サッカー まとめサイト。 サカサカ10【サッカーまとめ速報】

サッカーまとめサイト|FOOTBALL TOPIC(フットボールトピック)

サッカー まとめサイト

テキストだけでもわかりやすいですが、やはりサッカーは動画でみたほうがわかりやすいですし、何より結果を知ったあとにゆっくりあとで、自分で探したりすることなく動画でチェックできる楽しみができるというのは素晴らしいですね。 著名選手のインタビューも多数掲載されていたりと、速報だけでなく暇な時に眺めるサイトとしても楽しめるニュースサイトになっています。 サッカーをしている知り合いが近くにいるようでしたら、記事に載っているかもしれませんよ。 サッカーだけでなくスポーツ全般的に扱っていますが、ヤフーならではの速報性とその信頼の高さで、サッカーニュースを集めるのであればブックマークしておきたいサイトと言えるでしょう。 他のスポーツのニュースも興味深いものが多いため、眺めているだけでスポーツ全般に詳しくなれるでしょう。 自社の動画配信チャンネルをもっていたり、専用のアプリがあったりとかなり本格的にサッカーの情報をあつめることができるでしょう。 そのため、独自の視点から切り口をとった記事も多く、知っている情報などでも思わぬ発見があるかもしれません。 特にクラブチーム毎にニュースを表示できるマイクラブの項目は、Jリーグで応援しているチームがある人であれば必見といってもいいかもしれません。 なんと60秒毎にスコアを更新してくれるため、気になる試合があるけど仕事などで見られない…といったシチュエーションでもこの niftyを見ていれば、いち早く試合結果を知ることができるでしょう。 試合速報はもちろん、日程や結果、移籍情報や順位表まで事細かに知ることができるため、Jリーグファンであれば抑えておきたいサイトの一つとなっています。 各クラブチームのオフィシャルニュースもまとめて掲載しているため、信ぴょう性の無いニュースにあたってしまう可能性もありません。 フォトの項目ではオフショットも掲載されていたりと、より日本選手に密着した内容となっています。 サッカーだけでなくあらゆるスポーツの速報を掲載されており、日本の試合結果の情報量でいったらどのサイトにも負けないといえるでしょう。 登録されているチームや大会の速報であればなんでも表示されるため、身近なところで行われている大会の結果も知ることが出来るでしょう。 速報サイトを有効活用しよう インターネット全盛の時代で、例え試合をリアルタイムで見ていなくても、誰でも簡単に速報性の高い情報に触れられるようになりました。 サッカーファンであればこれらのサイトを上手く活用して、お気に入りのチームの情報などをいち早くゲットしましょう。

次の

サッカーまとめサイト|FOOTBALL TOPIC(フットボールトピック)

サッカー まとめサイト

かつて日本代表も率いたアルベルト・ザッケローニ氏が、監督業からの引退を明かした。 イタリア『チェゼーナ・トゥデイ』が伝えた。 ザッケローニ氏は、監督としてウディネーゼやミラン、ラツィオ、インテル、トリノ、ユベントスと指揮。 イタリアのビッグ3全てで指揮を執るなどの功績があった中、2010年9月に日本代表の監督に就任した。 2010年の南アフリカ・ワールドカップでベスト16入りした日本を率いたザッケローニ監督は、就任から16戦負けなし。 2011年のアジアカップでは決勝でオーストラリア代表を下して優勝するなどの功績を残した。 しかし、2014年のブラジル・ワールドカップでは、大きな期待を寄せられた中3戦未勝利、1分け2敗でグループステージ敗退。 そのまま退任となっていた。 その後は、北京国安、UAE代表の監督を歴任。 しかし、2019年1月以降はフリーとなっていた。 17日、自身の故郷でもあるチェゼナーティコで行われたパーティに参加したザッケローニ氏がインタビューに応対。 古巣のミランやセリエAについて語る中で、日本代表監督時代についても語った。 「特別な4年だった。 世界のどこにも存在しないほど、そこにはリスペクトがあった。 天皇陛下に会った時、2500人の人がいた。 しかし、彼は私に手を差し伸べてくれた。 これは今までになかったことだ」 「人々は彼らを目にした時、泣き始めた。 その国を去ることがとても大変だった。 3日間涙した」 「ある女性からは、生まれたばかりの息子にザックという名前を付けたとも聞いた」 また、自身の今後についても問われると、意外な返答が。 監督としての仕事を行わないと明かした。 「私はもうトレーニングしない。 スペイン紙『マルカ』によると、アトレティコ・マドリーから期限付き移籍中のMFビクトル・モジェホ 19 は試合前取材に「降格は履歴書の大きな汚点となる」と述べ、自身のためにもクラブの残留が必要だと強調している。 デポルティボは現在スペイン2部B 実質3部 降格圏内の19位。 17~18位との勝ち点差は1に迫っているが、自力での残留はできない状況となっている。 それでもモジェホは「奇跡は必要としない。 フエンラブラダに勝利すれば、自分たちを救える大きな可能性がある。 最終節に勝てないチームはある」と希望を語る。 もしクラブが降格しても、期限付き移籍でやってきたモジェホには帰る場所がある。 しかしながら、チームの結果は自身の貢献度に対する評価にも関わる。 モジェホは「プロとしての最初の年に降格するのは自分たちの履歴書の大きな汚点となる。 まだデポルが降格を避けるための選択肢はある」と語り、降格から救うことに集中する姿勢を示した。 現在3連敗中のチームはフェルナンド・バスケス監督のベンチ入り停止処分が続いており、MFエムレ・コラクが練習参加を拒否するなど、トラブルが相次いでいる。 「ロッカールームは崩壊している」。 そう明かした19歳だが「キャプテンが励ましてくれるし、いまは最終戦に集中している。 精神的に強くなり、勝ち点3を取らなければならない」と意気込む。 何より19試合勝ちなしで最下位に沈んでいた昨年末の惨状を振り返ると、残留のチャンスがある現状ですら前向きに見えてくるようだ。 「デポルティボは決して諦めない。 自分たちを救済するチャンスがあるというのは12月には考えられなかったんだ」。 19歳にして6ゴール4アシストという結果を残す背番号11は最後の一戦に全力を注ぐ。

次の

【海外サッカー×データ分析】おすすめサイト6選

サッカー まとめサイト

日刊スポーツ 本田圭佑「ご冥福お祈りしますいらんねん」自殺言及 ブラジルの古豪ボタフォゴのMF本田圭佑(34)が18日、リオデジャネイロからツイッターで「自殺」について、次のようにつぶやいた。 「死ぬなよってこれまでは自殺する人を責めてきた。 今も死ぬなよって気持ちは変わらんけど、それ以上に20年以上も若者の自殺者の数が世界で1番多い日本が、社会が、そして変えるための行動をしない僕らが何よりも罪深いよな?」「可哀想とかご冥福をお祈りしますもいらんねん。 もっと大事な行動が抜けてんねん。 って自問」とした。 本田はたびたび「自殺」について、考えを述べるつぶやきを投稿してきた。 この日、日本では、俳優の三浦春馬さんが30歳で死去した。 一連のツイートが三浦さんを意識したものかどうかは分からないが、強く訴えかけるようなツイートだった。 PESをまったく新しいレベルに 業界はエキサイティングな新世代のコンソールの絶壁に立っているため、PESフランチャイズの将来についての計画の一部を皆さんと共有する絶好の機会であると信じています。 そのために、「The Pitch is Ours」のコアコンセプトを真に具体化することを目的とした次世代のサッカータイトルに取り組んでいることを発表できることを嬉しく思います。 このタイトルは更新されたエンジンを使用して開発されており、ゲームのすべての領域に驚異的な改善を加えて、あなたを魅了することができます。 よりリアルなプレーヤーモデルとアニメーション、強化された物理学、写実的なビジュアルなどを期待してください。 多くの方が新しいmyClubとマスターリーグのコンテンツに意欲的であり、これらの両方のモードで大規模な更新が行われていることを共有できることも嬉しく思います。 しかし、次世代デビューのために私たちが達成しようとしているすべての完全な規模は、他の開発分野での取り組みを抑える必要がありました。 その結果、私たちは今年のPESを「季節の更新」という形で合理化されたオファリングとして発売することを決定しました。 とはいえ、今年のゲームは、次世代のタイトルがリリースされるまで、彼らを乗り越えるのに十分なスリルをファンに提供していると、私たちは依然として非常に確信しています。 今年も、最初のPESタイトルがリリースされてから四半世紀を迎えます。 この重要なマイルストーンを記念して、そしてさらに重要なことに、 忠実なファンである皆さんに感謝を表すために、今年のPESが手頃な記念日価格で発売され、いくつかのボーナスが付属することをお知らせいたします。 現在、私たちは次世代のタイトルのテストを2021年半ばにいつか開始することを目指しており、同じ年の後半にリリース予定日を予定しています。 それまでは、今年のシーズンアップデートでピッチに戻ってくることを期待しています。 リリースに近い、次世代プロジェクトに関するニュースをお楽しみに。 親会社の日産自動車がCFGとの間で14年に結んだグローバルパートナーシップ契約を6月末で解除。 関係者によるとCFGは保有する20%程度とみられる横浜の株式も手放す見込みだという。 プレミアリーグの強豪マンチェスター・シティーなども傘下に置くCFGはアラブ首長国連邦(UAE)の王族が代表を務める世界有数のサッカー事業グループ。 契約締結以降、横浜の経営や選手補強に大きな影響を与え、昨季15年ぶりリーグ制覇に手腕を発揮したオーストラリア人のポステコグルー監督の就任や、優良外国人選手の獲得などで力を発揮。 名門復活の一助となっていた。 もともと日産が欧州でのCFGの事業に協賛した縁でグローバルパートナーシップを締結した。 しかし、6月までに日産がそれを解除。 同時に横浜とCFGの関係も解消する流れとなった。 現在はCFGが持つ横浜の株式の扱いなどを協議中で、年内をめどに約6年間続いた関係に終止符が打たれることになりそうだ。 横浜にとってはリーグ2連覇をはじめ、クラブ初のACL制覇など4冠獲得に向けた戦いのまっただ中。 CFGとの関係解消も力に変え、今季も変わらぬ強さを追求していくしかない。 Jリーグ初の資本提携を伴う海外企業とのパートナーシップ締結として注目を浴びた。 同年7月には日産自動車とCFGも5年契約のグローバルパートナーシップを締結。 19年7月に契約更新していた。 CFGから、世界に広がるネットワークを生かした情報の提供を受けたほか、昨夏にはマンチェスター・シティーが来日して親善試合も行った。 日本の至宝は先発した16日のスペイン1部グラナダ戦でチームを勝利に導くことができず、リーグ戦1試合を残してマジョルカの2部降格が決定。 これで残留の線は消え、保有権を持つ同1部レアル・マドリード復帰もEU圏外枠(外国人枠)の関係で厳しい状況だ。 来季も引き続き他クラブでの武者修行となることが濃厚だが、オファーはスペイン国内にとどまらない。 シーズン終盤の活躍もあって、 スペイン紙「アス」によると30クラブにも及ぶという。 同国内ではかねて有力視されるレアル・ソシエダードをはじめヘタフェ、セビリア、ベティス、アトレチコ・マドリードなどの名前が挙がる。 しかし、ここでもEU圏外枠の問題があり、それぞれの来季の編成状況に左右されるため、すんなり決まりそうにない。 スペイン国外に目を向けると、フランス1部パリ・サンジェルマン、ドイツ1部ドルトムント、イタリア1部ACミランなどのビッグクラブから興味を持たれている。 Rマドリードはスペイン国内クラブにレンタル移籍させたい意向とはいえ、ビッグクラブ行きの可能性が完全に消滅したわけではない。 しかも新型コロナウイルス感染拡大で今夏の移籍期限は後ろ倒しとなる見通し。 欧州サッカー連盟は通常の8月31日から10月5日への変更を加盟各国に呼び掛けており、 各クラブとも影響を受けるのは必至。 久保の新天地決定まで、しばらく時間がかかりそうだ。 韓国『KBS』が伝えた。 2017年にデビューした韓国のフル代表でも定位置を確保しており、これまで30試合に出場して3ゴールを挙げている。 これまでにもトッテナムとの関連が伝えられてきたキム・ミンジェだが、ここにきて移籍報道が過熱。 伝えられるところによれば、トッテナムの移籍金1200万ユーロ(約14億6000万円)のオファーに対して、北京国安側は1700万ユーロ(約20億7000万円)を求めており、交渉は継続中とのことだ。 元ドイツ代表MFアンドレ・シュールレ 29 が17日、現役引退を発表した。 自身のインスタグラムで明かしている。 これまでも現役引退を示唆したことのあるシュールレは今回の決断について「プロのサッカー選手から一歩離れることをお知らせします。 これまでのキャリアにおいてサポートして頂いた全ての人に感謝したいと思います。 彼らが私に注いでくれた愛情は信じられないものでした。 今後に関しては全ての美しい可能性に対して準備していてオープンな状態です」とコメント。 シュールレは2009年にマインツでプロデビュー後、レバークーゼンで活躍。 しかし、その活躍を受けて移籍したチェルシーでは強力なライバルたちの存在もあってレギュラーを奪うには至らず、 ヴォルフスブルク、ドルトムントに移籍。 その後はレンタルでフルアム、昨年夏に再びレンタルでスパルタク・モスクワに移籍していた。 今季はロシアリーグで13試合に出場して1ゴール2アシストを記録していたが、 2021年まで残っていたドルトムントとの契約を先日、両者合意により解消していた。 また、2010年11月にデビューしたドイツ代表では57試合に出場して22ゴールをマーク。 2014年ブラジル・ワールドカップでは決勝のアルゼンチン代表戦でMFマリオ・ゲッツェの決勝弾をアシストし、ドイツ代表の優勝に貢献していた。 プロ野球の親会社に特例的に認められてきた税務上の扱いが、 Jリーグクラブの親会社にも認められることになったのだ。 クラブの赤字を補填するための親会社からの貸付金は 課税対象とはならないというもので、平たくいえば親会社や オーナーがカネをつぎ込みやすくなる。 クラブが大物選手の 獲得などに乗り出しやすくなり、Jリーグがより華やかになるかも、 とささやかれている。 そもそもプロ野球球団に対する特例は、はるか昔の1954年に 国税庁の通達で認められたもの。 年次の損失の限度において、 親会社からの補填や貸付金は課税対象でない「損金」として 扱われるとされている。 この特例のすごいところは、球団が ウン十億円の赤字に陥っても親会社が税を気にせず埋められること。 通例ならこの種の拠出には税金がかかる 損金不算入。 親からの仕送りのごときものを可能にする60年来のルールが、 球団の豪勢な経営をアシストしてきたことは想像に難くない 同じ恩恵にJリーグクラブも与れることになったわけだが、 発端はコロナ禍まっただなかの4月に遡る。

次の