古文翻訳サイト。 古語辞典 古語辞書 [無料]

古文の翻訳サイト?

古文翻訳サイト

こんばんは、鎌田です 中学校の期末テストがおわり、 今度は 高校生の期末テスト 高校によって日程がだいぶ違うから、 もう終わった子もいれば まさに真っ只中の子もいる。 高校生からは、よく 「古文」の質問を受けます。 学校でプリントなどを作ってもらっているはずなんだけど、 それを丸ごと忘れてきたとか、 そういう補助がない学校の子とかもいて、 「現代語訳がほしい」 って言われることがある。 そういうときは、僕はインターネットに頼っちゃいますね たいていの古文の訳は ネット検索すれば見つけられる。 んで、それを見せたり渡したりして、 それでもわからんところは 質問しに来なさい、と。 どなたかわかりませんけど、 古文解釈に長けていらっしゃる方の知恵を拝借しております 今日も、生徒のひとりが 「学校のプリントを丸ごとなくした」 と言い出して、 「方丈記」と「紫式部日記」の訳を渡してあげた。 検索途中、気になったモノがあった。 「 」。 無料ソフトということなので、ためしにダウンロードしてみた。 すると、これが とんでもないスグレモノであったわけですよ、はい (リンクフリーということで、ご紹介をかねて、 貼らせていただきました。 ) 「古文自動翻訳研究センター」とありますが、 どうやら個人の方が運営されているみたい。 カンタンに言うと、 「古文の原文を入力すると、 現代語に訳してくれる 」 これだけでもスゴイんだけど、 なんとこのツール、 「品詞分解」も自動でやってくれちゃう ふむ。 これは大変便利そうだが、 果たしてそんなことができるもんだろうか。 ちょっと実験。 中学生でも知っている 「徒然草」の冒頭文でやってみよう。 原文 「つれづれなるままに、日暮らし、硯に向かひて、 心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、 あやしうこそものぐるほしけれ。 」 変換! 現代語訳 「手持ち無沙汰であるままに 、一日中、すずりに向かって 、 心にうつっていく とりとめもない事を、 とりとめもなく書きつけると 、 身分が低く ばかげている。 」 ほほう。 最後の部分だけおしかったけど、 (「あやし」を「フシギ」でなく「いやしい=身分が低い」と変換) なかなかの精度であると思う。 少なくとも、単語の意味あてにかんして、 完全な間違いとはいいきれない そして、品詞分解させてみると、 こっちの方は全て正しくできていました。 だから、 完全にコレに頼るというのではなくて、 自分で解釈するんだけど、 すこし詰まったときとか、確認のためということで使うと、 非常に便利だと思います。 これは、本当にスゴイ。 いったい、どういうプログラムになっているんだろう? (助詞の指摘もバッチリですからねー) そしてね、 このツール、 なんと、 現代語を古文に直すこともできちゃう これはおもしろい! 膨大な現代語のボキャブラリーについて どうやって古文単語に変換するのか、 いったい、そんなことが可能なのだろうか?! やってみましょう。 現代語 「今日の晩御飯はなんですか。 」 現代語 「私は、野菜炒めを食べたいと思っています。 」 現代語 「カレーのじゃがいもは、 一晩寝かせるとおいしくなるらしいですね。 」 現代語 「あの空を飛んでいる人を見てご覧なさい。 」 現代語 「ドーナツの穴は、なんのために開いているんだろう。 」 現代語 「それは猫ですか。 」 「ちがいます、電波です。 」 どーです、 すごいでしょう? このツール、大変便利なので ご紹介させていただきました。 僕も、困ったことがあったら使わせていただこうと思っています。 ・・・なにか問題でも? ・・・作者の方に怒られるかな。 悪意はありません、ホントに kama.

次の

国語辞典 国語辞書 [無料]

古文翻訳サイト

古文の文章を翻訳してくれるソフトを配布するサイト 古文の翻訳ソフトですが、検索すればヒットしてきます。 ただしトップ表示では無いので、少しページを送っていかないといけません。 以下がそのサイトです。 このサイトから翻訳ソフトをダウンロードできます。 10周年を迎えて1年が経過しているようなので、私が高校生の頃にはまだなかったようです。 確かこのソフトができた時、私たちの間では話題になりました。 国文学の研究をしていたので、翻訳してくれるなら本当にありがたいと思ったのですが、その当時はあまり使い物になりませんでした。 このサイトにも書いてありますが、「 中高生の学習をサポート」することが目的らしいので、大学や大学院での研究には向いていなかったのでしょう。 さて、昔話はこの辺にして、このソフトは中高生向けであり、かつ10年も経っていることを考えれば、かなりの精度で教科書内容はカバーしているのではないでしょうか。 一度実験してみましょう。 高校の最初に習うことの多い「児のそら寝」を使ってやってみましょう。 児のそら寝 宇治拾遺物語 今は昔、比叡の山に児ありけり。 僧たち、宵のつれづれに、「いざ、かいもちひせむ。 」と言ひけるを、この児、心よせに聞きけり。 さりとて、し出ださむを待ちて寝ざらむも、わろかりなむと思ひて、片方に寄りて、寝たるよしにて、出で来るを待ちけるに、すでにし出だしたるさまにて、ひしめき合ひたり。 この児、さだめておどろかさむずらむと、待ちゐたるに、僧の、「もの申しさぶらはむ。 おどろかせたまへ。 」と言ふを、うれしとは思へども、ただ一度にいらへむも、待ちけるかともぞ思ふとて、いま一声呼ばれていらへむと、念じて寝たるほどに、「や、な起こしたてまつりそ。 をさなき人は、寝入りたまひにけり。 」と言ふ声のしければ、あな、わびしと思ひて、いま一度起こせかしと、思ひ寝に聞けば、ひしひしと、ただ食ひに食ふ音のしければ、ずちなくて、無期ののちに、「えい。 」といらへたりければ、僧たち笑ふこと限りなし。 これを入力してみますね。 子供のタヌキ寝入り 宇治拾遺物語 今となっては昔のことだが、比叡の山に子供は存在した。 僧達、宵が手持ち無沙汰であって、「さあ、ぼたもちを作ろう。 」と言ったのを、この子供が、期待に聞いた。 だからといって、し出すようなのを待って寝ないようなのも、よくなかっただろうと思って、片方に寄って、寝ている理由で、現れるのを待ったところ、すでにし出している様子で、ひしめき合っている。 この子供が、かならず目を覚まさせるだろうと、待って座っていると、僧が、「お話申し上げるのでございましょう。 目を覚まさせろお与えになれ。 」と言うのを、うれしいとは思うけれども、たった一度に答えるようなのも、待ったとも思うからといって、いま一声呼はれ手が答えようかと、我慢して寝ているくらいに、「おい、どうか起こして差し上げないでくれ。 おさない人は、寝入りなさった。 」と言う声が一面に広がっているので、まあ、苦しいと思って、もう一回起こせよと、思い寝と聞くと、むしゃむしゃと、まっすぐ食べに食べる音が一面に広がっているので、どうしようもなくて、長期ののちに、「はい。 」ときらへたりたので、僧達を笑うことが限りない。 さて、どうでしょうか。 標準訳と見比べられるように用意してみました。 なんかちぐはぐですね。 「期待に聞いた」は文法的におかしいです。 「期待して聞いた」ですね。 「し出す」は古語ですが、これを訳せていません。 辞書に立項されている語でもないので、そのままになっているのでしょう。 (「し」+「出す」と考えて意訳が必要ですからね) なんとなく、意味はつかめそうですが、やはり厳しそうですね。 この翻訳機の訳をそのまま課題で書いてしまったとしたら、先生に雷を落とされてしまいますね。 有名どころの作品であれば、ほとんど上手くいくと思いましたが、そうはいかないみたいです。 ちなみに品詞分解もしてくれますが、おかしいところが散見されるので、やはり自力でやった方が良さそうですね。 なかなか上手くいかないものです。 翻訳機があることに驚きましたが、なかなかうまくいかないんですね。 参考には出来ても完全に信用は難しいですね。 古文の読解の上達方法とは? 翻訳機の能力は完全とは言えませんが、ある程度の訳を捉えることは出来るかもしれません。 全く訳し方が分からない場合は使ってみても良いかもしれませんね。 全文を入力する(これって結構面倒)と、あまり上手くいかないので、一文ずついれて確認してみるといいかもしれませんね。 なぜこの方法をおすすめするかというと、古文の読解の上達方法の第一段階として、「 一文訳」をすることが大切だからです。 一文訳を積み重ねていくと文章になります。 これは、文法的にも説明されています。 まずは単語があります。 文章を理解するための第一歩として、単語を覚えるのはこのためですね。 そして、その単語と単語がひっついて、文節を作ります。 次に文節と文節がひっついて、一文となります。 」となります。 さらにこの文が集まって文章となるわけですね。 現代文の場合は、段落が形成されるので、私は段落も文構成の一つとして考えていますが、古文の場合は飛ばして考えて良いでしょう。 文節ごとに訳すことはあまりありませんので、一文ずつ訳すことに力を入れる必要があります。 一文訳をするためには、単語と文法の知識が必要です。 そのために、文法を習うのです。 「単語」と「文法」を使って「一文訳」を完成させます。 スモールステップで進んでいくことをすすめます。 学校ではいきなり文章を訳すように要求してくるので、なんとも難易度の高いことをさせるのだなと思ってしまいます。 ちなみに、一文訳を重ね合わせて文章を理解しようとすると、背景知識が必要になります。 これは文章読解を通して培っていかないとなかなか身につきません。 歴史の勉強をしてもそれが文章を読みながら繋がるまでに相当時間がかかりますからね。 文章の構成を理解していると、「単語」や「文法」を習う意味が分かるんですね! 教科書の古文を勉強したい人! 当サイトでは、教科書に出てくる古文を中心に、古文の倉庫を作っています。 まだ作成段階ですが、のぞいてみてください。 さいごに さて、今回は翻訳機について書いてみました。 翻訳機が優秀であればもっと活用されているのでしょう。 しかし、日本語の翻訳というのは非常に難しいのです。 英語との翻訳サイトもありますが、完全な日本語とは言えない表現が多く見受けられます。 それでも、大体の意味が取れればいいといった程度で使われるので、活用されています。 今回の翻訳もある程度の意味が取れたらそれでいいと思えば活用できると思います。 しかし、背景知識を入れていかないと完全な意味に近づかないことを考えると英語よりも厄介といえるでしょう。 もし、古文に興味がある人がこの記事を読んでいたら、人が頭の中で言葉を変換する過程に注目してみて、分析してみると面白いかもしれません。 古語と現代語がうまく行き来できるようになれば、もっと古文が広がるかもしれないですね。

次の

古文辞書

古文翻訳サイト

『辞書と翻訳:翻訳のためのインターネットリソース』は外国語の翻訳実務者や英語や語学を学ぶ学生・研究者、さらに英語など語学力を活かせられる分野へ就職や転職を考える一般の方々ための生きた英語講座、語学・学習サイトです。 このページでは言語辞書・辞典・用語集のみならず『 古文、古文 文学 小説 哲学 歴史 シナリオ 自費 出版 古書 新刊 司書 大学 資格』などに関連する価値ある情報ページも集約しています。 現代語から古語を引くことができる。 あかさたなインデックス形式の1ページ構成。 採録古語は300語弱。 のページはどれも秀逸。 J の実用的な古語辞典を含む、古文テキストのダウンロードページ。 古語辞典はダウンロードリスト最下部の「KY古文 本体 2. 0」にzip圧縮形式として含まれている。 通常ファイル解凍後index. htmlファイルをブラウザで開くことであいうえおインデックス形式の古語辞典が利用できる。 J タイトル通りのの古語辞典のページ。 あいうえおインデックス形式。 文字設定も大きく使いやすい。 E やまとぶみ(古文版)のウィキペディア。 暫定試験版。 シフトJISのみならずUnicodeもサポート。 また漢字検索には部首・画数・読み 日中韓)など多彩。 他にやの抄訳などのページがある。 J の古典古文の文法解説ページ。 助動詞・動詞・形容詞の活用型や助詞など詳細な解説と現代語訳を含む例文が豊富に提示さされている。 古語辞典の用言系はほぼ網羅。 また尊敬語、謙譲語、丁寧語など古語特有の敬語の辞典的文法解説も詳細。 お薦め。 J 日本語文に含まれている「ひらがな・カタカナ」を「万葉仮名」に変換するツール。 変換後の文章は全て漢字。 Suto Kentaroさんのサイトのの一つ。 用語集サイト J 中学国語の教授法サイトの中学国語レベルの古文の初級的基本古語用語集。 初級者向けの古語辞典。 216語。 J 「」の平家物語に特化したオンライン古語辞典。 見出し語、よみ、語義解説、出典巻の一覧表。 あいうえお順。 J の現代日本語の口語文法と古典文法の解説ページ。 動詞、助動詞、形容詞、形容動詞、助動詞の解説がある。 J 中学国語の教授法サイトの古文文法の用語集。 古語辞典の読み解きに役立つ96語。 J 教科書出版のの万葉の植物の解説のページ。 万葉集に見いだせる植物のイメージ図鑑。 採録数は約100。 百種の植物イメージと分類科目名、和歌本文と現代語訳、歌人、和歌の背景解説など。 J 朝川 渉さんの詩歌と古典古文のサイトの古文・和歌の用語集。 5ページ構成。 古典歌集や和歌に関連する古語の解説集。 J の日本古典文学のテキストデータベース。 「堤中納言物語」「落窪物語」「竹取物語」「伊勢物語」「大和物語」「平中物語」「枕草子」「蜻蛉日記」「和泉式部日記」「英訳版源氏物語」のキーワード検索ができる。 J 舞台用語事典。 メインは歌舞伎、能、舞踊等、日本の古典芸能の舞台に関する用語。 語彙の数も多く説明も簡潔だが専門的。 J 寄席の高座や書籍文献・音源などを通して語られた諺・故事成句・川柳・都々逸・洒落などを集約しているブログサイト。 演者と聴衆のせめぎ合いの現場で呼吸で聞かせる語り口、フレーズの集積。 読みや引用典拠、原典の記載あり。 お薦め。 J ディープな落語サイト「」にある、落語用語集。 単なる語義解説だけでなく、用例まで表示される点が秀逸。 フレーム。 お薦め。 資料集サイト J の古語文法の簡略的な全解説。 古語辞典的な動詞と助動詞の活用型の一覧表解説。 J 高校の国語教師さんの古典授業のページにある古典文法のオンライン教科書。 品詞解説から動詞、助動詞、助詞、敬語など一頁構成。 J 古文文法の学習サイト。 他に古語辞典や時間・方角、干支、季節などの一覧がある。 J さんの古典文法オンライン講座。 高校レベルの古文文法の項目を全て網羅。 問題集も用意されている。 J 中学国語の教授法サイトの古典古文のオンライン教科書サイト。 学校の授業や課外、塾学習などの学習範囲を網羅。 E バージニア大学とピッツバーグ大学による日本語テキスト研究。 能や百人一首の日英対訳テキストがある。 J にあるサイデンステッカー訳の源氏物語から和歌の英訳を紫式部の原文と対訳形式で集約したページ。 対訳和歌の総数は795。 J 山口大の吉村 誠 さん編集の万葉集データベース。 詳細な条件設定によるキーワード検索が可能。 J 本草(樹木・草花)あるいは緑の文化としての日本文化総覧サイトの和歌集成のインデックスページ。 主に古事類苑を基本資料としつつ詳細なカテゴリー区分により記紀・万葉期から江戸期までの膨大な和歌テキストを集約している。 お薦め。 J 京都大学附属図書館所蔵、和本。 「今昔物語 国宝 」「兵範記」「古今和歌集」「義経記」「源氏物語」「宇津保物語」などの原本の写真イメージ多数。 J 東京都立図書館が所蔵する「浮世絵」約13,800枚と「江戸城造営関係資料」646点、及び和漢書「草双紙」5点と「武鑑」3点の検索ページ。 J 九州大学付属図書館所蔵、和本。 「古活字版源氏物語」のデータベース。 ほぼ全編全冊のイメージをWEBで見ることが出来る。 J 九州大学付属図書館所蔵、和本。 「大和物語」「伊勢物語」「建礼門院右京太夫集」「曽我物語」「竹とり物語」「いせ物がたり」「源氏物語歌絵」などの原本の写真イメージをブラウズできる。 J すみこさんとその息子さんの丈さんが運営する源氏物語朗読データ公開サイト。 全54帖合計754MB 音読時間合計約84.5時間。 お薦め。 J のライブラリの一つ。 伊勢物語の稿本 16点 の画像データベース。 稿本の原文ページイメージと全角文字テキストによる閲覧ができる。 他にや 雑誌1922-1961 などのイメージアーカイブがある。 J 高千穂大学の渋谷栄一さんの編集になる源氏物語全文とその現代語訳のオリジナル公開サイト。 お薦め。 J 高千穂大学の渋谷栄一さんの編集になる源氏物語全文とその現代語訳の公開サイト。 お薦め。 J Mr. BONJIN さんのホームページの古典古文を古語辞典なしで読めるページ。 万葉集、竹取物語、伊勢物語、土佐日記、源氏物語、枕草子、更級日記、徒然草、平家物語、方丈記、おくの細道、一茶俳句集、蕪村俳句集など、古文の教科書的で有名なさわりの部分の原文とその現代語訳(古語翻訳)がセットになっている。 お薦め。 J 「源平盛衰記」「漢楚軍談」「徒然草」 「山海名産図会」「日本遠征記」「日本永代蔵」 「水滸伝」「唐詩選」 「聊斎志異」 「中国名山図」 「詩経動植物図解」 などの古典を挿絵を中心に再構成絵本のように気楽に読めるサイト。 さん編。 J 高校の国語教師さんの古典授業のページ。 教師の視点から古典古文、漢文の有名教材の教授法の概説が教材毎に詳説されている。 古文・漢文を教師の視点から学ぶことが可能。 現代語訳もある。 J さんの「竹取物語」の解説と原文テキストのページ。 J の竹取物語絵巻「奈良絵本」全三巻の画像イメージデータベース。 詞書テキストのページもある。 J サイトののページにある徳川家の家系図。 清和源氏、松平家から徳川御三家、松平諸家に至るまでの大家系図が公開されている。 J 落語家 三遊亭 圓窓さんのホームページ。 古典落語や新作落語を集約した『』のページが圧巻。 落語周辺のコラム的ページを含め一読の価値有り。 お薦め。 一般情報サイト J Mr. BONJIN さんが運営する大学受験を目指す高校生のためのオンライン参考書サイトの一頁。 古語と現代語では意味が異なる語や古語それぞれが似通った表記でありながら意味や解釈を行う上で取り違えやすい表現を集約している。 受験古文の頻出系表現を多数含む。 J Suto Kentaroさんのホームページ。 津軽弁とフランス語などを織り交ぜつつ、JavaやJavascriptを駆使した言葉遊びToolがてんこ盛り。 ハイセンス・ハイブローなのでお薦め。 J サイトにある古文文法理解の要でもある助動詞に的を絞った概説ノート。 J 平安時代中期に用いられていた古文・日本語に関するの解説。 J 香倉外骨さんのサイトにある古文文法概説のページ。 用言活用表、助動詞便覧、助詞便覧、代名詞・副詞・連体詞・接続詞、名数便覧など。 J 水垣 久さんのサイトにある和歌理解のための古文文法概説のページ。 動詞・助動詞・形容詞の活用形と概説。 J 小森法孝さんの古文の仮名遣いの古語辞書的な解説サイト。 第一章 「ゐ」 第二章 「は、ひ、ふ、へ」 第三章 送り仮名 第四章 ワ行とジ、ズなど、主に古文の助詞に関する詳しい解説がある。 さんのサイト「万葉の想い」にある、XMLの入門的なページ。 万葉集を題材にした易しい解説と実際のスクリプト記述例がある。 J さんのサイト「万葉の想い」のメインページ。 万葉集の電子テキストだけでなく、500以上の歌にイメージを含む解説がある。 J 朝川 渉さんの詩歌と古典古文のサイトの和歌・俳句・詩歌の作者別一覧。 万葉集から大江千里まで。 和歌・詩歌それぞれに随筆風の解説がある。 J 平家物語をメインに全文テキストや保元物語、平治物語、歴史年表、家系図、コラムなどを集約した古典古文サイト。 源氏物語の現代語訳プロジェクトも進行中。 J 平安時代中期の古典文学史に関するの解説。 古典文学作品の個別的な解説へのリンクが多数ある。 J 教科書出版ののかるたとしての百人一首の遊び方解説のページ。 かるた札の解説、一字から六字までの上の句の決まり字とその決まり字を含む札の一覧、散らし取り、源平合戦、競技かるた、坊主めくりなどのゲームルール集など。 J さんのホームページにある、古典落語の噺の粗筋とオチを集約したページ。 採録数は約500席。 jp 1997-2016. All Rights Reserved.

次の