チャーシュー 盛り付け。 チャーシューを使ったおつまみレシピまとめ!残りものを簡単アレンジ!

60分でトロトロ!本格チャーシューの作り方レシピ、7つの簡単ステップ

チャーシュー 盛り付け

料理の盛り付け方のコツ1 山の形に盛る 山形は特に和食において基本の盛り方です。 上を針のように細くし土台は太くします。 すべてにおいて頂点に向けて盛っていきます。 ポイントは土台をしっかり固める事です。 地味な料理は、山に盛っても沈んでしまいがちですね。 そういう時は、形の良いものを手前に持っていきましょう。 また、一番上にあしらい等を乗せると見た目が綺麗です。 「立てること」「寄せること」を意識するだけで、盛り付けが平らにならずに済みますよ。 次の動画では、和食以外にもパスタやオムライスの盛り付け方もご紹介しています。 山形に盛る方法や、あとでご紹介する余白を作る方法も解説されているので、参考にしてみてください。 料理の盛り付け方のコツ4 季節で器を変えて盛る 季節によって器を変えることにより、器でも四季を感じることが出来ますね。 季節ごとに服装を替えるので、同じように器も替えてはいかがでしょうか。 季節には、それぞれにふさわしい器があります。 春は寒い冬が終わり、暖かい季節の訪れということで、明るい雰囲気の器がいいですね。 桜の絵が描いてあるお皿もいいですね。 夏ならばやはり涼し気な器が、夏らしさを出します。 青磁、薄い染めつけ、ガラスを盛り付けの時に使うと、涼しさを演出しますね。 秋には、渋めの器はいかがでしょうか。 秋というと、食欲の秋と言うように一年中で食材が一番多く、料理も工夫を凝らしやすい時期です。 それだけに器も種類多く出回ります。 もみじ等秋を連想させる絵がいいですね。 冬ですが、寒さを少しでも和らげるような食器を選びましょう。 やや厚手の器、グラタン皿などがよいと思います。 一人前の土鍋なども効果的です。 料理の盛り付け方のコツ5 大きな物から盛り付ける 食材を配置する時、小さいものは手前に盛り、大きいものは向こう側に盛るとバランスが良くなります。 大きいものは主役、小さいものは脇役と考えて盛り付けましょう。 ちなみに、西洋料理では盛り付けが逆です。 ナイフを使い、主役を切らないといけないから主役は手前なんですね。 どちらにしても、食べやすさを第一に考えます。 小さいものの盛りつけは、比較的簡単にできるので、主役から盛って下さい。 盛り付ける時は、器を体の正面に置きましょう。 出来上がるイメージをし、一気に盛り付けをします。 まな板等で、だいたいの料理の形を整えてから器に移すと、より上手に盛り付けが出来ます。 料理の盛り付け方のコツ6 色に気をつけて盛り付ける 料理が綺麗に見えるという色が赤、黄、青(緑)、黒、白の五色です。 それぞれに役割があり、赤色と黄色は食欲を増進させる色です。 しかし、多く使い過ぎると料理全体の品位を落としてしまいます。 黒色は、全体の色を引きしめてくれる効果があります。 白色は、雑然とした色調の盛りつけに使うと清潔感が出ます。 特に暑い時期には、涼しさをだすに最適です。 最後に青色(緑色)ですが、この色は、冷奴に乗せる小ねぎや、刺身のつまに使う海藻のように、配色にアクセントを付けてくれます。 この色を上手に用いると料理が上品に見え、更に美味しそうに見えます。 よく目立つ所に配置するのがポイントです。

次の

料理の盛り付け方のコツとは?上手になる7つのコツ

チャーシュー 盛り付け

【材料】2人分• チャーシュー:100g• ブロッコリー:適量• 人参:適量• ズッキーニ:適量• パプリカ:適量• いんげん豆:適量 A 醤油ドレッシング• レモン汁:大さじ1• レモン皮すりおろし:少々• 醤油:小さじ1• 砂糖:小さじ1• はちみつ:大さじ1• サラダ油:大さじ1 【作り方】• 耐熱容器にはちみつを入れて、ラップをせずに600Wのレンジで20秒加熱します。 1にサラダ油以外のAの調味料を入れて、溶けるまでかき混ぜます。 2にサラダ油を少しずつ加えながら撹拌したらドレッシングの完成です。 チャーシューは食べやすい大きさにカットします。 野菜類を茹でて温かいうちにチャーシューと一緒にお皿に盛り付けます。 食べる直前に3のドレッシングをまわしかけたら完成です。 【材料】2人分• 豚バラ薄切り肉:10枚• 半熟茹で卵:2個• 長ネギ 白い部分 :10cm• 片栗粉:大さじ1• サラダ油:小さじ1 A• 酒:大さじ1• 味りん:大さじ1• 砂糖:大さじ1• 醤油:大さじ2• 水:150cc 【作り方】• ねぎは半分に切り、縦に切り込みを入れて芯を取り除いて千切りにします。 1を水に5分さらして水気を切ります。 豚肉1枚に片栗粉をふり手前から巻き、にぎって巻き終わりをとめます。 同様に計10個作ります。 フライパンにサラダ油を入れて熱し、豚肉の巻き終わりを下にして並べ入れます。 5を転がしながら全面に焼き色がつくまで中火で焼きます。 Aを加えて煮立たせ、落としぶたをして弱火で8分煮ます。 半熟ゆで卵を加え再度落としぶたをし、火を止めて粗熱がとります。 器に盛り白髪ねぎを添えたら完成です。 【材料】• チャーシュー:100g• きゃべつの葉:6枚• もやし:少々 A ピーナッツソース• ピーナッツバター:大さじ1強• 酢:大さじ2• レモン汁:小さじ1• レモン皮すりおろし:少々 【作り方】• キャベツの葉は芯を取り除いて茹でます。 きゅうりとチャーシューは細切りにします。 ボウルにAの調味料を全て入れて混ぜ合わせます。 クッキングペーパーの上にキャベツの葉を広げて水分を取ります。 4の中央部分にチャーシュー・きゅうり・もやしを置いてキャベツを巻きます。 5を半分にカットしてお皿に盛ったら完成です。

次の

大勝軒のレシピで自作チャーシュー|作り方簡単でプロの味!アレンジ方法も紹介

チャーシュー 盛り付け

チャーシューのレシピを検索すると、星の数ほど作り方があるんじゃないかと思うほど、さまざまなレシピがヒットします。 チャーシュ作りたい。 でもどのレシピで作ればいいのやら。。。 ここはやはり、料理に対する情熱や腕前や装備(調理道具)がきわめて「並」なレベルに合ったレシピにすべきでしょう。 条件としてはこの3つ。 オーブン・圧力鍋は使わない(誰もが持っているわけじゃない)• 肉をタコ糸でしばらない(めんどくさい)• 作業工程がシンプル この3つを絶対条件としてあれこれ調べ、最終的にいろんなレシピのおいしいトコどりをして作ってみました。 いいとこどりすると凡庸なものができそうな不安はなきにしもあらずですが、チャーシュー初挑戦なもので、そもそも最初からハイリスクですから。 まずはチャーシューの材料 肉は国産とアメリカ産の両方を用意しました。 柔らかさにどれくらい差が出るか確かめたかったのです。 写真手前の細長い方が国産豚バラ肉約350g、奥の台形っぽいのがアメリカ産肩ロース肉約300g。 アメリカ産は国産の約半額でした。 バラ肉、肩ロース、どちらのレシピもありましたが、どちらかといえば脂身の少ない肩ロースを使うレシピのほうが多かったです。 また、チャーシュー・焼豚だけに「焼く」のは当たり前ですが、オーブンを使わないとなると、焼くだけでは完成させられません。 生焼け、ダメ、絶対。 巷にはこれまたさまざまな手段がありましたが、その中でも最も多数派の「焼く+煮る」コースを選択します。 材料(2〜3人分)• 豚肉 合わせて650g• 長ねぎの青い部分 あったら適量 (なかったら不要)• 水 400cc• しょうゆ 100cc• めんつゆ 100cc (濃い味が好みの人はめんつゆなしで「しょうゆ 200cc」)• 日本酒 100cc• そしてフライパンで表面に焼き色を付けます。 油がじゃばじゃば出るので、ふき取りながら焼きましょう。 こんな感じに焼けたら取り出します。 次に鍋に肉以外の材料を入れ、沸騰したら弱火にして肉を入れます。 この日はたまたま家に長ねぎが豊富にあったので、たっぷり入れてます。 ふたをして弱火で45分~1時間くらい煮込むと、こんな色に。 さあ、取り出します! どきどきしてきました。 いよいよチャーシューが完成! チャーシューの完成です。 冷ました方が薄く切れますが、待てません! 肝心の味のほうは……、 うんまっ! やわらかっっ! 不特定多数レシピのミックス、やってくれました! これ、左側の脂身少なめがアメリカ産、右側が国産です。 同じ鍋で同じ時間調理した肉に、差はあるでしょうか。 ない!! 衝撃です。 ローストビーフのときは国産と外国産で肉のうま味に明らかな差があったのに(火を通し過ぎたという大きな原因はありますが)、豚肉だと驚くほど差が感じられません。 チャーシューは安い肉でもおいしくやわらかく作れることが証明されました! やるね外国産豚肉! そして作ってわかったこと。 バラ肉よりも肩ロースのレシピの方が多いのは、 肩ロースのほうがチャーシューに適しているからなんですね。 チャーシューって常にアツアツで食べるとは限りません。 中華では冷菜として出されるし、チャーシューつまみに一杯、なんてときのチャーシューも冷えています。 だから脂身が固まってしまうバラ肉よりは肩ロースのほうがシーンを選ばず食べられるのです。 しかもバラ肉は、このまま煮詰めたら「豚の角煮」という別メニューになってしまうことが判明! それからタコ糸で形を整える点ですが、ちゃんとやればでき上がりのビジュアルがきれいなうえ、火が均等に入るという利点もあるのでしょう。 今回は煮たので火が均等というのは該当しませんが、見た目は間違いなくタコ糸を使ったほうがよかったはずです。 でも考えただけでも面倒ですよ……この一手間をしなければならないと考えると、急にチャーシューづくりのハードルが高くなってしまいます。 なので、今回は「 タコ糸はしなくてもOK、味に影響なし」という結論にいたりました。 ちなみに「焼き豚用」と称してタコ糸でしばった状態の豚肉を売っているところもあります。 そういうのを利用するのはありですね! 肩ロースにしてもタコ糸にしても、こうやって実際に作ってみると納得できました。 なるほどそうだったのか。 今回うれしいのは、味が本当においしいこと。 ゆで汁は煮る時に肉がひたひたになる程度の分量で調節してください。 お約束はこれですね、やっぱり。 チャーシュー丼! 丼といっても、これはお茶碗サイズの器に盛ってみました。 ご飯が見えなくなってしまうほどチャーシューを乗せて、温泉卵も添えて。 写真ではわかりませんがゆで汁もご飯にかかっているのです。 うまいのなんの。 ラーメンに入れるもよし、角切りにしてチャーハンの具にするのもよし。 チャーシュー、「自分にも作れる料理」にぜひ追加してください。

次の