オンライン 面接。 【訂正版】採用担当者に聞いたオンライン面接導入の現状 3月末時点「導入済」は約20% 中途採用計画を上回った企業と下回った企業では 導入率に16ポイントの差 | プレスリリース | リクルートキャリア

5分でわかるオンライン面接の全て!知っておくべき採用トレンドを徹底解説

オンライン 面接

「オンライン面接」とは? オンライン面接とは、ウェブカメラを通じて遠隔地間で採用面接をすることです。 これまでは、在宅ワーカーの採用で導入されることが一般的でした。 しかし近年、正社員採用においてもオンライン面接が実施されるようになっています。 米国の企業や大学では、スカイプやGoogleハングアウトのビデオ電話などを活用したオンライン面接システムが広く普及。 国土が広いため高額になりがちな交通費や移動時間の削減に成功しています。 一方、日本においてもオンライン面接を導入する企業は増えており、面接にかかる交通費や移動時間などの負担軽減を目指しています。 NPO法人「オンライン面接普及推進協会」は、就職活動における交通費の負担が10万円以上になるケースもあると発表。 学生の半数以上が金銭的負担を就活の不安材料として挙げているといいます。 社員一人ひとりの能力・評価の見える化は 従業員満足度アップにつながる! 「社員の能力・個性に合った適正な配置ができているか?」「きちんと評価がされているか?」 人材データを見える化し、配置検討や人事評価に反映することは、社員のやる気に大きく影響します。 人材管理システム「カオナビ」なら• 顔写真に紐づけて人事情報を管理• 人材データベースの項目は「特技」や「性格」など自由自在に設定できる• まず企業と応募者双方が、面接にかかる時間と費用を軽減できます。 面接にかかるコストを削減することで、より多くの応募者との面談が可能になり、地方や海外など遠隔地に住む優れた人材を採用できるメリットが生まれます。 また、面接の様子を録画し、後から見直すことで面接官のスキルが向上します。 さらに、蓄積された面接情報を分析することで、自社に適した人材を効率的に採用できる可能性も見逃せません。 応募者の対応力・対話力などの見極めにも役立つのではないでしょうか。 ただし、現時点では、面接シーンの録画に抵抗を感じる応募者も少なくないため、録画の実施に当たっては世の中の動向に注意を払う必要があります。 他にも、地方に本社を置く企業が、首都圏に住むIターン・Uターン応募者を雇用すれば助成金の交付対象となる場合があることもメリットの1つといえます。 一方、オンライン面接にはデメリットもあります。 コミュニケーションの微妙な機微や雰囲気をオンライン上で伝えることは難しいため、意思の疎通が上手くいかないことも。 また、オンライン面接は便利である反面、「音声が途切れる」「通信機器が突然故障した」などのトラブルが起きる可能性を含んでいます。 通信機器に関する知識が少ない応募者は修復に時間がかかり、開始時間が遅れて面接時間が短くなるなどといったことも起きるかもしれません。 オンライン面接の注意点とは? 営業職など、コミュニケーション力の把握が重要となる職種は、オンライン面接は適していません。 「顧客対応が少ない職種の採用」「地方の学生の採用」など、オンライン面接は、採用したい人材などを明確にして導入することが大切です。 また、情報漏洩への配慮も怠らないようにしなければいけません。 情報漏洩は、オンライン面接普及のネックになっているリスクの1つ。 既存の無料テレビ電話ではなく、採用活動専用システムを導入することで、情報漏洩を回避できる可能性があります。 例えば、オンライン面接普及推進協会が開発したシステムでは、インターネット上で1度だけ利用できるIDを用いて、仮想面接室に面接官・応募者双方がログイン。 個人情報の漏洩防止に成功しています。 サイバーエージェントは、2017年新卒者向けにオンライン面接を実施。 従来はエンジニアなどの職種でのみ実施していたオンライン面接を全職種に広げ、地方大学出身者の採用を強化しました。 また、米菓製造大手の三幸製菓(新潟市)は、2014年にオンライン面接を導入し、数百人規模で実施しています。 ユニクロを運営するファーストリテイリングは2016年、アルバイトやパートの採用に動画を活用する取り組みを開始しました。 志望動機などを述べる姿を応募者自身が撮影。 専用サイトで受け付けた動画をもとに合否を判断しています。

次の

オンライン面接(Web面接)を受ける際の注意点とは?気をつけるべき16のポイント

オンライン 面接

就活生に広がる不安...... 4月になると、多くの就活生がリクルートスーツに身を包み、面接などの「対面での選考」に臨むが、今春はそんな光景が見られない。 21年卒の学生への「対面選考」の実施率は35. 2%に大幅ダウン。 前年より34. 9ポイントも低くなった。 その一方、「ウェブ上での面接を受けた」学生は56. 9%で、前年から49. 3ポイントの上昇。 新型コロナウイルスの影響で緊急事態宣言が出されたこともあり、面接の設定がオンラインにシフトした。 ウェブ上での実施を合わせれば、面接はそれなりに終わっているといえるが、内定率が50%を割ったのは、ウェブでの面接が決定力に欠けるからのようだ。 リクルートキャリアに寄せられた企業の人事担当者の話によると、オンラインのみの選考で内定まで出すことが難しく、思うように内定出しができないのが現状という。 一方、学生からは「企業の今後の選考予定がわからず、不安」との声が強く、同社は、企業は現時点で止まっている採用選考がいつ再開するのかなど、今後の具体的な予定をタイムリーに情報提供することが望ましいと指摘している。 なお調査は、「リクナビ2021」にモニター登録した学生4199人(大学生3326人、大学院生873)を対象に、5月1~7日に実施した。 ホテル・ブライダル打撃でパティシエ採用停止、見直し相次ぐ こんな調査もあった。 例年6月以降に本格化する製菓専門学生の就職活動は、新規採用の停止、企業説明会中止、選考の見直しなどの発表が相次ぐなどして就活生は準備をしようにも身動きがとれないでいることがわかった。 製菓業界に特化した就職・転職サイト、PATISSIENT(パティシエント)を運営するドリームラボ(大阪市)は、サイトに情報を掲載している洋菓子事業を行う企業381社のうち、50. 4%と半数以上が採用には慎重な姿勢だった。 「例年どおり」と答えた企業は、採用枠が1~2人にとどまる郊外型のパティスリーが多かったという。 政府の緊急事態宣言の解除に光が見え始めたものの、大きな打撃を受けたホテルやブライダル事業を中心に、パティシエの新規採用数は激減の様相。 ドリームラボが5月3~8日にかけて全国の専門学校51校に電話での聞き取り調査を行ったところ、41校が休校中。 学生対応ができないうえ、就職指導については92. 2%の学校が例年のようにはできていないと答えた。 こうしたことから、同社では就活を盛り立てるためのプロジェクトの第1弾として、21年新卒の求人情報の掲載を無料化すると、5月13日に発表した。 学生に、より幅広い選択肢を提供できるようにしたいとしている。

次の

【オンライン就活塾】WEB面接を受ける際の準備や服装・髪型は?就職アドバイザーが解説

オンライン 面接

「オンライン面接」とは? オンライン面接とは、ウェブカメラを通じて遠隔地間で採用面接をすることです。 これまでは、在宅ワーカーの採用で導入されることが一般的でした。 しかし近年、正社員採用においてもオンライン面接が実施されるようになっています。 米国の企業や大学では、スカイプやGoogleハングアウトのビデオ電話などを活用したオンライン面接システムが広く普及。 国土が広いため高額になりがちな交通費や移動時間の削減に成功しています。 一方、日本においてもオンライン面接を導入する企業は増えており、面接にかかる交通費や移動時間などの負担軽減を目指しています。 NPO法人「オンライン面接普及推進協会」は、就職活動における交通費の負担が10万円以上になるケースもあると発表。 学生の半数以上が金銭的負担を就活の不安材料として挙げているといいます。 社員一人ひとりの能力・評価の見える化は 従業員満足度アップにつながる! 「社員の能力・個性に合った適正な配置ができているか?」「きちんと評価がされているか?」 人材データを見える化し、配置検討や人事評価に反映することは、社員のやる気に大きく影響します。 人材管理システム「カオナビ」なら• 顔写真に紐づけて人事情報を管理• 人材データベースの項目は「特技」や「性格」など自由自在に設定できる• まず企業と応募者双方が、面接にかかる時間と費用を軽減できます。 面接にかかるコストを削減することで、より多くの応募者との面談が可能になり、地方や海外など遠隔地に住む優れた人材を採用できるメリットが生まれます。 また、面接の様子を録画し、後から見直すことで面接官のスキルが向上します。 さらに、蓄積された面接情報を分析することで、自社に適した人材を効率的に採用できる可能性も見逃せません。 応募者の対応力・対話力などの見極めにも役立つのではないでしょうか。 ただし、現時点では、面接シーンの録画に抵抗を感じる応募者も少なくないため、録画の実施に当たっては世の中の動向に注意を払う必要があります。 他にも、地方に本社を置く企業が、首都圏に住むIターン・Uターン応募者を雇用すれば助成金の交付対象となる場合があることもメリットの1つといえます。 一方、オンライン面接にはデメリットもあります。 コミュニケーションの微妙な機微や雰囲気をオンライン上で伝えることは難しいため、意思の疎通が上手くいかないことも。 また、オンライン面接は便利である反面、「音声が途切れる」「通信機器が突然故障した」などのトラブルが起きる可能性を含んでいます。 通信機器に関する知識が少ない応募者は修復に時間がかかり、開始時間が遅れて面接時間が短くなるなどといったことも起きるかもしれません。 オンライン面接の注意点とは? 営業職など、コミュニケーション力の把握が重要となる職種は、オンライン面接は適していません。 「顧客対応が少ない職種の採用」「地方の学生の採用」など、オンライン面接は、採用したい人材などを明確にして導入することが大切です。 また、情報漏洩への配慮も怠らないようにしなければいけません。 情報漏洩は、オンライン面接普及のネックになっているリスクの1つ。 既存の無料テレビ電話ではなく、採用活動専用システムを導入することで、情報漏洩を回避できる可能性があります。 例えば、オンライン面接普及推進協会が開発したシステムでは、インターネット上で1度だけ利用できるIDを用いて、仮想面接室に面接官・応募者双方がログイン。 個人情報の漏洩防止に成功しています。 サイバーエージェントは、2017年新卒者向けにオンライン面接を実施。 従来はエンジニアなどの職種でのみ実施していたオンライン面接を全職種に広げ、地方大学出身者の採用を強化しました。 また、米菓製造大手の三幸製菓(新潟市)は、2014年にオンライン面接を導入し、数百人規模で実施しています。 ユニクロを運営するファーストリテイリングは2016年、アルバイトやパートの採用に動画を活用する取り組みを開始しました。 志望動機などを述べる姿を応募者自身が撮影。 専用サイトで受け付けた動画をもとに合否を判断しています。

次の