保険料 全国健康保険協会が運営している健康保険(協会けんぽ)の健康保険料、厚生年金保険料の計算方法は• 賞与の総額から1000円未満を切り捨て• それに保険料率を掛ける という方法によって算定されます。 一方、雇用保険料の計算において、賞与の総額から1000円未満を切り捨てるという作業はありません。 単純に保険料率を掛けるというシンプルな計算方法です。 東京都の協会けんぽの場合、2020年4月より健康保険料率9. 87%(介護保険を含む場合11. 66%)、一般の厚生年金保険料18. 3%(坑内員、船員を除く)となっています。 2020年4月納付分からの東京都の保険料額表 (出典:協会けんぽ より) 雇用保険の労働者負担分の保険料率は、業種が一般事業の場合、されます(一般の事業の場合)。 今回のケース(賞与50万円)で、介護保険の対象者(40歳以上)だとしたら、社会保険料率の合計は• (11. 66%+18. 3%=15. 28% となるので、賞与から差し引かれる社会保険料は• 28%=7万6400円 となります。 賞与にかかる税金(所得税)の計算方法 賞与から差し引かれる税金は「源泉所得税」です。 月額給与とは違って、賞与から住民税は差し引かれませんので注意してください。 また、社会保険料と源泉所得税の計算方法も異なります。 社会保険料が原則、額面が基準なのに対し、源泉所得税は前月の社会保険料控除後の給与が基準となっています。 たとえば、前月の社会保険料控除後の給与が28万2000円以上33万8000円未満で、扶養親族等の数が1人の場合の算定方法を考えてみましょう。 源泉徴収税額表の「賞与の金額に乗ずべき率」の欄を見ると、6. 126%と記載されているのがわかります。 賞与に対する源泉徴収税率(出典:国税庁ホームページ。 一部抜粋) なので、今回支給される社会保険料控除後の賞与に、上記の料率を掛けてもとめると、このケースの源泉所得税額は• 126%=2万5949円 と算定されます。 つまり、賞与の額面は50万円ですが、社会保険料7万6400円と、上の源泉所得税2万5949円を差し引くと、手取りは30万円台まで下がるというわけです。 源泉徴収票のどこに賞与は書いてあるのか 月額給与と賞与が確定すると、年明けに源泉徴収票が発行されます。 源泉徴収票には上記で計算したような手取り額は記載されず、「支払金額」の欄には給与と賞与の合計額、いわゆる額面の合計額が記載されます。 「社会保険料等の金額」の欄には、給与と賞与から差し引かれた社会保険料と、本人から申告のあった社会保険料の合計額が記載されます。 「源泉徴収税額」の欄は、年末調整の対象から外れた人の場合、給与と賞与から差し引かれた源泉徴収税額が記載されていますが、年末調整の対象者であれば、取り過ぎであれば還付、不足していれば追加徴収して税額が精算されるので、精算後の正しい源泉徴収税額が記載されています。 令和年代の源泉徴収票フォーマット(出典:国税庁ホームページ) ただし、賞与から差し引かれる源泉所得税が正確かという観点から見ると、前月の社会保険料控除後の給与を基準とした税率が、社会保険料控除後の賞与に掛けられてもとめられる概算額なので、年収を基準とした正しい税額ではありません。 賞与は給与所得の一部であると冒頭で説明しましたが、年収が確定しないと給料や賞与から天引きされた源泉所得税が正しいかどうかの計算ができないので• 年末調整の対象者……賞与から差し引かれた源泉所得税額についての精算が終了• 年末調整の対象でない者……賞与から差し引かれた源泉所得税額についての精算が未済 ということはおさえておいたほうがいいでしょう。 【関連動画・公務員のボーナス平均額についてはコチラ】 【関連記事をチェック!】.

次の

ボーナスにも税金ってかかるの?手取り金額の計算方法も紹介|転職Hacks

ボーナス 税金 高い

ボーナスから引かれた税金が安すぎる・高すぎる場合の注意点 ボーナスの支給を受ける際には、毎月の給与と同じで所得税等が差し引かれます。 この差し引かれた所得税等について、ボーナスの金額に対して安いと感じたり、高いと感じたりすることもあるかと思います。 ボーナスから引かれる税金が少なすぎた場合は、年末調整時に5万円近くの追加徴収をされてしまうこともあるので、注意が必要です。 ボーナスから天引きされる税金は、前月の給与により率が異なる? 賞与から差し引かれる所得税等の計算方法は複雑です。 詳細は、 にて確認して下さい ボーナスから差し引かれる所得税等の計算は、 賞与の額に一定の率を掛けて計算します。 その率は、 前月の給与により異なることになります。 つまり、同じ賞与の金額であっても、人により、差し引かれる所得税等が異なるのです。 同じ金額のボーナスでも人によって引かれるお金は異なる 給与等年収540万円、所得控除は、社会保険料控除 給与等の15% 、配偶者控除38万円、基礎控除38万円の場合の計算 前提条件として、いずれのケースにおいても、給与等年収は540万円、所得控除は、社会保険料控除 給与等の15% 、配偶者控除38万円、基礎控除48万円のみとします。 ケース1 前月の給与:35万円 給与の社会保険料 5万2500円 差引29万7500円。 差額は20,828円。 年2回の賞与だとすると、 41,656円の差になります。 ボーナスから引かれる税金が高すぎたり・安すぎたりしても、年末調整により精算されます 人により異なるということは、同じ給与等年収 年間給与・賞与収入 であっても、賞与の所得税等は異なることを意味します。 でも、安心して下さい。 給与や賞与の支給時に差し引かれた所得税等は、 年末調整により精算されますので、原則として、給与等年収が同じで、所得控除などの他の条件も同じ場合には、所得税等の金額も同じです。 021 復興特別所得税 = 年税額 126,000円 端数処理後 ケースごとの年末調整過不足は? ケース3は、 16,164円 142,164円 - 126,000円 の還付。 追加徴収 ケース5は、 15,600円 141,600円 - 126,000円 の還付。 ということになります。 ケース4が一番差し引かれた金額が少なかったため、結果的に年末調整時に 5万円近くの追加徴収をされてしまうことになります。 毎月の給与の額 例:20万円 と比較して、賞与が多い 例:150万円 場合には、差し引かれている所得税等額が 不足する可能性が高くなりますので、年末調整時に追加徴収されてもあわてないように、賞与の時に蓄えておくなどの準備が必要です。 出典: 当サイトはYouTube・Twitter等各動画共有サイトSNS等で閲覧できるストリーミング動画のURLやtweet・画像などをまとめているリンク集サイトです。 運営者は各動画・画像のアップロード、またはそれを推奨、援助する行為は一切行っておりません。 Twitter利用規約「3. 本サービス上のコンテンツ」に則り、ツイートを引用しております。 動画・音声・画像など著作権物に関しましてはすべて著作者・団体に帰属しております。 また、当ブログは著作権等の侵害を目的としたものではありません。 動画のアップロードや削除、仕様などの質問は各動画共有サイト・SNSサイトへ直接おねがい致します。 当ブログは可能な限り注意を払ってブログを運営・管理しておりますが、その正確性や適切性に問題がある場合、告知無しに情報を変更・削除する事がございます。 当サイトの利用で生じた損害に対し、当サイト運営者は一切の責任を負うものではありません。

次の