占星術 相性 見方。 西洋占星術 相性占いの見方をわかりやすく解説!

宿曜占星術での復縁相性判断と本命宿とのベストな組み合わせ|復縁占いImagine

占星術 相性 見方

こんにちは。 沙羅です。 昨日の肌寒さとは一変、夏らしい日になりましたね。 梅雨に入る前の過ごしやすい季節は大切に過ごしたいです。 後でゆっくり散歩をしたいと思います。 今日は結婚を発表されたフジテレビアナウンサー谷岡慎一さんと NHKアナウンサー桑子真帆さんの相性を見てみましょう。 谷岡アナウンサーは仕事がとてもお好きなんでしょうね。 一生懸命、頑張りすぎてしまうかも。 桑子アナウンサーは控えめな自然体の方と星には出ています。 相性は楽しく感じることや綺麗と感じる感覚が近いのかもしれません。 今以上に二人で一緒に行える趣味などがあるともっと仲良くなれると思います。 そしてお互いの気持ちもよく話し合うこともとても重要なことかもしませんね。 末永いお幸せをお祈りしております。 m-ac. com のサイトを使用させて頂きました。

次の

占星術のアスペクトの見方 ホロスコープを読み解く3つのポイント|星読みテラス

占星術 相性 見方

重なりが多ければ多いほど、「なぜか惹かれる」ということが多くなります。 ツインソウル・ツインレイについてはこちらの記事も参考になります ホロスコープでもっともっと深い相性を探る、ハーフサム(ミッドポイント) ここからは少し上級になりますが、見た目の感受点の重なりとアスペクトだけでは測れない縁もあります。 それは、「ハーフサム」です。 ハーフサム表(ハーモニック8(45度)、ハーモニック4(90度))で作られた表に、太陽や月、ASC、MCがオーブ1で相手のハーフサムにヒットしている場合。 二人の縁は非常に強いもの!となります。 45度よりも90度の方がより強い縁です。 これはプロの方に見ていただくのが一番早いです。 ハーフサムは、ホロスコープ作成ソフトで出すことができますので、ぜひ一度、調べてみてくださいね! まとめ 結局、占いで見る相性とは? 相性占いについて説明してみました。 ちなみに、私がメール鑑定などをする時は、「この人との相性は悪いですよ」というズバリな答え方はしません。 相性を見る時は、 「自分の性質」と「相手の性質」を見て、その人となりを把握した上でお答えするようにしています。 例えば、 Aさんは、こういう所にお怒りポイントがある。 それにBさんはどう反応するだろうか? といった具合です。 相性読みは非常に深いものですが、「いかに相手を理解し、思いやる事ができるか?」その「歩み寄り力」なのだと。 歩み寄れない相手は、そういう相手。 自分も相手も悪くない。

次の

「占星術」と「12星座占い」!(やり方や特徴など、やさしく解説します) | 魔女っ子の12星座占い

占星術 相性 見方

一般に、雑誌や書籍に掲載されている西洋占星術は素人向けとはいえ、安易な相性判断が多いことに、もうお気づきだと思います。 西洋占星術は本来、優れた相性判断をもつ占いなのですが、それゆえにこそ安易な解釈に流れやすいことをご理解ください。 《 一部の西洋占星術の安易な相性判断 》 一般に流布(るふ)されている「星占い」や「西洋占星術」の相性判断を見ると、「こんなの信じていたら間違わない?」という安易なものが多いのです。 皆様が、お遊びやご参考程度にとらえて、たいして信じていないのであれば、それほど問題にする必要はありません。 しかし、相性判断に優れている西洋占星術は、初心者レベルの占断でも当たる部分があるために、驚き、かえって安易なリーディングで知らずに、そこで満足してしまうケースが起こるのです。 そういった解釈を「当たる!」と信じてしまうと、結果的に間違ったり、傷ついてしまう可能性がでてまいります。 西洋占星術は、魚宮の象意を持つために、「好き・嫌い」「合う・合わない」といった対立二元論や感情で捉えられる恋愛相性や結婚相性は、他の分野よりも「当たり」ます。 それゆえにこそ西洋占星術は、安易な相性判断がまかり通ってしまうことに、まず最初に問題を提起しておきたいと思います。 恋愛結婚が主流となっているためなのですが、「恋愛相性」と「結婚相性」とは同じとはかぎらず、多くの場合、別物となるケースが生じてしまいます。 信じている皆様には申し訳ないのですが、残念ながら限定的な星による相性の占い方は、30%程度しか当たらないことを断言できます。 恋愛期間は金星と火星で相性をみて、結婚にいたれば太陽と月で相性を判断する、といった西洋占星術の解釈もまた同じ間違いにいたります。 いずれも、一面の事実は含まれているものの、やはり正確ではありません。 西洋占星術が得意な分野の相性判断は、もっと本格的です。 一部の占星術研究家が、心理学に基礎を置いた解釈(心理占星術)を展開しているのも同様で、小船で山に昇ろうとしているように感じてしまいます。 何も、小惑星やサビアン、ハーモニクスやアラビックパーツなど、たいして役に立たない小難しい解釈が必要といっているのではありません。 小船であろうが大船であろうが、船で山に登ろうとすること自体が間違いなのです。 ごく普通の占星要素を活用した西洋占星術を使えば、王道の解釈で、充分に現実的な相性判断が可能です。 15)という本を古本屋で見つけました。 その巻頭に太陽、月、金星、火星で占った4組のカップルの相性事例が載っていて、「永瀬正敏氏と小泉今日子さん」「保坂尚輝氏と高岡早紀さん」の相性は、「理想的な愛が続く良い相性」と書かれていて、他の実例では「松田聖子さんと波多野氏」「貴乃花親方と河野景子さん」は、離婚の可能性が高いように書かれていました。 ご存じのとおり、現在(2010. 14)、復縁の話さえある聖子ちゃん1組を除いて全く逆の結果です。 《 相性判断のポイント:Part1 》 そろそろ正しい相性判断の見方を多少なりとも示さなければなりません。 ここは一般向けのページなので、ノウハウにまでは触れませんが、西洋占星術が行なうべき本来の相性判断のポイントを述べておきます。 ポイント1、まずは本人の「恋愛運」「結婚運」「夫婦運」 あたりまえですよね。 でも、なぜか相性をみるときに、重要視した解説がないんですよね。 気が合うとか、合わないとか、これで決まることも多いのです。 太陽サイン(宮)だけの星占いによる相性判断は、上に述べたようにほとんどあてになりません。 また、太陽・月・金星・火星を使ったアスペクトによる相性判断も、一時的な恋愛相性だけならともかく、現実的な結婚相性までみるのは、カマキリがカマ形の手をふりかざして猛獣に立ち向かうようなものです。 それゆえ、上の「One-Point」に書いたように間違ってしまいます。 恋愛時代は部分的なお付き合いですみますが、結婚は全人格的な関係です。 それが部分的な4つの星やアスペクトだけで分かると思いますか? 結婚相性までみるのであれば、ホロスコープ全体をみる必要があるのです。 また太陽・月・金星・火星に「凶座相」といわれるアスペクトをもつ夫婦であっても、必ずしも離婚するとはかぎりません。 アスペクトを単純に吉凶に分けて判断することも課題が多いのですが、これらが意味するところは、結婚相性は他に重要な相性判断の要素があるということです。 《 相性判断のポイント:Part2 》 次を続けます。 ポイント4、現在の「星のディレクション」 「星のディレクション」というは、分かりやすくいうと、現在の星からリーディングできる時代の流れや方向性、個人への運勢的な示唆(影響)といったような意味で、宝瓶宮占星学の独自解釈の部分があります。 必ずしも、プログレス(進行)法やトランシット(経過)法によるアスペクトの「ディレクション」のことを指してはいません。 恋愛や結婚の相性は、この「星のディレクション」によって、ダイナミズムが生まれます。 人は時によって、ふだんより異性に惹かれる時期ってありません? また、今まで気にもしなかった相手なのに、あるときから急に魅力的に思えたり、なぜか一気に冷めてしまったり、そういう変化ってありますよね? お年頃であっても、「結婚なんて関係ない!」と思う時期もあれば、結婚や家庭に憧れ夢や希望を抱いて「結婚したい!」って思う時期もあります。 なぜかというと、「星のディレクション」によって、多少なりとも人の心や想い、また魅力は変わるという事実があるのです。 みなさまは、どんな状況のときに恋愛や結婚を決めますか? こういった運勢や想いの変化をもたらす「星のディレクション」を無視していては、実用的な正しい相性判断は行なえません。 西洋占星術では取り上げられませんが、宝瓶宮占星学では欠かせない相性判断のポイントです。 ポイント5、人間的にどれくらい成長しているか 最後に、星とは関係なく、人間的な成長度は、やはり重要です。 個人は、星によってすべてが左右されているわけではありません。 多くの場合は、自分の意志によって行動しているのです。 それは常識です。 星の象意や星のディレクションが示す影響は受けるものの、それがすべてではなく、人間的な成長度があれば、その影響をカバーしたり、それなりに前向きにとらえて対処できるという事実があります。 自分の価値観や考えと違うタイプの人のことを理解できたり、受け容れて人格的に対応することができる人は、相性の許容度が高いのです。 一般に若いときの結婚ほど離婚しやすいのは、この人間的な成長度が低いためです。 相性を許容できる範囲や可能度は、人によって違いますが、星の相性を100とすると、平均して20くらいが妥当ではないしょうか。 原則となる重要な星はありますが、人やカップルによって重要な星は異なっているのです。 一つご参考に申し上げれば、結婚相性においては、一般に男女とも「月」が重要です。 建築物に例えれば、「月」は、インテリア=生活空間です。 嫌いな壁の模様の部屋や居心地の悪い部屋に、ずっと一生は住みたくないでしょ? 夫婦関係も同じです。 月をはじめ他のアスペクトや相性が良い場合、太陽どうしが西洋占星術でいう「凶座相」であっても、逆に、お互いに異なる部分に惹かれ合ったり、夫婦として違うスタンスで助け合えることもあるので、必ずしも「凶」とはいえません。 《 相性判断の重要度=パーセンテージ 》 上の相性判断のポイントをパーセンテージ化すれば、次のようになります。 ポイント4、現在の「星のディレクション」…… 0. 5倍〜1. 5倍 上のポイント1、〜3、の合計に対して 0. 5 〜 1. 5 を掛けます。 その場合、「星のディレクション」によって最高で105%になる時期があります。 一方で、最低で35%になる時期もあるということです。 ポイント5、人間的にどれくらい成長しているか… プラス20ポイント 相性に関係なく、人間的成長度があれば+20ポイントを加算できます。 * 以上のポイント1、〜5、を計算して80%以上であれば結婚に至る可能性が大です。 50%が標準で、50%〜60%であれば、候補者圏内。 このパーセンテージでは、結婚を決意するにも、また結婚後に離婚を決めるにも、どっちつかずで迷うレベルです。 40%以下では、結婚に至りません。 もし、結婚した後に「星のディレクション」によって、40%を下回ると別居や離婚の可能性が高くなります。 * もう少し、ご説明しておきましょう。 二人の相性が、55%と一般的に迷う場合であっても、ある時期に「星のディレクション」が最大限に作用して、1. 5=82. 5% で 80% を超えます。 こういったときに条件が整えば、結婚を決意する可能性が大です。 こうして結婚した後、いずれ星が動いて、「星のディレクション」が作用して最低の0. 5倍の時期を迎えないともかぎりません。 5 で 27. 5% に下がってしまいます。 このままでは別居か離婚話が持ち上がるのは必至です。 ところが、このときまでにお互いを理解していたり、人間的な成長度が伴っていると、プラス20ポイントが加算できます。 すると、27. 5% + 20ポイント = 47. 5% になって、40%を超えるので、必ず離婚に至るとは断定できません。 一方、本来の相性が結婚可能な80%であっても、「星のディレクション」が0. 5倍の時期にあれば、その期間の相性は40%に下がるので結婚には至りません。 結婚した後であれば、別居や離婚の可能性さえ生じます。 その場合であっても、もし人間的な成長度が伴っていれば、プラス20ポイントが加えられるので、60%になって、離婚話は持ち上がらないのです。 目安とお考えください。 こうみていくと、アスペクトや相性がさほど良くないのに結婚して、後で離婚するケースや、アスペクトや相性が良いはずなのに別居や離婚に至ってしまうケースが理解できませんか? ポイントは、本来の相性が現在の「星のディレクション」によって底上げされていないかチェックすることです。 本格的なメール鑑定のため1週間くらい時間が必要です。

次の